恋する母たち|5話ネタバレと感想。優子の衝撃告白!息子は不倫の子!剛との別れ!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年11月20日(金)「恋する母たち」の5話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
優子は剛との密会を夫・シゲオに見られてどうなってしまうのでしょうか。

まりは、丸太郎と温泉で一夜を共にしたあと夫・繁樹にあってどう思うのかな。

ラマちゃん
杏の息子・研は、斉木が、父親の駆け落ち相手の夫だと知って家を出てしまいますね。

杏はどうするのかな。

剛との密会を見られ、夫から限界だと言われる優子。夫と息子は与論島への移住で疎外感を感じる。杏は、斉木との関係を知った息子・研の家出して悩む。まりは、丸太郎と一夜をともにし.....。

スポンサーリンク

ドラマ『恋する母たち』5話あらすじネタバレと感想

剛と優子との密会を見たシゲオは、優子の手を引っ張り24時間営業の食堂に行く。優子の好きなタイプだと言い、自分は応援者ですべて分かってしまうが愛されないと言う。

限界だと言い、息子・大介と与論島に行くから、優子は東京に残れと言う。謝る優子に、剛とのことがなくても、仕事を選んだだろうと怒りをぶつけるシゲオ。

まりは、丸太郎といっしょに寝るが、一線を越えると子供のところに戻れないと踏みとどまる。手をつないで寝ようと言われ残酷だと言いながら丸太郎は諦める。

杏は、家出した息子・研に会いに元姑の綾子ところに行き、斉木とは、付き合っていなかったことを説明しようとするが、研は会いたくないと部屋を出てこない。諦めて家に帰る杏。

まりは、朝帰ると夫から一人にしたことを謝られ後ろめたい気分になる。夫・繁樹が、TVの取材があり家にもくるが、ふてくされた繁秋は出さないでおこうと言う傲慢さに違和感を感じる。


優子は、剛にSNSでもう会えないと別れを告げる。社長から、千葉支店の支店長になって、取締役のため、営業の経験を積んで欲しいと言われ、即答する。

杏は、息子・研からSNSで、斉木と11年付き合っていたわけではないと分かったから家に帰ると連絡があり安心する。斉木にしばらくあわない伝え、身体を気遣う斉木に感謝する。

優子は、剛に、関係を終わらせようと言い、楽しい思い出は忘れないと去って行く。その二人の姿を、剛の元恋人・ひとみが見つめていた。

TVの取材が行われ、繁樹が良き夫を演じ自慢するのを見て嫌気がでてくるまり。娘が、まりのような主婦ではなく、弁護士になりたいと言いさらに落ち込む。

杏が家に帰ると、斉木からの差し入れがドアノブにかけてあった。杏が好きな物を覚えていてくれて嬉しかった。

優子は、剛の元恋人・ひとみに呼び止められ、ライバルの部長が、優子の伝票を調べ、京都の出張で剛の宿泊伝票がないことを問題視していると告げる。

ひとみは、剛は大阪の私の実家に泊まったことにするから、剛から手を引いて欲しいと迫る。優子は、剛とは何もないし、伝票のことも自分で説明するからいいと言い突っぱねる。

剛は、聞き取りに会い、大学の先輩のところに泊まったと証言する。逆に、優子との関係を疑う調査なのかと怒る。

優子は、大介の学校に退学届を出す。先生から、大介は頭がいいから、不登校を続けるより、退学して一人でやった方がいいかもしれないと賛同される。

優子は、課の皆に、千葉支店の営業部長を拝命したと報告する。剛は、何かできることがあれば皆で応援すると言う。優子は久しぶりに定時で帰っていった。

繁樹の取材のTVが放送される。息子・繁秋は、家族を道具にするなんてと言い、丸太郎のような落語家になりたいと言い出す。繁樹が帰ってくると、繁秋は逃げて行く。

仲良くなった3人は喫茶店で女子会をする。優子は千葉に行き、夫シゲオと大介は与論島に行くと言う。

突然、シゲオと大介は、本当の親子ではないと口を滑らす。


優子は上司と不倫しいて忘れるためシゲオと婚約したが妊娠していることが分かり、それでもシゲオは結婚すると言ってくれ、大介を育ててくれたと言う。

優子は、仕事の方が楽しくて、今回も不倫をして、ついにシゲオが怒り、一人ぼっちになってしまったと語る。

杏も、息子と微妙な関係になってしまったと言う。まりも優子も、独身なんだから、幸せを掴んで欲しいと言う。

まりは、子供とは離れられないが、夫が横柄でと言い、丸太郎と最後まで行ってないと告白してしまう。繁秋が落語家になりたいと言い困っているというと。杏たちはコネを使うべきと言う。

丁度、丸太郎から電話があり会い、繁秋を弟子にして欲しいと頼む。丸太郎は、本人が何度もきて、寄席にも通って勉強するべきだと言い。子供のことになると弱いねと言う。

まりは、ダメ母だということは分かっているが、ダメでも頼みたいと言う。丸太郎が、弟子入りは断るが、まりは、好きだと言う。

杏は、我慢できなくなって斉木に会いたいとSNSするが返信がこない。斉木のアパートに行くと、元妻の由香がいて、杏を見るなり抱きつく。

杏は怒って去って行く。追いかけてきた斉木は、由香がガンで、借金も抱えているから相談にのるくらいはと思い会っていたという。

杏は、由香に近づかないでと言いたいからクラブの名前を教えて欲しいと怒り、私だったら、昔の人の相談にのらないと言う。

斉木は、「めんどくないな」とぼそり言う。杏は、家に帰ってもその言葉がショックだった。

優子は、千葉に向かう最後の夜、シゲオから手伝えなくてゴメンと言われる。メガネを外すが、夫は、明日早いからと寝てしまう。

杏は、由香の店に行き、由香から渡された慎吾のお金を返し、これで、斉木に近づかない欲しい言い、本当にガンなのかと迫る。

由香は、さびしくなると斉木に会いたくなると言い、好きでもないと言う。杏は、会わないで欲しいと言い店を出る。

丸太郎は、バーで仲良くなった斉木と飲み。ため息をついていると、丸太郎に、昔の女が現れたパターンだねと見破られる。

丸太郎は、バツ3だから経験していると言い、最初の女とは子供もできたが、真打昇進がかかっていて帰り見なかったら、突然いなくなったと言う。

2人目と結婚したら、最初の女がいろいろなところに現れ、2人目とも別れた。3人目はもういいだろうと思ったら、家に火をつけられ、3人目を守るためやむなく離婚したと語る。

最初に結婚した人とはやはり何かあると語る。斉木に杏から電話があり席をはずす。その二人の会話をカウンターで剛が飲んで聞いていた。

杏は、由香に会ったことを伝えたかったと斉木に何度も電話をしたが、もう話したくなくなったと言うと、斉木は分かったと言い電話を切る。そっけない態度に杏は落ち込む。

大介は、繁秋に与論島に行く前に研に会った方が良いと言われ会う。お別れを言い、与論島にぜひ来てほしいという。

家に帰った大介は、優子に、嫌いなわけではないと本音を伝える。研が好きで離れるために与論島に行くと言う。

優子は、男性が男性を好きでも、女性が女性が好きでも、女性が男性が好きでも、好きなことにはかわりはなく素敵なことだと気持ちをぶつけ、大介はにこりとする。

優子は、大介をバス停に送り見送りながら、初めて、大介の大切さに気づき涙を流す。

雨の中、杏が家に帰ると、マンションの前に慎吾が立っていて、「助けて下さい」と言う。

ここまでが第5話のネタバレです。

杏は、研が戻ってきたのはいいけどよそよそしかったですね。斉木にも、めんどうな女と思われてしまったようです。杏は孤独なんでしょうね。

まりは、一線を越えるかと思ったら踏みとどまりましたね。夫が嫌いが伝わってきました。丸太郎に息子が落語家になりたいと相談しましたが、甘いものではないとツッパネましたね。

ドラまる
優子の息子・大介がシゲオとの間にできた子供ではない衝撃告白でしたね。

優子の不倫相手の子供とは。驚きました。

ラマちゃん
大介は研が好きで、その気持ちを整理するため、与論島に行くことを決めた。母・優子が嫌いじゃないことが伝わりました。

優子も、大介の気持ちに気づき涙をながしましたね。

スポンサーリンク

ドラマ『恋する母たち』5話ネット上の反応

ドラまる
剛の切なさ、優子の別れ方が素敵。

ラマちゃん
優子の大介への言葉が素敵でしたね。綺麗な涙と絶賛です。

スポンサーリンク

ドラマ『恋する母たち|5話見逃し動画無料視聴はこちら』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『恋する母たち|5話見逃し動画無料視聴はこちら』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

恋する母たち|4話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『恋する母たち』6話のあらすじ

2020年11月27日(金)放送の第6話のあらすじをご紹介します。

慎吾(渋川清彦)が再び杏(木村佳乃)の前に現れた。

与論島での離婚話が島で噂になり、妻の耳にも入って家を追い出されたというのだ。

慎吾は離婚届けにあった杏の住所を頼りにやって来たのだが、その身勝手な慎吾に怒りを覚えた杏は、母・綾子(夏樹陽子)の連絡先を教え、雨の中彼を突き放す。

その後、階段から足を踏み外し松葉杖生活となった杏。

研(藤原大祐)と一緒に綾子のところで世話になることに。

そこには慎吾も身を寄せていた。

しかし、そのことを斉木(小泉孝太郎)に知られてしまい…。

千葉で一人暮らしをスタートさせた優子(吉田羊)は、千葉の営業部が本社の宣伝部とは雰囲気が全く違い戸惑っていた。

挨拶に行った得意先のスーパーで嫌味なことを言われるなど、驚くことばかりの優子だったが、初めての営業の仕事をひたむきにこなしていた。

そんな時、杏が勤める高根不動産に「吹っ切るために住むところを変えたい」という男性がやってくる。

申込書の勤務先にコジカフーズと書いたことから、相手が優子が想っている赤坂(磯村勇斗)ではないかと察するが…。

同じ頃、まり(仲里依紗)は夫・繁樹(玉置玲央)の傲慢な態度にうんざりしていた。

落語家になりたいという繁秋(宮世琉弥)のことを一向に認めない夫。

一方で相談していた丸太郎(阿部サダヲ)からは思いがけない返信が届く。

そんな中、誰もが羨む生活を送っている蒲原家に災難が襲う。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『恋する母たち』5話のあらすじネタバレ、感想、6話のあらすじを紹介しました。

密会を見てシゲオは、大介と与論島行きを決意。優子は千葉支店長に栄転を決め剛と別れる。まりは、丸太郎と一線を越えなかったが夫の横柄な態度に嫌気が出る。杏は斉木とギクシャクする。

ドラまる
慎吾が与論島にいられなくなったと頼ったのが杏とは、離婚したのに唖然ですね。

よりによって杏は怪我をして、慎吾の母とすむことになるとは。どうなるのかな。

ラマちゃん
優子は、初めての営業をがんばるようですね。まりは、夫の傲慢さにうんざりする。

まりの蒲原家に災難が襲うようですね。のり子の仕業かな。怖いですね。

斉木の前に元妻の由香が現れ、杏も気が気でないのですね。斉木の心が変わったような気がします。杏もそれが不安なんですよね。

丸太郎と斉木がバーで仲良くなったと思いきや、剛も優子にフラれ集まりましたね。いい男3人のバーカウンター姿もこれからの見どころになるのかな。

次話、慎吾が身勝にも杏の前に現れ、斉木との関係がますます複雑ですね。大介の尊さが分かった優子、初めての営業耐えれるのかな。まりを襲う災難とはなにか。楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA