恋する母たち|2話見逃し動画無料視聴はこちら【10/30配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『恋する母たち』第2話(2020年10月30日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

↓初月無料で今すぐ『恋する母たち』を全話見る方はこちら↓

ドラまる
『恋する母たち』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『恋する母たち』第2話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『恋する母たち』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『恋する母たち』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『恋する母たち』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREE利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『恋する母たち』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年10月30日(金)放送終了後〜2020年11月6日(金)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『恋する母たち』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『恋する母たち』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『恋する母たち』の配信状況は以下のようになっています。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『恋する母たち』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2020年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2020年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年秋ドラマ『恋する母たち』第2話のあらすじは?

2020年10月30日(金)放送のドラマ『恋する母たち』第2話のあらすじを紹介します。

ある日、石渡杏(木村佳乃)は11年ぶりに斉木巧(小泉孝太郎)と再会した。

巧は8年前に妻と正式に離婚し、今は週刊誌の編集部で働いていた。

杏は巧から、与論島で夫の慎吾(渋川清彦)らしき人物に会ったと聞かされ驚く。

慎吾は「港洋一」と名乗って観光ガイドをしていて、駆け落ち相手である斉木の妻・由香(瀧内公美)とはすでに別れていた。

さらに、驚くべき事実を聞かされ杏は茫然とする。

その頃、林優子(吉田羊)は部下の赤坂剛(磯村勇斗)と停電中のエレベーターに閉じ込められていた。

夫のシゲオ(矢作兼)を心配させまいと電話をしたり、「息苦しくない?酸欠じゃない?」などと動揺する優子に、赤坂は普段の沈着冷静な上司とは違う一面を見てこれまでにない感情を抱く。

一方、今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)とのドライブから帰宅した蒲原まり(仲里依紗)は、丸太郎の突然のキスを思い出すと全身から力が抜けてしまうようだった。

そんなまりの心を読んだかのように、丸太郎から連絡が入り・・・。

斉木と別れ帰宅した杏は、息子の研(藤原大祐)に「お父さんが見つかったようだ」と伝えるが、研は「最初から父親はいないと思っている。お母さんが会いたいなら邪魔はしない」と部屋にこもってしまう。

そして、義母の綾子(夏樹陽子)にも知らせると、「本当に慎吾か確かめて来てほしい」と頼まれるのだった…。

翌日、杏とまりは、優子の声掛けでファミレスに集まることになった。

優子の息子・大介(奥平大兼)が、数学の試験問題の予想をしたので、研とまりの息子・繁秋(宮世琉弥)に渡して欲しいと託されたのだ。

息子たちの話をしながら、やがてワインで酔いが回ってきた3人は、与論島にいるらしい杏の夫の話題になる。

公式サイトより引用)

2020年秋ドラマ『恋する母たち』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『恋する母たち』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

おしゃべり
次回は木村佳乃さん演じる杏さんが旦那のいる鹿児島県の離島にいくと思うので、そこでいろんな決着が出来たらいいなと思います。

わたし的に杏さんと失踪した旦那のことが決着するのはもう少し後だと思っていたので、びっくりです。

だから2話以降杏さんの周りでどのようなことが起こるのか想像がつかなくて楽しみです。

あとは林優子さんが子どもとどう関わっていくのか、その夫がどう変わっていけるのかが楽しみです。

不登校になった子どもがいるときに大体奥さんのせいにされたりするけど、旦那も一緒に考えるべきだから何とか回生して欲しいなと思います。

ペンネーム:おしゃべり(20代・女性)

結南
次回は蒲原と今昔亭がこれからどうなるのか楽しみです。

夫が不倫しているのをわかった上で、蒲原自身も不倫をしていくのかなと予想します。

だんだん今昔亭との距離が縮まっていくところに期待したいです。

そして石渡が斉木と再会したところも見どころです。

久しぶりに再会して、また昔の気持ちが芽生えるのかなと思います。

二人で島に行くところが楽しそうです。

また夫の居場所がわかって、石渡は夫と会うことができたのか注目ポイントです。

さらに林は息子にどう言葉をかけていくのか気になります。

色々考えながら上手く話せるのか見どころです。

ペンネーム:結南(20代・女性)

さくらこ
杏の夫が与論島にいるとわかるが、駆け落ちした女性とは別の女性と過ごしていると知り、杏は与論島に向かうだろう。

そこには変わり果てた夫の姿があり、記憶をなくしている事実が明らかになる。

優子は部下・剛が、女性と長く付き合うことができないと知り、突然のエレベ-タ-に閉じ込められ二人の関係が進歩すると予感の出来事に遭遇してしまう。

まりあは夫が子供にも興味を持たず、今昔亭丸太郎と会うことで、今までなかった楽しさを教えてくれそうです。

そんな三人の女性たちは、息子のことで親しくなっていくようになり、悩みごとを相談する関係となっていきそうです。

ペンネーム:さくらこ(50代・女性)

coco
杏は斉木から失踪した夫が与論島にいることを聞きます。

そして斉木の妻とは別れ、別の人と一緒に居ると。11年も経ってこのようなことを聞き与論島へ向かいます。

その時の心境がどうなのか計り知れないものをどのように表現されるのか期待します。

まりは夫の不倫を自らとがめらことができずイライラしていました。

そんな時にパーティーで出会った売れっ子の落語家に誘われドライブに行きました。

自分を抑えようと必死でしたが自分の方をしっかり見てくれることで心が傾き始めたのがわかります。

次回は気持ち的にも行動ももっと進展しそうな気がします。

キャリアウーマンの優子は仕事も上手く行き夫も優しく円満です。

息子の不登校の悩みはありますが彼女が不倫に向かうプロセスがまだ分からずどんな展開になるのかとても興味があります。

ペンネーム:coco(50代・女性)

カンダ
次回は杏の旦那の居場所がわかったので、杏がヨロン島まで探しに行くのではないでしょうか。

でも息子も留年してしまうかもしれないピンチなのでどちらを選ぶかとても難しい選択ですね。

おそらく杏は斉木と色々と相談しながら行動していくと思います。

やっぱり関係を持ってしまった2人ですから信頼関係はあると思います。

丸太郎とマリの関係も結構進展していくと思います。

初めはそんなに気にしていなかったマリですが丸太郎の誠実さに気がついて関係を深めていくのではないでしょうか。

やっぱり不倫というのがテーマにある感じで少しドロドロしていきそうです。

ペンネーム:カンダ(30代・男性)

まっくん
次回の注目すべき点は、杏の夫の行方がわかったことで再会することになった斉木(小泉孝太郎)と関係が起こってしまうのかということと、エレベーターの中に閉じ込められた優子(吉田羊)がどうなるかということでしょうか。

杏と斉木の関係が進むことは間違いないと思いますし、それがどういう終わり方を迎えるのかがこの物語の柱となるでしょうが、とりあえずの興味は、優子のほうです。

いったい、後輩社員とのあいだで何が起こるのか? 

このドラマは、どういう展開でも男女関係は崩壊する可能性にあるということを示唆しているので、優子のパターンは「偶然」とか「運」がキーワードになるだろうと思います。

ペンネーム:まっくん(40代・男性)

2020年秋ドラマ『恋する母たち』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『恋する母たち』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ちいまま

『恋する母たち』第2話のあらすじネタバレ

主人公の石渡杏は夫の駆け落ち相手の元夫の斉木から「旦那さんは与論島にいる」と知らされる。

しかも記憶喪失で妻のことは全く覚えておらず今は女の人とその子供と暮らしていた。

その真相を確かめに行くために与論島へと出かける。

一方で林優子は部下と一緒にエレベーターに閉じ込められていた。

謎な雰囲気の部下は上司の林優子が好きなのかエレベーターの一件から猛アピールをし始める。

そして蒲原まりは今昔亭丸太郎にされたキスを思い出しドキドキしていた。

ぐいぐい来る丸太郎に困りながらも自分も恋に落ちていったが、夫の不倫相手の女にリークされ週刊誌に写真を取られてしまう。

『恋する母たち』第2話の感想

それぞれの恋が動き出したなという感じがしました。

石渡杏は夫の駆け落ち相手の元夫の斉木と再会してその斉木も杏のことを気になっている様子だったし、林優子は部下の男の子に猛アタックをされてドキドキしながらも上司として冷静を装おうとしているところがとてもいいなと思いました。

また、蒲原まりは夫の不倫にショックを受けながらも明るくぐいぐいくる丸太郎に惹かれていて久しぶりにドラマでドキドキしました。

個人的には上手くいって欲しいなと思うのは林優子の部下の男の子です。

本気で恋するようなタイプじゃないように見えて実はとても上司のことが好きそうでかわいいです。

ペンネーム:ちいまま(20代・女性)

友里菜

『恋する母たち』第2話のあらすじネタバレ

今回は斉木から杏の夫が与論島にいるかもしれないと言われます。

そこで杏は色々考えながらも、行こうと決断するのです。

そんな中で林は赤坂とエレベーターに閉じ込められてしまいます。

そこで赤坂は林のことを褒めるのです。

林は弄ばれているように感じます。

だけど少しずつ林は赤坂のことが気になっていくのです。

また蒲原は今昔亭と連絡を取り合います。

今昔亭はどんどん蒲原のことが好きになり、抑えられずキスをしてしまうのです。

だけど山下が二人の関係を斉木にたれ込みします。

さらに杏は与論島へ行き慎吾に会うけど、全く覚えていないのです。

『恋する母たち』第2話の感想

今回は杏が与論島へ行くと決断したのが印象的です。

いろんな想いを抱えながら、いざ会うと全然覚えていなかったのが切なかったです。

そして林と赤坂の関係性がドキドキしました。

林はどんなことをされても冷静なのが良かったです。

でもいつの間にか赤坂のことが、気になっていたのが可愛くも感じました。

赤坂の壁ドンが思わずドキッとしました。

また蒲原は今昔亭のグイグイしたところに、どこか良いと思っていたのが印象的です。

悪くないと思えるのがハラハラしました。

さらに山下が二人のことをたれ込みしたのは怖かったです。

山下のやることは大胆だなと感じます。

ペンネーム:友里菜(20代・女性)

hiro1019

『恋する母たち』第2話のあらすじネタバレ

杏の夫か与論島にいると斉木から知らされた杏は、義母の勧めもあり、与論島に同窓会があり、家族旅行に行くという友人の林一家ともに、与論島に向かいます。

杏の息子は、父親は、いないものだと思っており、興味を示しませんでした。

与論島に着いた杏は、ツアーガイドの慎吾に会いますが、記憶喪失なのか、、、。

一方丸太郎と付き合うマリは、不倫の事実を週刊誌に暴露されます。

しかし、斎木は、表沙汰にしないといい、付き合いを注意しますが、マリは、丸太郎とデートをかさねます。

不倫を告発したのは、マリの夫の不倫相手の秘書だとは、誰も知りません。

又部下の赤坂と、京都に出張する事になった林は、赤坂の発言や行動にドキドキしたまま、出発しました。

『恋する母たち』第2話の感想

主婦達がそれぞれ女として動き出し、それぞろの女性の今後の展開が楽しみです。

特に上司の林と、部下の赤坂との行動がキュンキュンしました。

年下のくせに、年上の女性に可愛いなどの美味しい言葉や、ホテルをちらつかせたりと、年上だからこそ、そんな押しに弱いところをついてくる赤坂にワクワク、ドキドキしました。

又あらゆる方法で、マリを翻弄し、押し続ける丸太郎を好きになってしまったマリ。

ここまでされたら、仕方ない展開ですね。

杏も斉木との関係が発展しそうな予感にワクワクします。

三人がそれぞれに理由があって違う男を好きになっていく様子が楽しみです。

ペンネーム:hiro1019(50代・女性)

かものはあま

『恋する母たち』第2話のあらすじネタバレ

斉木巧から夫の石渡慎吾の居場所を聞く杏ですが、彼は沖縄の与論島にいるとの事。

そして前回はじめてのデートをしてから今昔亭丸太郎が気になってしまい、携帯を見つめる蒲原まり。

彼女は丸太郎から来る誘いにまた乗ってしまい待ち合わせ場所に向かいます。

また林優子は仕事をバリバリ進めますがそれは家庭を夫に守ってもらっているので、逆に居場所が家庭にない状態です。

そんな優子は部下の赤坂剛からちょこちょこアプローチをかけられますが今のところ躱しています。

まりは一度逢瀬を見つかってしまいますが、結局また丸太郎と会ってしまいます。

優子は仕事で出張で京都にいきますが何とそこに剛が!

最後、杏は意を決して与論島へ。

行くとそこに慎吾が。

『恋する母たち』第2話の感想

各々の母たちがどんどんそれぞれの恋にハマっていく様子を描かれています。

まず完全にまりはハマっている様なので、もう止められないと思います。

これからどれだけドロドロになるのか。

優子は剛からの熱烈なアプローチに負けると思います。

今は毅然と躱していますが、家庭に満足もしてないし意外に押しに弱そうだしこちらも時間の問題かなと。早く剛からの攻撃を観たいです!

ただまだ杏は巧からのさりげない言葉に反応はしますが具体的な進展はしていません。

しかし今回の沖縄の件でどうなるか見ものです。

完全に記憶はない様ですが、あの昔の幸せな家庭の描写を見たらとても胸が痛くなります。 

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

カナタ

『恋する母たち』第2話のあらすじネタバレ

杏の元に斉木がやってきて旦那さんは与論島にいると情報をくれる。

しかし、旦那は事故にあって記憶喪失になっているらしい。

一方、林は部下とエレベーターに閉じ込められていた。

マリは丸太郎とデートした事で浮かれていた。

やっとエレベーターが動き出し林は部下から帰り際にホテルに誘われ怒って帰る。

後日、慎吾の母親から与論島に行って確かめてきてほしいと杏は頼まれる。

仕事の都合をつけて杏は与論島にいくことを決意する。

それから杏は林の夫の協力を受けて一緒に与論島に到着する。

そこで杏は久しぶりに夫である慎吾に遭遇するが自分に対する記憶がない事がわかり動揺するのだった。

『恋する母たち』第2話の感想

今回また杏が斉木と会ったことで鯉が再熱してしまわないか心配でした。

でもちゃんと慎吾の居場所を教えてくれて良かったです。

杏はなんだかんだ言っても慎吾のことをまだ愛していると思いますから家族の関係を修復して欲しい気持ちで見ていました。

いつのまにか林と杏とまりが仲良くなっているのがちょっと面白かったです。

息子が留年してしまうかもしれない仲間で結託したのでしょうか。

やはり同じ境遇の人同士というのは仲良くなりやすいものなんでしょうね。

それから丸太郎なんですが彼の変装が結構滑稽で面白かったです。

あんな髭面は逆に怪しいです。

ペンネーム:カナタ(30代・男性)

ryo.

『恋する母たち』第2話のあらすじネタバレ

不倫して女性と失踪した夫が、与論島にいると言う噂が入ってくる。

その夫は、失踪した時の女性とは別れて、しかも記憶喪失になっていると。

迷った末に、与論島へ行って事実を確認することを決意し、与論島に向かい再会したが、記憶喪失になっているのは事実のようで自分を認識してくれない夫婦。

弁護士で高級人民の男は、社内不倫中。

その妻は、有名な落語家にデートに誘われて、路上キスなど不倫行為があからさまに分かってしまうような行動を取ってしまう。

出来る女性課長は、社内の年下の部下からアプローチをされる。

恋なねか?性欲なのか?男の気持ちを測りかねる女性たちの恋心が揺れる。

『恋する母たち』第2話の感想

3人の女性、三者三様の恋の行方。

男に頼って生きる生き方、自力で生きる生き方、自分の思いのままに生きる生き方など、恋する母たちのストーリーにはドロドロとした不倫の話しではなく、彼女たちの生き様を写し出し始めた感じで、2話は見応えある内容になってきている。

それぞれの女性が自分と向き合いながら、自分を模索している感じが見どころになって、今視聴している主婦の人たちの共感を得られそうな気がします。

結婚と恋、恋と性欲の欲望、憧れと恋、色あせない想いなど、現実的に生きる女性の等身大の姿を描いた感じで、興味深く見れました。

子供を抱えた母親、その心理も見逃せない感じです。

ペンネーム:ryo.(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年秋ドラマ『恋する母たち』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA