35歳の少女|7話見逃し動画無料視聴はこちら【11/21配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『35歳の少女』第7話( 2020年11月21日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『35歳の少女』第7話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『35歳の少女』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『35歳の少女』第7話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『35歳の少女』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『35歳の少女』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『35歳の少女』第7話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年11月21日(土)放送終了後〜2020年11月28日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『35歳の少女』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『35歳の少女』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2020年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2020年秋ドラマ『35歳の少女』第7話のあらすじ

2020年11月21日(土)放送のドラマ『35歳の少女』第7話のあらすじを紹介します。

のぞみ(柴咲コウ)は喧嘩別れしてしまった家族のことが内心気になりつつも、これからは結人ゆうと(坂口健太郎)のために生きようと決める。

しかし、両親に挨拶させてほしいと頼む望美に、結人は家族とは縁を切ったと濁す……。

一方、家庭内別居状態が続く進次しんじ(田中哲司)は、加奈かな(富田靖子)から離婚届を突きつけられる!

さらに、謎の大金を手にした達也たつや(竜星涼)は本当の父親に会いに行ったと言い……。

そしてデザイナーとして就職先の見つからない愛美まなみ(橋本愛)は、鉢合わせた相沢あいざわ(細田善彦)と藤子ふじこ(大友花恋)から結婚の報告を受け荒れていた。

教師としての理想を叶えられる小学校を見つけられない結人は人知れず追い詰められていた。

そんな中、アナウンサーの夢を諦め洋食屋でアルバイトを始めた望美の元に多恵たえ(鈴木保奈美)が現れる。

“普通の人生”を歩もうと焦る心の内を見すかされながらも、多恵の前で強がる望美。

多恵は、“結人が望美の気持ちを受け止められなくなる”と、不吉なことを言い残す。

その日、再び両親に紹介してほしいと頼まれ根負けした結人は、望美を連れて実家へ。

そこで望美は、今まで知らなかった結人の家族関係を目の当たりにする……。

公式サイトより引用

2020年秋ドラマ『35歳の少女』第7話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『35歳の少女』第7話の見どころや期待度をご紹介いたします。

寧々
次回は望美が家事を頑張っていくところに期待したいです。

料理など広瀬のために努力していくのが見どころです。

そして望美が喫茶店で働いていたのも気になります。

そこに母が来たのも注目ポイントです。

母はどんなリアクションをするのか楽しみです。

また進次は工事現場で働いていたのも注目です。

なかなか仕事が見つからない中でも、一生懸命働いている姿に期待したいです。

加奈や達也ともわかり合えるのか気になるところです。

さらに愛美は相沢と林田の結婚式に呼ばれて、無理やり退場させられていたのも見どころです。

一体何があったのか楽しみです。

ペンネーム:寧々(20代・女性)

syh1003
結人が望美を大切に思う気持ちが今はあふれていて、感動ですがこういういいシーンが続くほど、先に悪いことが起きてしまうのではないかと次回が不安にもなりました。

望美のアルバイト先が決まり仕事を始めるのですが、仕事自体も上手くいくかも不安ですし、そこへ母親が訪ねて来て望美は上手く話せるのかも気になりました。

あと、愛美が自分の就職活動やプライベートが順調じゃなさそうだったのでまた望美にきつく当たって来そうだったり、父親もまた仕事を失い家庭も崩壊で彼の人生がどうなるのか家族のこれからが見えてくるのかなぁっと思いました。

ペンネーム:syh1003(30代・女性)

キレキレキレ愛美
時岡家の家族の中で望美は一気に現実を突きつけられて深く傷付いたものの、愛しい結人に支えてもらう嬉しさに今の時を過ごす事の重要性に気が付いて生活のためにお金を稼ぐ事を優先する思考が生まれ、いつも父親の進次に美味しいモノを食べさせてもらっていた喫茶店に勤める事になり、望美の少女精神から天真爛漫な笑顔が好評となり店が繁盛となり、噂を聞き付けた母親の多恵が訪れて口では冷たいながら成長した娘の姿に歓喜する心が描かれる一方で、結人との関係をよく思っていないので現実的なキツい言葉を放つ気がします。

愛美は仕事も見つからず未練タラタラな元カレの相沢と会う事でまたダメな醜態をさらしてしまい、進次は加奈の暴走を止められず、義理の息子の達也は予想外に活発に動き出してしまい家庭崩壊が進む気がします。

望美が結婚したいと考える結人は温かな家族を全く知らないと判明する展開があると予想しています。

ペンネーム:キレキレキレ愛美(30代・男性)

イカロス
まずは、望美が結人の両親に挨拶をするというのが、どういう感じになるのかが気になります。

結人が縁を切ったということなので、お互いの間に何かわだかまりがあるという感じがします。

そして、望美がまた暴走して理想論を言い、喧嘩にならないかが心配です。

また、望美がアルバイトをするということですが、心と体のバランスが取れないのではないかという感じがします。

そして、進次が離婚届けを突きつけられるということで、進次がどういう行動に出るかが気になります。

息子の問題もあるので、その方が進次には良いのかなという感じがします。

ペンネーム:イカロス(40代・男性)

アリアス
次回では望美がアナウンサーの夢を諦めて洋食屋でアルバイトを始めるようです。

望美はちゃんと仕事をできるのか、そしてその仕事場に多恵が現れるというのも見ものです。

どんな言葉を多恵が望美にかけるのかも楽しみにしています。

個人的には愛美が気になっていて相沢と藤子から結婚の報告を受けて荒れるようです。

その矛先がどこに向かうのかが楽しみです。

結局は代行業を辞めたとはいえ結人に相談しにいく愛美がいそうだなと予想しています。

そして教師になかなか戻れないで苦悩する結人というのも見ものです。

諦めかけたところで救いの手がありそうだなと予想しています。

ペンネーム:アリアス(40代・男性)

もっくん
あくまでも表面上ですが、家族4人のなかでもっともマシなのは多恵のようです。

彼女という強い柱の考え方如何によってはあとの3人は救われるかもしれませんが、それはまだまだ先のようです。

とりあえず望美が結人との暮らしを全うしていくには、結人が早く仕事を見つけることと望美が女として一人前になっていくことが重要です。

以前のように心は10歳のままではありませんが、まだまだ25年間のブランクは埋まるわけがありません。

これからも様々な障壁が待ち受けているでしょう。

それを乗り越えていくには結人だけではなく、多恵の力も必要です。やはり多恵も意固地ではなく変わっていかなければならないと思います。

ペンネーム:もっくん(40代・男性)

2020年秋ドラマ『35歳の少女』第7話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『35歳の少女』第7話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

きなこ

『35歳の少女』第7話のあらすじネタバレ

結人(坂口健太郎)に愛情を注いで生きる決意を固めた望美(柴咲コウ)。

望美は、結人の両親を紹介してほしいと言うが、結人は紹介しようとしない

同じ頃、加奈(富田靖子)から離婚届を渡された進次(田中哲司)。

さらに、達也(竜星涼)が父親のところに行ったことも判明する。

その後、愛美(橋本愛)は相沢(細田善彦)と藤子(大友花恋)が結婚すると知り、動揺を隠せずにいた。

結人は、小学校教師としての働き口が見つからず焦っていた。

望美は、結人を支えるため洋食屋でアルバイトとして勤務することにした。

そこに、多恵(鈴木保奈美)がやって来て、望美を怒らせようとする。

後日、結人の両親に会うことになった望美は、結人が家族と複雑な関係であることを知ったのだった。

『35歳の少女』第7話の感想

ドラマ『35歳の少女』第7話を観て、絶望に襲われていく望美が特に魅力的だと思いました。

第7話では、望美が結人のためにアルバイトを始める様子が描かれます。

望美は、家族と言い争いになった後も、家族の幸せを願っていましたが、あまりにも身勝手な家族の姿に落胆します。

さらに、結人が夢を追い掛けるのを辞めようとしていることを知り、誰のことも信用できなくなっていきます。

これまで、生きる希望にしてきた存在に次々と裏切られ、どうにもならない状態に陥っていく望美の姿に、せめてほんの少しだけでも希望を与えて、望美を立ち上がらせて欲しいと願わずにはいられませんでした。

ペンネーム:きなこ(20代・女性)

ありおま

『35歳の少女』第7話のあらすじネタバレ

望美は喧嘩になってしまった家族のことを気にしていたが結人との生活を楽しんでいた。

結人は就活をするも理想の教育論を理解してくれる学校はなく苦戦していた。

望美はアルバイトを始め周りからの評判も良かった。

そこにママが現れ、望美の心を見透かされてしまうも家には帰らないと誓う。

愛美は就活もうまくいかず右往左往していた。

パパは妻に離婚届けを渡されてしまった。

そして息子から実の父に会い大金をもらい追い出されたことを聞き、そのお金をどうするのか不安になっていた。

アルバイトは順調だったものの、トラブルがあり仲間の従業員をかばいクビになってしまった。

望美は結人の家族に会いたいと言い結人に連れられて行くも不仲な両親を目の当たりにする。

望美は愛美から連絡があり家族4人が集まり、ママが家を売却すると告げる。

そこからまた喧嘩になり望美はみんなを強く非難して出て行ってしまう。

家に帰ると結人が就職を決めたことに喜ぶが、それは結人が理想とした教育をできる場ではなかった。

そのことに不満を抱き喧嘩になり、結人の元からも離れて一人彷徨っていた。

『35歳の少女』第7話の感想

家族とも結人ともうまくいかない望美は本当に問題続きで可哀想でした。

せっかく楽しんでいたアルバイトも残念な結果になってしまったし、待ち構える現実がこれほど悲惨だとさすがに同情してしまいます。

家族もみんなうまくいかず、愛美が完全に荒れてしまっていて心配になりました。

唯一話を聞いてくれていた結人もいなくなってしまったし、誰か愛美を救ってくれる人が出てきてくれたらいいなと思います。

ママは相変わらず何を考えてるのか謎で、でも望美のことはよくわかっているところに愛を感じました。

もっとうまく伝えられればいいのになと思います。

結人だけは味方だったので安心していましたが、一人ぼっちになってしまってどうなるのだろうと不安でいっぱいです。

ペンネーム:ありおま(20代・女性)

Ryurei

『35歳の少女』第7話のあらすじネタバレ

望美(柴咲コウ)は、結人(坂口健太郎)と暮らし始めます。

望美は、アナウンサーを諦めレストランでアルバイトを始めます。

結人は、小学校の教師になるために面接を受けますが、理想論では採用してもらえません。

望美は、結人の両親に挨拶しに行きたいと言います。

仕方なく結人は、望美を家へ連れて行くと、結人の両親も仲が悪くて憎しみあっているようです。

妹の愛美(橋本愛)も再就職も婚活もうまくいきません。

父親の進次(田中哲司)は、妻(富田靖子)から離婚届を突きつけられます。

望美は、結人に自分の気持ちをぶつけて結果的に結人を追い詰めることになり、「これからは、一人で生きていく」という言葉を残して、結人の家からも飛び出してしまいます。

『35歳の少女』第7話の感想

家族みんなが不幸続きで、先が見えません。

予測も不可能です。

奇跡的に25年ぶりに目覚めたのですから、これ以上不幸な目に合わせないでほしいと願うばかりです。

未来を生きる希望が持てなくなります。

25年前は、絵に描いたような幸せ家族だったのが、これでもかと言わんばかりの変容ぶりにぞっとします。

結人なら、望美の理解者として、お互いに歩んでいけると思っていました。

結人の家も問題を抱えているようです。

世の中は正論や理想論ではやっていけないということを言いたいだけではないと思うのですが、ハードルがきびしすぎるドラマだと思います。

ペンネーム:Ryurei(60代・女性)

ヘルパーは見た

『35歳の少女』第7話のあらすじネタバレ

望美は結人と結ばれた事に嬉しくなり両親に会わせて欲しいと頼むが、縁を切ったと結人は返す。

進次は加奈が使った多額な記載のされたクレジットカードの明細に困惑する上に離婚届を渡されてしまい、達也は打開策のために実の父親に頼みに行ったが金目当てと思われ200万円を渡されて怒りデカイ事をすると部屋に籠る。

グラフィックデザイナーを目指して就活中に元彼の相沢と藤子と出会い結婚すると聞き苛立ち、理想の教師を目指して就活中の結人も上手くいかずに1人苦しみ預金残高が9万円となっていた。

喫茶店で働き始めた望美の元に多恵が来て、望美自身が焦り始め結人はその思いに応えられなくなると断言、望美はそうなったとしても多恵の元には帰らないと返す。

結人に望美が再度両親に会いたいと頼むために連れていくが、大豪邸に驚き父親は脳梗塞で寝たきりで母親は元気だった頃の夫の浮気癖に苦しめられ、望美と結人がいても喧嘩を始めてしまい、望美は2人を仲直りさせるとして子供を作る事を話すが結人は話をそらし風呂に入る。

望美は喫茶店で外国籍の店員に罵声を浴びせる客に対して正論を言い過ぎたためクビとなり、結人に話すと正しい事を言えば浮いてしまう世の中と言われてしまう。

多恵から呼び出された望美に愛美と進次に自宅を売ると聞かされ、進次は反対し、愛美はどうでもよくてこうなった原因は望美がいなくなったからで何か言えと催促し、望美は多恵が話した仲直りの方法を聞くが、多恵は覚えていない事に望美が怒り、3人それぞれの問題点を指摘して無駄にしてきた25年分の時間を頂戴と言い去っていく。

望美は結人と住む自宅に戻り、既に帰宅していた結人から採用されたものの理想の教師とはかけ離れていたために口論、望美のためと結人が言い訳したと捉えた望美は荷物を纏めて出ていく。

『35歳の少女』第7話の感想

望美の心理がまだ幼いために喫茶店の店員として必要な笑顔がとても良いとは抜群な流れになっていたのが面白く、外国籍の店員がナイスと興奮気味に望美に話しかける雰囲気が楽しくてなりませんでした。

このまま上手く過ごせる日々が続くのかと思っていたのにすぐにイヤな展開になるのが悲しく、結人の実家が富豪ながら不仲の両親という構図がスゴく、望美も仲直り方法が子作りとはぶっ飛んだ思考にビックリさせられ、結人は両親に苦しみ、望美の気楽に考えすぎる所に苦しめられと一番辛すぎた気がします。

望美は35歳だからと焦っていると現実的な事を言いつつ稼ぎ頭の結人に理想を求めろとは身勝手な言葉を放っているのに気付いていないのが痛々しくて見ていられませんでした。

ペンネーム:ヘルパーは見た(30代・男性)

アルス

『35歳の少女』第7話のあらすじネタバレ

望美は洋食屋でアルバイトを始める。

一方、結人は小学校の面接を受けるがことごとく断られてしまう。

ある日、望美は結人の両親に自分を紹介して欲しいと頼んで会いに行くがその両親はかなり仲が悪くて困惑してしまう。

孫の顔を見せればあの両親も仲良くなってくれるのではないかと望美は考えるが結人は乗り気ではない。

後日、望美の母親から家に集まるように言われた家族たちは実家に集まるとなんとこの家を売ると言われてしまう。

それを聞いて望美はショックを受けるがみんなが言いたい事を言って口喧嘩している姿を見て自分せいに何でもかんでもしないでと言って無駄にした時間を自分に頂戴と言って家を飛び出してしまう。

結人の家に帰るとそこでも口論になってしまい望美はこれから一人で生きていく決意を固める。

『35歳の少女』第7話の感想

まさか望美と結人が別れてしまう展開になるとは思いませんでした。

やっぱり25年という歳月は長すぎたのでしょうね。

望美の知っている世界とはかなり変わっていたので本当に生きづらい感じになっていると思いました。

昔だったら、大丈夫だったことでも今の時代は無理なことが多すぎて見ていて本当に息苦しかったです。

洋食屋のバイトの、場面でもあそこは望美の行動が正しいように見えますが世間的には客の方が偉いわけで平謝りしなくてはならない場面でしたね。

結局バイトをクビになってしまったことが全ての答えだと思いました。

次回も楽しみです。

ペンネーム:アルス(30代・男性)

もっくん

『35歳の少女』第7話のあらすじネタバレ

結人と同棲をはじめた望美は現実とかけ離れたアナウンサーの夢を諦め、幼かった心も35歳に近づいていく。

そして念願だった初体験も果たした。

洋食屋にアルバイトも見つけ、教師の職探しをしている結人を助ける。

しかし、ますます多恵の元へ帰る気はなくなった。

渋る結人を説き伏せ、彼の実家に赴くが、そこは予想に反して大豪邸だった。

両親の仲は険悪で、お父さんは寝たきりになっていた。

望美は結人に、彼の両親に仲良くなってもらう方法を考えるように提案するが、結人は邪険に扱う。

そして結人が理想を曲げて学校のいいなりになることを受け入れて就職を決めたことも重なり、嫌悪感をもった望美は結人のアパートを飛び出す。

『35歳の少女』第7話の感想

望美のいうことはすべて正しいです。

でも、それでは世の中通りません。

彼女が正しいことを言っても、周りは困り果てるだけです。

彼女25年間寝ていたのです。

本来なら時間をかけて傷つき、諦め、絶望を経験して大人になっていく大切な時間をまるまる経験していないのです。

結人に絶望したのは当たり前だし、結人が彼女をうざがったのも当然の反応です。

難しいですね。

きっと多恵は望美がこうなることを予想していたのだと思います。

観ていたこちらもあまりのやるせなさに胸が締め付けられる思いがしました。

特に多恵の家で家族に対して言ったことはこのドラマ最高の名場面だったと思います。

ペンネーム:もっくん(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年秋ドラマ『35歳の少女』第7話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第8話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『35歳の少女』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA