この恋あたためますか|9話見逃し動画無料視聴はこちら【12/15配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『この恋あたためますか』第9話(2020年12月15日(火)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『この恋あたためますか』第9話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『この恋あたためますか』第9話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『この恋あたためますか』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『この恋あたためますか』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『この恋あたためますか』第9話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年12月15日(火)放送終了後〜2020年12月22日(火)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『この恋あたためますか』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『この恋あたためますか』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『この恋あたためますか』の配信状況は以下のようになっています。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『この恋あたためますか』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2020年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2020年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年秋ドラマ『この恋あたためますか』第9話のあらすじは?

2020年12月15日(火)放送のドラマ『この恋あたためますか』第9話のあらすじを紹介します。

浅羽(中村倫也)が、ココエブリィ本社まで自分に会いにきたことに動揺する樹木(森七菜)。

スイーツ開発のプロジェクトを巡り、社長室の神子(山本耕史)と浅羽の動向が気になる樹木、新谷(仲野太賀)と里保(石橋静河)。

そんなある日、樹木の元に浅羽から一通のメールが届く―。

ドラマ公式サイトより引用)

2020年秋ドラマ『この恋あたためますか』第9話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『この恋あたためますか』第9話の見どころや期待度をご紹介いたします。

なる
社長が北川さんと別れたことをキキはどのタイミングで知るのか、そして喜ぶのかどんな感情で受け止めるのかがすごく気になり、楽しみです。

次回予告で、社長と新谷がキキを取り合っているシーンがあったので、社長は徐々にキキに意識し始め好きだと言うことに気づきその想いを直接伝えるのかどうかもすごく気になります。

キキはまだ社長の事が好きだと思うので、私の予想ではクリスマス直前に新谷に別れを告げて社長の元へ行くのではないかと思っています。

私自身も、社長とキキ推しなので2人に幸せになってもらいたいなと願っています。

ペンネーム:なる(20代・女性)

バナナん
北川は浅羽の好きなものの、浅羽の本当の好きな人は樹木であると感じ別れを選んだからこそ、ここからは浅羽と新谷による樹木の奪い合いが勃発するのではないかと予想しています。

樹木はいつもそばで寄り添い支えてくれた新谷とクリスマスを過ごすのか、それとも自分をスウィ―ツ開発の道へと導いてくれて、以前から好きだった浅羽を選ぶのかこれからの展開が気になります。

今までは特に積極的な行動が見られなかった浅羽の変化も見どころの一つだと思います。

年に一度の大切なクリスマスを一緒に過ごすのは新谷と浅羽のどっちなのか次回の展開に期待です。

ペンネーム:バナナん(20代・女性)

チョコチップ
新谷君と浅羽さんが樹木ちゃんの取り合いする所がみどころだと思います。

新谷君と付き合っているのをしっていても、樹木ちゃんのそばにいようとする浅羽さんに注目です。

お互いにバチバチでどうなるかが楽しみです。

また里保に樹木が浅羽さんのことをどう思っているのかを聞かれているシーンがあったのでどのようにに答えるかが気になります?

樹木の本当の気持ちが知りたいです。

クリスマスが近くなってきて、樹木は誰と過ごすのかを選ぶところも注目したいです。

スーちゃんの言葉が樹木ちゃんの背中を押してくれるような気がします。

4人の恋の行方が気になります。

ペンネーム:チョコチップ(30代・女性)

mute
来週は、浅羽が井上樹木、君に会いに来たと言い、ココエブリィの本社にやってきます。

浅羽は樹木の腕を掴み、樹木への気持ちを試すために来たのかもしません。

樹木、新谷、里保たちは、スイーツ開発のプロジェクトに関して、神子と浅羽の動向が気になります。

そんな中、浅羽は樹木にある一通のメールを送り、樹木はそれを受け取ります。

予告からですが、里保が樹木に浅羽のことが好きでしょうと尋ねられます。

樹木は否定しますが、里保が無理をしてもダメ、浅羽のことが好きなのが駄々洩れてるよと言います。

浅羽がスーツを着ていたので、もしかすると社長職に戻るのでしょうか。

新谷が俺のことをちゃんと選んでほしいと樹木に言います。

浅羽は、里保以上に樹木が好きだと思えないけどねと言っています。

里保が自分の気持ちに気がつくなら今のうちだよと言います。

新谷は樹木を渡さないと言いますし、浅羽はそれを選ぶのは彼女だと言います。

樹木の友達のスーが、樹木は誰とクリスマスを過ごしたいの、思ったようにすればいいんだよと言います。

ペンネーム:mute(40代・女性)

さくらこ
順調な恋に見える樹木と新谷はとても楽しそうだが、里保は浅羽と一度別れたこともあり、歯車は元には戻らないことがわかっているようで辛い恋愛観でした。

自分の気道を抑えていた浅羽が本社を訪れ、神子と対決かと思いきや樹木に会いに来て、略奪愛となってしまいそうです。

クリスマス目前となり、気になる恋の行方となりそうです。

そして、浅羽が社長から退いたことで、移動販売を開始したことで話題となっていきそうです。

そんな浅羽が社長に返り咲く日があることを期待して、樹木とのスィ-ツ開発もできるようになり、最大に感動があれば最高です。

ペンネーム:さくらこ(50代・女性)

かものはあま
いきなりの展開で少しびっくりしました。

もっと決定的な事があってから里保と喧嘩して浅羽は別れたりするのかなと思ってましたがかなり早めの別れを告げてきて予想外です。

それだけ里保がもう耐えられなかったという事でしょう。

しかしそれしか選択肢はないですから、仕方ないですね。

早めに決断できたのは大人だなあと思いました。

そしてそのうち浅羽が神子に話す言葉は何なのか、おそらく今の時点ではまだ決定的な事は言えないと思いますが自分のココエブリィでやりたい事の意思を伝えると思います。

智子が一つの大きな助け舟になってくれて心強いですね。

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

2020年秋ドラマ『この恋あたためますか』第9話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『この恋あたためますか』第9話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

るる

『この恋あたためますか』第9話のあらすじネタバレ

中村倫也演じる浅羽が石橋静香演じる北川に別れを告げられその時に森七菜演じる井上のことが好きなんだと言われて、その気持ちを確かめよう逢いに行ったりデートに誘ったりと自分の気持ちを確かめようとする浅羽だったか、現在付き合っている仲野太賀演じる新谷より今付き合っているのは自分だと絶対に譲らないと宣言される。

しかし、それでも気持ちを確かめるために新谷は井上に浅羽とデートしてきていいと言う。

一方で、スイーツ改革にも動きがあり山本耕史演じる神子社長より厳しい言葉をもらうが新しいスイーツの販売も買ってすることとなり、最終的には移動販売を担う責任者として浅羽を会社にもどってきてもらうように声かけを行う。

『この恋あたためますか』第9話の感想

浅羽と井上の2人の関係がとても気になりました。

井上は浅羽が好きなはずなのに新谷と付き合っており、自分の気持ちを確かめようとする浅羽に少し動揺しているところがみられた。

少しずつ自分の気持ちがわかってきた浅羽が最後に、新谷と井上がデートしているところに走って現れたところはとても心踊りました。

どうしても自分の気持ちを伝えたくて真っ直ぐに言葉を言っているところはよかったです。

デートの種類も全く違うし、一緒にいて楽しいと思わないかもしれないけどそれでも好きっていう気持ちに気付いて、大切な人、いなくてはいけない存在に気づけたのでいいなと思いました。

ペンネーム:るる(20代・女性)

チョコチップ

『この恋あたためますか』第9話のあらすじネタバレ

突然本社に現れた浅羽は社長室に行き、神子に樹木を会社に残すように頼むのです。

スイーツ改革を再開することになり気合いが入る樹木たちは新商品開発に向けて行動するのでした。

神子に試食をしてもらいますが、「つまらないスイーツ」だとダメだしされ落ち込む3人。

新谷はアイディアを考えるために会社に残っていました。

一岡に相談に乗ってもらい、「樹木の才能を引き出しているのは新谷だと思う」という言葉に背中を押されたのでした。

今までは傷んだリンゴの味を隠そうとしていましたが、リンゴの味を引き出そうとと試行錯誤をしてプリンを作り商品化することが決定したのです。

一方、神子の元に訪れた浅羽は、移動販売車の改革についての資料を持っていきます。

そこで次の日商品化されるプリンを浅羽と一緒に食べて、移動車販売の責任者になってほしいと言われるのでした。

樹木と新谷はボーリングデートを楽しみ樹木から告白の返事を聞こうとしますが、何度も答えを聞けずにいました。

2人の元に浅羽が現れるのでした。

『この恋あたためますか』第9話の感想

里保さんと浅羽さんが分かれてしまったのは残念でしたが、里保さんが立ち直っていたので強い女性だなと思いました。

樹木ちゃんと浅羽さんのデートシーンでは、美術館に行ったり、CDショップでクラシックを聴いたりと大人のデートだなと感じました。

浅羽さんから樹木ちゃんにメールを送るのは珍しいなと思いました。

コンビニの仲間たちと一緒にいるシーンは和気あいあいで楽しそうだと感じました。

神子さんがプリンを食べてすぐにスプーンを置いたのでダメなのかと思いましたが、商品化することが決まったのでほっとしました。

最後に君と一緒にいてよかったことがあったと浅羽さんが樹木ちゃんに対して思いを伝えていたシーンはドキドキしました。

いなくなって初めて気づくことってあるのだなと感じました。

新谷君とカップルになってほしいと思いましたが、浅羽さんも素敵なので恋が実ってほしいと思いました。

ペンネーム:チョコチップ(30代・女性)

mute

『この恋あたためますか』第9話のあらすじネタバレ

浅羽が樹木に会いココエブリィに来て、君に会いに来たと腕を掴みます。

浅羽は樹木にちょっと付き合えと言い、焼き肉を食べに行きます。

一方で、スイーツ開発が復活します。

樹木もスイーツに携われることになります。

樹木たちは張り切りますが、神子が駄目出しします。

社員の人たちが、神子をラスボスだと言っていました。

浅羽が、里保を電話で呼び出して、荷物を渡します。

里保は自分の気持ちに気がつくなら今だよと伝えます。

リンゴプリンが、チーズの商品になり、神子から2回目で、許可が出ます。

樹木と里保と新谷は打ち上げをします。

3人で写真を撮ろうとすると、樹木のスマホに浅羽の日曜待ってるというメッセージが届きます。

新谷が浅羽に宣戦布告します。

浅羽に、樹木を渡さないと言います。

すると、浅羽は選ぶのは彼女だと言います。

新谷が行ってきてというので、樹木と浅羽はデートをします。

浅羽は、移動販売車のことで神子に直談判すると、移動販売の陣頭指揮をとってほしいと言われます。

一番先に樹木に伝えたい浅羽は、樹木に電話します。

ですが、新谷とボーリングをしている樹木は電話に出ません。

里保から、樹木と新谷が一緒にいることを聞いた浅羽は、飛び出していきます。

新谷が樹木に例の返事を求めます。

そこに、浅羽が急いで登場してきます。

『この恋あたためますか』第9話の感想

すごく面白いシーンが多くて、良いシーンも多かったです。

最高の作品です。

最初に浅羽と樹木が焼き肉に行ったシーンが、ものすごく面白かったです。

樹木が、次々焼き肉を浅羽に渡すからです。

それで浅羽が、わんこそばかと言います。

じゃれあっていて、面白かったです。

そして、浅羽が日曜日暇かと樹木にメールするのですが、樹木はヒマじゃないですと連絡します。

するとコンビニの2人の人が、浅羽くんみたいなイケメンでも断られることがあるんだねと言います。

相手が樹木とは知らず、さきイカみたいに、噛めば噛むほどだと言います。

浅羽は、ぜんぜん良い女じゃないけど、なんか気になるんだよとねと本音を言っていました。

コンビニの人も言っていましたが、ジワジワきてます。

新谷が樹木に日曜日行っておいで、行って気持ちを確かめてきてと言います。

なので、浅羽と樹木は、デートをします。

ここも良いシーンでした。

ヘッドホーンで浅羽は樹木と音楽を聴いていました。

ピアノのシーンも良かったです。

樹木がねこふんじゃったを弾き、浅羽はきらきら星を弾いていました。

2人ならんで、ピアノに向かっている後ろからのシーンがとても良かったです。

シートベルトを出来ない樹木のシートベルトをしてあげるのですが、そこで樹木と浅羽は目が合って、浅羽はキスしようとしますが、止めました。

デートの後、2人とも茫然としています。

やっと恋があたたまってきたみたいです。

その他の人では、里保は良い人です。

浅羽の気持ちを気付かせてあげようとしています。

樹木にも、浅羽が好きでしょうと聞いて、好きがだだ洩れてるよと言います。

今日は神子が意外に良い人だと分かりました。

リンゴプリンのことも、より良いものを作るために、駄目だししたことも分かりました。

また最後には浅羽のことも認めていました。

ペンネーム:mute(40代・女性)

たまこ

『この恋あたためますか』第9話のあらすじネタバレ

浅羽は樹木に会うために移動販売車で本社に乗り込む、社長室の神子の元に向かいました。

突然、浅羽が現れたことで樹木は不信感を抱いていた。

翌日、一岡と浅羽が神子に掛け合っていたこともあり、スイーツ改革案が復活して樹木はプロジェクトに戻ることが出来た。

新谷と里保、そして樹木が一緒になって作り出したアップルスィ-ツは、神子の舌を唸らせることが出来なかった。

傷のあるリンゴは酸味があることで三人は研究を続け、浅羽はコンビニで働きながら移動販売車の報告書を作っていたことで仲間たちから本部に戻ることを提案される。

『この恋あたためますか』第9話の感想

樹木がスイ-ツ開発に戻ることが出来て、新谷と里保と新しいスイ-ツを作り出す作業にワクワクさせられた。

スイーツの企画会議で社長の神子が意地悪な態度に不安な気持ちだったが、意外にも人間味のいい神子を尊敬できるシ-ンでした。

浅羽と新谷の間で揺れ動いている樹木、そして新谷と里保は樹木と浅羽の恋にはかけがえのない刺激とする人物だったはずです。

そして、新谷の男気のある一面を見ることが出来きました。

そんな浅羽と樹木の関係は楽しそうで車のワンシ-ンにドキドキさせられたが、やはり新谷といる方が自然な感じでいいと思った。 

ペンネーム:たまこ(50代・女性)

モテモテ樹木

『この恋あたためますか』第9話のあらすじネタバレ

神子は拓実の発案した移動販売車での突然の来訪と指示に従わない樹木は要らないと発言に拓実は樹木だけはと頭を下げる。

出てきた拓実は樹木に確かめるためと食事に誘うが、樹木と意見が食い違うため相性は合わないと言い、樹木は今日はなんのためかと理解できない。

翌朝、智子は拓実の口添えもありスイーツ改革が再始動し開発に樹木も戻る事に、開発したアップリンを神子が試食したがあっさりと不採用。

拓実は里保に忘れた荷物を渡しながら樹木が好きかはわからないに、里保は拓実自身が気付くなら今しかないと話す。

拓実は移動販売車の今後の展開の報告書を作成、その姿に店長たちは本部で働くべきと伝える。

悩む新谷は智子のアドバイスに樹木と里保に色々な食材の組み合わせ厳選していき、一方の拓実は移動販売車の報告書を多角的に纏め、樹木の頑張る日々をスーから聞き笑みが溢れメールで予定を聞くが断られ、店長たちのどんな女性かの問いに拓実は気になる人と話す。

神子は新たなスイーツを一口の試食で販売する計画を進めるように言い、神子が仕事を楽しんでいると智子は感じた。

樹木は里保と新谷で慰労会の最中に拓実からのメールを2人に見られ戸惑うが、別れた智子から樹木が拓実を好きと以前から新谷と共に知っていたと話す。

新谷は樹木に拓実と過ごし想いを考えてから返事を聞かせて欲しいと話し、樹木は休日を拓実と過ごし焼肉屋に行き、これはデートなのと聞くが誤魔化され、酔った樹木に拓実はキス寸前で止めてしまう。

新しいケーキに挑む樹木に新谷が返事が欲しいとデートに誘い、拓実は移動販売車の全国展開の企画書を神子に持参し責任者として企画と共に採用、樹木に知らせようと電話するが新谷とボーリング中で気付かない。

拓実は里保から樹木が新谷に答えを出すと聞き慌て走り出し、新谷に樹木が想いを話そうとする時に、駆けつけた拓実は樹木との日々は楽しいと感情が溢れ君が必要だと告白する。

『この恋あたためますか』第9話の感想

高級な焼肉屋なのに樹木の肉を次から次へとのせて焼いてしまう行動には呆れる拓実の気持ちがよくわかり、もったいないなと感じてしまったのが可笑しく、拓実が呆れて合わないと言葉を放った様子に爆笑させられ、あの時の拓実は里保の時とは全く違い飾っていない素直な感情を出していたなと感じられ、樹木も容赦なく刺々しい言葉を言えていたので端から見ればお似合いな2人だなと思いましたが、どちらも素直になれない所にヤキモキさせられたなと思いました。

拓実の移動販売車の企画がコンビニ店舗止まりになっているのをどうするのかと思っていましたが、店長たちからの後押しで本部に持っていく流れとなるとはビックリ、神子も受け入れと順風満帆なのが面白く、拓実時代のスイーツを神子がテコ入れしていて既に協力関係になっていて、神子が素直に拓実の有能さを認めて受け入れた姿に感動したものの拓実はまだ素直さが足らないなと思いました。

新谷の樹木に想いを聞く時の勝利を確信した表情から、拓実の出現で一転して強張ってしまったのが悲しく、イイ人はイイ人のままかなと感じました。

ペンネーム:モテモテ樹木(30代・男性)

かものはあま

『この恋あたためますか』第9話のあらすじネタバレ

神子のもとに移動販売車で直談判しにきた浅羽。

しかしそれは一蹴されてしまいます。

また智子の活躍により、神子を説得しスイーツ改革は復活。

樹木もまたプロジェクトメンバーに復活し、歓喜します。

しかし開発するも神子からはダメ出しを食らい停滞中。

また浅羽は里保を呼び出し、話をしますが里保からは樹木との接し方へのアドバイスをされます。

後日、浅羽は移動販売車の企画案を作成中。

誠は智子と話し、樹木の才能を引き出してるのは誠だと言われます。

翌日テンションを上げた誠は樹木たちに新商品開発の準備をバッチリ行い進めます。

そしてとうとうクリームチーズに活路を見出した樹木たちは神子に提出。

認められることとなりプロジェクトは前に動きます。

打ち上げで樹木たち三人は盛り上がり写真を撮ろうとしますが、浅羽からちょうどメールが来ます。

動揺し裏に来た樹木のもとに里保が。

浅羽と別れた事を伝え、樹木の背中を押します。

そして誠は浅羽のもとを訪れ、宣戦布告し互いにバチバチムードです。

さらに樹木には浅羽のもとに行ってもらって気持ちを確認してきてもらう様言います。

合流した二人は一頻り二人の時間を楽しく過ごし、デートも終わります。

それぞれ帰宅して自分の気持ちを再確認。

後日いよいよ樹木に返事を聞くつもりの誠は覚悟を決めます。

またその頃浅羽は企画書を持ち神子の前に。

見事企画は通り移動販売が始まる事に。

また樹木は誠とデートを一通りしていよいよ返事。

浅羽は里保から誠との事を聞き樹木のもとへ駆け出します。

樹木が誠に返事をするタイミングで浅羽が到着。

自分の気持ちを言います。 

『この恋あたためますか』第9話の感想

わかってはいますが、里保と誠の恋としてはとても切ない結末になりそうですね。

ずっと幼い頃から兄の様に慕ってきた浅羽に向かってあの優しい誠があそこまで言うくらいなので、彼の樹木に対する想いは並々ならぬものがあるのだと思います。

そしてそれに感化される様に樹木も誠の勢いに押されかけたかなーと思ってましたが、最後誠にいい返事をしかけた気がします。

でも浅羽がおそらく彼の人生であまりないであろう、必死に樹木の行方を追いかけて気持ちを本人に伝える。

これは彼のキャラでもないですし、相当効くと思います。

ラスト楽しみです。

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年秋ドラマ『この恋あたためますか』第9話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
10話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA