さくらの親子丼(第3シリーズ)|6話見逃し動画無料視聴はこちら【11/21配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話(2020年11月21日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年11月21日(土)放送終了〜2020年11月28日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『さくらの親子丼(第3シリーズ)』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『さくらの親子丼(第3シリーズ)』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『さくらの親子丼(第3シリーズ)』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『さくらの親子丼(第3シリーズ)』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2020年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年秋ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話のあらすじ

2020年11月21日(土)23時40分放送のドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話のあらすじをご紹介します。

医師から真由子(井本彩花)に急性白血病の疑いがあると聞かされたさくら(真矢ミキ)は、真由子の父・門倉稔(中野剛)に会いにいく。

門倉から真由子が幼少時に白血病を発症していた事実を知るさくら。

さらに医師からの連絡で、真由子が以前、受診した病院の記録から、骨髄移植の適合者は真由子に性的虐待を働いた兄・門倉祐二(金井浩人)だと医師から聞き、愕然とする。

さくらから報告を受けたスタッフルームでは、真由子の今後の対応について、桃子(名取裕子)、雪乃(新川優愛)、多喜(山崎静代)が各々の意見をぶつける。

父はエリートサラリーマン、母は専業主婦、兄の祐二は一流大学出身…と絵に描いたような上流家庭。

しかし、祐二がさらに事件を起こしてから、家庭内は劇的に変化していた。

それでも、真由子の命を最優先に考え、さくらは再度、真由子の父・門倉へ直談判しに赴く。

兄・祐二に真由子を救ってもらうために…。

一方、大樹(細田佳央太)に過去を知られ、「そういう奴と関わりたくない」と言われてしまった真由子。

朝子(倉島颯良)はタロットで「周りに裏切り者がいる」と占う。

しかし、大樹とは「深い結びつきがある」とも…。

大樹に話をした張本人、夏美(西本まりん)は相変わらず悪気ない上に、素知らぬ顔。

結局、真由子はさくらが裏切り者だと誤解し、さくらを無視するように。

さくらが真由子のために奔走していたある日、みどり(hibiki)と隼人(遠藤健慎)が無断外出をする。

真由子を傷つけた大樹がいる虹ヶ丘高校の体育館へ向かっていた…。

過去に犯した「罪」、そして「償い」がそれぞれの立場で語られる第6話。

さくらは、子どもたちと一緒に台所に立ち、心からの思いを伝える。

ドラマ公式サイトより引用)

2020年秋ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

YK
第6話の見どころは真由子に急性白血病の疑いがあると知ったさくらが、どのような行動に出るのかという点です。

さくらは真由子の父に会いに行くようですが、知らなかった事実に驚く展開になりそうです。

真由子のトラウマの原因である兄が骨髄移植の適合者のようなので、さらに混乱すると予想しています。

また、真由子が少年院にいたという事実を知った大樹に対して、隼人やみどりが行動を起こす点にも注目しています。

大樹は拒絶しそうですが、真由子を傷つけたことが許せない隼人たちは必死に思いを伝えそうです。

真由子の兄が骨髄移植を受け入れて、大樹に真由子の本心が届いてくれることを期待しています。

ペンネーム:YK(30代・女性)

チャオシマ
真由子の病気を治すため兄を訪ねるさくらと雪乃。

骨髄移植を頼むようですが、彼は刑務所にいるようで驚きました。

真由子の痛みよりも兄を取った両親はどんなかかわり方をしたのでしょう。

どんな犯罪か分かりませんが、罪を犯してしまった様子に生活が荒れたことが伺えます。

しかし骨髄提供を求めても「俺にどんなメリットがあるんだ」というセリフにはすさんだ内面が伺え悲しくなりました。

さくら達は説得することが出来るのでしょうか。

大樹のバスケットチームとハチドリメンバーたちが対峙しているシーンがありました。

どうしてこのような状況になったのか。

「少年院に入っていたからなんだっていうんだ」という隼人のセリフに悔しさがにじみます。

大樹が真由子のことでさくらと話すようで、少年院に入っていたと一括りにしなくなるきっかけがあればと思います。

ペンネーム:チャオシマ(60代・女性)

もも
楽しみな点は、まずは、大樹くんと真由子の関係性です。

過去に不良グループに仲間を殺された経験があった大樹くんが少年院に抵抗があるということはすごくわかるのですが、それをはみ出してくれそうで楽しみです。

真由子自身を見てくれそうな感じがして仲良くなりそうです。

また、みんなが真由子をサポートしてくっつきそうな感じがするのでその関係性が楽しみです。

また、さくらと岡林さんはどこかで互いに分かち合う日が来るのかなと思うので岡林さんとさくらの関係性も楽しみです。

裁判の結果も進展しそうなのでそれも楽しみです。

また、静ちゃんの動向も楽しみです。

ペンネーム:もも(20代・男性)

スオーネ
真由子の過去を知って、真由子への恋愛感情を断ち切って遠ざけようとする大樹と自分の過去を知られて、大樹には二度と近づかないようにする真由子。

だが、真由子の病気を知るさくらさんは、真由子が過去の呪縛から解き放たれて、自由に恋愛することを話しをします。

また、シェルターの他の子たちも真由子の病気を知り、真由子の恋愛を応援するようになり、それを知る大樹はどのような行動にでるのか、また、大樹の父親とさくらさんも少年更生施設の建設で行き違いがあり、町の治安が悪くなることを嫌がる大樹の父親が、大樹と真由子の恋愛に、どのような対応をするのか、とても楽しみです。

ペンネーム:スオーネ(40代・男性)

たか
真由子が急性白血病の疑いがある事が分かって、骨髄の適合者が真由子の兄である事が分かって、さくらたちはどのようにして真由子を救うのか気になります。

6話は真由子に関連する出来事が動いていくようで、真由子が抱えている問題の一つである大樹に拒絶された事に関しても何か動きがあるようです。

みどりと隼人が大樹が在籍する高校へ赴き、大樹に真由子の事をぶつけていく事になり、それで解決するのかがポイントになっていくでしょう。

問題を抱えている者同士だから分かる事もあると思いますが、事態が悪化する事もあるので、さくらたちの気苦労は絶えないでしょう。

ペンネーム:たか(40代・男性)

ふじお
真由子が白血病だったことが判明して助かる方法はドナー提供者でした。

兄が適合することで助かりますが、そこには承諾できない理由があります。

真由子に性的虐待をしていたのは実の兄なので、拒否したくなります。

このままでは死んでしまうので、何とか説得するさくらさんです。

真由子は、幸せになるために生まれてきたのに病に侵されてしまい、悔いが残ってしまいます。

好きな人ができても、過去に刑務所に入っていたことで拒否されたりと可哀そうな女子です。

生きていてもいいことがないのなら、いっそのこと死んでしまった方が良いと思う気持ちがあります。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

2020年秋ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

オレンジ

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話のあらすじネタバレ

真由子ちゃんが白血病が再発してしまっていましたが、病院に行きたくないと言っていました。

さくらは一人で病院に行って聞いてきて骨髄を真由子ちゃんの兄から移植してほしいとのことでした。

しかし兄は刑務所に入ているのですが、骨髄を移植したいなら土下座してほしいと言ってきました。

さくらたちは怒りを隠しきれないようでした。

その後に真由子ちゃんが真剣に想ってくれている大樹くんに真由子ちゃんが少年院に入っていたことをなつみちゃんに告げ口されてしまったようでした。

真由子ちゃんのことを知った大樹くんは拒否してしまいますが、みどりたちが学校に乗り込んで話をしたかったのに大樹くんたちの同級生が手を出してきてしまいました。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話の感想

少年院に入ってしまったかもしれないですが、真由子ちゃんの場合は親に見捨てられてあてもなく仕方ない場合だったのに、大樹君は親にちゃんと育ててもらえたことが普通だったとは思わないでほしいです。

日本でも親から見捨てられてしまった何も悪くない子たちはたくさんいるということを知ってほしいです。

犯罪に今回は巻き込まれてしまったので少年院に入ってしまった彼女の気持ちをもっと考えてほしく思いました。

少年院に入っている子たちがみんな悪いかと言ったらそれは全て親の責任だと思います。

今の時代も親がいい加減な方が多いのでイライラしてしまいます。

ペンネーム:オレンジ(30代・女性)

hiro1019

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話のあらすじネタバレ

少年院に居た事が分かり、大輝に関わりたくないと言われた真由子。

しかしさくらと話をした大輝は、真由子に会いにきます。

又白血病と判明した真由子は、骨髄移植が必要といわれ、さくらに性的暴行をした兄に会う事に。

しかし全く反省していない兄。

一方少年院に居た事を大輝に言ってしまった夏美は、自分を生かして周りの人も幸せにする事をさくらから教わり、真由子に謝ります。

大輝から会いたいと電話をもらった真由子は、自分の過去を洗いざらい大輝に喋ってしまい、大輝との付き合いをやめる決意をします。

それを聞いていたさくらは、切ない思いで涙を流します。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話の感想

一回人生の道を踏み外してしまった人は、二度とやり直すことが出来ないのか、そしたら生きている意味も無いと思い真由子の気持ちもわかります。

真由子が白血病の再発で、骨髄移植が必要ですが、生きる意味も感じられず、生きる希望もない真由子が移植が必要ないと思っても仕方ないですね。

生きる意味や希望を是非教えてあげて欲しい、そして人生の楽しさ、愛する事の素晴らしさを体験してほしいと思います。

頭のおかしい兄と、そんな風に育てた両親のせいで不幸な一生を生きるなんて最低だと思います。

幼い子供だけに、傷ついた心の傷が深くやりきれないですね。

ペンネーム:hiro1019(50代・女性)

丘里リル

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話のあらすじネタバレ

ハチドリの家の九十九さくらは白血病の疑いがある真由子の父の門倉稔に会いに言った。

さくらは稔に真由子の病気のことを聞き、真由子の兄の裕二の居場所を聞いた。

ハチドリの家でさくらはスタッフに真由子のことを報告するが、裕二から骨髄移植をするのは反対だと弁護士の雪乃に言われた。

それでも、雪乃はさくらと一緒に裕二に会いに行ってくれた。

一方、ハチドリの家の入居者の朝子の占いで真由子の周囲で裏切り者がいると占った。

真由子はさくらが真由子の好きな人の大樹に少年院に入っていたことを話したと思った。

ハチドリの家の入居者のみどりと隼斗は無断で大樹に会いに行って、大樹のバスケットボールチームとけんかになり、警察に行くことになった。

さくらは大樹から夏美が真由子のことをバラしたと聞いた。

さくらは夏美に発酵の話をし、周りを腐らせないようにすることを言った。

夏美は真由子に謝った。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話の感想

今回は衝撃的な話もあり、自分だったらどうしただろうと思いました。

確かに真由子に性的虐待をした裕二から骨髄移植をするのは難しいと思いました。

実際にさくらが裕二に会いに行っていますが、裕二は真由子に性的虐待したことを反省していないし、これからもきっと反省しないだろうと思うので、どうしたらいいか悩むと思います。

逆に雪乃の言ったように真由子が裕二の骨髄を受け入れるのかと言われれば無理だと思います。

真由子が生きたいと思う生きがいがないと、真由子は病気を治さないと思うだろうし、大樹が変わって、真由子のことを支えると言ってくれるのなら真由子は白血病を治すと思いました。

ペンネーム:丘里リル(50代・女性)

マター

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話のあらすじネタバレ

真由子は大樹に少年院出身だということがバレて関係が悪くなる。

その後、さくらは真由子が白血病の疑いがあるという事で両親に確認を取ると過去にも一度発症していたことがわかる。

その事を、病院の医師に相談すると骨髄ドナーのデータがあると言われて兄に真由子のドナーになってもらう事を頼みに行くが拒絶されてしまう。

それから真由子が少年院出身だとバラした人物が発覚する。

大樹の話で夏美がチクっていたことがわかりさくらは夏美にそれとなく注意する。

それを聞き夏美は真由子に自分が大樹にバラしてしまったことを謝るのだった。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話の感想

今回の話で印象に残ったのが真由子の兄がとてもクズだったということですね。

妹が死にそうになっているというのに助ける気ゼロの感じが見ていてとてもイライラしました。

もっと自分の気持ちに正直になって欲しいです。

もしかしたら本当は素直な性格なのかもしれませんであんまりさくらたちが高圧的に言ったのでそれで本音を話すことができなかったのかもしれませんね。

見ていて真由子の兄には何か理由があるような気がしたのでもっと色々とバックボーンを調べて対応してあげて欲しいです。

あんまり突っぱねるのではなくわかろうとしてあげて欲しいと思いました。

ペンネーム:マター(30代・男性)

スオーネ

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話のあらすじネタバレ

大樹(細田佳央太)にキツイ態度をとられ気落ちする真由子(井本彩花)に追い打ちをかけるように、白血病という診断がさくらさん(真矢ミキ)に告げられます。

周囲が反対する中でさくらさんは、大学で事件を起こし刑務所に入っている真由子の兄に会いに行きます。

そこで、真由子が白血病で骨髄移植が必要だから協力して欲しいと頼みます。

しかし兄からは心無い返答が返され、同行した雪乃(新川優愛)は怒りを顕にします。

一方、大樹に距離をおかれ落ち込む真由子を見かねたみどり(hibiki)と隼人(遠藤健慎)は大樹に会いに行きますが、そこでバスケ部員と小競り合いになります。

その後、さくらさんより真由子の気持ちを聞いた大樹は、真由子に電話をするが、本人より過去のことを聞かされます。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話の感想

かつて真由子に性的暴行を起こした兄からの骨髄移植が必要なことに、周囲の人は真由子が兄を許すはずがないと反対しますが、さくらさんは許すとか許さないじゃなく、真由子の命を救うことが一番といいます。

その時のさくらさんの穏やかながらも説得力のある強い口調には大切なものに気づかされます。

また、兄からも、骨髄移植をして自分にどんなメリットがあるのかや土下座して頼めなどの非協力的な心無い言葉を聞いた時も穏やかながらも寂しげな表情ですが、その裏にやり切れない怒りみえ、案の定、そのあとで、河原に穴を掘って、叫びます。

その時はとても爽快な気分になります。

ペンネーム:スオーネ(40代・男性)

ふじお

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話のあらすじネタバレ

真由子が倒れてしまい病院に行ったさくらさんは、衝撃の事実を知ります。

急性白血病でドナー提供者が必要です。

適合する人は、実の兄なのですが真由子に性的虐待をしていた張本人です。

真由子に言ったら拒否することは間違いありません。

兄は服役中で面会に出向いたさくらさんは、助けて欲しいといいます。

兄は何のメリットもないのですることを拒否してしまいます。

実の妹を助けられるのは兄だけなのですが、とても兄妹の関係には見えません。

真由子の過去を知ってしまった大樹は、冷たくなってしまいましたが、さくらさんの説得で考え方が変わります。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話の感想

人生につまづいてしまった人達ですが、過去は変えられないのでこれから自分の歴史をつくればいいことです。

どんな人でもミスはしてしまいます。

それは人間だから生じるので、失敗しない人はいないと思います。

破局にしても離職にしても離婚にしてもすべて失敗です。

失敗してしまう人は何度も同じミス繰り返すので、人間はいくつになっても勉強するのだと思います。

腐ると発酵は違うと、さくらさんは言いました。

腐るは周りの人までダメにしてしまいますが、発酵は長い年月をかけて美味しくさせます。

自分も良くして周りも幸せにするのが発酵です。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年秋ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
7話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『さくらの親子丼(第3シリーズ)』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA