行列の女神~らーめん才遊記~|6話ネタバレと感想。ゆとりと難波が再び対決!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2020年春ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』6話が2020年5月25日(月)に放送されたね!
ラマちゃん
6話は、白坂メイン回!

彼がどんな挫折を味わうのか注目ね。

こちらの記事では、ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』6話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!
[/voice]

スポンサーリンク

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』6話のあらすじネタバレと感想

汐見ゆとり(黒島結菜)は初めて『らあめん清流房』の手伝いに入れることになり、かなり浮かれていました。

一方、白坂隼人(小関裕太)は、担当する店の新メニュー開発でトラブルが発生。

流行に乗ろうとする白坂の提案にクライアントが納得いっておらず、対応に追われていました。

そんな中、ラーメン業界最大手のチェーン店を経営する「楽麺フーズ」社長の蒲生博昭(マギー)が来店します。

実はまもなくオープンする新店舗で、看板にする店舗限定メニューの開発を芹沢達美(鈴木京香)に依頼するため、『らあめん清流房』にやって来たのでした。

ただし2社で争うコンペ形式。

しかも相手は、以前期せずして戦うことになった、あの「味惑コーポレーション」の難波倫子(松井玲奈)だというのです。

そこで芹沢はゆとりを担当に、白坂をサポートにつけ、蒲生の依頼を受けることに。

ですが「無難な味で見た目がインスタ映えするぐらいがちょうどいい」という白坂に対し、ゆとりは「メニュー開発を依頼された意味がない」と反論。

ふたりの意見は真っ向から食い違ってしまいます。

そこで白坂は開発の参考にするべく、初めて担当した『油そば専門店・まきはら』へゆとりを連れて行こうとしますが、久々に訪れた店は『油そば専門店・きよた』に…。

なんと数年前に店を「味惑コーポレーション」が買い取ったというのです。

報告を受けた芹沢は「問題ない」、河上堅吾(杉本哲太)も「終わった案件だ」と一蹴しますが、何の連絡もなく売り払われてしまったことに、白坂はショックを隠しきれません。

するとなぜかゆとりは「牧原は殺されている」と思い込み、「このまま放置はできない」と憤激。

「味惑コーポレーション」に乗り込んで倫子に話をつけようとするが、有力な情報は得られず。

しかし、須田が調べたところによると、牧原は「麺やまっきい」という新しい店をやっていることが判明。

白坂はゆとりとともに「麺やまっきい」へ向かいます。

そこで、彼がなぜ店を売り払ったのか聞きました。

彼は当時、向かい側にあったライバル店に打ち勝つため自身のこれまでのこだわりを捨てて勝負。

結果、店は繁盛しましたが自分のこだわりを捨ててまで商売していることに悩んでいました。

そんな時、河上の助言を受け、「味惑コーポレーション」に改めて依頼をすることにしたのです。

話を聞いたゆとりは、牧原が店の看板メニュー「ラーメンライス」を参考に作ったおこげライスを「楽麺フーズ」のコンペで出すことに。

一方、難波はからあげラーメンを発案。

結果、ゆとりのおこげラーメンがコンペで採用されることになりました。

自分が負けたことに納得いかない様子の難波。

そんな難波に芹沢は「トレンドを追うことは大事だが、客をなめてはいけない」とアドバイスをします。

そして、同じくトレンドを意識していた白坂も今回の件で心情に変化があり…。

以上が「行列の女神~らーめん才遊記~」6話のネタバレ。

6話は、白坂がメインの会でした。

ラーメンフリークが多い「清流企画」の中で、トレンドを重視する白坂は貴重な存在。

コンサルとしてはトレンドを意識するのは大事ですが、そこには大きな落とし穴があることを学んだ白坂でした。

スポンサーリンク

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』6話のネットの反応や評価は?

ドラまる
客のレベルに合わせるのと舐めてしまうことは似て非なるもの。
ラマちゃん
やはり、コンサルの世界は奥深いわね!

ドラまる
白坂は今回の件で大きく変わるんじゃないかな?

ラマちゃん
芹沢社長もいいけど、部長の存在も大きいわね!

スポンサーリンク

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』第6話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』第6話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』7話のあらすじは?

2020年6月1日(月)放送のドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』7話のあらすじをご紹介します。

まもなく開催される世界的な日本食文化発信イベント「ジャパンフードサミット2020」のラーメン部門責任者に、芹沢達美(鈴木京香)が抜擢される。日々準備に追われる芹沢に代わり、しわ寄せを食らう河上堅吾(杉本哲太)は疲労困憊状態。一方、夏川彩(高橋メアリージュン)は、芹沢から月替わりラーメンを開発するチャンスを与えられるが、思うようなものが出来ず思い悩んでいた。

そんな中、名店『麺房なかはら』の店主・中原昌英(石黒賢)が「清流企画」にやって来る。90年代にラーメンの価値を一気に上げたラーメン界の大スターだ。ところが「ラーメン博物館」に出店した新店舗の客入りが悪く、原因がわからないため相談に来たという。本店と寸分違わぬ味でやっているのになぜ客が来ないのか?話を聞いた芹沢は、この依頼を汐見ゆとり(黒島結菜)に担当させる。プライドが高い中原をゆとりに任せることに、周囲は不安を抱くが、芹沢にはある思惑があって…。

早速、ゆとりと夏川は問題の店舗を訪れるが、芹沢が担当すると思っていた中原は激怒。「芹沢の嫌がらせだ」「依頼は取り消し」と、ゆとりらを追い返そうとする。実は芹沢、河上とは同じ店で修業をした間柄。厳しい先輩だった自分を2人は今も恨んでいると、中原は思い込んでいたのだ。追い出されながらも、せっかくだからと中原のラーメンを食べたゆとりは、その味を絶賛。だが店に入ろうとしない客の反応を見て、ゆとりはあることに気づく。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』6話のあらすじネタバレと感想と7話のあらすじをご紹介しました。

今回は、白坂回でした。

トレンドを意識することの大切さと客を舐めてしまうことの恐ろしさ。

その難しい問題を分かりやすく描いていたと思います。

ドラまる
松井玲奈さんの演技力も光っていたわね!
ラマちゃん
またどこかで再登場してほしいわ!
[/voice]

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA