BG~身辺警護人~(2020)|3話ネタバレと感想。笠松を襲ったのは誰?

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年7月2日(木)にドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第3話が放送されました。

ドラまる
日ノ出警備保障のチーム戦から島崎高梨のバディ戦へと変化した感の強いBG。
ラマちゃん
KICKS(キックス)ガードに残っている菅沼や沢口はどうするのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

『BG~身辺警護人~(2020)』第3話あらすじネタバレと感想

投資詐欺の疑いで逮捕されていたが嫌疑不十分で釈放された実業家の道岡三郎(豊原功補)。

釈放後に恨みを抱いた男に襲われアキレス腱断絶のけがを負います。

島崎章(木村拓哉)のかかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)が再建手術をすることになっていましたが、警備をつけるならば手術を行ってもいいと病院の上層部から条件を出されていました。

そこで島崎の元に、退院までの二週間の警護の依頼をしてきました。

KICKSガードも断った依頼でしたが、島崎は道岡に話を聞きに向かいます。

道岡「多くの人間に恨みを買っている。いつ殺されてもおかしくない。」

その言葉通り、病院ではすでに怪しい男が道岡のもとに近づいていました。

笠松と病室に一緒に入ってきたのはリハビリ師の湯川(木村了)。怪しいですね~。

その前に島崎たちに話しかけていた掃除のおばちゃん・凛子も怪しいし。今日は敵に見える人が多いです。

そこへ「道岡を助ける医者は許さない。処刑する。」という脅迫状が届いてしまいます。

道岡から金を受け取っていたと思われる議員の刺客がやってきたことを知り警護を続けるかどうか迷う高梨。

しかし、島崎はVIPの仕事しか受けないのではKICKSガードと同じだと警護を続けることにします。

そんな中、オペの準備に向かう笠松がマスクをかぶった人物に襲われる事態が起きてしまいました。

案外小さい人だったので、湯川か掃除のおばちゃん?とにかく怖いマスクでした(汗)。

姿を消した笠松を探す島崎は、病院内で襲われそうになる笠松を助け出します。

手術は無事に成功し、道岡は目を覚ましますが「ほしいと思っているものを持ってこい!」と秘書の小暮(長谷川朝晴)にもひどい当たり方をします。

秘書も犯人候補?

しかし、小暮は健気に道岡のそばにいようとしていました。

11年前から道岡に寄り添うようになった小暮は、道岡によって人生が変わったと感じていました。

同じころ、KICKSが依頼を受けた時のデータを見返していた沢口正太郎(間宮祥太朗)。

湯川の姉が道岡の詐欺の被害者で自殺していることを聞かされます。

そのことを知った高梨は屋上でリハビリを行う道岡と湯川を離そうとしますが、道岡は湯川の素性を知っていました。

そこへ現れたのは掃除のおばちゃんでした。

それは、同じように被害にあった吉村一也の母。

二人に同時に襲い掛かられる道岡。

島崎「そんなに死にたいですか?」

決死で道岡を守る島崎は問います。

必要以上に被害者をあおる道岡は、誰かに悪事を止めてもらいたいと願っていたのでした。

そこへ小暮が持ってきたのは政治家も関わった投資詐欺についての証拠。

道岡「最後の任務だ。警察まで送ってくれ。」

島崎「かしこまりました。」

道岡「ありがとう。俺の野心を守ってくれて。」

『BG~身辺警護人~(2020)』第3話ネットの反応や感想

ドラまる
先生との距離も近いー。

恋が始まっちゃうかも?

ラマちゃん
掃除のおばちゃんも狙いがあって近づいてきたんだけど、こんだけイケメンだったら気になるわよね。

ドラまる
第一クールでは山口智子さんも出演されてたね。

ラマちゃん
毎回、父島崎のターンがあって嬉しいわ。

ドラまる
今回は犯人候補が多くて絞るのが難しかったよ。

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第3話の動画を無料で見る方法はこちら

『BG~身辺警護人~(2020)』第4話あらすじ

2020年7月9日(木) 21:00時から放送のドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第4話のあらすじをご紹介します。

「至急! 警護乞う!」と、ただごとではない様子で訴えるメールが、「島崎警備」のホームページに届いた。

島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)は直ちに送信者・生田大輔(岡田義徳)に電話。

なんと大輔は監禁され、今も見張られているという! 

ところが…。

教えられた住所へ急行すると、そこは大輔と両親が暮らす自宅。

実は監禁というのは、すぐ来てもらうためについたウソで、本当の依頼は別にあったのだ――。

 20年もの間、ニート生活を続けるアラフォーの大輔。

そんな折、出身小学校のクラス会開催の知らせが届き、“将来の夢”を書いた色紙を保管していたタイムカプセルを開ける行事も予定されていることが分かったという。

だが、この行事に拒絶反応を示した大輔は、自分の色紙だけ先に回収してもらうよう、教師に頼みに行こうと決意。

外出には不安があるため、身辺警護を依頼したのだという。

というのも大輔は、自分が常日頃より誰かに狙われている、と信じて疑っていなかったからだ!

 にわかに信じがたい大輔の話…。

一向に働こうとしない大輔に常々苛立っていた父・生田洋次(平泉成)も「バカバカしい」と一蹴するが、章は「クライアントを信じる」と決め、高梨と共に大輔を警護。

いざ小学校へと向かう。

ところが道中、大輔は“ある場所”まで来ると、なぜか遠回りになる道を選択。

さらに、偶然出くわした同級生・谷口守治(丸山智己)の優しい言葉にも、完全に背を向けて…!?

 そんな中、怪しい人影が後をつけてくるという、不穏な事態も発生! 

大輔は急に小学校へ行くのを断念し、警護依頼も取り下げると言い出す。

そんな息子にあきれ果て、見限ろうとする洋次。

だが、自らも“息子を持つ父”である章は、すれ違う大輔と洋次を放っておけず…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。

太々しい道岡の改心の手助けもすることになった今回の警護。

結局、笠松を襲ったのはナイフを所持していた湯川だったということですね。

そんな敵の多い人間の警護を行う元(?)恋人を心配する菅沼まゆ(菜々緒)。

高梨とはすれ違い気味の彼女が劉(仲村トオル)のもとに飛び込むと決めたのは内部から真相を探るためでしょうか?

そして、守秘義務も無視した沢口は懲罰を受けそうですね。

もと日ノ出警備保障のメンバーの今後が気になります。

ドラまる
菅沼が高梨に未練タラタラなのが手に取るようにわかったね。

高梨も意地を張ってそうだし。先輩の話はちゃんと聞いた方がいいね。

ラマちゃん
笠松と島崎の関係の変化も気になるわ~。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA