BG~身辺警護人~(2020)|5話ネタバレと感想。新課長・小俣は何者?

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年7月16日(木)にドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第5話が放送されました。

ドラまる
さて、今日の島崎警備は何を守るのかな?
ラマちゃん
沢口の恋人・角田をストーカーから守ることになるみたい。

でも、単なるストーカー事件じゃなくて裏で劉が糸を引いてるらしいわ。

こちらの記事では、ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

『BG~身辺警護人~(2020)』第5話あらすじネタバレと感想

夜、一人歩く角田凪子(成海璃子)は後ろからつけられている気配を感じていました。

その男に携帯を奪われ突き飛ばされた角田はケガをし笠松多佳子(市川実日子)の診察を受けています。

彼女は実は沢口正太郎(間宮祥太朗)の恋人で『KICKS CORP.』の秘書でした。

笠松を紹介したのは島崎章(木村拓哉)です。

防犯ブザーを複数持っていたことを聞かされた島崎は彼女が以前から狙われていたことを知ります。

話を聞き、結婚も考えているという沢口は島崎と高梨雅也(斎藤工)に警護を依頼します。

劉光明(仲村トオル)の第一秘書・岩田一也(三宅弘城)のもとで仕事をする角田をストーカーにばれないように警護を開始した二人。

しかし角田の様子から、彼女がストーカーの正体を知っているのではないかと感じる島崎。

その時、彼女を襲う不審者を捕まえると、その正体はなんと「KICKS(キックス)ガード」の新課長・小俣健三(勝村政信)でした。

小俣、過去に警視庁の警護課長を務めていたなんてすごいですね。

事を大げさにしないため小俣のことを帰すよう説得する角田。

警護自体も断る角田ですが、島崎は警護の続行を決断します。

角田は本当のストーカーの正体が何度も誘いを受けた岩田だと言います。

誘いを断った岩田に無理やりキスされ、「警察に言ったら(沢口に)キスしたことばれるよ。」と脅されていたのです。

小俣は岩田に口封じを頼まれて角田を狙っていました。

島崎たちは岩田に連絡を入れた角田とともに『KICKS CORP.』に乗り込みます。

そこに下った社長命令。

島崎たちは劉の元へと呼び出されます。

岩田も到着しますが、岩田の警護には菅沼まゆ(菜々緒)と沢口が付いていました。

嫌なことしますね~。

スマホを返してほしいと依頼する角田。

彼女のスマホには、プライベートの写真のほかに、岩田のフォローをするための資料が入っていました。

そして劉はストーカーをしていた岩田に対し、第一秘書を退くように命令します。

岩田「社長のためにやったのに。角田に渡した与党議員の桑田宗司(小木茂光)に関する警備データを取り戻すために好きでもない彼女を襲ったんだ。」

最悪です。好意も何もないのに恐怖を植え付けただけですよね。島崎が怒るのもうなずけます。

岩田にコーヒーをかけられた劉は再びボディガードに対する私見を吐露します。

「ボディガードだから襲われてもいい。」

そこで沢口は自分のために島崎がKICKSガードを辞めたことを知らされます。

角田「会社を辞めることにします。私の決意を守ってくれてありがとうございました。」

一方、与党議員・桑田はパーティで好感度アップのために暴漢を演出していたことが世間に出てしまうのではないかと危機感を抱いていました。

桑田に劉のことを「信用ならない」と助言するのは小俣でした。

小俣もいくつの顔を持っているのでしょうか。

仕事を終えた島崎は笠松をデートに誘います。

その帰り道、島崎を付け回す長髪の男が二人を盗撮していました。

そして、その男の顔を見た笠松は告げました。

「あの顔、どこかで見たことある」

『BG~身辺警護人~(2020)』第5話ネットの反応や感想

ラマちゃん
このお二人がおふざけなく悪者だったことに私もびっくりよ。

ドラまる
かっこよかったりかわいかったりする島崎と高梨のコンビ。

ラマちゃん
ちゃんと女性をほめる小次郎くん。

ドラまる
回転ずしデート!

深い話もあったし、二人の関係もこれから気になるのにもう最終局面に突入だって。

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第5話の動画を無料で見る方法はこちら

『BG~身辺警護人~(2020)』第6話あらすじ

2020年7月23日(木) 21:00時から放送のドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第6話のあらすじをご紹介します。

 島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)のもとへ、商店街でカレー食堂を営む佐久間華絵(名取裕子)から“厄介な警護依頼”が舞い込んだ。

この40年間、夫と二人三脚で店を切り盛りし、カレーを作り続けてきたという華絵。

だが、懇意にしていた大家が亡くなった途端、相続した息子・玉井充(永沼伊久也)が立ち退きを要求! 

裁判を起こされた上に、ガラの悪い連中に嫌がらせまで受け、追い詰められた夫は発作を起こして亡くなってしまったという…。

充との交渉の場に立ち会い、夫が命を懸けて守ろうとした店とカレーを護ってほしい、と訴える華絵。

だが、法律的には大家側に理があり、下手に介入すれば、章たちも法律違反に問われてしまう。

この現状を鑑み、高梨は逡巡するが…。

 そんな中、立ち退きの断行日がやって来た。

充は立ち退きのために強引な手段に出るが、華絵は諦めず、籠城を開始! 

華絵の依頼で、章と高梨も立てこもりに付き合うが、店内を見渡した章はふと華絵の意図に違和感を覚え…!?

 時を同じくして、章のかかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)の脳裏には、章を付け回す謎の男(中村織央)と以前会ったときの記憶がよみがえる! 

章の身を心配し、男の正体を調べようとする多佳子。

一方、総裁特別補佐に就任した桑田宗司(小木茂光)の記者懇親会を警護していた菅沼まゆ(菜々緒)と沢口正太郎(間宮祥太朗)は、会場に紛れ込んでいる謎の男を発見し…! 

男の正体と目的とは一体何なのか!? 

ますます謎が深まる中、やがて桑田や謎の男と裏でつながる「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)を“窮地”に追い込む事態が発生してしまう――!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

角田を襲った不審者がまさかの小俣とは。

元警察であったことや、議員の桑田とも直接話をする小俣の真の狙いも気になりますね。

そして、最後の笠松とのジーンとするデートの後のあの長髪男です。

笠松が顔を知っているというこの男の正体も早く知りたいですね。

ドラまる
もう最終局面に入っちゃうんだって。

笠松といい感じなのに。もっと二人のこれからを見てみたいのに。

ラマちゃん
最終的に角田に別れを告げられた沢口が劉に口車に乗せられて闇落ちしないか心配だわ。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA