35歳の少女|5話見逃し動画無料視聴はこちら【11/7配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『35歳の少女』第5話( 2020年11月7日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『35歳の少女』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『35歳の少女』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『35歳の少女』第5話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『35歳の少女』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『35歳の少女』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『35歳の少女』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年11月7日(土)放送終了後〜2020年11月14日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『35歳の少女』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『35歳の少女』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2020年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2020年秋ドラマ『35歳の少女』第5話のあらすじ

2020年11月7日(土)放送のドラマ『35歳の少女』第5話のあらすじを紹介します。

望美のぞみ(柴咲コウ)は子供時代の記憶を懐かしく感じ始めていた。

多恵たえ(鈴木保奈美)は、急速に大人びて来た思春期のような望美と、家庭教師の結人ゆうと(坂口健太郎)の関係を不安げに見守るが……。

一方、愛美まなみ(橋本愛)は実力を認めてくれない職場に不満を抱えつつ、困った時だけ優しくしてくる相沢あいざわ(細田善彦)への思いを断ち切れずにいた。

そして進次しんじ(田中哲司)の家では達也たつや(竜星涼)が荒れ、加奈かな(富田靖子)が怪我をする事態に。

加奈は、2日後に迫った達也の誕生日に、要求された整形費用100万円を渡すつもりだと進次に告げる……。

そんな中、結人への気持ちがますます募る望美は、いちいち心配してくる多恵に“もう結人と付き合っている”とフライング交際宣言!

結人は積極的に気持ちをぶつけてくる望美に戸惑いを隠せない。

その一方で望美は、生徒が自殺した過去を持つ結人が、本当は教師に戻りたい気持ちを誤魔化していると感じていた。

相変わらず代行業でその日暮らしを続ける結人が恋人代行の仕事に向かうと聞いた望美は、心配で後を尾ける。

しかし結人に恋人役を頼んだ相手は愛美だった…。

公式サイトより引用

2020年秋ドラマ『35歳の少女』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『35歳の少女』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

秋桜
次回は愛美と広瀬が仲良くしているところを、望美が見てしまうところが楽しみです。

望美はどんなことを思うのか気になります。

どこか嫉妬してしまうのかなと予想します。

望美と広瀬の関係も見どころです。

そして望美がキスの練習をしていたところが注目ポイントです。

一体望美に何があったのか楽しみです。

想像しながら一人で練習する姿に期待したいです。

そこを母に見られてしまうのかも気になるところです。

また達也の母が達也たちに向かって、物を投げていたところも注目です。

母はつい感情が溢れてしまうのかなと思います。

達也たちのリアクションに期待したいです。

ペンネーム:秋桜(20代・女性)

Ryurei
唯一、望美の心の支えとなっている結人くんとの関係が、どう進展していくのかが楽しみです。

精神的に大人になっていく望美と結人くんとの恋の予感がします。

最終的には、お互いによい理解者になっていくように思います。

結人くんは、また教師を続けるように望美が背中を押してくれそうな気がします。

そして、父親のリストラがあるのか。

義理の息子の引きこもりが解消できるのか。

妹愛美の満たされない心は解放されるのか。

それぞれの生き方が愛美と関わることで、どう変化していくのか見届けたいと思います。

母親の多恵も望美に救われているように感じます。

ペンネーム:Ryurei(60代・女性)

かものはあま
急速に成長をし始めている望美ですが、どうやら結人への想いも急成長する様です。

少女の淡い恋心から思春期を迎え大人の恋に発展するまでも早そうです。

次回は恋人代行の仕事で愛美とかち合ってしまいバチバチになりそうですが、愛美は悪くないです。

こんな仕事をだらだら続けてしまってる結人が悪いので、姉妹の確執はなしでいて欲しいと思います。

ただ愛美が本気で結人に惹かれてるとも思われるのでそこからこの恋がどうなるか、結人は完全に望美に愛を向けていると思いますのでそのまま結ばれて欲しいです!

あとは進次の家庭もなかなかめちゃくちゃなので父親のビシッとした態度を見せてこの家庭でやってくんだという決意を見せて欲しいです。

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

タマヤ
次回は望美が中学校の勉強を全てマスターして今度は高校の問題まで進むのではないでしょうか。

なんとなく望美は勉強に対する飲み込みが早いような気がするので結人も教えがいがあるのではないでしょうか。

その事でまた結人が教師に戻ろうと決意して頑張る展開になってくれればいいのですがそんなに簡単な話ではないのでしょうね。

一度教師という職業に挫折している結人ですから大変だと思いますが望美の助言によってまた教師をしようと思ってくれれば幸いです。

もし結人が教師に戻ったら望美の母親も結人のことを認めてくれるのではないでしょうか。

ペンネーム:タマヤ(30代・男性)

ジャストフィット
望美が結人のことが完全に好きになってしまっていますが結人の気持ちというのが気になります。

望美のことは妹のような感覚で見ているようにも見える結人の本心というのが知りたいです。

個人的には結人と愛美が付き合う流れが見たいんです。

なので愛美が相沢のことは諦めて結人のことが好きになるという展開が見たいなと期待しています。

いずれは望美、愛美、結人の三角関係になっていくんじゃないかと想定します。

そして多恵が前にも増して結人のことを毛嫌いしていくんだろうなとも思っています。

少しだけではありますが達也が引きこもりから抜け出すのかが気になっています。

ペンネーム:ジャストフィット(40代・男性)

まっくん
望美が反抗期さえ乗り越えれば、娘と母の関係性に心配はないと思いますが、一方で、父と妹はかなりやばいです。

仕事もプライベートもかなり追い詰められています。

もう破裂寸前といった感じなので、どういう展開になるのか目が離せません。

結局は、元の4人家族に戻りそうな気はするのですが、紆余曲折あるでしょうから予断を許しません。

望美も見ていて相当危なっかしいですが、そのぶん、結人がかなりまともになってきたので、守られながら順調に現代に順応していけるだろうと思います。

よくスマホが操作できるなあと感心はしますが、元は10歳なので吸収は早いのかもしれません。

今後も想定外のことが起きるかどうか楽しみです。

ペンネーム:まっくん(40代・男性)

2020年秋ドラマ『35歳の少女』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『35歳の少女』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

のすけ

『35歳の少女』第5話のあらすじネタバレ

主人公ののぞみがどんどん成長し、勉強だけでなく恋愛にも興味を持ち始め、小学生のゆうとくんに求愛するストーリーです。

初めは戸惑っていたゆうとくんものぞみに支えられていることに気づき、最後には交際を認めてもらえるよう、のぞみの母親に直談判しに行きます。

しかし、そんなに上手くいくわけもなく、のぞみは家を追い出されてしまいました。

また、お父さんは会社のクビを免れたのですが、青森転勤の辞令を受けヤケになってしまい、妹は元彼にいいように使われやっと吹っ切れたようで元彼からも離れ会社を退社する決意をしたようでした。

『35歳の少女』第5話の感想

毎週家族で楽しみに見ています。

第4話の予告で第5話は少しディープで子どもには刺激が強いかと思いましたが、そんなことはなくいつも通り見られました。

第5話の前半では、のぞみの想いがあつすぎてゆうとくんを困らせていましたが、亡くなった生徒のお墓のシーンでのぞみがゆうとくんの背中を押したシーンでは涙無くして見れないと感じました。

代行業も辞めて教師を目指すとのことでしたので、ゆうとくんの今後も楽しみです。

その後の、交際宣言をしにお母さんのところへ行った際のお母さんの態度があまりに不器用で、もどかしく感じました。

ペンネーム:のすけ(20代・女性)

あんぱん

『35歳の少女』第5話のあらすじネタバレ

望美は図書館で結人と約束したことを、結人と付き合い始めたと勘違いをしていた。

だが結人に心が大人になってからと言われ、ママにも勝手に付き合っていると報告して反対された。

望美は結人がまだ代行業をやっていることに納得がいかず、結人を説得しようとするも誤魔化されてしまう。

愛美にも理想ばかりを言ってしまい大喧嘩になる。

パパは仕事で異動になり、絶望してるなか望美に理想を語られ爆発してしまう。

大人はみんなすぐ誤魔化すことに不満を抱く望美。

それでも交際を迫る望美を結人は押し倒し現実を叩きつける。

夢で見たママとパパにインタビューした時を思い出し録音を聴き、ママの話を聞いて望美は周りの人の話を聞いていないことに気付く。

結人に会うために恋人代行を頼み結人の話を聞かせてほしいと頼む。

結人は望美を亡くなった生徒のお墓に連れて行った。

お墓で手を合わせ思いを告げ、教師をやりたいと告げる。

結人は代行業の仕事を辞め再び教師を目指し、望美とも付き合うことになる。

望美とママの元へ交際の承諾を求めるが結人とママのどちらかを選ぶように言われてしまい、望美は荷物をまとめて家を飛び出してしまう。

『35歳の少女』第5話の感想

望美が大人の姿に慣れてきたと感じるように、望美の表情や動作が大人っぽくなって落ち着いてきたと思いました。

早く結人たちと同じ大人になりたいと焦ってる姿は、大丈夫かなと少し不安でした。

結人だけでなくパパや愛美にも理想ばかりを語ってしまいヒヤヒヤしました。

ただママの話を聞いて、いつも自分のことばかりで周りの人の話をちゃんと聞いていなかったことに気付けた望美はすごいなと思いました。

結人は望美に強く言ってしまうこともあるけど、大好きな望美をずっと気にかけていて素敵な恋だなと思います。

ママには家を追い出されてしまいましたが、結人は望美のことをちゃんと見てあげてほしいと思いました。

ペンネーム:あんぱん(20代・女性)

hiro1019

『35歳の少女』第5話のあらすじネタバレ

大人になっていく望美は、結人と付き合っていると感じていますが、望美の真っ直ぐな気持ちに自分の気持ちをはぐらかす結人。

一方信次は、早期退職を打診されます。

家に帰ると、息子の暴力で、顔にあざを作っている妻。

息子の望みの100万円を渡すつもりです。

そんな時会社で愛美を頼って相沢が愛美に会いに来て的確なアドバイスを出します。

恋人代行で結人に会う愛美は、相沢が自分を必要としていると、言いますが、相沢に執着する愛美に目標だったグラフィックデザイナーになる事を提案し、会社を辞めます。

一方信次が家に帰ると、今までの思いを吐き出し暴れる妻に家をでる信次。

一方望美は、結人と話をして、結人は、再び教師になる決意と、望美との付き合いを母親に報告します。

しかし、母親の許可は、得られず、望美は、家を出ました。

『35歳の少女』第5話の感想

駆け落ちする望美の精神年齢は、今何歳なのでしょうか。

まだ子供だと思っている、母親と、それなりの年齢になっていると考える結人と、望美。

急に母親無しで、結人と生きていけるのか心配する所です。

又教師という職業もそう簡単に決まるとは思えず、結人が、又自暴自棄になってしまわないか、望美にそれをあたってしまって、望美の心を傷つけてしまわないか、とても心配です。

また勢いで会社を辞めてしまった愛美。

グラフィックデザイナーが夢ですが、簡単に就職は、決まらないと思うので、こちらも心配です。

又転勤の辞令で、自暴自棄になり、新築の売る為の家で酔い潰れた信次のこれからも心配ですね。

ペンネーム:hiro1019(50代・女性)

かものはあま

『35歳の少女』第5話のあらすじネタバレ

望美に結人が家庭教師につきはじめてから、多恵は安心できない日々が続いています。

望美も舞い上がり、大好きな結人が来るのを毎回楽しみにしています。

一方で愛美は好きだった相沢に営業に戻すと言われながら彼の仕事を手伝っていました。

しかし彼はそのまま自分の手柄にしてしまい、愛美は激昂。

彼をコテンパンにし、退職を決めます。

進次は何とリストラを言い渡され、呆然としています。

家庭でも上の空で加奈の悩みをちゃんと聞いてあげず、加奈は爆発。家を追い出されます。

退職したくないと懇願し、決まったのは青森転勤。

何と後日仕事中にショールームで酔いつぶれてるのを発見されます。

また望美の場面ですが、結人の悩みを聞いた結果結人と亡くなった児童のお墓参りに行く事に。

そこにいた母親とお墓に精一杯の謝罪。

そしてまた教師を目指したいと吐露します。

その後晴れて二人は交際に至りますが、多恵に報告をした二人は猛反対。

望美は家出する事になりました。

『35歳の少女』第5話の感想

なかなか激動の展開だなと思います。

まさかの望美が家出になるとは。

数々の人を動かしてきた望美の言葉にも多恵のその固い意志は変える事はできず、ブレずに結人との事を反対。

どっちをとるかなんて答えを出せるはずはないのに厳しいなとも思います。

やはり自分のやる事をやってきたと自負して貫くのが望美がまた目を覚ますきっかけになるいい面でもありますし、仕事で得意に罵声を浴びせられていた様に悪い面でもあるかなと感じるところです。

やはりもう少し人の意見に耳を傾ける余裕を、柔らかさを持てばもっともっとよくなると思うんですけど今のところは何も見えてないかなと思います。

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

やす

『35歳の少女』第5話のあらすじネタバレ

望美は日に日に家庭教師をしてくれている結人のことが好きになっていき部屋で一人彼のことばかり考えてしまうようになりました。

結人は代行業をやりながらも今の生活を続けていいのか悩む日々が続いていました。

そんな中で中身がまだ幼い望美にストレートに現実から逃げているだけなんじゃないかと言われ、戸惑いを隠しきれません。

ちょっと二人の仲がこじれた翌日、望美は彼のために話を聞いてあげようと代行業に応募しました。

その流れで望美の自宅にいき母親に二人が付き合いたいと交際を伝えたら、母親には私か結人のどちらかを選びなさいと極論を言われて望美は結人を選んだために実家を初めて出ていくことになってしまいました。

『35歳の少女』第5話の感想

望美の見た目とは裏腹なまっすぐな気持ちが回を増すごとに鮮明になっていて人間が大人になっていく中でどこかに置き忘れてきたような大切なことを言葉として伝えている姿がとても美しく立派にみえました。

そんな彼女にちょっとひきつつも認めるところは認めて向き合おうとしたり自分自身も前に進もうとしている結人さんも含めて二人の関係性がとても輝いていて今後の二人の関係性がどうなっていくのかがとても楽しみになってきました。

一方でお父さんの家庭がめちゃくちゃになりつつあるのと青森への異動がまだ誰にも言えずにいるのが少し気がかりです。

ペンネーム:やす(30代・男性)

もふもふ

『35歳の少女』第5話のあらすじネタバレ

25年間の心と身体のブランクは徐々に埋まりつつあるが、多恵との不協和音の溝は埋まらない望美。

結人のことを好きな気持ちを隠そうともせず広言し、それに対して多恵は心配して露骨に反対する。

一方、当初は戸惑っていた結人だったが次第に心が揺れ始める。

代行業をしてやさぐれた生活をしながらも過去は真面目な教師だった結人の純粋な部分を望みが思い出させたのだ。

ついに多恵は私を選ぶか結人を選ぶかの二者択一を望みに迫り、彼女は結人を選んで家を出ていくのだった。

放心する多恵。そして父と妹もまたそれぞれの仕事とプライベートに大きな問題を抱えて路頭に迷うようになってしまう。

『35歳の少女』第5話の感想

あまりにも望美の決心が早すぎるのは、25年間のブランクを慌てて取り返そうとしているかのようで危うい気がしますが、多恵との生活は息が詰まるから逃げ出す意味もあるのかなと思います。

確かに心配する多恵の気持ちが普通なのですが、望美という存在ははたして10歳なのか35歳なのかといえば、世間から見れば35歳だと思うのです。

中身は10歳でも35歳には間違いありません。

多恵が言ったように結人は望美の元をいつかは去るかもしれません。

しかし、彼も決心して望美を連れ去ったのならば、やさぐれた彼ではなく元の真人間になっているはずです。

ふたりが分かれるにしろボロボロになるようなことはないと思います。

望美の決心は正解だと思いました。

ペンネーム:もふもふ(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年秋ドラマ『35歳の少女』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『35歳の少女』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA