さくらの親子丼(第3シリーズ)|2話見逃し動画無料視聴はこちら【10/24配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話(2020年10月24日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年10月24日(土)放送終了〜2020年10月31日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『さくらの親子丼(第3シリーズ)』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『さくらの親子丼(第3シリーズ)』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『さくらの親子丼(第3シリーズ)』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『さくらの親子丼(第3シリーズ)』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2020年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年秋ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話のあらすじ

2020年10月24日(土)23時40分放送のドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話のあらすじをご紹介します。

「父親の所に帰りたい」と自分の意志で自宅に戻った梨花(永瀬莉子)。

心配する雪乃(新川優愛)は、梨花を説得しようと自宅マンションで待ち伏せするが、父・利晴(東根作寿英)に追い返され、梨花にも無視されてしまう。

梨花を守りたい一心で行動する雪乃を多喜(山崎静代)は心配するが、さくら(真矢ミキ)は、以前自分にも同じような経験があり、桃子(名取裕子)と衝突した“シェルターあるある”だと見守る。

その時、さくらの携帯に、以前ハチドリの家に入居していた新城由夏(岡本夏美)から連絡が。

由夏は現在、美容院で働きながら女子中高生の相談スタッフをしていて、悪質な風俗にスカウトされた少年院上がりの西川夏美(西本まりん)を救って欲しいとさくらを引き合わせるが……。

そんな中、ハチドリの家には居場所を無くした新しい入居者、室井拓真(後藤田しゅんすけ)がやってくる。

農園を営む中山源一(青柳文太郎)の元で畑仕事も真面目にこなしている様子だが…。

実は、拓真は母親から度重なる虐待を受けた末、首を絞められるも、一命をとりとめていたのだ。

母親は、拓真の首を絞めた後、マンションから飛び降り意識不明の重体になっている。

桃子の采配で、拓真のコタンは雪乃が担当することになる。

また、他の入居者たちは、雪乃を試すように注意をひく行動を起こす。

さらにハチドリの家には、新たな入居者がまたひとり。

みんなで餃子を作って歓迎をするが、これから問題が増えるばかりになるとはまだ誰も知らない……。

一方、さくらは地域の役員・岡林(鶴見辰吾)の家に招かれ、あることを頼まれる…恋の予感は波乱の始まり!? 

ハチドリの家に巻き起こる新たな事件とは?

ドラマ公式サイトより引用)

2020年秋ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

きなこ
ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話(次回)の展開予想は、子どもシェルターに新しい子どもがやって来るということなので、新しい子どもの登場によって子どもシェルターを運営する大人たちが振り回されていく展開になると思います。

楽しみなポイントは、大人たちが子どもたちとどう向き合っていくかです。

子どもたちは、それぞれ異なる性格で掛けている過去も異なることから、経験だけでは対応できないことも多いです。

そのため、雪乃や子どもシェルターで働くさくらなどの大人たちが、子どもたち一人一人の性格を見極め、それぞれにきちんと向き合っていく姿が見られることを楽しみにしています。

ペンネーム:きなこ(20代・女性)

オレンジ
りんかちゃんはきっとまたあの鬼畜な父親に暴力をされてしまうのではないかと思います。

自分から帰りたいと言っていましたが、あの父親に支配されていることに気づいてくれていないようでした。

きっとまたシェルターに戻ってくるんだと思います。

暴力をしている人は何回も同じことをするのです。

それは嘘だったのに、騙されてしまっているのに本当は勉強なんてしたくなんだろうと思ってしまいます。

そして、新しい入居者の男の子が入ってきました。

拳銃を持って弾を持っていたことは警察にわかってしまうのか、親を殺すためなのかがわかると思います。

そしてシェルターの子たちと真剣に向き合ってくれている職員さんたちが戦っていくんだと思います。

ペンネーム:オレンジ(30代・女性)

YK
第2話の見どころは雪乃の言葉や行動が原因で、ハチドリの家がさらに混乱に陥ってしまう点です。

自宅に戻った梨花のことが心配な雪乃は、またしても身勝手な行動を起こしてしまう展開になりそうです。

さらに自分たちの心を分かっていない雪乃の言葉を受けた入居者たちが反抗し、さくらは困惑してしまうと予想しています。

また、かつてシェルターにいた元入居者が登場する点にも注目しています。

シェルターを出た人が、今どのように過ごしているのか楽しみです。

新たな入居者たちの行動も心配な点が多いので、さくらたちは大変だと思いますがしっかり見ててほしいと期待しています。

ペンネーム:YK(30代・女性)

直。
ニュースに流れていた母親に殺されそうになった男子高校生・室井拓真がシェルターにやってきたのですが、ピストルを隠し持っていたのは何か怖い事が起こりそうでとても気になります。

自宅に帰った梨花をそのままには放っておけないと思うので、どうやって解決していけるのかが見ものだと思います。

また、雪乃は次々と難しい担当を任されたり、シェルターの子供たちとのぶつかり合いから、雪乃の成長も期待していきたいと思います。

さくらのサンドバッグを叩く回数が減ってくれたらいいなと思いながら、子供たちの問題も少しずつ解決していける事を祈って観ていきたいです。

ペンネーム:直。(50代・女性)

マンタ
次回は母親に殺されかけた少年がメインの話になると思います。

拳銃を所持していましたからまたひと事件起こりそうです。

シェルターの誰かがその少年が拳銃を持っている姿を見つけて桜に相談してしまうと思いますがさくらはあまり刺激しない方がいいと言ってしばらくは何もしないと思います。

その後、タイミングを見計らってその拳銃を取り上げてその少年とわだかまりが生まれてしまい少年は色々とシェルターで暴れてしまうかも知れませんね。

でもなんとかしてそれを制してその少年を更生させるために尽力するように思います。

根が悪いわけではないと思うので。

ペンネーム:マンタ(30代・男性)

たか
2話では、梨花が父親の元に戻る事になって、こちらの問題は雪乃がどういう風に対応していくのかが気になるところです。

さくらの携帯に、以前ハチドリの家に入居していた美容師の由夏から電話がかかってきて、風俗にスカウトされている少年院上がりの少女の相談に乗って欲しいと言う話が舞い込んできます。

こちらもひと波乱ありそうな感じで、その子をさくらはどのように助けていくのかに注目したいと思います。

ハチドリの家に入居する人たちが増える一方で、新たな問題が起こってきそうな予感がします。

虐待だけでなく、子供たちの環境には様々な誘惑があるので、その誘惑に巻き込まれないようにするという展開も、現代社会への問題定義をしているのかもしれません。

ペンネーム:たか(40代・男性)

2020年秋ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

オレンジ

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話のあらすじネタバレ

さくらさんが以前から交流していた元入居者の子から連絡があって、その子の友達のなつみちゃんが風俗で働くことに勧誘されてしまっているようで来てくれないかと言われました。

しかし話をしましたが、風俗の方に行ってしまいましたが、なつみちゃんはさくらさんのシェルターに入ることにして家にやってきてくれました。

そして、なつみちゃんは少年院に入っていたときの友達とシェルターで会いました。

しかし、新川優愛ちゃんが前回家に帰りたいと言われて返してしまったりんかちゃんのことを気にしていて、親に支配されているのにいないとダメという強迫概念にとらわれてしまっているのに気づかせてあげたいと言っていることを考えてくれていました。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話の感想

裁判を起こしているのに対してニヤニヤしている父親が私は許せないです。

まだ学生さんなのにも関わらず裁判を起こしているのに否定されているのにイライラしました。

案なのに弁護士を付けるのを許されていいわけがないです。

新しく入居してくれたなつみちゃんは明るい感じの子ではありますが他の子とのトラブルになってほしくないと思いました。

家を出てしまって風俗で稼いでいる子もいますが普通の業務をこなしてほしいです。

それまでは生活保護でも何でもいいのに国は被害者に対してのことを何にも考えてくれていいので早く支援くらいしてくれたっていいのにと思いました。

国は暴力や性暴力に対して甘すぎます。

ペンネーム:オレンジ(30代・女性)

りんご

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話のあらすじネタバレ

こどもシェルター「ハチドリの家」に居場所を無くした新しい入居者、室井拓真がやってきます。

シェルターにいられるのは2か月間。

さくらは子供たちがこれからどうするのか考える手助けをします。

拓真は生活態度も良好で落ち着いてはおり今は農園を営む中山源一の元で畑仕事をしに行っています。

拓真は母親から虐待を受けた末、首を絞められて一命をとりとめていたという過去があり桃子は心配しています。

その他の入居者である0歳の希望は父を損害賠償で訴えた裁判に出廷し被告代理人は、暴力を否定しますが希望は、マスコミに騒がれるのを待っています。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話の感想

「自分の悲しみや苦しみを知ってほしいっていう。その信号に気付いてあげることがその子に向き合うってこと」さくらさんの言葉がとても心に響きました。

信号を気づくことを教えられた雪乃は涙しながらオムライスを食べる彼女の姿が印象的でした、雪乃が今回子供とどう向き合うかを試されていますが、雪乃の必死な姿に感動をしました。

親子丼を知らないなど、これを知らないのかという描写が何度も出てきて誰もが知っている当たり前のことを知らない子供たちのことをリアルに描いており凄いなと思いました。

現実にこんな子供たちがいることを感じて悲しくなります。

ペンネーム:りんご(50代・女性)

なお

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話のあらすじネタバレ

雪乃は自宅に戻ってしまった梨花を心配し、何度も通い続ける中、警察を呼ばれるまでになってしまいます。

さくらは、気安そうに風俗にスカウトしている男性から夏美を助けに行き、ハチドリの家に招きます。

こっそり規則違反のスマホを持ち込んでいて、隣の部屋の真由子とは少年院時代の知り合いと分かり、こっそり携帯を借りて、外の少年と連絡を取っていました。

ハチドリの家では、拓真と夏美の歓迎パーティとして、皆で手作り餃子を作るのでした。

その拓真は畑仕事の時、一人の時に真っ赤なトマトをすごい形相で叩き潰していました。

また雪乃はハチドリの子供から、頼まれたオムライスを作ったのに食べてくれないという洗礼を受け、躾と思って叱るのですが、さくらにその行動の意味を説かれ慰められます。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話の感想

ニュースになっていた少年を預かって、落ち着いた生活を送れていると思っていましたが、トマトを1人潰す時の表情が怖くて、これからどんな問題が表面化するのか気になっています。

そして雪乃ですが、まだまだ経験不足の行動が多く、まだ専門家というより、子供らに近い感覚が多くてトラブルになってしまうんだろうなぁと思って、ちょっとイライラしながら観ています。

そうそう簡単には成長しなさそうに見え、子供らの成長と雪乃の成長をダブルで気長に見守っていきたいものです。

さくらも新人の頃に同じ様な経験があるからか、またホーム長も気にかかる事も多そうなのに、みんな何故雪乃にきっちり指導しないのかヤキモキしています。

ペンネーム:なお(50代・女性)

hiro1019

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話のあらすじネタバレ

自分から父親を訴え裁判中の望美は、日記に書かれた証拠はありますが、証拠としては難しい事を知りながら裁判を始めました。

何か考えがありそうです。

一方自分の意思で虐待を繰り返していた父親の元に帰った梨花は、父親に洗脳されていると考え、父親に虐待されているのでは無いかと心配した雪乃は、会いにいきます。

しかし梨花は話も拒否、父親に通報されてしまいます。

空回りしている姿を見て以前の自分わみているようだと感じたさくらは、雪乃と話をします。

又歓迎パーティーで皆で餃子を作る子供達。

まゆこと新しく入居した夏美が少年院での知り合いだった事が判明。

禁止されているスマホで、岡林と連絡をとり、バスケの試合に行く約束をします。

しかし、あさこは、いかない方がいいと止めるのでした。

昼にオムライスをリクエストされ、作りますが、言った本人が食べたく無いと、拒否した事で、あさこと喧嘩になる雪乃に話をするさくらでした。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話の感想

父親に虐待されて、自分からシェルターに入った梨花でしたが、やはり父親に洗脳されていたけら帰る事にしたのでしょうか。

少なくとも虐待された事実はあったのだから、児童相談所が関わってもいい案件なのではないかとかんがえます。

洗脳されていて父親から離れる事が出来なければ、又虐待され、殺される可能性もある訳で、助けるのは、シェルターでは無いと思いました。

又、新しく入ったタクマは、母親に殺されそうになり、シェルターに入ったのですが、一見いい子のように見えますが、垣間見せる狂気的な表情が気になります。

又、入居した時持っていた拳銃がとても心配です。

ペンネーム:hiro1019(50代・女性)

チャオシマ

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話のあらすじネタバレ

父親の虐待から逃げてきた梨花が自宅に戻ってしまい、弁護士の雪乃は気になってたまりません。

マンションの前で何度も待ち伏せ、通報されてしまいます。

新たにハチドリに拓真と夏美がやってきます。

拓真は母親から首を絞められ一命をとりとめた子。

夏美は少年院を出た後、悪質な風俗から逃れシェルターにやってきます。

二人を歓迎するためにハチドリの入居者皆で餃子を作ります。

さくらは気になっている岡林から頼みがあると言われ、結婚を申し込まれる夢を見ますが、彼の頼みとは祭りの会場としてハチドリのスペースを貸してくれというものでした。

入居者の真由子は岡林の息子、大樹からバスケの試合に誘われます。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話の感想

新米弁護士の雪乃が悩む今話。

救い出したい梨花は虐待をする父のもとに帰ってしまい、雪乃と話そうともしません。

ハチドリの入居者、朝子から「オムライスが食べたい」と言われ一生懸命作りますが、一口も食べてもらえず、その腹立ちをあからさまにぶつけてしまいます。

子供を守りたい気持ち、熱情はわかりますが子供と親の関係は深いもの。

彼女の思いが伝わり、助けにつながるまではまだまだ時間がかかりそうです。

信じるまで「試す」と言っていた真由子。

彼女の深い不信感を作った過去は簡単に分かるとは言えないでしょう。

10歳で父を訴え損害賠償を請求している希望は別の意味で想像を超えています。

母親に首を絞められ、一命をとりとめ入居してきた拓真は、畑でトマトを無残につぶしていましたが、残忍な気質が感じられ不気味です。

予告される波乱が心配です。

ペンネーム:チャオシマ(60代・女性)

マリモ

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話のあらすじネタバレ

拓海はシェルターに来て朝ごはんを食べていた。

一方、雪乃は梨花の事が心配になり父親の元に行ってシェルターに戻そうと考えていた。

それから、さくらの元に由夏という以前シェルターにいた人物が夏美という友達をシェルターに置いて欲しいという。

後日、夏美がシェルターにやってくる。

一方、拓海は畑仕事にも真面目に取り組んでここの生活にも馴染んでいたがトマトを見つけてそれを潰して不敵に笑うのだった。

後日、雪乃は強引に梨花に接触した事で警察沙汰になって補導されてしまう。

その後、シェルターではみんなでギョーザを作ることになり楽しんで作りそれを食べる。

しかし、雪乃がシェルターの担当だった時に朝子と口論になってしまう。

そのことを聞いたさくらは雪乃を諭して自分も昔そんな感じだったということを打ち明ける。

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話の感想

みんなでギョーザを作る場面がとても好きでした。

昼ドラの頃をかなり思い出してしまいます。

本当にこのテイストのドラマを待っていました。

やっぱり拓海が持ち込んだ拳銃の存在が気になっていたのですが今回は出てこなくて残念でした。

あと意味深な場面がありましたね。

拓海はトマトを潰して怪しい笑顔を浮かべていた事がすごく怖かったです。

きっとトマトの赤さを血だと錯覚でもしたのでしょうか。

かなり狂気を感じてこの先の展開を暗示しているように思いました。

あと朝子が雪乃の事に突っかかる場面は朝子が正しいと感じました。

次回に期待です。

ペンネーム:マリモ(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年秋ドラマ『さくらの親子丼(第3シリーズ)』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『さくらの親子丼(第3シリーズ)』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『さくらの親子丼(第3シリーズ)』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA