恋する母たち|2話ネタバレと感想。杏(木村佳乃)、ついに失踪した夫(渋川清彦)と再会!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年10月30日(金)「恋する母たち」の2話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
杏は、斉木から、夫の慎吾が与論島におり、駆け落ちした斉木の妻とは別れたと知らされる。

杏は、何を思うのでしょうか。驚くべき事実もあるようです。何なのでしょうか。

ラマちゃん
優子は、若手部下の剛とエレベーターに閉じ込められ、どうなるの。

まりは、丸太郎にキスされ、思い出すと全身から力が抜けてしまう。こちらもどうなるの。

杏は、再会した斉木から、夫が与論島いて、駆け落ちした斉木の妻とは別れていて、驚愕の事実を知る。部下の剛とエレベーターに閉じ込められた優子は動揺。丸太郎にキスされたまりは.....。

スポンサーリンク

ドラマ『恋する母たち』2話あらすじネタバレと感想

斉木は、杏の夫・慎吾は与論島にいて、駆け落ちした斉木の妻と別れたという。今は、雑誌の編集者をしており与論島に行った時のガイドが慎吾に似ていたと語る。

港洋一と名乗るそのガイドは、なまりがなく、8年前の事故でその前の記憶がないと言う。こちらで、連れ子のある女性と仲良くなり民宿をやっていた。

近所の人に聞くと、11年前、女と駆け落ちしてきてホテルで住み込みで働いていたが、女は逃げ、事故にあって今の状況になっていた。

斉木は、元妻の名前と杏の名前を聞くが、洋一は、過去を捨てたと言い思い出さなかったと語る。杏に住所を渡し、あとどうするかは杏しだいだと斉木は言う。

斉木は、8年前に、慎吾と駆け落ちした由香と別れ、海外の放浪の旅に出て、その話を書かないかと雑誌社で働き始めたと語る。杏は、そのおかげで、慎吾の居場所が分かったと感謝する。

優子は、若手の部下・剛と大規模停電でエレベーターに閉じ込められた。夫・シゲオに、事情を電話で説明する。優子の夫の話しになり、売れない作家で子育ては夫がやってきたと説明する。

優子は、息苦しくないとか普段見せない慌てた表情を見せる。

剛は、好きな人が長続きしないと言い、本当に好きな人に会ってないのではと優子に言われ、優子みたいな人が好きなのかもと言う。

優子はからかわない方が良いと言い、嫌いなところはと聞くと電気がつく。

まりは、丸太郎のキスを思い出してとろけていた。それを見透かしたように、丸太郎からのお礼と、温泉に行こうと誘いのSNSが入る。

杏は、息子の研に、父・慎吾が見つかったことを打ち明ける。研は、父親はいないものだと思っていると言い、杏が会いたいなら止めないという。

エレベーターを抜け出せた優子と剛だったが、停電で、タクシー待ちの行列ができていた。剛は、お酒に誘う。

優子は、嫌いなとこはと言いかけた続きを聞く。剛は結婚しているところと言い、優子はドキリとする。剛が、ラブホテルを示し、優子は、少し怒った顔で、タクシーを待つと別れる。

まりは、杏に、丸太郎に温泉に誘われ恋かなと言うと、杏は、性欲かもしれないと言い出す。その達人的な言葉に、まりは感心する。

優子は、自宅に帰ってきたのが4時だった。夫・シゲオが作る朝食を喜んで食べようとすると、息子・大介が、数学の予想問題を解いたと研と繁秋に渡して欲しいと言う。

仲の良いシゲオと大介の会話に入っていけないでいると、アンケートの集計不足があったと会社から電話が入り、内心ほっとして会社に向かう。

会社に出社すると、剛も出勤していて、手分けしてアンケートを集計することにする。剛は、昨日、人妻に振られたとわざと優子に聞こえるように言う。

優子は、焦ってきて、トイレに逃げ込み、自分はないと言い聞かせる。トイレから出ると剛が壁ドンをやってきて、ますます、優子は意識してくる。

優子のPCの調子が悪くなり、剛が、顔を近づけるくらいしながら見てくれる。優子は、人妻はやめなさいと言うのが精一杯だった。剛は笑って直ったと言い自分の席に戻る。

杏は、慎吾の母・綾子に、与論島に行って、慎吾かどうか確かめて欲しいと言われ戸惑う。

仕事が終わり、優子は会社を出る。大介に預かった数学の予想問題を見つけ、杏とまりに連絡し喫茶店で落ち合う。

まりは、夫は、休みもゴルフか不倫だと言うと、優子が、社内調査で5割以上が不倫していると言い、最後は、まりと子どもが一番大事だと慰める。本題の、数学の予想問題を渡す。

杏とまりは喜ぶ。勢いで、皆で飲もうということになる。

酔いが回ってきて、優子が、夏休み、夫の実家がある与論島に行くと言い出す。杏は、自分の夫は、女と駆け落ちして与論島にいると告白する。いっしょに与論島にいこうと言う話になる。

斉木の編集部に、丸太郎が人妻と不倫をしていると、まりの夫・繁樹の不倫相手・のり子から匿名の電話が入る。

のり子は、丸太郎とまりがキスをしている場面を見て電話をしてきたのであった。

証拠はあるかと言う斉木に、大手町に事務所を待つらつ腕弁護士で、息子は名門の麻蔵学園高校1年に通うと明かし調べれば分かると伝える。

杏たちと飲んで帰ると、丸太郎から会いたいとSNSが入る。まりは、杏から言われた性欲を思い出し、恋ではなく性欲ではと返す。

丸太郎は、好きな人を抱きたいと思うのは当たり前だと言い、明後日プールだと言うまりにチャンスだと思う。

プールが終わった直後、丸太郎から会いたいと連絡がある。テラスでお茶するとまりも誘う。二人は、路地に入って情熱的なキスをする。

帰らなきゃというまりを丸太郎は遮り、またキスをする。まりが、帰ろうとすると、丸太郎は新作落語のDVDを渡し、まりは、笑顔で帰っていった。


斉木から、杏に、息子さん麻蔵学園高校1年に通いますよねと電話がきて、大手町の弁護士で、同じ学年の息子がいる人を知らないかと、丸太郎との不倫の話を伝える。

杏は、すぐに、まりを、喫茶店に呼び出し、斉木といっしょに会い事情を説明する。まりは、1度くらい不倫しても引き返せると杏が言ったくせにと、忠告に来たわけと怒りだす。

斉木は、丸太郎を追ったら簡単に、まりとの路地裏のキスの写真がとれたと見せ、これを上にあげるつもりはないと忠告し、その場で削除する。

まりは、杏と斉木とどういう関係かと聞き、杏のためにスクープをやめたように見えると言う。斉木はそうだと堂々と言う。その言葉に、杏の心は動揺する。

杏は、注意して会った方が良いというと、まりは、怒って喫茶店を出て行く。

杏は、斉木に不愉快な思いをさせたと謝る。斉木は、ご主人を見つけたのも、友達の恋を邪魔したのも成り行きだと言う。

まりは、丸太郎に電話をかけ、あんな記事が出て家庭が崩壊したら子ども達が困ると訴える。丸太郎は、ばれないように注意しようと平気であった。

まりの夫と不倫する新人弁護士・のり子は、落語に行こうと誘い、略奪愛を楽しんでいるようだった。

杏は、優子の夫・シゲオが故郷の与論島に帰るついでに飛行機を手配してくれ、京都出張に行く優子より一足先に与論島に夫・慎吾に会いに行くことにする。

与論島に旅立つ朝、斉木に、記憶喪失であってもなくても、言いたいことを言ってくると言い、前に進みたいからと決意を電話する。斉木は、心配しながらも帰ったら電話が欲しいと言う。

まりは、サングラスをかけ完全に顔を隠して動物園に行く、変装していた丸太郎に気づかなかった。丸太郎が、今日も綺麗だねと声をかけ、まりが、笑顔に変わる。

優子は京都出張に向おうとしていた。待っていたのは、剛で、同僚が怪我をしたからと急遽代わりにきたと説明する。優子は驚くが、楽しい出張にしましょうと言う剛に負けてしまう。

シゲオと大介と着いた与論島は日差しが強かった。ホテルについた杏は、フロントから、ガイドが待っていると告げられ、美しい浜辺に向かう。

振り向いたガイドは、慎吾だった。慎吾は、「石渡杏さんですね」と完全に杏のことを忘れているようだった。

ここまでが第2話のネタバレです。

斉木の妻と駆け落ちした慎吾が与論島にいて、斉木の妻と別れていて記憶喪失とは驚きでしたね。杏の揺れ動く心が、伝わってきました。

優子は剛とエレベーターに閉じ込められ、剛は優子が好きになったようです。優子の嫌いなところが結婚しているところとは、この言葉が、優子に突き刺さりましたね。

ドラまる
まりと丸太郎とキスしていたところを、まりの夫の不倫相手が見ているとは、どろどろになってきました。

杏と斉木が忠告したにも関わらず、結局、会いましたね。どうなることやら。

ラマちゃん
斉木は、一度関係を持った杏に感心があるのですよね。慎吾が与論島にいること伝えたり、まりにも忠告したのは、杏のためでした。

この二人もどうなるのかな。

スポンサーリンク

ドラマ『恋する母たち』2話ネット上の反応

ドラまる
丸太郎の色気、まりとの変装にかえって目立つと話題です。

ラマちゃん
剛の積極アタックに皆さん、驚いてますね。

スポンサーリンク

ドラマ『恋する母たち|2話見逃し動画無料視聴はこちら』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『恋する母たち|2話見逃し動画無料視聴はこちら』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

恋する母たち|2話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『恋する母たち』3話のあらすじ

2020年11月6日(金)放送の第3話のあらすじをご紹介します。

与論島で11年ぶりに夫・慎吾(渋川清彦)と再会した杏(木村佳乃)。

雰囲気は変わっているが懐かしい夫の声に、杏は幸せだった頃を思い出し思わず涙があふれる。

杏を東京からの観光客と思い込んでいる慎吾は、名所の百合ヶ浜などを案内した後、「断崖から夕陽を見たい」という杏のリクエストで、自分が転落して記憶を失くした場所へと連れていく。

その頃、優子(吉田羊)は新商品の販売イベントで、赤坂(磯村勇斗)と京都の会場にいた。

招待客も集まりイベントを開始しようとした矢先、停電のアクシデント。

電機系統のトラブルらしいが、修理を待っている時間はない。

常務の柳(小松和重)に嫌みを言われながら、イベントの中止を決断する優子に赤坂は…。

さらにその夜、想定外の出来事が優子と赤坂を待っていた。

一方、まり(仲里依紗)のスマホに音声ファイルが添付されたメールが届く。

開くと、夫・繁樹(玉置玲央)と不倫相手・のり子(森田望智)の衝撃的な会話だった。

相変わらずチラつくのり子の存在に、まりは丸太郎(阿部サダヲ)へ相談を持ちかける。

そして、不倫相手と直接会うことを決意。

観光を終えホテルに戻った杏は、与論島の実家にいる優子の夫・シゲオ(矢作兼)から夕飯に誘われるが、「今夜は一人で考えたい」と断る。

11年前、自分と息子を捨てて女と駆け落ちした慎吾は、どんな思いでこの島で暮らしていたのか…。

やるせない思いの中、杏は迷いながらも斉木巧(小泉孝太郎)に電話をかける。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『恋する母たち』2話のあらすじネタバレ、感想、3話のあらすじを紹介しました。

夫が与論島にいて記憶喪失であることが分かる杏。優子は、若手部下からアタックを受ける。丸太郎との関係が雑誌記者の斉木へ密告があり、まりに忠告する斉木と杏。与論島の夫と再会。

ドラまる
斉木の妻と駆け落ちした慎吾に与論島で再会する杏。慎吾は、杏のことを覚えてないようです。

杏は、慎吾の楽しい思い出が脳裏をかすめるようですが、前に進むことはできるのでしょうか。

ラマちゃん
京都出張に行った優子。仕事が失敗してその夜、剛と何かあるようですね。

まりも、夫と不倫相手の音声データに動揺。丸太郎に相談するみたいですが。どうなるのかな。

少しづつ動き出してきましたね。まりは、丸太郎との写真を撮られ、斉木と杏に忠告されたけど止まらなくなりました。優子も、剛の猛アタックを受けて動揺し始めました。

斉木も明らかに杏を狙っていますね。杏もそれに気づき、失踪した夫・慎吾とけじめをつけるために与論島に向かったのですね。

次話、与論島に行き動揺した杏は、斉木に助けを求め電話する。京都出張の優子も剛と進展が。まりは、丸太郎に相談し、夫の不倫相手・のり子と対決ですね。どうなって行くのか楽しみ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA