さくらの親子丼(第3シリーズ)|3話見逃し動画無料視聴はこちら【10/31配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話(2020年10月31日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年10月31日(土)放送終了〜2020年11月7日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『さくらの親子丼(第3シリーズ)』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『さくらの親子丼(第3シリーズ)』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『さくらの親子丼(第3シリーズ)』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『さくらの親子丼(第3シリーズ)』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2020年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年秋ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話のあらすじ

2020年10月31日(土)23時40分放送のドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話のあらすじをご紹介します。

ハチドリの家のスタッフルームでは、株の大暴落で桃子(名取裕子)や多喜(山崎静代)が頭を抱えていた。

さくら(真矢ミキ)は雪乃(新川優愛)にハチドリの家の運営事情を話す。

傷ついた子どもたちが避難する居場所を提供するため、桃子先生が私財を投げうって運営していること、そして株の儲けでその費用を補填していること…。

「経済的にも精神的にも豊かじゃなきゃ子どもたちに優しい心で接することはできない」と話すさくらもまた、競馬に熱中しているのだった。

ある日、ホーム長の多喜(山崎静代)に連れられて、入居中の片桐隼人(遠藤健慎)が待望の就職先へ面接に行くことに。

少年院上がりでも住み込みで働かせてくれる会社だが、隼人は早速、社員に茶化されてしまい…。

ハチドリの家に帰ってきた隼人は、抑えきれない感情を爆発させ、徳納朝子(倉島颯良)や高野みどり(hibiki)に当たり散らした上、多喜を殴る勢いに…。

悔しい思いをしている隼人を多喜は自分なりのやり方で支える。

そんな折、自分の意思でハチドリの家を出て行った梨花(永瀬莉子)を、父・利晴(東根作寿英)から再び引き離そうと家の前で待ち伏せしていた雪乃は、彼女の腕に包帯が巻かれているのを見つけ、虐待に違いないとさくらに訴える。

ハチドリを出てもなお、梨花の父に敵対心むき出しの雪乃…気がかりだったさくらは動き出す。

さくらは、梨花に親子丼を出した時に見せた反応が引っかかり、梨花と両親との思い出を紐解いていく。

さらにさくらは、梨花の母親で経済学教授の峰尾靖子(長谷川真弓)にも会いに行く。

靖子から聞いた利晴の印象では、とても教育虐待をする人柄とは思えない。

そして靖子も何かを断ち切るように梨花らと距離を置いていた。と、突然雪乃の携帯に梨花から連絡が入り……。

すれ違う親と子。

再び家という丼の中で一つになる日はやって来るのか…!?

限られた時間の中で子ども達と向き合うスタッフ、そして、さくらさんが奔走する!

ドラマ公式サイトより引用)

2020年秋ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

オレンジ
きっと前に来てくれたりんかちゃんは戻ってくるんだと思います。

りんかちゃんがされてきたことは虐待です。

親に支配されていることに対して気付くことが困難な子たちが多いのが現状です。

トラウマに悩まされているのに私が悪いからと思ってしまうことの方が多いのですが、そんな子たちをさくらさんが救ってくれるようにさくらさんが新しい事業を進められていてもっとシェルターにいる子たちが楽しく過ごすことが出来そうな感じもします。

また新川優愛ちゃんが気にしていたことに関してもさくらさんが気にしていたので話をしてくれてもう戻さないようにしていくことをしていくんだと思います。

ペンネーム:オレンジ(30代・女性)

りんご
ハチドリの家・ホーム長の多喜は、入居中の片桐隼人を連れて待望の住み込みで働ける工場の面接に行くことになります。

一方、雪乃は、自らの意志で自宅に帰った梨花が再び父親から暴力を受けているのではと心配するあまり、自宅前で待ち伏せし説得しようとしますがうまくいきません。

子どもたちに熱心に向き合うスタッフを、かつての自分を見るように見守るさくらだったが、ついにある行動にでます。

入居している子供たちがどうなってしまうのかも心配ですが、雪乃のこともどうなるのか心配です。

きっと、雪乃が大きく成長してくれるだろうと期待しています。

ペンネーム:りんご(50代・女性)

なお
落ち着いている様で、実は怖い顔を持つ拓真の存在が、事件の背景には本当は何が起こっていたのか?更にハチドリの家でも何かを起こしそうでとても気になっています。

そして雪乃が一番気にかかっている梨花と梨花の家族ですが、新人の雪乃一人にまかせっきりではどうしょうもないと思っています。

さくらがどうやって手助けして、それぞれの一番納得できる方向に向かえるのか、その成り行きを期待しています。

また、いつも明るい隼人が相当に荒れているのも気になる所で、ホーム長はどう受け止めるのか、さくらたちはどう解決していくのか気になる所です。

ペンネーム:なお(50代・女性)

hiro1019
シェルターは、入っていられる期間が決まっている為、長くシェルターにいる隼人が、住み込みで働ける工場の面接にいきます。

上手く入社する事が出来るのか見どころです。

又、梨花が又父親に虐待されているのでは無いかと心配する雪乃に、さくらが手を貸す事になります。

梨花を助ける事が出来るのか見どころです。

岡林に借りたリストバンドを返す名目で、連絡したまゆこは、バスケットの試合を見に行く約束をして、あさこは、いかない方がいいと話す中会いに行く事を決めました。

一方皆んなで、そうめん流しのパーティーを開催している最中、面接から帰ってきた仲間と喧嘩になってしまいます。

ペンネーム:hiro1019(50代・女性)

チャオシマ
株の大暴落でハチドリの運営事情に暗雲が立ち込めるようです。

ハチドリは桃子の私財を投じることで運営できていたこと、株の収益から補填されていたことが明らかになります。

経営が心配なく続くことになるのでしょうか。

入居者、隼人が就職の面接に行きます。

少年院上がりでも住み込みで働かせてくれるという会社ですが、社員にからかわれてしまうようです。

帰ってきた隼人はいら立ちを押さえられず、朝子やみどり、さらにホーム長・多喜に激しく当たってしまうようです。

多喜が隼人をどのように受け止めるのかが見どころです。

さらに雪乃が気に掛ける梨花の母親が登場。

なぜ娘と距離をとるようになったのか、教育虐待にいたった父親に何があったのか。

見えてくる家族の真実が見どころです。

ペンネーム:チャオシマ(60代・女性)

マリモ
次回は新しく拓海と夏美が問題を起こしそうな感じがします。

まだ拓海が拳銃を持っていたという伏線の回収をしていないのでこの拳銃が見つかってしまう問い展開になるのではないでしょうか。

それから夏美の方は携帯をシェルターに持ち込んでいたので、こちらもこの携帯がさくらにバレて大問題に発展してしまうのではないのでしょうか。

あと朝子がやっぱり気になりますね。

雪乃にかなり突っかかっていたのでとても悩んでいるのではないでしょうか。

雪乃の行動はちょっとずれている感じもありますが一生懸命なことに変わりはないと思います。

ペンネーム:マリモ(30代・男性)

2020年秋ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

オレンジ

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話のあらすじネタバレ

はやとが町工場で働いていく予定でスーツを貸してもらいました。

ホーム長と一緒に町工場に行って説明を受けようとしまいましたが、その時に町工場の従業員に転ばされてしまいました。

怒ったはやとは殴ってしまいました。

そのままハチドリの家に戻っていきますが、今日の出来事がイライラしてしまって、他の子と喧嘩をしてしまっていました。

また、ゆきの先生がりんかちゃんのことを追いかけていますが、たくまくんのことを放ったらかしにしているのがホーム長が気にしてくれていました。

りんかちゃんが腕に包帯を巻いているのを気にしていましたが、なかなか他の方から話を聞いてもらえないのにイライラしていました。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話の感想

少年院を出ていても職を決められるのはありがたいことです。

少年院を出ていても黙っていればいいのかと思いますが、そのあとに無職ではなく、仕事をしようという意欲があるのは良いことだと思いました。

シェルターに入るのも中の子たちがいざこざになってしまうので簡単に生活が出来るのではないんだと思いました。

女子同士でも喧嘩をすることがあるんだと思いました。

お母さんに首を絞められてしまっているシーンがあって残虐すぎると思いました。

どうしてかわいい子をそんな風にするのか、親になってもいい加減なことをしないでほしいです。

ペンネーム:オレンジ(30代・女性)

fururi

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話のあらすじネタバレ

ある日、雪乃がハチドリの家のスタッフルームを訪れると株の大暴落で桃子や多喜が落ち込んでいた。

そんな皆の姿を軽い気持ちで見ていた雪乃に、さくらはハチドリの家は私財を捻出して運営していることを伝えます。

ある時、入居中の片桐隼人がホーム長の多喜と一緒に就職先へ面接へ行くことになる。

しかし、社員にバカにされ、悔しさを募らせる隼人はハチドリの家で涙を流します。

多喜はそんな隼人に「ずっと味方」と伝える。

一方、ハチドリの家を出ていった梨花は自分の意思で出ていったが、雪乃は虐待が続いているに違いないとさくらに訴えます。

気になるさくらは梨花に会いに行き、両親との思い出を聞く。

そして、梨花の母親である経済学教授の峰尾靖子に会いに行きます。

そんな中、雪乃の携帯に梨花から電話が入り、急いで駆けつけると、練炭自殺を図った梨花の父と梨花が倒れていたのだった。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話の感想

いろんな人の思いが救われる3話で、感動しました。

就職でうまくいかない隼人を受け止め、優しく支える多喜。

ずっと責任を感じ、気掛かりであった梨花から電話をもらう雪乃。

梨花、そして梨花の父と母。

いろんな人の思いがすれ違いながらこういう結果になってしまったということをさくらが見抜いて見守っていたところがとても良かったです。

そしてさくらや多喜の優しいだけではない、愛情が伝わってくる回でした。

そしてまっすぐだけど空回りしてしまう雪乃の一生懸命な思いが梨花に伝わっていたというところも心に響いて良かったです。

結果的に色々な辛い出来事を経ましたが梨花の家族がやり直すきっかけができて良かったと思える第3話でした。

ペンネーム:fururi(30代・女性)

片山

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話のあらすじネタバレ

前回からの続きで、父の元に戻った梨花の話で、今回は母親が登場です。

父親と母親の考え方の違いで離婚。

母親が娘に教育虐待。

今でもこんな家庭あるんだろうなと改めて思いました。

父親が梨花を巻き添えに練炭自殺を計り梨花が雪乃に電話して、さくらと雪乃が駆け付け間に合い、2人は入院。

梨花退院して何処に行くのって思ってたら、やはり母と娘。悪い事をしたらやはり謝りからです。

今回は涙ぐむところが多々ありました。

先に母親と梨花が一緒に暮らし、父親はリハビリをしないと退院出来ない状態ですので、2人で父親を待つ。

今回は竹で作った流し素麺が出てきます。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話の感想

このドラマは最近の子供達の考えを教えてくれる、毎回目が離せません。

母親の教育虐待から父親の教育虐待。

子供は親を選べないから。

観てていつも思います。

今回は感情が入ってしまい、途中涙ぐんだ所がありました。

やはり、ハッピーエンドが1番です。

後、片桐隼人の病気が判明したシーン凄いなと思いました。

均等に物が切れない、前回の時はバカって思ってました。

でも本当は病気。

こんな病院もあるんだと改めて感心。

テレビから学ぶ事が多々あります。

農園のおじさんが竹を切り流し素麺、見事です。

私も食べたくなりました。

作り方も分かり良かったです。

ペンネーム:片山(40代・女性)

なおさん。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話のあらすじネタバレ

ハチドリの家で入居中の片桐隼人は、ホーム長の多喜と工場の面接に行きます。

スーツを着て期待に胸を膨らませていましたが、そこの社員たちに嫌がらせをうけ喧嘩をして帰ってきて荒れていました。

ハチドリは、桃子が私財を投げうって運営しており、さらに株の儲けもあてにしているので、株の暴落でショックを受けていたのでした。

雪乃は、先日入所してきた青年・拓真との面接中も、梨花の父親による虐待が気になって仕方なく上の空でした。

さくらは動き出します。

梨花に会いに行って、以前出した親子丼の時の反応から昔の母と居た時の思い出を聞きます。

あまり梨花は多くを語りませんでした。

そして梨花の母親の所に話を聞きに行きますが、同じで関わろうとはしません。

シェルターに戻ると、雪乃の携帯に梨花からSOSの電話が入り、急遽かけつけると室内で住みを焚いて倒れていました。

父親は自殺を図っていた様子です。

父親は重症で入院しました。

その知らせを聞いた梨花の母親とさくらは話し合います。

昔、母親の方が教育熱心で叩いていたのは母親で、父親は自然の中で生活させたい位の反対の意見を持ち、ぶつかっていて離婚となりましたが、さくらとの話の中で「1日でもあの子の事を忘れたことはなかった・・」との言葉が出てきました。

軽傷だった梨花はシェルターに来ていて「ここで居たい」と訴えますが、シェルターは2か月しか居られません。

さくらは、母親の事を説明し、もし良かったらその人の元で暮らすのはどう?と1つの提案をします。

どうしてチャンスはあったのに私に会いに来てくれなかったのか?という疑問を聞いたさくらは母に直接聞いてみたら?とアドバイスします。。悩んだ末に梨花は母親と会います。

外でそっと見守るさくら達、泣きながら抱き合う二人を見てホッとするのでした。

入院している父親の所へも良き、今までの経緯と父親の心境も理解をし、優しく背中を押すさくらでした。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話の感想

子供たちの入所する時にはそれなりの情報を得ているものと思っていて、隼人には少し学習障害(?)がある様子がやっと分かったシーンは『今頃?』と少し違和感を覚えてしまいました。

そして喧嘩をして悔しい思いをしてしまいましたが、職場にあんな嫌な連中がいるのが早い時点で分かった事は、良かった事と思えました。

また、気になっていた梨花の家族との問題は、さくらが動いた事で母親にも新しい風が吹き、凝り固まっていた頭に新しい梨花の情報を入れてあげ、もう一度娘の事・元主人の事などを考える事を始められて良かったと思いました。

まだまだ雪乃の活躍する出番がありませんでしたが、横でさくらたちの仕事ぶりを見ていく中で成長して行ってくれたらいいなぁと思って応援しています。

ペンネーム:なおさん。(50代・女性)

タマヤ

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話のあらすじネタバレ

冒頭、ハヤトが就職活動に向かいますがそこで問題を起こしてしまいあっさりとその話は立ち消えとなってしまうのでした。

それからシェルターで流しそうめんをやることになります。

そこでシェルターで暮らす女の子同士が喧嘩を始めてしまいます。

それを見てさくらたちが止めるのですが、なかなかやめようとせず流しそうめんの器具が台無しになってしまいます。

その後、雪乃が梨花にかなり執着しているのでさくらが代わりに梨花に会いに行きます。

そこでいろいろな事情を知りさくらはいろいろ思いを巡らせます。

後日、梨花の父親は梨花と一緒に心中を測ってしまいます。

なんとか2人とも助かりますが父親は入院することになってしまうのでした。

それから桜は梨花の母に会い梨花が今どういう状態かと言うことを教えるのでした。

その母親は梨花とまた会うことを決断し和解するのでした。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話の感想

今回の話は色々と喧嘩がメインのような感じがしてなりませんでした。

いつも争いばかりが起こるのでちょっと見ていてしんどい時があります。

もっとほのぼのした回があっても良いのではないでしょうか。

さくらさん達がこんな女の子たちを面倒を見ていると思うと本当に大変だなと辛い気持ちになっていきます。

梨花の話なんですがやっぱり虐待はあったような気がします。

でも親子と言うのはそう簡単には切っても切れない関係ですし雪乃が間にしゃしゃり出てくるのはおかしな話です。

さくらもそれが分かっていたからあまり立ち入らないようにしていたように感じました。

ペンネーム:タマヤ(30代・男性)

ryo.

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話のあらすじネタバレ

2話までの話しの展開では、虐待ではないか?と思える行動を取っていた父親。東大を目指すことだけを義務づけて勉強を義務づけしていたが、実は父親は学歴がなく以前に母親がいた頃は、自由に伸び伸び育てたいと願っていた。

しかし、妻である母親が家を出たことで変わってしまったと知る。

実は母親が東大出身であり、教育ママであったが、親子丼を作った思い出があった。

彼女は、親子丼で母親との思い出につながりを記憶していた。

母親と娘の絆が明かされた回だった。

手作りの竹を割った流しそうめん。

広い庭で、みんなで食べるシーンは印象的な光景でした。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話の感想

流しそうめんを、手作りの竹を割って作り上げ皆んなで食べるシーン。

目敏く上流に行って食べる子、皆んなが取り損ねたそうめんを下流でしっかりキャッチして食べる子。

彼等達の性格を、流しそうめんで表現しているように感じられて、良いシーンでした。

空回りしてしまっていた新人弁護士役の新川さんの想いも、やっと父親の元に帰ってしまった彼女の最後に頼れる存在として、電話してきてくれたことで、心から相手の事を想い、発していた言葉が無駄ではなく、心の片隅に届いていた事がわかり、母親と娘の絆の親子丼もあり、ヒューマンドラマの良さが伝わってきました。

ペンネーム:ryo.(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年秋ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『さくらの親子丼(第3シリーズ)』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA