恋する母たち|3話ネタバレと感想。杏(木村佳乃)離婚したすぐに、斉木(小泉孝太郎)から告白!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年11月06日(金)「恋する母たち」の3話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
杏は、失踪していた夫・慎吾に会いますね。慎吾の記憶は蘇るのでしょうか。

杏と慎吾はどうなるのかな。そして、斉木とはどうなるのかな。

ラマちゃん
京都出張に行った優子と剛、意識し始めた二人に何が起こるのか。

まりは、夫・繁樹と不倫相手ののり子の衝撃的な会話がメールで届く。その内容とは。

与論島で失踪した夫と再会する杏。懐かしい声に動揺する。優子は京都イベントがトラブルで中止、その夜、剛と想定外の出来事が起こる。まりは、夫とその不倫相手の衝撃的な会話を聞き.....。

スポンサーリンク

ドラマ『恋する母たち』3話あらすじネタバレと感想

杏は、11年前に失踪した夫・慎吾と与論島で再会。声も慎吾と同様で、思わず涙が溢れてくる。信吾は、まったく杏のことを覚えていないようだった。

与論島のまぶしい景色に、慎吾との再会もまるで現実のものとは思えなかった。信吾は、杏に懐かしい香りがすると言う。杏は、慎吾が事故に遭った崖に夕日が見たいとつれていってもらう。

優子は、剛と出張で京都に着き、仕事の前に食事をとる。京都に詳しい剛は、京大出身だった。招待客も集まりイベントの準備は順調であったが、突然停電になる。

常務の柳に嫌味を言われるが、優子が中止を決定する。剛が、大学時代の先輩のイベント会社から発電気が借りられ30分後に開始でき、イベントは大成功する。

まりは、丸太郎と動物園デート。はしゃぐ丸太郎に、いつも好きというがずっと好きか分からないと言うと、今好きだけではいけないのかと、少しの家庭の不満も我慢できるのではと聞かれる。

まりは、納得し、自分も丸太郎のことをいつも考えていると伝える。温泉に行こうという丸太郎に、二人の先が分からない限りそれは駄目だと慎重だった。

杏は、夕日が美しい崖に立つ。斉木に、慎吾の事故を聞いたと言うが、慎吾は過去は全く覚えてないと言う。今は幸せかと聞くと、慎吾は分からないが、今の奥さんは世界で一番だと答える。

慎吾は明日10時に迎えに来ると言い去って行く。ホテルに入り、優子の夫・シゲオから夕食を誘われるが、慎吾のことで落ち着かず食事を断る杏。不安になり斉木に電話するが出なかった。

優子と剛のホテルはツインルームしか空いておらず、剛は別のホテルを探すと言うが空いていないようだった。優子は、意を決し、いっしょにツインルームに泊まることにする。

剛は眠れなかった。優子は、少し飲もうと言いイベントの活躍をねぎらう。いつもメガネをかけていると言われ、昔、浮気が夫にばれて、美人すぎるからメガネをかける約束をしたと話す。

優子は、恥ずかしくなり洗面に顔を洗いに行き、シャワーを浴びようと思う。ちょうど、剛もワインを浴衣にこぼしてしまい裸姿の優子を見てしまう。すぐに、洗面のドアを閉める剛。

優子は自分の落ち着けと言いメガネをかけて洗面を出る。裸姿の剛が立っていて、もう我慢できないと言い、二人はベットに沈む。優子は心の中で、いつかこうなると思っていたと思う。

翌朝、杏は、慎吾に与論島を一望できる場所に連れて行ってもらう。懐かしい香りがすると言う慎吾に、杏は、この香りはあなたが好きだった、あなたは、夫・慎吾だと告白する。

美しい海が一望できるラウンジで、杏は、11年前、横領し、人妻と失踪し、5歳の息子を残し消えたことを悔し涙を流しながら話す。

与論島にいると教えてくれた斉木は、あなたが駆け落ちした奥さんの夫だという。

会ったら土下座して謝ると思っていたら、全く覚えてなかったと言い、離婚届けに名前と印鑑を押して欲しいと差し出す。

慎吾は、覚えてないが、あなたが言うなら謝ると頭を下げ、離婚届に名前を書こうとするが分からない。杏はイライラしながら、慎吾の名前を教える。また謝ってくる慎吾に、何も覚えてないくせにと言いその場を逃げるように去る。

優子とシゲオの夫妻を見つけ、杏は、離婚届けに判をおしてもらったと優子に抱きつく。優子は、いっしょになって喜ぶ。

まりのスマホに音声ファイルが送られてくる。開くと、夫・繁樹と不倫相手ののり子との情事中の会話だった。息子・繁秋に気づかれたためすぐに寝室で一人で聞く。

まりは、丸太郎に相談し、男は弱い方の味方だから、毅然と3人で会って話せば勝てると言われる。まりは、3人の子供を守るのが一番だから、それが勝ちだと言う。

まりは、車で帰ってきた夫・繁樹を待ち伏せ車の中で、音声ファイルを聞かせ、3人で、相手の部屋で会いたいと迫る。繁樹は、その迫力に押されて会うことを約束する。

繁樹は、シャワーを浴びるふりをして、不倫相手ののり子になぜ送ったと聞く。寂しかっただけだと泣く。繁樹は、イタズラだったと嘘で乗り切ればなんとかなるからと励ます。

杏は、優子とシゲオと飲み、慎吾が何も覚えてなかった悔しさをぶつける。今日はもっと吐き出して明日から新しい人生を歩めと励まされる。

一人ホテルに帰った杏は、斉木から、昨晩は校了前で連絡できなかったことの謝りのSNSが送られてくる。

杏は、慎吾が何も覚えていなかったが、離婚届に判を押してくれたと返す。良かった、明日帰るのと返信に、はいと杏は答えるが、斉木からは、気を付けてという言葉だけだった。

杏は、斉木とこれから何かあると期待していたが諦めた気分で東京に帰る。空港で待っていたのは斉木で驚く。

斉木は、区役所に直接行こうと杏の手を引っ張る。離婚届を出す間、斉木は椅子に座り待っていた。

離婚届けを受理されたと報告する杏に、斉木は、「つきあって欲しい」と人目もはばからず伝える。焦った杏は、斉木を区役所の外に連れ出す。

杏は、斉木が成り行きで親切にしていると言ってましたよねと聞く、斉木は、自分でも分からないが杏のことばかり考えているから、これは好きだということだと真面目に言う。

杏は、パニックになり、斉木といると平常ではいられないから、一人にさせてと去って行く。

まりは、丸太郎に、これから、夫の不倫相手に会いに行くと伝える。丸太郎は、困ったら子供のことを思い出すんだとアドバイスを送り励ます。

まりと繁樹は、のり子の自宅を訪れる。まりは、なぜ、あんな音声ファイルを送ってきたかと迫る。のり子は、冗談で送っただけだと言う。

本当に繁樹にふさわしいのかとのり子は迫る。繁樹は慌てて制する。

まりは、丸太郎に言われた子供たちの顔を思い出す。ふさわしくないかもしれないが3人の子供を二人で育てているのを誇らしく思っていると反論する。

のり子が、丸太郎とキスをしていたところを見たと迫るが、丸太郎の落ち着いてという言葉が聞こえて、まりは、しらを切り通す。

繁樹はこれ以上の泥沼は困ると思い、のり子に事務所を明日から辞めて欲しいと言い、不倫を認め家庭を壊す思いはないと伝え二人に謝る。

繁樹は珍しく、子ども達にケーキを買ってこうと言い出すが、まりは不機嫌な顔をしていた。

家に帰り隠れて丸太郎にうまくいったと報告する。丸太郎は、何もなかったかのようにスタンプで返す。

手に入れられないものを手に入れようとするのは楽しいとバーのマスターに言い、同じカウンターに座っている客に同意を求める。その客は、斉木だった。

剛は、仕事をバリバリやっていた。会社では、優子は上司として指示していたが、二人は、あの夜以来、密会を続けていた。

杏が、買い物をして家に帰ろうとすると斉木が待ち伏せしていた。

今日断られたら諦めると言い、「結婚を前提におつきあいして欲しい」と告白する。何も返事がない杏に去ろうとすると、「斉木さんのことばかり考えている。好きです。」と杏が答える。

ここまでが第3話のネタバレです。

杏は、けじめをつけたかったのに、記憶喪失の慎吾相手では、ぶつけることができないもどかしさが伝わってきましたね。優子とシゲオに愚痴を聞いてもらうくらいでした。

優子は、剛に仕事でピンチを救ってもらい、その夜、二人で同じ部屋に泊まることに。優子が浮気していてその戒めのメガネだと告白。そこから、いっきに男女の関係になってしまいましたね。

ドラまる
離婚届けに判を得て一区切りついた杏。斉木と始まると期待していたが何もない落ち込みの表情も良かった。

でも、空港で斉木が待っていて、区役所で告白とは、これでパニックでしたね。

ラマちゃん
まりと夫の不倫相手との対決も凄かった。丸太郎のアドバイス通りになりましたね。さすが百戦錬磨という感じ。

夫は不倫を解消し、まりは、丸太郎とどうするのだろう。

スポンサーリンク

ドラマ『恋する母たち』3話ネット上の反応

ドラまる
杏が11年ぶりに会った失踪夫が記憶がない切なさに共感。丸太郎にも人気が集まってますね。

ラマちゃん
優子と剛が一線を越えたシーンに騒然です。

スポンサーリンク

ドラマ『恋する母たち|3話見逃し動画無料視聴はこちら』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『恋する母たち|3話見逃し動画無料視聴はこちら』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

恋する母たち|3話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『恋する母たち』4話のあらすじ

2020年11月13日(金)放送の第4話のあらすじをご紹介します。

杏(木村佳乃)は「結婚を前提に付き合ってほしい」という斉木(小泉孝太郎)からの申し出に、自分も斉木に好意を持っていることを再確認した。

そんな杏の様子に違和感を覚えた息子・研(藤原大祐)は、友達の大介(奥平大兼)に相談する。

蒲原家では、まり(仲里依紗)が夫・繁樹(玉置玲央)の浮気相手・のり子(森田望智)をやり込めたものの、自分は丸太郎(阿部サダヲ)のことが気になって仕方がない。

繁樹から「罪滅ぼしに夫婦2人で温泉に行こう」と優しく言われても全然うれしくない自分がいた。

まりは丸太郎に連絡し、夫から温泉に誘われていることを伝えると、彼は意外な反応をする。

一方、優子(吉田羊)も、京都で一夜を過ごした赤坂(磯村勇斗)のことで頭がいっぱいになっていた。

会社でもなんとなく赤坂を意識してしまう。

ある朝、夫のシゲオ(矢作兼)から「家族のことで大事な話がある」と言われ、優子はなるべく早く帰る約束をする…。

翌日、杏は研から父・慎吾のことを聞かれる。

出て行ってしまった真実を伝えると、優しい研は母を思いやるのだった。

そして、杏は研に「今度、会ってほしい人がいる」と斉木の存在を打ち明けることに。

さらに、杏は慎吾と正式に離婚したことで、義母・綾子(夏樹陽子)のもとを訪ねる。

今までマンションのローンや研の学費を出してもらってきた礼を言い、「この先は自分でやっていこうと思う」と決意を伝える。

その日の夜、杏、斉木、研の3人は初めてレストランで食事を共にするが…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『恋する母たち』3話のあらすじネタバレ、感想、4話のあらすじを紹介しました。

慎吾は、杏の事を覚えていなかったが離婚届に判を押し離婚が成立する杏。斉木が告白し受け入れる。優子は、剛と男女の関係に。まりは、丸太郎の助言で、夫の不倫相手との勝負に勝つ。

ドラまる
斉木に告白されて様子がおかしいのを杏の息子・研が気づくようですね。

斉木との話をして、研の賛成は得られるのかな。

ラマちゃん
まりは、夫の不倫相手を追っ払ったものの、夫から罪滅ぼしに温泉に行こうと言われても楽しくない。

完全に、丸太郎の魅力にメロメロですね。まりは、どうなって行くのかな。

杏も離婚が成立して、その直後に斉木が告白。独身同士なのだからですが、息子とかが障壁になってくるのかな。うまく行くのか行かないのか見守りましょう。

優子と剛がついに結ばれてしまいましたね。いつ、夫にばれてしまうのかですね。まりは、夫が嫌いになっている中で、丸太郎の罠にはまってしまうのか。こちらも注目です。

次話、杏は、斉木とのことを考え、息子や、元夫の母との関係を整理して行くようです。まりは、丸太郎に走ってしまうのかな、その後が怖いですね。優子は、シゲオにどうばれるかですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA