35歳の少女|1話見逃し動画無料視聴はこちら【10/10配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『35歳の少女』第1話( 2020年10月10日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『35歳の少女』第1話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『35歳の少女』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『35歳の少女』第1話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『35歳の少女』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『35歳の少女』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『35歳の少女』第1話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年10月10日(土)放送終了後〜2020年10月17日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『35歳の少女』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『35歳の少女』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2020年4月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2020年秋ドラマ『35歳の少女』第1話のあらすじ

2020年10月10日(土)放送のドラマ『35歳の少女』第1話のあらすじを紹介します。

幸せの象徴のような新築の一軒家・今村家。

お遣いを頼まれ意気揚々と出かけた10歳の長女・望美のぞみはその日、自転車のブレーキが壊れているとも知らず坂道を飛ばしていた。

しかし次の瞬間、コントロールを失った自転車は崖から大きく放り出され……。

病室で目を覚ました望美(柴咲コウ)の目の前に広がるのはなんと25年後の『現在』!

実は事故の後25年間眠り続けた彼女は、母・多恵たえ(鈴木保奈美)の必死の介護によって奇跡的に目を覚ましたのだった。

しかし、明るく優しかった多恵は笑顔を見せない冷たい女性に、格好良かった頼れる父・進次しんじ(田中哲司)はパッとしない中年に、可愛かった妹・愛美まなみ(橋本愛)は不機嫌で刺々しい大人に変わり果てていた。

そして望美自身は、心は10歳、体は35歳の『35歳の少女』である自分を受け入れられず……。

現在に馴染めないまま退院を迎えた日。

多恵はお祝いにすき焼きを用意していた。

実はすき焼きは家族にとって因縁の料理。

まだ声の出せない望美を囲み、ある“秘密”を抱えたぎこちない家族の食卓が始まる。

そこに望美の初恋相手・広瀬結人ひろせゆうと(坂口健太郎)が訪ねてくるが……。

公式サイトより引用

2020年秋ドラマ『35歳の少女』第1話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『35歳の少女』第1話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ゆん
このドラマは柴咲コウさん主演というのが、とても楽しみです。

心は10歳だけど体は35歳というのが、すごく面白そうです。

心と体のバランスをどのようにとっていくのか気になるところです。

主人公の今村に何があったのか注目ポイントです。

今村がこれからどのように成長していくのか楽しみです。

周りの人たちの支えなども必要になると思います。

いろんな人たちが今村のことを理解して、助け合っていくところも注目です。

見ていて思わず心にジーンとくるところもありそうです。

人のことを思いやる気持ちなど、改めて感じられそうな作品で楽しみです。

ペンネーム:ゆん(20代・女性)

ぼよよよ〜ん
タイトルから想像が出来ないドラマですね。

主演は柴咲コウさんで民放ドラマ5年ぶりなんですね。

いつも美して素敵な柴咲さんも楽しみですが、ストーリーも気になることがたくさんありそうです。

ストーリーは柴咲コウさんの娘が不慮の事故で意識が戻らないまま2020年突然目を覚まし戻ってきた。

でも心は10歳だけど身体は35歳、25年間眠り続けた娘がこの25年で家族はバラバラになりまったく環境が変わってしまった現代でいろんな困難に立ち向かいながら成長していく時を超えた成長物語です。

見どころはやはり橋本愛さん演じる娘がどのように成長を果たし生きていくがだと思います。

始まる前から楽しみです。

ペンネーム:ぼよよよ〜ん(20代・女性)

M999
35歳なのに少女とは、いったいどんな話なのかとドラマの題を聞いて、まずは想像が膨らみました。

柴咲コウが主演とのことで、どのように少女を演じるのかも見どころだと思います。

不慮の交通事故により、心が少女のまま大人になったという設定のようですが、実際に記憶喪失などでそのような体験をして苦しんでいるか方はいらっしゃると思いますので、視聴者にも広く理解を訴えるようなシリアスなストーリーではないかと予想しています。

自分や身近な人がそのような状況になるかもしれない、そんな時どんな気持ちになるか、自分ならどうやって前向きに生きていけるか、ドラマを見ながら考えたいです。

ペンネーム:M999(40代・女性)

oni
柴咲コウさんが、民放5年ぶりの主演ということで見てみたいドラマだと思いました。

ストーリーも、10才の頃に不慮の事故に遭い、25年眠りつづけた女性が目を覚まし、心は10才、体は35才というギャップをどう埋めていくのか、眠り続けた25年の間に何もかも変わっていることにどう向き合っていくのか、また、目を覚ました娘に対して、家族や友人がどう接していくのかなど気になることが沢山あります。

人生の1/4を眠り続けた女性が、まるで浦島太郎のような感覚で、どう生きていくのをみてみたいと思いました。

柴咲コウさんの心が10才という難しい設定なだけにどんな演技が見られるか楽しみです。

ペンネーム:oni(50代・女性)

あおぞら
10月10日から同枠で始まる『35歳の少女』も楽しみです。

少女のときの事故で長い眠りについた主人公、今村望美(柴咲コウ)。

母の願いが通じたのか、長い時を経て、彼女は意識を取り戻します。

しかし、眠りについたのは少女時代。

その間も身体だけは成長していき、今では大人の女性に。

心は少女のままだが、身体は大人で。

かつての幼なじみのボーイフレンドや、年下になってしまった妹、周囲の人と、本人のとまどいが想像できます。

現代の眠り姫。どんなドラマになるのでしょうか。

事故で植物状態になった方の周囲の方のみでなく、障害で幼いままに思える方の悩みなども、表現できるのではと、個人的に楽しみです。

ペンネーム:あおぞら(50代・女性)

かものはあま
まず何より久しぶりの柴咲コウさんの出演で楽しみです!!

設定もぶっとんでますし、10歳の心を持ったまま35歳・・演じ方が全く想像つかないですがベテランの柴咲さんだから安心感はありますしどう演じるか楽しみです。

まわりも竜星さんとか橋本愛さんとかの役どころも気になります。

全くこちらも想像つきませんが、スマホがなかったり、流行り物が全然違ったり、知らない言葉が出てきたり、テレビに出てくる芸能人なんかも全然違ったりそういうところから、そして家族やまわりの人間も見た目がすっかり大人な今がいたり、その辺の表現の仕方が楽しみです!

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

2020年秋ドラマ『35歳の少女』第1話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『35歳の少女』第1話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

ramu

『35歳の少女』第1話のあらすじネタバレ

今回は望美が10歳の時自転車で事故にあって、ずっと眠り続けていたのです。

そんな中25年後に突然目を開けます。

母親も望美もびっくりするのです。

だけど望美は心の中が10歳のままとまっています。

ちゃんと喋ることもできないのです。

リハビリをしてなんとか自宅に戻るのです。

そこで母親は小学校の同級生だった広瀬を招くのです。

しかし広瀬は大声で望美に向かって、いい人のふりをしていたと言うのです。

望美は声をあげながら号泣します。

また望美は広瀬の前で、自分の声が嫌いと話すのです。

広瀬は望美が初恋の人だったと伝えます。

『35歳の少女』第1話の感想

今回は望美が長い時間から目を覚ましたのは、とてもホッとしました。

母親も望美も互いにびっくりしていたのがリアルです。

でも望美は心の中が10歳のままなのが印象的です。

可愛らしい声で思ったことや感じたことを、率直に言っていたのが良かったです。

望美は一つ一つ昔の記憶を辿っているのが印象的です。

また家に帰って広瀬が現れたのは驚きました。

そこで望美に大声で、いい人のふりをしていたと言ったのは怖かったです。

感情的になっていたのは怖さがありました。

望美も号泣していたのが、きっとどこかで察していたような気がします。

ペンネーム:ramu(20代・女性)

チーズ

『35歳の少女』第1話のあらすじネタバレ

すき焼きの具材にする豆腐のお使いを頼まれた、小学4年生の望美は自転車で家から飛び出していった。

トンボのメガネを口ずさみながら、軽やかに自転車で坂を下る望美だったが、ブレーキが壊れていて効かない。

必死にとめようとするがそのままガードレールに突っ込んでしまう。

非常ベルの音と共に目覚めると、そこには白髪の女性がいる。

状況を把握出来ない望美に、25年眠ったままだったと説明した状況は姿がすっかり変わった母親だった。

病院に父親と妹がかけつけるが、望美は25年たったとは信じられない。

実は、両親が離婚し妹も家を出ていたが、母親はそれを隠していた。

やがて望美は退院し、もともと住んでいた家に戻る。

昔の家の状態を保つため、母親が父親と妹を呼んだ。

そしてもう1人、児童書を借りたままになっていた同級生も訪ねてくる。

そこで、何もかも変わってしまったと知らされる。

希望は失意の中昔の面影を探して、街を彷徨い、結人と昔来ていた図書館で、号機する。

結人はそこで昔、望美が好きだったと告白するのだった。

『35歳の少女』第1話の感想

まず、設定が突拍子なく興味を惹かれて拝聴にいたりました。

希望が目覚めた後、母親の多恵の反応が冷静でその時点で違和感を持ちました。

その点父親の反応が普通だったので、視聴者の感情に寄り添っていた為安心しました。

実は、母親ひ看病する気力がなくなっていたとラストで判明し、伏線回収され、ぞっとしました。

坂口健太郎演じる結人が、母親に頼まれて快気祝いに参加し、急に態度が変わるあたり理由がわからなく、あのように望美を傷つけておいて、その後望美を好きだったと告白するなど、メンタルが心配になる感じで、あまり納得できなかったので後の話で回収されると期待しています。

ペンネーム:チーズ(30代・女性)

おもち

『35歳の少女』第1話のあらすじネタバレ

お母さんのおつかい途中に自転車事故にあい、意識不明状態だった小学生の女の子が25年後に意識を取り戻す話です。

彼女の中の心や気持ちだけは25年前の小学生のままでありながらも、自分の体や周りの世界は25年が経っていて、何もかもがまるで違うもの。

唯一信じられる家族ですら自分が知らない間に変わってしまっていた為、頭の中は混乱します。

25年ぶりに再開した初恋の相手も全く別人となって現れます。

こんな世界なら意識を取り戻さなければよかったと泣く彼女を前にした彼から初恋の相手が自分であった事を伝えられます。

それが彼女にとって小さな希望となります。

『35歳の少女』第1話の感想

1話目にして、事故に遭って25年が経過するという展開はまるでマンガや韓国ドラマのような展開のドラマで今後が楽しみになるドラマです。

また、体と心の年齢差を感じさせるような柴咲コウさんの演技力には感動しました。

普段何気なく過ごしている毎日が自分の知らない間に、25年も経ってしまう事で、人間や世界が全く違うものに変わってしまうんだという現実に恐怖すら感じます。

思わず自分ならどうなるだろう、どうするだろうという事も考えてしまいました。

ただ25年の間にとても綺麗な姿になっているなど、ツッコミたくなるような場面も多少ありました。

ペンネーム:おもち(30代・女性)

かものはあま

『35歳の少女』第1話のあらすじネタバレ

とある10歳の少女の何気ない生活からスタートです。

望美が母に頼まれすき焼きの具材を買いに出かけました。

すると乗っていた自転車のブレーキが効かず望美はそこから植物状態となり25年の月日が流れるのでした。

目を覚ますとそこは別世界。

変わり果てた母、多恵と父、今村進次、妹、愛美もすっかり大人です。

最初はまわりはみんな傷つけまいと取り繕いましたがそれは多恵が呼んだ望美の幼なじみの広瀬結人によって全てを暴露されてしまい、結人はかつて望美が思う結人ではありませんでした。

それに合わせ愛美や進次ももう今はみんな家族バラバラな事を伝え望美は号泣します。

そして多恵の前から姿を消してしまいました。

多恵は一度追い出した結人に望美探しを頼み結人は見事望美を見つけます。

そして自分が望美に対し初恋の気持ちがあった事と、目覚めて良かったねと改めて声をかけ望美は救われます。

『35歳の少女』第1話の感想

非常に柴咲コウさんの設定が演技が難しく、いかに10歳らしく演じていきそれがだんだんと大人になっていくまでをどう表現するのかか一番楽しみです。

非常に純粋な少女の様なのでなおさら刺激的な現実の出来事や人に触れてどういう反応をし対応していくのか気になります。

やはりあの望美の大泣きのシーンは見た目は大人の女性ですが、見ててオロオロしてしまうくらい開けっぴろげに泣くなと思いました。

本当に10歳の少女があの状況におかれたら本当にああなると私も思いました。

そして変わってしまった結人の中に良心が残っててホッとしました。

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

あかも

『35歳の少女』第1話のあらすじネタバレ

当時10歳だった少女が自転車のブレーキぐ効かなくなり事故を起こす。

意識不明となり、25年後に目を覚まし当時の記憶と現在のギャップにくるしみながら生きていくストーリーで、初回は10歳の頃の事故にあう所から始まり、25年後に目覚め、歳をとった母親と目が合い誰かわからないといった状態で、悪夢のように感じている。

目覚めた事によろこんだ母親は刺激を与えないためにも昔の幸せな生活をしているよう隠蔽する。

しかし実際は離婚もし妹も家を出て幸せな家庭は崩壊している。

主人公が大事にしていた本に書いている名前の友達を呼び喜ばせようとする母親だったが、その友達が21世紀の荒んだ世界を暴露してしまう、それに続き父親や妹も本当の事をバラしてしまい主人公はとても悲しんでしまう。

次の日に家を飛び出した主人公は当時の面影のある場所を探すが見つからない、全てを暴露した当時の友達に遭遇し初恋であった事を言う、戸惑いながらも少し現状を飲み込めてきたとろこで第一話は終わる。

『35歳の少女』第1話の感想

CMから大体のストーリーの展開は読めていたが25年後の世界の家族が予想以上に荒れていて面白かった。

父親は離婚して別の家庭をもっているが、連れ子の居る家庭でさらにそれが引きこもりといったとんでもない状況で、妹もなかなかのブラック企業に勤めていて上司と恋人関係であったが後輩に取られてしまっているという状況、そしてなにより当時の同級生が、とんでもないダメなやつで元教師で今は友達のふりをしてお金を稼ぐだらしのない生活をしている。

そんな凄い状況を1話でわかりやすく展開しているので引き込まれるように見てしまう内容でとても楽しく拝見することができた。

ペンネーム:あかも(30代・男性)

チャチャ

『35歳の少女』第1話のあらすじネタバレ

10歳のときに自転車事故で25年間植物人間状態だった少女が、35歳になって突然目を覚ますという、SFのようなショッキングな展開でした。

突然目が覚めるということは、夜寝て朝目が覚めるのと感覚的に変わらないと思いますが、親は老けているし世界は自分を置き去りにして一変しているわけです。

仲がよかった家族は、父と母は離婚しており、小さかった妹は少し難しい女性になり、幼馴染の憧れの男子はチンピラみたいな人間になっていました。

ヒロインの望美は体は35歳ですが、心はまだ10歳にまままわけです。

母親は過去の世界を再現しようと試みますが、彼女はすべて現在の事実を知ったとき、ついに破裂したように泣いてしまいました。

『35歳の少女』第1話の感想

まず、25年ぶりに目覚めた少女の心持ちが、多少は理解できるかどうかによって、このドラマの感じ方はずいぶん違ってくると思います。

朝起きたら、世界が一変していたら自分ならばどう思うでしょうか。

しかも鏡の中の自分は知らないおばさんになっているのです。

その感覚の感じが、観ているうちに理解できてきて、それからはかなり物語に入り込めたと思います。

難しい役どころでしょうが、柴咲コウはさすがの演技でした。

ヒロインの母を演じる鈴木保奈美も、髪をロマンスグレーにしても顔は若々しいですが、少し狂気をはらんだ母親役を的確に演じていたように思います。

ペンネーム:チャチャ(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年秋ドラマ『35歳の少女』第1話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第2話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『35歳の少女』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA