行列の女神~らーめん才遊記~|2話見逃し動画無料視聴はこちら【4/27配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話(2020年4月27日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『行列の女神~らーめん才遊記~』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年4月27日(月)放送終了〜2020年5月4日(月)21時53分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『行列の女神~らーめん才遊記~』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『行列の女神~らーめん才遊記~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『行列の女神~らーめん才遊記~』の配信状況は以下のようになっています。

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』は複数のVODで見逃し動画が配信されると思いますが、基本的にレンタル扱い(追加料金が必要)になると思います。

その中で唯一、見放題で配信されるのがParaviになるでしょう。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『行列の女神~らーめん才遊記~』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2020年4月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年春ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話のあらすじは?

2020年4月27日(月)22時00分より放送のドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話のあらすじをご紹介します。

汐見ゆとり(黒島結菜)が入社して1週間。

雑用ばかりで退屈そうなゆとりに、芹沢達美(鈴木京香)は、夏川彩(高橋メアリージュン)のクライアント先に同行し、実地見学をするように指示。

ゆとりを快く思わない夏川は嫌悪感を露わにするが、芹沢は社長命令と一蹴する。

だがそこにはあるもくろみがあって…。

夏川のクライアントは、おしゃれな雰囲気漂う街にある『とんこつラーメンさかぐち』。

坂口琢磨(浅利陽介)と妻・恵(金澤美穂)が3カ月前にオープン。

味はハイレベルだがまったく客が入らず、「清流企画」に立て直しを依頼したのだ。

原因は土地柄と店が合っていないことにあると睨んだ夏川は、思い切って店舗をカフェ風に改装。

店名も『noodle Cafe TMY』と改めた。

すでに新メニュー開発も終え、あとは最終確認を残すのみだった。

ところが夏川考案のイタリアン風ラーメンを口にしたゆとりは、なぜか表情を曇らせる。

その頃、芹沢は、有栖涼(石塚英彦)が担当したグルメ雑誌の記事について、オフィスで本人にダメ出しをしていた。

雑誌のとあるページで、カメラマンをしているゆとりの父・汐見亮二(利重剛)の名を見つける。

と同時にあることに気づいた芹沢は、やがてゆとりの家族のある秘密にたどりつく。

公式サイトより引用)

2020年春ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

かわはる
次はセレブタウンでラーメンをはやらせるにはとありましたが、また新鮮内容だなと思いました。

ラーメンにもたくさん種類があるので、汐見さんの持前の明るさと行動力で切り抜けてほしいです。

どんなラーメンを出してくるか楽しみです。

予告見てる感じだと汐見さんなんかやらかしちゃうのかなと思いました。

でも、頑張ってくれそうなので楽しみです。

高橋メアリージュンさん演じる夏川ですが回を増す事にキャラが出てきそうでとても楽しみです。

小関さん演じる白坂さんと汐見はもしかして恋愛関係に発展しないのかなと少し期待しております。

ペンネーム:かわはる(20代・女性)

さとこ
今回1件の潰れかけそうなラーメン屋さんを立て直したので、次回はどんなラーメン屋さんを立て直して行くのかがとても楽しみだと思いました。

ラーメンに対して素人なゆとりですが、どんどんラーメンに対して知識を蓄えて、コンサルの芹沢社長の下でこれからどのように進化していくのかなとワクワクします。

そして、いろんな種類のラーメンも2話になって登場するのかなと楽しみです。

人気ラーメン店を作るのに、これからどんな難しい改善点のあるお店が出てくるのかとゆう所が見どころだと思いました。

2話では新しい潰れそうなラーメン屋さんが出てくると思いますが、次回も芹沢社長は簡単に立て直すことが出来るのか楽しみです。

ペンネーム:さとこ(20代・女性)

kouasami
引き続き、ゆとりのラーメンに対する意気込みや、食に対する才能が見られそうで楽しみです。

京来房とはテイストの違ったオシャレなラーメン店に向き合って、どう調理していくのかが見どころになりそうです。

また、ゆとりの両親の正体が分かることで、彼女の育った環境や、食べ物への関わり方が理解できるのではないかと予想します。

ラーメンを知ったばかりのゆとりが、なぜこれほどに味に敏感であるのか、料理の腕が優れているのか…などが解き明かされていくことを楽しみにしています。

ラーメンの新メニューお目見えも、ワクワクします。

ペンネーム:kouasami(40代・女性)

なちくろ
汐見ゆとりは正式な社員になってもまだまだ浮いた存在で社内でどう立ち振る舞うのかというのが見物です。

きっと1話と変わらず元気に暴走するのだろうと思います。

最悪の初対面だった夏川彩との関係も気になります。

次回はまだ一緒に仕事はするが気まずい感じが出ると思います。

汐見には今回も潰れかけのラーメン屋店主に対して悪気無い毒を吐くシーンを期待したいです。

次回は汐見の秘密が明らかになるということでそちらも楽しみです。

また次回登場するクッキングスクール代表の橋爪ようことの関係も気になります。

芹沢と橋爪はきっと過去の因縁があると思います。

汐見と橋爪は近い関係にあるのでクビの危機になります。

しかし潰れかけのラーメン屋を救って免れると思います。

ペンネーム:なちくろ(40代・女性)

アミ
このドラマは芹沢が主人公なのだと思いますが、ゆとりの方が目立っているように見えました。

今後もこの二人を中心に話が展開していくのかもしれません。

次回はゆとりのことを快く思っていない夏川が、芹沢の命令で夏川のクライアントの店にいくようです。

おしゃれな外観で若い人に受けそうなイメージですが、客が全く入っていないということで、この店の立て直しにかかります。

ラーメンの味は美味しいようですが、何かコンセプトがちぐはぐで、上手くかみ合っていないようです。

夏川とゆとりはこの企画をきっかけに少しは仲良くなれるのかが気になります。

ペンネーム:アミ(50代・女性)

toko3
ゆとりは清流企画の社員になって一週間が経過して少しは会社に慣れてきていた。

そんな中、夏川と一緒にゆとりはコンサルティング先を見学するため、外出した。

コンサルティング先である「とんこつラーメンさかぐち」は3か月前にお店をオープンしたが、客足が伸びていなかった。

そこで、清流企画にコンサルティングを依頼してきたのだ。夏川はこのラーメン店を立て直すために、新メニューの開発を試みた。

イタリア風ラーメンを考えた夏川だったが、ゆとりはこの味に違和感を感じる。

一方、芹沢はグルメ雑誌の記事について、有栖にマイナスな感想を言っていた。

その雑誌を読み返している時、ゆとりの父親があるページのカメラマンだと分かった。

芹沢はゆとりの家族に興味を持ち始めると予想する。

ペンネーム:toko3(50代・女性)

2020年春ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ai

『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話のあらすじネタバレ

入社一週間のゆとりでしたが、雑用ばかりで退屈そう。

見かねた芹沢はゆとりを夏川の担当しているクライアントの元へ同行させる。

夏川は嫌がるが社長命令と言われしぶしぶ引き受ける。

実は自分の力だけでコンサルを5件連続達成したら希望通り、厨房専属の職人にしてもらえるのだ。

夏川は実家の中華料理店を継ぐために芹沢の元で修業がしたいのだった。

夏川たちが出かけた後、ゆとりの両親のことが判明する。

父親はフリーのカメラマンで母親は料理研究家だったのだ。

しかも以前に芹沢と一悶着あった因縁のある人物らしい。

驚きを隠せない社員たちだが芹沢はゆとりの料理の才能の理由に納得していた。

夏川の手掛けていたラーメン店では改装が終わりさっそく新メニューの試食となったが、ゆとりはこのままでは客は入らない気がすると漏らし夏川を怒らせるが、予想通りになってしまう。

最初はたしかに満員だったのだが日に日に客が減っていたのだった。

このままでは失敗に終わってしまうためゆとりの力も借りたいと言う夏川。

だがゆとりに原因までは分かっていなかった・・・。

結局、5件連続コンサル成功を諦め夏川は芹沢に助言を求め、今回の店の客層にあったコンセプトを見つけ出す。

芹沢は自分の実力も見せつけられ、案件が成功に終わったことを満足して帰って行った。

『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話の感想

最初に夏川が出していたラーメンも美味しそうだったけど、まるでパスタ?って感じだったなぁ。

後に出したバーニャカウダ風つけ麺の方が断然美味しそう。

セレブそうな客層は相反する条件を満たすことが大事だったのを最初から見抜いていた芹沢社長はやっぱり凄いなぁ。

しかも3パターンも想定してたのが笑えました。

自分の実力を見せつけて夏川が反省すると言う一番いいパターンで終わったようで良かったです。

それにしてもゆとりの母親のようこさん何者?、今回は写真だけだったけど次回は登場するみたいなので今から楽しみです。

今回は夏川の生い立ちに焦点が当たってましたが、白坂や須賀のことも追々ピックアップされるといいなぁと思いました。

ペンネーム:ai(40代・女性)

オーガニック

『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話のあらすじネタバレ

夏川が以前から担当していたラーメン店は改装してリニューアルオープン。

新メニューを夏川単独で開発します。

最初は繁盛したものの、だんだん客足が途絶えていき、5日目には閑古鳥がなくことになってしまいます。

夏川はゆとりに助けを求めますが、ゆとりも何故微妙なのかわかりません。

芹沢が助け舟を出し、二人を食べ歩きに誘った結果、ボリューム不足だということに気づきます。

しかし、決め手が見つからずに芹沢に直接的にアドバイスを貰います。

そしてバーニャカウダ風つけ麺という最終形態に。

これが大ヒット。

客足は途絶えることなく見事案件成功。

『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話の感想

とても面白かったです。

特に夏川を演じていた高橋メアリージュンさんの表情が良かったです。

芹沢演じる鈴木京香さん、出番は少ないものの最後のおいしいところは持って行きますしツワモノ感がすごいです。

汐見ゆとりの黒島結菜ちゃんも安定の演技で見ているだけで好感が持てます。

最後のバーニャカウダ風つけ麺がヒットした理由にも複数の要素があって説得力がありました。

一番良かったところはベタですが、夏川が坂口夫妻のお子さんを通して変わっていく過程です。

真剣になり、厨房担当になるための条件やプライドもほっぽりだしてなんとしても成功させようとする姿に勇気を貰いました。

ペンネーム:オーガニック(30代・男性)

紅茶

『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話のあらすじネタバレ

清流企画の夏川のクライアントの店は三か月前からガラガラでした。

芹沢社長は汐見を夏川に同行させて見学をさせることにします。

夏川は店が高級住宅街に合っていないと考えて改装工事をすませて再オープンさせようとしていました。

新メニューのイタリアラーメンを食べた汐見は店がガラガラになると予想して皆を怒らせてしまいます。

オープンした店は徐々に客足が途絶えて汐見の予想通りになってしまいました。

その原因は料理の量が少なく味も単調で満足感に欠けるというものでした。

夏川は芹沢に頭を下げて己の実力不足を痛感します。

最後は芹沢の考案したバーニャカウダ風つけ麺でコンサルを成功させました。

『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話の感想

女性の食に対する心理を知ることが出来て面白かったです。

今回のコンサルの秘訣は奥様たちが欲張りで食いしん坊だという驚きの事実でした。

そしてオシャレな高級地に住むマダムたちはヘルシーや低カロリーなど言い訳を欲しがっていることが分かりました。

つまり女性はたくさん食べたいけれど罪悪感は感じたくないということです。

それを解決するのが野菜をたっぷり使ったヘルシーつけ麺だったのです。

このコンサルの興味深いのは世間体や建前の裏側にある本音の部分に切り込んでいることです。

フードコーディネイトというのは人間の本質を見抜く鋭い視点が要求される職業だと思いました。

ペンネーム:紅茶(40代・男性)

knight02

『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話のあらすじネタバレ

汐見ゆとりが清流企画に入社して、雑用をこなす毎日を過ごしている中、社長・芹沢達美から、夏川のクライアント先に同行します。

夏川はおしゃれな雰囲気の街にある「とんこつラーメンさかぐち」を立て直すべく、女性客にも受け入れるように、店名も「noodle Cafe TMY」に変えたり、洋風ラーメンをラインナップするなど力を入れます。

しかし、ゆとりはそのラーメンを口にした直後、「ガラガラ」という言葉で批評し、夏川の怒りを買ってしまいます。

芹沢はゆとりの家族関係や鋭い食感などを調べ上げ、夏川のサポートを続けさせます。

ゆとりの予感が的中し、noodle Cafe TMYが不振続きになってしまいます。

芹沢がゆとりと夏川に、この店の味が上品すぎて満足度が低下するという欠点に気づかせ、夏川たちはメニューを一新させます。

そして、芹沢のアイデアをプラスして、ゆとりと夏川はnoodle Cafe TMYを繁盛させ、夏川もクライアントを大切にする姿勢が芽生えるのでした。

『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話の感想

今回は、ゆとりと夏川という仲の悪いコンビが、一軒のラーメン店を立て直すのに奮闘する姿が素敵でした。

一見、脳天気なゆとりが放つ言葉は抽象的でありながらも、味や店舗の弱点をあぶり出すのが面白く、夏川は自分の父親が残した店を立て直すことを目標にクライアント5件連続の再建を成功させようと躍起になっているなど、それぞれの持ち味が見られるのも楽しかったです。

また、ゆとりの家族構成を芹沢たちが調べ上げ、なおかつ、母親が橋爪ようこという料理評論家で芹沢の天敵であるなど、今後の展開にもつながるような期待感があり、ゆとりが清流企画の社員としての活躍なども、楽しみが増えます。

ペンネーム:knight02(40代・男性)

ありた

『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話のあらすじネタバレ

ゆとりが入社して1週間が経ったこともあり芹沢から夏川のクライアント先に同行するよう伝えられます。

新メニューのイタリアン風ラーメンを口にしたゆとりは表情を曇らせたことから夏川の怒りを買うのでした。

そして新メニューのイタリアン風ラーメンを出し始めた当初は繁盛するんですが徐々に客足が途絶えてしまうのでした。

そんか状況を見越した芹沢は夏川とゆとりをラーメン食べ歩きに誘いヒントを与えるのでした。

しかし今の自分の力では答えが出ないという結論に達した夏川は芹沢に教えを請うのでした。

芹沢からヘルシーさを売りにしたバーニャカウダー風ラーメンを提案されるのでした。

そしてこれがハマり大繁盛するのでした。

『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話の感想

ゆとりが相変わらずついつい思ったことを口に出してしまう性格は面白いなと感じました。

第三者的に見たら信頼、信用が出来る存在ですが自分の周りにいて欲しくないのがゆとりだなと思いながらドラマを楽しんでいます。

夏川とゆとりはずっと仲が悪い感じで進んでいくのかなと感じましたが、思ったよりあっさり仲間になったのは意外でした。

もう少し仲が悪い感じで進むほうが面白いと思っていたんでちょっと残念でした。

感じが良くて当たりが柔らかい白坂という男もどことなくゆとりを狙っているなという雰囲気が出ています。

しかしまったく持って相手にしていないゆとりの感じも今後どうなっていくか楽しみです。

ペンネーム:ありた(40代・男性)

じろう

『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話のあらすじネタバレ

今回、汐見ゆとりの素性が分かります。

父親はフリーのカメラマン汐見亮二で母親が料理評論家の端爪ようこであることが分かります。

川上部長は汐見の素性が分かり辞めてもらうように進言しますが、芹沢社長は本人が良ければ問題ないと、汐見に先輩社員の夏川彩のコンサルテイングの同行を命じます。

夏川のクライアントは東京の高級住宅街にある「とんこつラーメン坂口」です。

夏川の見立てでは、不振の原因は立地的に女性客を中心としたファミリー層が多いにもかかわらずとんこつラーメンで勝負したことで、客層に合わせおしゃれな雰囲気の店に改装しメインのラーメンもトマトとルッコラのイタリア風ラーメンで勝負することにするが、試食した汐見は「ガラガラの予感がする」と話します。

そして店がオープンして数日すると汐見の予感通りがお店はガラガラになります。

対応策を考える夏川と汐見は芹沢社長の食べ歩きに付き合わされそこでアドバイスを受け、お店の客層に本当にあったラーメンのヒントを得る。

そして、女性客の言い訳(ヘルシーさ)と欲望(ガッツリ食べたい)を満たす「バーニャカウダ-風つけ麺」を開発し、お客様のニーズを満たしコンサルテイングは成功します。

『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話の感想

ラーメン店の客層の分析の難しさが良く分かり、今回はメイン客層の女性客が言い訳と満足が得られるラーメンを提供することが大切だった。

お店の立地に多い女性客を中心としたファミリー層を考えた時にとんこつラーメンのようなガッツリ系でなくイタリアン風のラーメンを考案したが数日でガラガラになる。

ここの客層の言い訳はヘルシーさで欲望ガッツリ食べることでこの二つを合わせたバーニャカウダ風のつけ麺でヘルシーな野菜とガッツリなボリュームの麺を提供できるメニューを考案するが、そこにやはり、芹沢社長がラーメンの事と女性の事を知り尽くしたアドバイスがあり成功したところがすごいところです。

ペンネーム:じろう(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年春ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA