BG~身辺警護人~(2020)|4話ネタバレと感想。島崎と笠松との関係に変化が?!

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年7月9日(木)にドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第4話が放送されました。

ドラまる
何かと島崎に敵意を向ける劉社長の誘いを受け入れた菅沼の本心が気になるところだね。
ラマちゃん
そんな島崎が今日警護するのは子供部屋おじさんよ。

こちらの記事では、ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第4話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

『BG~身辺警護人~(2020)』第4話あらすじネタバレと感想


ホームページを開設した島崎警備。

カフェ店員・中島小次郎(道枝駿佑)くん、頑張りましたね。ちょっと懐かしい感じですが。

そこへ警護の依頼のメールが届きました。

監禁されているとの内容に緊張が走る島崎章(木村拓哉)ですが、現場に到着すると依頼してきたアラフォーの生田大輔(岡田義徳)はいわゆる”子供部屋おじさん”と呼ばれるニートでした。

依頼は明日行われる小学校のクラス会で掘り起こされることになっていたタイムカプセルの中に入っている手紙を教師に頼んで人よりも先に取り出すこと。

さらに彼は誰かに狙われていると言いますが、それも10年や20年も前の出来事でした。

電車の運転士をしていた父・生田洋次(平泉成)はバカバカしいとあきれ、高梨も引き受けることに反対ですが「本人に支払いをさせる」と島崎は依頼を受けることにします。

そのころ執行役員に昇進した菅沼まゆ(菜々緒)は劉光明(仲村トオル)から婚約者をロスで強盗に殺害された過去を聞かされていました。

その時に雇っていたボディガードが役に立たなかったことから、ボディガードは失敗しても責任を取らなくてもいいのだと商売に乗り出したと言います。

恋人の死を悼み、ボディガードを育成しようとしているのかと思いましたが、全く違いましたね。

クラス会当日、いつもの部屋着のまま出かける大輔はかなりおびえていました。

学校への道を歩く三人ですが、大輔はわざと遠回りをします。

その道で同級生・谷口守治(丸山智己)に出会いますが、株で成功したと見栄を張りその場を逃げ出します。

谷口「あの生田が…。」

さらに、不審者を見つけてしまった大輔は、襲われることを恐れて帰宅してしまいます。

息子に期待しては裏切られ続けた父は呆れますが、任務を遂行しようとする島崎は父に提案をします。

父「ずるしないで堂々とクラス会に出席すればいい。」

息子「黙れよ!」

このやり取りをきっかけに大輔は小学校に向かいました。

島崎がわざとこういう会話をするように仕向けていましたね。

到着した小学校の門前では大輔を待っていた谷口が、大輔一人を理科室へと誘っていきました。

ボディガードはここまででいいと大輔に言われますが違和感を覚える島崎と高梨。

小学生の時、大事になってしまった盗まれた塩酸事件。

それは当時目立ちたがりやだった大輔が谷口に命じて起きたことでした。

最後まで大輔が本当のことを言わなかったせいで谷口は中学受験に失敗し、その後両親も自殺してしまったため、ずっと大輔のことを恨んでいました。

過去に大輔が狙われたという数件の事故は谷口が起こしていたことでした。

大輔「すまなかった。なんも知らなくて。すまなかった。忘れてて。」

慣れない手つきで大輔を殴る谷口。

掘り起こされたタイムカプセル。

「25年後の僕へ」

先回りすることなく手にした手紙「僕も電車の運転士さんになりたいです。」

父の運転する電車を見ることが好きだった大輔。

しかし、その父から電車ではなく人を動かす人間になれと言われていた大輔は、タイムカプセルにだけ本当の気持ちを残していたのでした。

父「体裁を気にしていたのは、父さんの方だった。」

今までかけてきた言葉とは違う思いを乗せた一言。

「大輔、このうち、出ていけ。」

そしてかわされる父と息子だけの約束の儀式。

新しいスーツに身を包み警護料を自分のお金で支払う大輔。

「ありがとう。俺の記憶を守ってくれて。」

『BG~身辺警護人~(2020)』第4話ネットの反応や感想

ドラまる
新しい一歩を歩みだした大輔。

これからは頑張れるよね。

ラマちゃん
島崎&高梨のコンビは本当に楽しいわ。

高梨が瞬(田中奏生)くんと仲良くなってて焼きもちを妬く島崎がかわいい。

ドラまる
劉社長の冷徹な部分がまた見えたね。

長髪の男は劉の手下なのかな?

ラマちゃん
息子の直感、的中よ~。

ドキドキするわね。

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第4話の動画を無料で見る方法はこちら

『BG~身辺警護人~(2020)』第5話あらすじ

2020年7月16日(木) 21:00時から放送のドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第5話のあらすじをご紹介します。

「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)が目をかけている第一秘書・岩田一也(三宅弘城)の下で、サブ秘書として働いている角田凪子(成海璃子)が、夜道で引ったくりにスマホを盗まれ、ケガを負った。

実は、凪子は子会社「KICKSガード」のボディーガード・沢口正太郎(間宮祥太朗)の恋人。

連絡を受けた沢口は、元同僚・島崎章(木村拓哉)の口利きで、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)に緊急処置を頼む。

幸い凪子は軽症で、胸をなでおろす沢口。

ところが…診察中、なぜか凪子が防犯ブザーを複数所持していることが発覚。

章が問いただすと、凪子が「少し前からストーカーに狙われている」と告白したのだ!

 相手は誰か分からず、沢口にも心配をかけたくなくて黙っていた、という凪子。

彼女の身が心配でならない沢口は、島崎と高梨雅也(斎藤工)に身辺警護を依頼する。

ところが警護中、2人は凪子が無意識に取る些細な行動に、釈然としないものを感じ…!?

 その矢先、島崎と高梨はストーカーを取り押さえることに成功する。

ところが…その正体はどうにも信じがたい“意外な人物”! 

しかも背後には、ほかでもない劉が率いる「KICKS CORP.」の影がちらついて…!?

 これは、単純なストーカー事件ではない――。

凪子と共にストーカーと真正面から闘い、封じられた真相に光を当てようと立ち上がる島崎と高梨。

だが、行く手には“とんでもない盾”を構えた劉が泰然と立ちはだかる! 

しかもあろうことか、その向こう側には「KICKS CORP.」の急所ともいうべき“致命的な秘密”が隠れていて…!? 

章と劉がついに直接対決へ…物語は急展開で最終局面へ突入!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第4話のネタバレ感想と第5話のあらすじをご紹介いたしました。

今夜、島崎が守ったものは『記憶』でした。

お父さんのことを尊敬していた自分を否定されてニートになってしまった大輔。

父の期待を感じ、ずっとうそをつき続けていた小学生時代。

その中で、一つだけ本当のことを書いていた手紙が父のもとに届き、父と息子が前に進むことができましたね。

同じように過去に引きずられていた谷口も、ようやく前を向いて歩けるようになったのではないでしょうか。

ボディガードが守るものは命だけじゃないことを劉に知らしめてやりたいですね。

ドラまる
劉の過去を知らされた菅沼はどうするのかな?

瞬くんのけがをきっかけに、島崎と笠松多佳子(市川実日子)の二人の変化も気になるね!

ラマちゃん
次回は沢口正太郎(間宮祥太朗)の恋人が狙われるわよ。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA