さくらの親子丼(第3シリーズ)|2話ネタバレと感想。子どもに信頼されてないと悟り泣く雪乃(新川優愛)!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年10月24日(土)オトナの土ドラ「さくらの親子丼」の2話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
自ら教育虐待する父の元に帰った梨花を、雪乃は、家まで追いかけるようです。

梨花の父親にも梨花自身にも無視されるが。雪乃はどう動くのでしょうか。

ラマちゃん
以前、ハチドリの家にいた由香が登場。さくらに、少年院上がりの子の相談をする。

さくらが、どう向き合うのか楽しみですね。

雪乃は、教育虐待の梨花を連れ戻そうと説得するが無視される。以前ハチドリの家にいた由香に、少年院上がりの少女の相談を受けるさくら。虐待していた母親が自殺未遂した拓真が入所し.....。

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼』2話あらすじネタバレと感想

新しく拓真が朝食に来た時、ここではいつご飯を食べても良いと伝え、集まった皆に、いずれは社会に出なくてはいけないから、挨拶だけはできるようにと教えるさくら。

多喜は、雪乃のことを心配してさくらに聞く。雪乃は、自らの意志で戻った梨花のことが気になり、自宅前で声をかけるが、父親には怒られ、梨花にも無視される。

さくらは、最初シェルターに来た時、同じように1人の子にこだわってしまい失敗し桃子とやりあったことがあると話し、雪乃もあるあるだからと心配していない様子だった。

以前、ハチドリの家にいた由夏から連絡があり、小中学生の相談スタッフで、少年院上がりの少女が悪質な風俗にスカウトされるからなんとかしたいと言う。

由夏といっしょに、風俗スタッフといっしょにいる少女に、ハチドリの家の魅力を話す。1日5万は稼げることとWiFiが使い放題が決め手で、少女は風俗に流れてしまう。

さくらは、名刺を渡し、自分を大切にするように少女に伝えるのが精一杯だった。由夏は、しくじったからこそ、気持ちが分かると頼もしく成長していた。

翌朝、桃子が、希望に裁判があるが行くか気持ちを聞く、希望は、父親がきても行くと言う。拓真の様子をさくらに聞く。男子たちは、源一の農業を手伝い外に出かけていた。

拓真は、落ち着いた生活を送っていると報告。桃子は、母親に虐待を受けていた理由は話さないが、相当の傷を負っているはずで、注意して行くことになり、コタンは雪乃になった。

隼人はすぐに畑の作業をへこたれるが、もくもくとやる拓真。腐ったトマトをむしって、鍬で叩き潰す時の顔が憎しみに溢れていたのをだれも気付かなかった。

希望の父親への訴訟の裁判が行われる。傍聴席に希望に付き添いさくらもいた。虐待の証拠として希望の日記が提出されるが、父親側は、学業のことで躾しただけで、手はあげてないと言う。

喫茶たんぽぽに行き、希望はカウンターでマンガを読んでいる。桃子とさくらは離れた場所で、裁判には有力な証拠がないから勝てる見込みがないと予想。

法廷で、父親を睨む姿に心が強いと語り、10歳の少女が父親を訴訟となると、いいマスコミネタだと話す。桃子は、マスコミの騒ぎ父親が制裁を受けるのが狙いだとすると恐ろしい子と言う。

雪乃は、まだ、梨花にこだわって自宅前に張り込んでいた。梨花に嫌がられる。長時間いたため、警察に通報され、多喜が引き取りに行く。

いっしょにラーメンを食べながら、梨花を救いたい一心の雪乃に、多喜は、シェルターの仕事は、傷ついた子どもが一瞬羽根を休める場所だという。

昨日入った拓真も雪乃を待っているし、ハチドリの子どものことを分かってないと多喜は迫る。雪乃は、ちゃんと考えていると言う。

さくらは、由夏から相談を受けていた夏美を、ハチドリの家に案内する。多喜が、ハチドリの家の場所を教えないとかの条件を説明するが、夏美は聞いておらず、親子丼が食べたいと言う。

夏美は、親子丼を食べ美味しいか分からないという。さくらは、夏美にペースを乱されるが、ここでは、安心してと言う。

夏美は一人部屋を与えられ嬉しくて踊る。隣の真由美は、街のボランティアで出会った岡本の息子・大樹が傷口を手当てしてくれたリストバンドを見つめていた。

真由美は、昔バスケットをやっていたことを思い出し、兄に襲われたことを思い出す。隣の、夏美がうるさいため文句を言いに行くと、少年院でいっしょだったことが分かる。

夏美は、少年院を出たあと、新宿でデルヘルをやっていてここに逃げていたという。真由美は、お互いに聞かないことがルールだという。夏美は、スマホを隠して使っていた。

さくらは、皆を、居間に呼び出し、拓真と夏美の歓迎会をやると言い出す。皆で、餃子を作ると宣言。

隼人はめんどくさいと食べるだけにしたいと文句を言うが、さくらは歓迎会だから全員参加と強行する。

さくらと多喜が野菜を切り、子ども達は、餃子の皮を一から作らせる。隼人に10等分に切るように言うが、大きさがバラバラで、真由美が均等に切る見本を見せる。

子どもたちが、皮に中身を詰める。さくらは、希望が上手なのを見て、お母さんの手伝いをしたことがあるのかと聞く。希望は微笑むだけで何も語らなかった。

餃子が焼ける間、夏美のスマホを借りて、真由美は、リストバンドで手当てをしてくれた大樹に電話し、高校のバスケの試合に誘われ、お互いに名前を交換し嬉しくなる。

餃子が焼けて、皆で美味しいと食べる。


真由子は、リストバンドに大樹が書いてくれた連絡先を、メモに移して洗濯していると、朝子が、傷つくのは真由子だからやめておいた方が良いと助言する。リストバンドを見つめる真由子。

さくらは、岡林に親子丼を作り、美味しい毎日食べたいと、婚約届けと婚約指輪を出される。気が着くと、夢で、目の前に、真由美が座っていた。ニヤニヤ笑っていたと言われ恥ずかしくなる。

真由美は、リストバンドを見せられお願いがあると言われる。

さくらは、岡林の会計事務所を訪ね、真由美に、大樹が試合を見せてあげると約束したから、見せても良いかと聞く。岡林は是非と言い、大樹にしては積極的だと言う。

さくらは、以前、岡林からお願いしたいことがあると聞いていたが何かと聞く。岡林が、紙を出しながら、さくらさんとならやってけると言われ、夢の求婚だとすっかり勘違いする。

期待しながら、紙を開くと、町内会の秋祭り案内で、予定していた場所が使えないから、ハチドリの家の庭を使わせてもらえないかというお願いだった。さくらは、内心がっかりする。

子どもたちは、信じられる大人について話をしていた。夏美は、お金をくれる人、真由美は、優しい人と言うと、朝子は、裏を返すと悪だと言い。隼人は美味しいごはん、朝子は試すと言う。

今日は、雪乃が食事の担当だった。何を食べたい聞くと、朝子が、オムライスと元気に手を上げる。雪乃は、得意料理と言い、張り切って作る。

隼人は一口食べて美味しいと言う。朝子は、食べたくない、おにぎりを作って欲しいと言い出す。雪乃は、朝子が言ったから作ったのに、わがままと言い、皆に謝りなさいと怒る。

朝子は、雪乃を試したのであった。雪乃を睨み、部屋に消えて行く。その二人の様子をさくらは心配そうに見ていた。

河川敷に座る雪乃を見つけ、さくらは声をかける。雪乃は、わがまま言う子にどう対処すれば良いと言う。さくらは、あれは、わかままではなく、困らせて本心を試されたと思うと言う。

ゆきのは、わがままを叱っただけだと言うと、さくらは、本心はどうだったと聞き、せっかく作ったオムライスにホークを刺され、その怒りが抑えきれなかったのではと説明する。

あれは、朝子が何かに気づいて欲しいという信号なのかもしれないと言い、雪乃に帰ろうとハチドリの家に戻る。

朝子は、蝶の絵を描いて、黒く塗りつぶす。

雪乃は、朝子がフォークを刺していった冷たくなったオムライスを食べ、涙が出てくる。

ここまでが第2話ネタバレです。

雪乃は、梨花が傷つけられると心配して、家の前まで押しかけていましたね。そのしつこさに大丈夫かなと思っていたら、案の定、警察に通報されてしまいました。良かれと思ったのにね。

多喜は、雪乃に、ハチドリの家の子どものことを考えるのが仕事だと諭し、子ども達が待っていると伝えたのですが、伝わりませんでした。上辺だけの親切のような気がしました。

ドラまる
昔、ハチドリの家にいた、由夏が大人になって頼もしくなってました。

さくらが嬉しそうでしたね。

ラマちゃん
雪乃は、朝子に信頼できる大人か試されたようです。オムライスを作らせ、食べずに怒らせましたね。

さくらに、自分のために怒ったのではと言われ、雪乃は気がつき悟り泣きました。

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼』2話ネット上の反応

ドラまる
第2シリーズの由夏の登場。成長したね。

ラマちゃん
朝子役の倉島颯良さんの演技に注目が集まってますね。

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『さくらの親子丼』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

恐さくらの親子丼(第3シリーズ)|2話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『さくらの親子丼』第3話のあらすじ

2020年10月31日(土)放送の第3話のあらすじをご紹介します。

ハチドリの家のスタッフルームでは、株の大暴落で桃子(名取裕子)や多喜(山崎静代)が頭を抱えていた。

さくら(真矢ミキ)は雪乃(新川優愛)にハチドリの家の運営事情を話す。

傷ついた子どもたちが避難する居場所を提供するため、桃子先生が私財を投げうって運営していること、そして株の儲けでその費用を補填していること…。

「経済的にも精神的にも豊かじゃなきゃ子どもたちに優しい心で接することはできない」と話すさくらもまた、競馬に熱中しているのだった。

ある日、ホーム長の多喜(山崎静代)に連れられて、入居中の片桐隼人(遠藤健慎)が待望の就職先へ面接に行くことに。

少年院上がりでも住み込みで働かせてくれる会社だが、隼人は早速、社員に茶化されてしまい…。

ハチドリの家に帰ってきた隼人は、抑えきれない感情を爆発させ、徳納朝子(倉島颯良)や高野みどり(hibiki)に当たり散らした上、多喜を殴る勢いに…。

悔しい思いをしている隼人を多喜は自分なりのやり方で支える。

そんな折、自分の意思でハチドリの家を出て行った梨花(永瀬莉子)を、父・利晴(東根作寿英)から再び引き離そうと家の前で待ち伏せしていた雪乃は、彼女の腕に包帯が巻かれているのを見つけ、虐待に違いないとさくらに訴える。

ハチドリを出てもなお、梨花の父に敵対心むき出しの雪乃…気がかりだったさくらは動き出す。

さくらは、梨花に親子丼を出した時に見せた反応が引っかかり、梨花と両親との思い出を紐解いていく。

さらにさくらは、梨花の母親で経済学教授の峰尾靖子(長谷川真弓)にも会いに行く。

靖子から聞いた利晴の印象では、とても教育虐待をする人柄とは思えない。

そして靖子も何かを断ち切るように梨花らと距離を置いていた。

と、突然雪乃の携帯に梨花から連絡が入り……。

すれ違う親と子。再び家という丼の中で一つになる日はやって来るのか…!?

限られた時間の中で子ども達と向き合うスタッフ、そして、さくらさんが奔走する!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『さくらの親子丼』2話のあらすじネタバレ、感想、3話のあらすじを紹介しました。

虐待する父の元に帰った梨花を心配し雪乃説得するが無視される。昔ハチドリの家にいた由夏から相談を受けた夏美が入所。朝子に信頼できる大人か試された雪乃は、怒りを抑えられなかった。

ドラまる
隼人が就職面接に行き、社員たちに茶化され、怒りを爆発しハチドリの子どもたちに当たる。

面接についていった多喜は、隼人をどうやって支えるのでしょうか。

ラマちゃん
雪乃が、梨花のことを心配していることを危惧し、さくらが動き出す。親子丼を食べていた梨花の様子から何かに気づく。

さくらが、梨花の母親にも会いに行くようです。梨花の心に寄り添うことができるのでしょうか。

雪乃の梨花へのこだわりが凄かったね。雪乃がどうやって子どもたちに寄り添えるようになるかも柱になりそうですね。

拓真が突然見せる狂気の顔や、真由美が、大樹によって傷つけられないかも心配ですね。朝子も、雪乃を試したように大人に不信感を持っているようです。それぞれの心がどうなっているのかな。

次話、ハチドリの家の運営費がどうなっているのか現実的な話がでるようですね。就職の厳しさを知った隼人をどう多喜が救うのか。梨花の件は、さくらも加わっていい方向に行くのかな。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA