行列の女神~らーめん才遊記~|7話ネタバレと感想。芹沢のライバル登場!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2020年春ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』7話が2020年6月1日(月)に放送されたね!
ラマちゃん
7話は、石黒賢さんが登場!

芹沢のライバルのようだけど…芹沢とはどんな関係なのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』7話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』7話のあらすじネタバレと感想

まもなく開催される世界的な日本食文化発信イベント「ジャパンフードサミット2020」のラーメン部門責任者に、芹沢達美(鈴木京香)が抜擢されます。

日々準備に追われる芹沢に代わり、しわ寄せを食らう河上堅吾(杉本哲太)は疲労困憊状態。

一方、夏川彩(高橋メアリージュン)は、芹沢から月替わりラーメンを開発するチャンスを与えられますが、思うようなものが出来ず思い悩んでいました。

そんな中、名店『麺房なかはら』の店主・中原昌英(石黒賢)が「清流企画」にやって来ます。

彼は、90年代にラーメンの価値を一気に上げたラーメン界の大スターです。

ところが「ラーメン博物館」に出店した新店舗の客入りが悪く、原因がわからないため相談に来たといいます。

本店と寸分違わぬ味でやっているのになぜ客が来ないのか?話を聞いた芹沢は、この依頼を汐見ゆとり(黒島結菜)に担当させることに。

プライドが高い中原をゆとりに任せることに、周囲は不安を抱きますが、芹沢にはある思惑があって…。

早速、ゆとりと夏川は問題の店舗を訪れますが、芹沢が担当すると思っていた中原は激怒。

「芹沢の嫌がらせだ」「依頼は取り消し」と、ゆとりらを追い返そうとします。

実は芹沢、河上とは同じ店で修業をした間柄。

厳しい先輩だった自分を2人は今も恨んでいると、中原は思い込んでいたのでした。

追い出されながらも、せっかくだからと中原のラーメンを食べたゆとりは、その味を絶賛。

ですが店に入ろうとしない客の反応を見て、ゆとりはあることに気づきました。

それは、メニューに対する説明不足。

本店は常連ばかりのため説明も不要でしたが、博物館ではそうはいかなかったのです。

ゆとりの提案通り、客足に影響あった中原は機嫌上々。

しかし、芹沢は最大の問題はそこではなくまだ解決してないといいます。

芹沢の読み通り、改善後も中原の店は大盛況とまではいきませんでした。

その理由が食事の満足度だと気付いたゆとりは、そのことを中原に伝えます。

中原のラーメンはスープと麺のバランスが絶妙で、中原はそこのこだわりももってやってきました。

しかしオフィス街にある本店はランチや締めの一杯として食べる客が多かったためそれでも問題ありませんでしたが、博物館ではそれが通用しなかったのです。

それを聞いた中原は、博物館からは撤退すると言い出します。

すると、芹沢は夏川が考案したラーメンを試食して欲しいと言い出し…。

これは夏川が「凡人には凡人のやり方で戦え」と芹沢に言われたことから考案したラーメンでした。

この過程で1番大事なのは歩みを止めないということに気づいた夏川。

夏川の言葉を聴き、ラーメンを食べた中原は改めてラーメンの改良をすることを決めます。

そして、3日後に改めて自分の店に来いと言い…。

3日後。

芹沢たちは中原の店へ行きました。

すると、スープや麺の量はそのままに具だけ変更したラーメンが出てきました。

しかし、従来のものとは違い明らかに満腹感を得られた芹沢たち。

噛み応えがあるか否かで、食事満足度も変わってくるのです。

そして、これをきっかけにゆとりは「ワクワク感」の正体についに気づき…。

以上が「行列の女神~らーめん才遊記~」7話のネタバレ。

今回は、芹沢のライバルが登場しました。

中原の作る料理は完璧だけど、完成度の高い料理=ビジネスとして成功とは限らない。

最終回前ということで、これまでの集大成のような回でしたね。

スポンサーリンク

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』7話のネットの反応や評価は?

ドラまる
天才型のゆとりに対し、凡人の夏川。
ラマちゃん
2人は共通してる部分もあるけど、明らかな違いがあったのも事実。

その答えが分かった回だったわね!

ドラまる
濃い口ラーメン誕生の秘話も明らかに!
ラマちゃん
濃い口ラーメンは、社長のこだわりを捨てた結果生まれたラーメンだったのね。

昔はゆとりみたいだったという発言も回収されたわね!

スポンサーリンク

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』第7話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』第7話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』8話のあらすじは?

2020年6月8日(月)放送のドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』8話のあらすじをご紹介します。

『らあめん清流房』全店舗の近くに、名前も味も明らかに『清流房』の“濃口醤油”にそっくりな新規ラーメン店『濃口醤油らあめん たかじ』がオープン。本家より150円も安いこともあって、あっという間に客を奪われ売り上げが激減してしまう。『たかじ』は、千葉・茨城を中心に展開する「麺獄」グループが運営している。一体なぜ「麺獄」グループは『清流房』を狙い撃ちするようなやり方で進出してきたのか?

さらに不幸は続く。「ジャパンフードサミット2020」から、芹沢達美(鈴木京香)が統括するラーメン部門の参加を中止するというメールが届いたのだ。橋爪ようこ(高畑淳子)からの横やりであることは明白。芹沢は汐見ゆとり(黒島結菜)を連れ直接異議を唱えるが、ようこは“フェイク・フード”などとラーメンを酷評し聞く耳を持たない。ところが卑劣なやり方を批判するゆとりに、ようこは「私をワクワクさせるラーメンを用意できるならラーメン部門の中止は撤回する」と言い始める。ただし期日は10日後。もしワクワクさせられなかったら、「清流企画」を辞めて自分の元で働くという条件付きで…。

そんな中、『清流房』に「麺獄」グループ代表・安本高治(岡本健一)が来店。芹沢とは10年ぶりの再会だという。実は「清流企画」の元社員だった安本は、一連の動きがすべて芹沢を潰すための策略だと語り、「あの時の恨みは晴らさせてもらう」と宣戦布告する。安本が芹沢に向ける恨みとは一体?しかも安本はさらなる“芹沢潰し”を画策していた――。
安本に勝つため、ようこをワクワクさせるため、社員と共に新たなラーメン開発に挑む芹沢は、ある大胆な戦略に打って出ることを決意。唯一無二のラーメンで大きな壁に真っ向から立ち向かう!

ラーメン業界を牽引する1人の女性と、その傍らで目覚ましい成長を遂げた新入社員……ラーメンの持つワクワクに魅了された師弟2人がたどり着いた未来とは?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』7話のあらすじネタバレと感想と8話のあらすじをご紹介しました。

今回は、これまでの集大成のような回でした。

そして、次回遂に最終回です。

この枠は元々放送回数が短いので通常営業ではありますが、8回って早いですね。

「清流企画」の行方は?

芹沢とようこの対決の行方は?

ドラまる
次回はいよいよ最終回!
ラマちゃん
芹沢とようこの対決にも決着!?

楽しみだわ!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA