半沢直樹(2020)|2話見逃し動画無料視聴はこちら【7/26配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『半沢直樹(2020)』第2話(2020年7月26日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『半沢直樹(2020)』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『半沢直樹(2020)』第2話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『半沢直樹(2020)』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『半沢直樹(2020)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『半沢直樹(2020)』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『半沢直樹(2020)』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年7月26日(日)放送終了後〜2020年8月2日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『半沢直樹(2020)』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『半沢直樹(2020)』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『半沢直樹(2020)』の配信状況は以下のようになっています。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『半沢直樹(2020)』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2020年4月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2020年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年春ドラマ『半沢直樹(2020)』第2話のあらすじは?

2020年7月26日(日)放送のドラマ『半沢直樹(2020)』第2話のあらすじを紹介します。

東京中央銀行に大型買収案件を横取りされた半沢(堺雅人)は、部下の森山(賀来賢人)とともに銀行に逆襲を誓うが、依頼主である電脳雑伎集団・副社長の美幸(南野陽子)たちからは全く相手にされず追い返されてしまう。

そこで、電脳の買収相手であるスパイラル社長の瀬名(尾上松也)に再度アプローチを試みるが…「銀行の子会社なんか信用できない」と拒絶され、八方塞がりに。

一方、半沢たちを裏切り銀行に戻った三木(角田晃広)だったが、希望していた営業ではなく、伊佐山(市川猿之助)や諸田(池田成志)から雑用ばかり言いつけられる不遇な毎日を過ごしていた。

瀬名は太洋証券の広重(山崎銀之丞)のアドバイスにより、新株発行でこの難局を乗り越えようとしていた。

その新株の買取先・ホワイトナイト役に名乗りを上げたのは、なんと瀬名の憧れとも言うべきIT業界のカリスマ・フォックス社長の郷田(戸次重幸)であった。

しかし、そこには巨大銀行の新たな罠がしかけられていて…。

公式サイトより引用)

2020年春ドラマ『半沢直樹(2020)』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『半沢直樹(2020)』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

itodenwa99
どうやって復讐するのか?

移動がどこになるのか?

そこら辺が気になります。

そして花ちゃんとの関係も気になります。

セントラル証券の一連の出来事をどうやって倍返しするのか展開に期待したいです。

そして同期との関係が修復する事も期待したいです。

とっても難しいので、振り返りながらちゃんとみたいと思っています。

2話に期待することは反撃のところです。

そして花ちゃんとの関係と友情にも注目して行きたいです。

セントラル証券の行方と中央銀行の行方に注目しながら展開を楽しみたいと思っております。

そして最後に半沢さんがどうなるのかもみていきたいです。

ペンネーム:itodenwa99(20代・女性)

半沢直樹にハマってます!
これから、半沢や部下の森山がスパイラル買収を奪取するために、奇襲をかけることは間違いないと思います。

特に、キーとなるのは、森山とスパイラル社長である瀬名の関係でしょう。

また、伊佐山と三笠が瀬名の同志を金で言い包めましたが、その金額があまりにも破格だったため、この金額が後々伊佐山たちの足を引っ張る可能性もある気がしました。

次回は、大和田や頭取が半沢と対面する可能性があります。

またもや銀行内の不祥事を明るみにするため、面白く無いと思っている上層部が半沢を破滅させようとしてくることでしょう。

そんなとき、大和田が敵なのか、味方になるのかが一番の注目です。

ペンネーム:半沢直樹にハマってます!(20代・女性)

わお
銀行の人事とのやりとりで、地方に出向の内示が出ている半沢部長なので、時間は限られていますし、銀行証券部の敵はたくさんいるので、かなりの手だれが多いです。

大和田専務がどう動くかによって方向性も変わってくるのかもしれませんし、副頭取という新しいポジションからのアクションも入ってくると思いますが、セントラル証券と半沢部長がどれだけまきかえしていくのかというところを楽しみにしています。

あとは、こんなところが伏線だったのかとびっくりすることがありますので、いろいろと注意をして細かいところをみていきたいと思います。

ペンネーム:わお(30代・女性)

エゾメバル
電脳雑技集団のスパイラル買収案件の情報をリークした犯人を見つけたが証拠もなし。

そして、人事異動のタイムリミットの迫っている半沢がどのようにして伊佐山に反撃の糸口を開いていくのが楽しみです。

その中で大きなポイントになっていくのが、部下である森山雅弘とスパイラルの代表取締役社長の瀬名洋介の拗れてしまった関係どのようにして修復していくのかがポイントになっていくと予想しています。

また楽しみなポイントとしては、半沢が誰にどのようにしてお決まりのあの「やられたらやり返す、倍返しだが」を言うかが第2話でも楽しみである。

ペンネーム:エゾメバル(20代・男性)

電気イルカ
第2話では半沢直樹率いる東京セントラル証券が、横取りされた買収計画を再び取り戻すことに奮闘すると思います。

とはいっても、相手がかなり手ごわい状況ですから、そう簡単にはいかないでしょう。

ただ、恐らく半沢なりに策略を立てて、買収計画を奪い返しにくると思います。

その策略がどこまで功を奏するか?というのがみどころになりそうです。

第1話では、伊佐山の余裕の表情ばかりが印象的だったため、彼の別の表情というのも見てみたいです。

焦った顔、驚いている顔などに関して特に期待しているので、そういった部分が楽しみと言えます。

ペンネーム:電気イルカ(30代・男性)

PIKAICHI
さあ、半沢はこの局面をどうしていくのでしょうか?

彼の身上として顧客の幸せを守ることがバンカーの仕事だと言っていました。

となると電脳雑技集団の買収をいい形で手伝うのか?あるいは、スパイラルに加担して、電脳雑技集団も含くめいい方向に向けていくのか?

私としては、スパイラルに逆買収、すなわちデッドマンズトリガーを仕掛けるなどして最終的に日本のIT業界を守っていく、という形が一番きれいだし、半沢の身上にあっているのかな?と思いますし、その方が親会社に一矢報いる意味では面白いのかな?と思っています。

あとは大和田取締役の動きも気になります。

天敵の半沢に加担するのか、裏切った伊佐山と再度手を組むのか?

それとも、、とにかく見どころいっぱいです。

ペンネーム:PIKAICHI(40代・男性)

2020年春ドラマ『半沢直樹(2020)』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『半沢直樹(2020)』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

テイカー

『半沢直樹(2020)』第2話のあらすじネタバレ

電脳に買収されようとしているスパイラルを救うために太洋証券はフォックスに新株を購入してもらうことを提案しました。

フォックスの郷田社長を尊敬していた瀬名は歓喜しますが、そこで半沢と森山に契約商談の同席とアドバイスを求めました。

契約に疑問を抱いた半沢は独自にフォックス周辺を調べ、裏に東京中央銀行が絡んでいることを突き止めます。

そして契約直前に、電脳、東京中央銀行、太洋証券、そしてフォックスが全てグルになってスパイラルを買収しようとしていることが明らかになります。

瀬名は太洋証券との契約をやめ、半沢たちのセントラル証券とアドバイザー契約を結ぶこととしました。

そして、電脳側の東京中央銀行VSスパイラル側のセントラル証券という敵対関係となるのでした。

親会社と子会社が顧客を奪い合うという関係と化します。

社長は「顧客第一主義」を掲げており、半沢に対しても「大いに頑張る」よう指示するのでした。

『半沢直樹(2020)』第2話の感想

前回は電脳の案件を親会社の東京中央銀行に持っていかれ、悔しい思いを抱えた半沢たちでしたが、今回はスパイラル側に入り、契約直前で破談にしてやり、伊佐山の悔しがる顔が見れてとても爽快でした。

やられてばかりではいられません。

半沢がヤクザのような顔突きで、太洋証券の広重に詰め寄るシーンはゾクゾクしました。

その後の身包み剥がされたような広重の悲壮感も良かったです。

このドラマはやはり半沢のダークな部分が魅力だと思います。

また、瀬名と森山の男の友情も心惹かれるストーリーでした。

大人になり立場もあり、色々な経験を経ているからこそ、再度結ばれる絆はより深いものになると思います。

瀬名に人を信じる気力が残っていて本当に良かったです。

同僚や、証券会社にあんなに裏切られることが続いたら精神さえ蝕まれます。

そこには瀬名が裸一貫でやってきた強さもあると感じました。

ペンネーム:テイカー(30代・女性)

YK

『半沢直樹(2020)』第2話のあらすじネタバレ

東京セントラル証券は電脳雑伎集団の買収案件を親会社である東京中央銀行に横取りされ、裏切り者だと思われる諸田や三木は銀行に戻ることが決まる。

電脳の買収相手で友人であるスパイラルの社長・瀬名を救うために、防衛策を練っていた森山を半沢はサポートする。

一方の瀬名は、新株発行をしてホワイトナイトに購入してもらうという防衛策を太洋証券の広重から提案されていた。

銀行の子会社に勤めている森山を初めは拒絶していた瀬名だったが、森山に熱意に負けて新株発行の件について打ち明ける。

半沢と森山も同席の上スパイラルで打ち合わせが行われるが、瀬名の憧れの存在でもあるフォックス社長の郷田がホワイトナイトであることが判明する。

『半沢直樹(2020)』第2話の感想

銀行に戻るときまで嫌味なことを言う諸田に苛立ちを感じました。

ホワイトナイトがフォックスの社長であることに初めは安心していましたが、取引銀行が東京中央銀行だと知って不安になりました。

大和田が半沢に助けることを申し出ていたのは、裏を感じて怖かったです。

銀行に戻ったのに営業ではなく総務の仕事をしている三木を見ていると、切ない気持ちになりました。

三木の気持ちを汲み取った半沢が、銀行にいる三木を味方につけたのは大きいなと思いました。

新株発行の取引当日は緊張感があってハラハラしましたが、渡真利や三木のお陰もあり瀬名が契約をストップしてくれて良かったです。

ペンネーム:YK(30代・女性)

くりかのこ

『半沢直樹(2020)』第2話のあらすじネタバレ

スパイラル・瀬名社長は、共に会社を立ち上げてきた仲間の裏切りにもあい、このままでは電脳雑技集団に自社が買収されてしまうかもしれない…、という事態に焦っていた。

そこに太洋証券・広重から、スパイラルを新株発行によって生き残らせる作戦が持ちかけられる。

しかも、その新株主として名乗りを挙げているのは、瀬名社長も尊敬するIT企業Foxの郷田社長。

願ってもない話に瀬名の心は揺れ動くが、そこに森山からの直筆の手紙と提案書が…。

一度は捨てたその提案書を、懐かしい筆跡に惹かれてもう一度読み返した瀬名。

そこにはまさに太洋証券の提案した策が危険であることが、事細かに分析されていた。

本当にスパイラルのことを大切に考えている森山の真意を知った瀬名は、森山を誤解していたことを詫び、太洋証券、そしてFox社長・郷田との取引について相談する。

危険なニオイを感じた森山は半沢に協力を仰ぎ、2人はさっそくさぐりを入れ始めるのだった…。

『半沢直樹(2020)』第2話の感想

かつての親友である瀬名の会社、スパイラルの危機を救いたい、という森山の熱い想いを受けて、半沢が危険を顧みず協力していく姿がとても清々しかったです。

そしてただ危険を冒すだけではなく、そこにはちゃんと裏付けがあり、決して間違ったことはしない半沢のやり方に、第2話もひたすら感心するばかりでした。

東京中央銀行の副頭取、伊佐山、そして大和田など、上層部にいるメンバーとはことごとく対立しながらも、ちゃんと自分を信頼してくれる部下や仲間たちのことは大切にする…。

そんな半沢は本当にかっこいいし、絶対ついていきたくなる上司だと思います。

ペンネーム:くりかのこ(40代・女性)

coco

『半沢直樹(2020)』第2話のあらすじネタバレ

電脳雑伎集団のスパイラル買収案件を東京中央銀行に横取りされた東京セントラル証券の半沢は内通者の諸田と三木を追い詰めるも証拠を消されてしまいました。

諸田と三木は銀行に転勤して行きました。

スパイラルの社長の瀬名と旧友の森山は会社の為に尽力を尽くすと手紙に書いて提案書を提出しました。

瀬名は大洋証券から新株を発行して会社を守る提案をうけ半沢と森山、株を購入する予定の郷田と策を進めていました。

銀行がこの情報をキャッチし親会社対子会社の顧客の為の戦いが始まりました。

郷田の会社の業績は低下しており株の購入資金に疑問を持つ半沢は調べを進めるとバックには銀行の罠が潜んでいました。

『半沢直樹(2020)』第2話の感想

セントラル証券を裏切った諸田と三木は意気揚々と銀行に戻っていきました。

半沢は悔しくも手立てを打つことが出来ません。

しかし三木は銀行に戻っても大した仕事を与えられず悔しい思いをするばかりでした。

後悔の念があるのか半沢たちの逆襲に加わってきそうでとても楽しみです。

現在は銀行対証券会社というよりも伊佐山対半沢の対立が前面に出ています。

伊佐山を演じている市川猿之助さんの迫力が凄くて、三木を足蹴に扱うところなど本当に恐ろしく感じました。

それに対抗して放った半沢の言葉は恰好良かったです。

大和田が現在、状況を静観しているのが不気味でなりません。

ペンネーム:coco(50代・女性)

電気イルカ

『半沢直樹(2020)』第2話のあらすじネタバレ

東京スパイラルを電脳雑伎集団の買収から守るために新株発行という手段を使うことが決まり、フォックスがその買取先に名乗りをあげました。

ただ、半沢はフォックスに新株を買取るだけの資金は用意できない、身売りの話があるから普通に考えれば銀行からの融資は厳しいと想像するのです。

実はフォックスは最初から裏切るつもりであり、東京中央銀行と手を組んで新株発行の買取資金を借り、新株を買取った後は電脳雑伎集団に吸収される計画でした。

そのことに気付いた半沢は、東京スパイラルとフォックスが契約を結ぶ前に、この全貌を明らかにします。

そして、フォックスの郷田のみならず、大洋証券の広重に関してもグルになっていることを東京スパイラルの瀬名の前で話すのでした。

『半沢直樹(2020)』第2話の感想

人は裏で何を考えているのか?は分からない、そんな雰囲気を感じた回だったと思います。

東京スパイラルにとっては、フォックスはまさに救世主と言える存在であり、これによって難局を乗り越えることができたはずでした。

しかし、裏では東京スパイラルを助けるつもりなんて全くないという状況だったわけで、こういうことは現実でもありそうだなと思ったのです。

でも、そのことに気付いて、真実を明らかにする半沢はさすがだなと感じましたし、今回の半沢に関しては探偵のような役に見えました。

ただのサラリーマンではないような、独特の雰囲気を感じられたと思います。

ペンネーム:電気イルカ(30代・男性)

ミスターT

『半沢直樹(2020)』第2話のあらすじネタバレ

激化する東京中央銀行が主導する電脳雑技集団によるスパイラル社の買収作戦。

すでに30%強の株が取得され、会社乗っ取りに待ったなしの状態である。

しかし、この土壇場でスパイラルに救世主ホワイトナイトが現われる。

IT業界の雄・フォックス社であった。

スパイラルが新たに発行する新株をフォックスが全額引き取ることにより、全体株式数を増やして買収に対抗できるのだ。

ホッとするスパイラルの瀬名。

しかし半沢は疑念の思いがぬぐえない。

フォックス社は近年資金繰りに苦しんでいるはず。

スパイラルの新株を購入する1千億円もの費用はどこから融通できるのか。

それもそのはず、フォックス社に対する融資先は、なんと敵方である東京中央銀行だったのだ。

契約時間は朝8時。

それまでにフォックス裏切りの証拠を固め、瀬名に契約をさせてはならない。

刻一刻と時間は迫る。

半沢率いる東京セントラル証券と東京中央銀行、子会社と親会社の前代未聞の死闘のゴングが鳴った。

『半沢直樹(2020)』第2話の感想

めちゃくちゃ面白かったです。

とにかく時間が迫る緊迫感と、誰が裏切ったのかというスリルがたまりません。

敵役の伊佐山がすごすぎるので、観ているこちらも手に汗握ります。

観だしたら目が離せません。

そのなかでも一度裏切った部下が翻心して重要な証拠をつかむ手助けをしてくれたりだとか、助けてくれる仲間がいたりというカタルシスがこのドラマの醍醐味であると思います。

それにしても銀行員は大変だと思いました。

これほどの仕事をしながら、家庭ではすっとぼけた表情を見せる半沢直樹という人間は本当にすごいと思います。

前作で因縁の大和田も不気味な絡み方をしてきましたし、ますます楽しみになります。

ペンネーム:ミスターT(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年春ドラマ『半沢直樹(2020)』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA