恋する母たち|1話ネタバレと感想。木村佳乃さん、吉田羊さん、仲里依紗さんの美しき母!恋の予感!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年10月23日(金)「恋する母たち」の1話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
恋愛マンガのカリスマ・柴門ふみが、友人の話として10年あたためきたマンガが原作。脚本が、恋愛ドラマと言えばこの人・大石静。

この二人のタッグは期待できますね。

ラマちゃん
恋する母に、木村佳乃さん、吉田羊さん、仲里依紗さんと美しくて個性的な方が揃いました。

3人が母としてどんな恋愛に向かうのか、その時、夫や息子たちはどうなるのか楽しみですね。

杏は、女手一つで育てた息子が合格した名門校の保護者説明会に出席、優子とまりに出会う。杏の夫は、11年前に人妻と失踪、優子は売れない夫を養い、まりはセレブだが夫の不倫に悩み....

スポンサーリンク

ドラマ『恋する母たち』1話あらすじネタバレと感想

2002年、杏と慎吾、優子とシゲオ、まりと繁樹は結婚する。1年後息子が生まれる。5年後の2008年、杏の夫・慎吾は、横領し行方不明になった。

優子の夫・シゲオは小説家に、まりは、弁護士の夫・繁樹とタワーマンションに移る。

杏の前に、夫と駆け落ちした妻の夫を名乗る斉木が現れる。杏は信じられなかったが、斉木が、メールのやりとりを見せてくれてショックを受ける。

斉木は、メールが不貞の証拠になり、離婚裁判で有利になると言われるが、杏は、離婚という言葉が理解できなかった。

斉木は、妻・由香が前にも不倫をしており誘ったのではと言う。杏は、斉木も自分も悪くないと言い。

杏は、夫もラブホテルに行っていたのだろうかと言い出す。斉木と行き、ビールを飲んで突然泣き出す。斉木は、帰りましょうと言うが、顔が近づきいっしょに寝る。

11年後の2019年4月、杏は、不動産会社に勤め女手一つで息子・研を育て、中高一貫の名門・麻蔵学園高校に入学した。保護者説明会に出席した杏は、周りの母たちが、セレブだと驚く。

教室に入った杏は、後ろの席の中学校から息子・繁秋を通わせているまりから声をかけられ、席順は、窓から一番優秀で、ここは最後だと言われ驚く。

まりは、成績一番の母親は浮気していると言い、意外と、皆していると笑う。杏も不倫しているのかと勘違いされ、斉木とのこと思い出し否定しなかった。連絡先を交換し仲良くなる。

中学校から息子・大介を通わせている優子は、担任に、このまま不登校が続くと、2年には上がることができないと言われる。

優子は、コジカフーズに勤め、女性初の役員かと言われるほど優秀な宣伝部課長だった。宣伝部では、若手社員・剛が憧れの目で優子を見ていた。

家に帰った優子を夫・シゲオが家事をしていた。シゲオは、1作目は賞を取ったがその後は売れない作家だった。息子・大介に、担任の言葉を伝えようとするがまた引きこもってしまう。

まりは、息子・繁秋の下に、2人の娘がいた。急遽シンガポールに行くと夫・繁樹が帰ってくる。こっそりスマホを覗くと、女がシンガポールにいっしょに行けてうれしいと書いてあった。

まりは、繁樹の不倫を知っていたが知らぬふりをしていた。それを敏感に気づいていた繁秋は出かけてしまう。

まりは、パーティに誘われていた。そこに、杏が、高校の柔道着を買おうと思ったら定休日だったと他のお店を聞いてくる。まりは、杏のパート先の不動産屋まで、柔道着を届けてくれる。

優子は、常務に呼ばれ、捕まえた痴漢が、取引先の息子で撤回できないかと聞かれる。優子は、自分のキャリアを失っても、許せないことは許せないという性分であった。

まりは、チャリテーパーティに出て、自分の席に座っている落語家の丸太郎を見つける。馴れ馴れしい丸太郎に嫌悪感を持つ。

丸太郎は、一人のためだけの独演会をチャリティーに出す。自分で買ってあげると言い出し、まりの座っていた席を指定する。

まりは、いやがるが、友達も盛り上がり、登壇すると、丸太郎から連絡先を教えてと言われ、ますます嫌悪感を持つ。

帰るまりを追いかけ、この後飲もうと誘ってくるが、まりは無視する。友達が、丸太郎を誘い飲みに行き、まりの連絡先を教えたと言う。毛嫌いしていたまりも、丸太郎が気になり調べていた。

夫・繁樹が何食わぬ顔で帰ってくる。翌日、夫の事務所の新人弁護士・のり子が自宅のロビーまできて、繁秋に顔を見てきてと言われたと来る。

まりは、すぐに、繁秋に愛人でしょうと連絡するが、繁樹は否定する。

丸太郎の独演会が料亭で行われる。まりは最初は乗る気でなかったが、丸太郎の落語にだんだんと引き込まれていった。最後に、挨拶して、丸太郎は次の仕事があると黙って帰って行く。

まりは、丸太郎が気になり始め、お礼のメールを打つがまったく返事がなく、スマホを何度も見てしまう日々を暮らしていた。

突然、丸太郎から電話がかかってきて、怒ったようにまりは電話に出る。丸太郎は、調子よく、宝くじが当たった気分だと言う。

まりが、メールの返事がなかったと怒ると、返事をするのがもったいなくて毎日見ていたと言いながら、「一度会いましょう、ドライブぐらいどうか」と誘われる。

保護者会で、杏が、不倫をした経験があると気づいたまりは、夫とセックスレスであることや、愛人がいること、丸太郎からドライブに誘われたことを相談する。

杏は、丸太郎と言えば、日本を代表する落語家だと言い、ドライブくらいしてみて、もし、そういう雰囲気になれば、一度くらい不倫しても、後戻りできると言ってあげる。

まりは、自分の思っていたことを言ってくれて嬉しくなり、杏の不倫は今も続いているのかと聞く。

杏は、11年前に夫が、よその奥さんと失踪して戻ってこない。女手一つで、息子を育てるのに精いっぱいで不倫などしている余裕はなかったと打ち明ける。まりは、逆境の人だったと感心する。

2ヶ月後、学校に呼び出される杏は、まりがいて驚く。まりは、中学の時から息子がいっしょだと優子を紹介する

担任の先生から、1学期の期末が最下位付近で、このまま行くと、留年となるから自首退学を進めると3人は言われる。大介は、頭はいいが、不登校で勉強せずだと高校では無理と厳しかった。

まりは、ヘッドホンをつけ人の話を聞かない息子・繁秋がラッパーにでもなると言ったのを怒り、今すぐ、家を出て行く覚悟がないのなら、家庭教師でもなんでもつけるから勉強しなさいと怒る。

杏は、息子・研に、先生から言われたことを伝えると、研は、入学金を出してくれた祖母や育ててくれた母に申し訳ないから、頑張ってみると言う。

優子は、ため息をつきながら家に帰ると、売れない作家の夫・シゲオが原稿を書いているのを見て頼りにならないと思い、息子の部屋をノックしようとするができなかった。

まりは、繁秋の成績のことを、夫・繁樹に相談するが、遺伝子が悪いのかとまりのせいにされ、またベットで先に寝てしまう。

落ち込んだまりは、丸太郎に、自分の車ならドライブに行っても良いとついにメールで連絡する。

地下駐車場で落ち合うまり。丸太郎は、おはようと調子がよかった。芦ノ湖にドライブに行き、丸太郎は富士山が見えると騒ぐが、まりは、車内に留まりハンドルを離さなかった。

丸太郎は、ハンドルを握らせるとモーテルに連れ込まれそうだからとあっけらかんとして言う。食事をしようと言い、まりが、断ると、最初に見た時から可愛いと思っていたと言う。

独演会も一生懸命すぎて貧血ぎみだったから、最後は冷たく見えたと謝る。まりは、バツ3なのですよねと言うと、丁度機が熟したところでまりに会ったと言う。

丸太郎は、一人でそばを食べるとドライブインに行き、必死に、ハンドルを離さないまりを見つめていた。

地下駐車場に戻り、丸太郎は、今日、本当にありがとうと感謝を言いながら、車から1回も降りなかったねと言う。まりは、無事終了と言うと、寂しそうだった。

丸太郎は、まりのあごを持ち見つめて、そっとキスをする。まりは、抵抗もせず受け入れ、声も発しなかった。

杏に、斉木から、夫・慎吾の居場所が分かったから一度会えないかと連絡がきて驚く。

優子は、会社で偶然、部下の若手社員・剛が別れ話をしているところを見てしまうが、プライベイトには立ち入らないとエレベーターで降りて行こうとすると剛も帰るため乗り込む。

剛は、束縛が嫌いで、恋愛が半年も持たないと打ち明ける。優子は、それは、本気でその人が好きなわけではないからだと言う。突然、二人の乗るエレベーターが停止する。

杏は、斉木に会う。斉木は、慎吾の住所を渡し、与論島いて、斉木の妻・由香とはとっくに別れ、別の女性と暮らしていると言う。由香も、別の男性と大阪で再婚したと告げる。

ここまでが第1話のネタバレです。

スタートが、三人の幸せな結婚式から入り、翌年には息子が生まれと同時並行的な演出がとても良かったですね。

杏は、夫が斉木の妻と失踪した事実を目のあたりにし動揺が隠しきれませんでした。一度だけ、斉木と不倫をしたのですね。そして、斉木から突然連絡があり再会。波乱の予感ですね。

ドラまる
まりは、夫の不倫を知りつつ、お調子者の丸太郎に引かれて行くのがすごく良かった。一歩踏み出すのが怖くて、ずっとハンドルを握り車内からでませんでした。

最後キスして、こちらも波乱の予感。

ラマちゃん
優子は、引きこもりの息子と売れない作家の夫に悩むのが伝わってきました。少し生意気な若い部下の剛の恋人との別れを見てしまいました。

エレベーターに、二人で閉じ込められ、こちらも波乱の予感。

スポンサーリンク

ドラマ『恋する母たち』1話ネット上の反応

ドラまる
最初の幸せな結婚式に始まる展開に注目。ドラマ中の衣装にも注目が集まってますよ。

ラマちゃん
阿部サダヲさんがやばい。磯村勇斗さんの目線も。

スポンサーリンク

ドラマ『恋する母たち|1話見逃し動画無料視聴はこちら【10/23配信】』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『恋する母たち|1話見逃し動画無料視聴はこちら【10/23配信】』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

恋する母たち|1話見逃し動画無料視聴はこちら【10/23配信】

ドラマ『恋する母たち』2話のあらすじ

2020年10月30日(金)放送の第2話のあらすじをご紹介します。

ある日、石渡杏(木村佳乃)は11年ぶりに斉木巧(小泉孝太郎)と再会した。

巧は8年前に妻と正式に離婚し、今は週刊誌の編集部で働いていた。

杏は巧から、与論島で夫の慎吾(渋川清彦)らしき人物に会ったと聞かされ驚く。

慎吾は「港洋一」と名乗って観光ガイドをしていて、駆け落ち相手である斉木の妻・由香(瀧内公美)とはすでに別れていた。

さらに、驚くべき事実を聞かされ杏は茫然とする。

その頃、林優子(吉田羊)は部下の赤坂剛(磯村勇斗)と停電中のエレベーターに閉じ込められていた。

夫のシゲオ(矢作兼)を心配させまいと電話をしたり、「息苦しくない?酸欠じゃない?」などと動揺する優子に、赤坂は普段の沈着冷静な上司とは違う一面を見てこれまでにない感情を抱く。

一方、今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)とのドライブから帰宅した蒲原まり(仲里依紗)は、丸太郎の突然のキスを思い出すと全身から力が抜けてしまうようだった。

そんなまりの心を読んだかのように、丸太郎から連絡が入り・・・。

斉木と別れ帰宅した杏は、息子の研(藤原大祐)に「お父さんが見つかったようだ」と伝えるが、研は「最初から父親はいないと思っている。お母さんが会いたいなら邪魔はしない」と部屋にこもってしまう。

そして、義母の綾子(夏樹陽子)にも知らせると、「本当に慎吾か確かめて来てほしい」と頼まれるのだった…。

翌日、杏とまりは、優子の声掛けでファミレスに集まることになった。

優子の息子・大介(奥平大兼)が、数学の試験問題の予想をしたので、研とまりの息子・繁秋(宮世琉弥)に渡して欲しいと託されたのだ。

息子たちの話をしながら、やがてワインで酔いが回ってきた3人は、与論島にいるらしい杏の夫の話題になる。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『恋する母たち』1話のあらすじネタバレ、感想、2話のあらすじを紹介しました。

夫が人妻と失踪、息子を育て名門校に入学させた杏。同じ学校に息子を通わせるまりと優子を知る。まりは、夫の不倫に失望、落語家の誘いに乗る。優子も、若手社員が気になり始める。

ドラまる
杏は、失踪した夫・慎吾が与論島にいること、人妻とは別れたことを、斉木に告げられ、さらに驚くべき事実が。

驚くべき事実とは何だろうか。斉木と再会してどんな展開になるのかな。

ラマちゃん
エレベーターに剛と閉じ込められた優子。丸太郎にキスされたまり。

この二人も、恋が動き出しそうですね。楽しみ。

さすが、柴門ふみ原作、大石静脚本でしたね。じわりじわりと恋に落ちて行く過程が丁寧に描かれてましたね。ターニングポイントとなるポイントも女性目線でした。

木村佳乃さん、吉田羊さん、仲里依紗さんの息子を心配する顔、それぞれが、夫への別の不満や怒りを持っているが、表には出さない演技。気になる男が登場と恋の波乱を予感させました。

次話、杏の夫が与論島にいることが分かる。杏は会いに行くのでしょうか。まりに、キスした丸太郎が忍び寄ってくる。優子は、密室の中で剛と二人きりになりどうなって行くのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA