この恋あたためますか|7話見逃し動画無料視聴はこちら【12/1配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『この恋あたためますか』第7話(2020年12月1日(火)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『この恋あたためますか』第7話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『この恋あたためますか』第7話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『この恋あたためますか』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『この恋あたためますか』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『この恋あたためますか』第7話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年12月1日(火)放送終了後〜2020年12月8日(火)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『この恋あたためますか』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『この恋あたためますか』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『この恋あたためますか』の配信状況は以下のようになっています。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『この恋あたためますか』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2020年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2020年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年秋ドラマ『この恋あたためますか』第7話のあらすじは?

2020年12月1日(火)放送のドラマ『この恋あたためますか』第7話のあらすじを紹介します。

勢いで伝えた「好き」の言葉が、実は浅羽(中村倫也)に聞こえていたことを知り、さらに浅羽から「伝えなきゃいけないことがある」と言われ、動揺する樹木(森七菜)。

そんななか、ココエブリィ上目黒店では、温泉への研修旅行で浅羽が思いついた「コンビニの新しい形」がスタートした。

だが、そこで働く浅羽と里保(石橋静河)の姿を後から知った樹木は、気持ちを切り替えようとする。

一方、一向に変わらない樹木との関係を前進させるべく、新谷(仲野太賀)はある決心をする。

ドラマ公式サイトより引用)

2020年秋ドラマ『この恋あたためますか』第7話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『この恋あたためますか』第7話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ちゃみ
最後のシーンの続きが気になって仕方ないです。

2人の気持ちは同じなのか、そうで無いのか。。おそらく、浅羽さんは樹木ちゃんの事を社員としてでしか見ていないんじゃないかな?と予想しています。

きっと、樹木ちゃんの気持ちには応えることが出来ないとはっきり伝えてくるような予感がします。

しばらくはまだ、樹木ちゃんの片思いな気がしました!

でも、さりげなくプレゼントを用意するなんて浅羽さんずるいと思いました!

さりげない優しさが思わせぶりだと個人的には感じてしまいます。

早く2人がくっついてラブラブな胸キュンシーンが見たいです!

ペンネーム:ちゃみ(20代・女性)

きなこ
ドラマ『この恋あたためますか』第7話(次回)の展開予想は、樹木が浅羽から伝えたいことがあると言われていたので、樹木が浅羽に対する恋心を再び募らせていく展開になると思います。

楽しみなポイントは、樹木、浅羽、里保、新谷の関係性がどうなっていくかということです。

樹木と浅羽が再び距離を縮め始めましたが、新谷は樹木に、里保は浅羽に恋をしていて、樹木と浅羽はそう簡単に恋愛をすることはできません。

樹木、浅羽、里保、新谷がそれぞれどのような行動を起こして、時に波乱の展開を作りながら、恋を成就させようとするのかを楽しみにしています。

ペンネーム:きなこ(20代・女性)

ゆー
第6話の最後で浅羽が樹木の告白を聞いていたことが分かった。

返事はきっと気持ちにはこたえられない・断られるだろうなと思った。

浅羽がココエブリイの買収を止めたことでまた会社に戻ってくる可能性はまだありそう。

たとえ社長には戻れないとしても。

浅羽が考え付いた移動式コンビニ。

スイーツはコラボしてきたが、移動式コンビニは現実になるのか楽しみだ。

また、次回あらすじを見ると新谷のことが書かれている。

樹木との関係性、新谷がどう動くのか想像はつかないが楽しみだ。

ひそかに専務・神子と一岡の恋も展開してほしいと願っている。

ペンネーム:ゆー(20代・女性)

かものはあま
浅羽の樹木からの告白の返事ですが、まずはノーだと思います。

さすがに里保とヨリを戻したばっかりでいきなり樹木にハイ行きますとはならないでしょう。

むしろそんなことをしたらあまりにも軽率な男で、批判も多くなると思います。

そして自分の気持ちにも気付いてないのか、確信は持ってないかとは思うので応えられないと予想します。

ただ里保の疑念は高まり、樹木の浅羽を変えてしまうところに脅威を感じているでしょう。

次回は浅羽は新しい事業を始めてココエブリィで再スタートをする事だと思います。

次なる樹木の予想外の動きに注目したいです。

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

元気ですか大福
樹木の告白に対して拓実が伝えなければと考えているのは、里保と再び真剣に交際を始めた事実を伝え樹木の想いには応えてあげられないと誠実に断る展開だろうと考えていて、樹木は期待したのとは全く違うためにショックを受けてしまうものの正直に拓実が伝えてくれた事に感謝し、拓実が採用してくれたスイーツ開発により力を入れて頑張り始める決意を返す気がします。

里保は拓実が選んでくれた事に嬉しくなるものの、仕事の話や悩みなどを全く見せないでいる以前と変わらない姿に不安感が溢れ出し、新谷は能動的になろうと決意し新しく考えたスイーツを作り上げ樹木にプレゼントして真っ正面から告白する展開になると予想しています。

ペンネーム:元気ですか大福(30代・男性)

ゆうき
社長解任の際に勢いで「好き」と伝えた井上樹木(森七菜)は、浅羽拓実(中村倫也)が聞こえていないと思っていたが、実は聞こえていたのである。

それを、打ち明けられた樹木は動揺するが、浅羽が口に出した言葉は、移動式コンビニの具体的な話をして、アイデアが欲しいと言いそうな予感です。

いつもの、樹木の勘違いで欲しい言葉は帰ってこないと思います。

北川里保(石橋静河)という彼女がいるので。

移動式コンビニは、おそらく浅羽と北川ですると思うのですが。

しかし、まだ浅羽への思いを断ち切れていない樹木に、新谷誠(仲野太賀)は、はっきりとした告白をする予感です。

新谷と樹木が付き合うかどうかが、次回の楽しみのポイントだと思います。

ペンネーム:ゆうき(40代・男性)

2020年秋ドラマ『この恋あたためますか』第7話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『この恋あたためますか』第7話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

なる

『この恋あたためますか』第7話のあらすじネタバレ

以前、キキが社長に告白してその答えを7話で出したがキキは冗談だといいその場をしのぐ。

あきらめないといけないと思っていたところに新谷に告白されて戸惑う。

りほさんは社長に温泉のお土産をもらうがそれはキキが選んだもので、より社長のキキに対する想いへの不信感を抱く。

そんな中で、以前訪れた温泉の所で大規模な停電が発生したため、キキはそこへコンビニカーでいこうと提案して社長と2人で向かう。

道の駅でおじいちゃんと出会う。

避難場所みたいな所で、みなさんに食べ物やコーヒーを振る舞っていたが、途中で在庫がなくなった時に新谷とりほさんが現れて手伝ってくれる。

活動が終わってから、キキは新谷に告白の返事をし、その結果を新谷が社長に告げると、社長は意味深な表情をしていました。

『この恋あたためますか』第7話の感想

前話の続きから、告白の返事をされる所で社長の答えはNOだったけど、それをキキが冗談だと辛そうに言っていたところにすごく心がきゅーってなりました。

コンビニで社長が働いていてレジ業務がうまく行かずにバックヤードで作業をしている時にキキが現れて、急に停電になってしまって2人が暗闇でこけてささえながら見つめあっているところにすごくドキドキしました。

あとは、道の駅で少し不気味な建物でキキだけが中に入って社長は外で待っていたけど、怖くなってキキについていったところもすごく可愛いなと感じました。

今回の話ですごく話が進んだので次回が楽しみです。

ペンネーム:なる(20代・女性)

ありおま

『この恋あたためますか』第7話のあらすじネタバレ

浅羽から気持ちには応えられないと言われた樹木はとっさに冗談だったと嘘をつく。

浅羽が思いついた移動コンビニは北川の協力もあり順調に進んでいた。

そして浅羽は北川に樹木が選んだ温泉土産とスイーツ商品化祝いにアクセサリーをプレゼントし、北川は複雑な思いがありながら嬉しそうだった。

新谷は今のままではいけないと樹木をデートに誘い再び告白をする。

樹木は浅羽のことを忘れようとしていた時、コンビニで停電が起きる。

そして停電が続く地域への移動コンビニを思いついた樹木。

最初は断る浅羽だが、樹木の強い思いを感じて一緒に行くことになる。

移動コンビニは大人気で、在庫がなくなってしまったところに新谷と北川が商品を持ってかけつける。

自分の商品を直接販売して感動する北川。

新谷の優しい人柄を目の当たりにしてほほえむ樹木。

販売を終えた樹木に浅羽が冷えた手を温めようとするが、樹木はとっさにこの前もらったスノードームを返す。

そんな時電気が復旧し浅羽の元を離れる。

そして新谷に思いを伝えて告白の返事をする。

OKをもらい喜ぶと新谷は早速浅羽に報告し、浅羽は複雑な表情で二人を見送ったのだった。

『この恋あたためますか』第7話の感想

浅羽の気持ちが自分に向いているのかわからない北川がなんだか可哀想でした。

せっかくもらったプレゼントも樹木が選んだものと言われて表情が切なかったです。

樹木が停電した時に自分一人でも移動コンビニをやると言い出したところは、逞しくて樹木の人柄がわかるシーンでした。

行動力があるところが樹木の良いところでもあるので、結果的にも移動コンビニが成功して良かったです。

浅羽が樹木の手に触れるシーンは反則だと思いました。

忘れようとする樹木には残酷で見ていて胸が痛かったです。

新谷と付き合うことになったのは嬉しいけど、浅羽への思いが消えていないのに大丈夫かなと不安になりました。

ペンネーム:ありおま(20代・女性)

ちゃみ

『この恋あたためますか』第7話のあらすじネタバレ

樹木ちゃんの想いは、浅羽さんに届かずに片想いのまま関係が継続されていきます。

浅羽さんは樹木ちゃんに恋愛感情は無いはずなのに、プレゼントとしてスノードームを贈り、樹木ちゃんは、そのスノードームを見る度に浅羽さんとのいろいろな思い出が浮かんできて…切なかったです。

そんな樹木ちゃんの気持ちを知らずにいる浅羽さんは北川さんと仲良く、まるでカップルかのようないちゃつきぶり。

北川さんは浅羽さんの心の中にはもしかしたら樹木ちゃんがいるのではないかと内心不安な様子です。

樹木ちゃんと同僚の誠くんは、相変わらずまっすぐで素直で樹木ちゃん一途です。

そんな誠くんはクリスマス一緒に過ごしてくれないか?と樹木ちゃんに告白します。

『この恋あたためますか』第7話の感想

切ないシーンあり、胸キュンシーンありで、見ていていろんな感情が芽生え、時には涙しながら、視聴を楽しむことができました。

樹木ちゃんの想いは浅羽さんには届きませんでしたが、私は浅羽さんよりも誠くんの方が樹木ちゃんにはお似合いだと思います!笑

素直で一途に樹木ちゃんを想っていて、樹木ちゃんを想いながらスイーツ作りに専念する姿は可愛くて、男らしくてにやけました!

愛される方が幸せだと思います!

誠くんの告白を受け入れて付き合うことになった樹木ちゃんですが、心の片隅にはまだ浅羽さんがいるような気がして…今後どうなるのか気になるところです。

ペンネーム:ちゃみ(20代・女性)

mute

『この恋あたためますか』第7話のあらすじネタバレ

浅羽社長が神子の策略で会社を去る際に、樹木が咄嗟に告白をしていましたが、浅羽に聞こえていたようです。

それで、浅羽が樹木に君の気持ちには応えられなれない言います。

樹木は、冗談だよと言います。対照的に、浅羽は里保に2つのプレゼントをします。

1つはキーホルダー、2つめはネックレスです。

里保が喜んでしました。

研修旅行で、浅羽が考えた移動コンビニが実現化します。

またクリスマスケーキ企画が始まります。

新谷はケーキを作り、樹木に渡して、告白します。

またココエブリィを含めて、停電が起きます。

大規模停電して避難所にいる人たちの所に、樹木は一人で行くと言います。

結局浅羽と樹木は2人で避難所に向かいます。

また新谷と里保も駆けつけます。

浅羽は樹木に飲み物を渡しながら、樹木の手が冷たいので浅羽の手を添えます。

ですが、樹木は浅羽から研修旅行先で貰ったクリスマスドームを押し返します。

樹木は浅羽のことを忘れようと、新谷の告白を受け入れてしまいます。

最後は新谷が樹木と付き合うことになったと、浅羽に報告します。

『この恋あたためますか』第7話の感想

とても良い作品ですし、面白かったです。

ただ樹木にとっては良いところと、そうじゃない所が入り混じっていて複雑です。

最初の浅羽の樹木への君の気持ちには応えられないは、予想していなかった言葉が飛び出したので、観ているこちらがせつなくなりました。

ですが、まだ3話もありますので、ありえる展開です。

分かっていますが、観ているこちらも辛いです。

樹木は冗談だよと言い、後で浅羽のことは今度こそ忘れるように言っていて、樹木がかわいそうでした。

コンビニの移動販売車を見て、浅羽との会話を思い出していましたが、一瞬微笑んでいましたが、樹木にとって今回もせつないシーンと表情が多かったです。

対照的に、里保は浅羽にネックレスとキーホルダーの2点を貰っていて、浅羽と抱き合っていました。

最後には新谷の告白を樹木は受け入れてしまいます。

たぶん浅羽を忘れる為なんです。

ですが、樹木と新谷の関係は長く続かないと思っています。

早速来週の予告を見てきましたが、明るい兆しが見えました。

どうか思うように展開するように、来週も期待しています。

ペンネーム:mute(40代・女性)

カート

『この恋あたためますか』第7話のあらすじネタバレ

浅羽は少し前に井上から告白されたことを覚えていてその返事を返そうと思っていた。

やはり浅羽は井上に申し訳ないと言って気持ちには答えられないと返す。

それを聞いて井上は冗談だと言って立ち去ってしまうのだった。

その後、コンビニカーの業務を開始した浅羽は色々な反響をかみしめていた。

後日、軽井沢で停電がが起きたことでコンビニカーが活躍するチャンスが到来する。

浅羽と井上はすぐさま軽井沢の避難所に行って市民達に物資を提供するのだった。

それから井上は浅羽からもらったスノードームを返しラスト井上は新谷に会いこれから付き合おうということを話すのだった。

『この恋あたためますか』第7話の感想

今回の話はすごくテンポが良くて話の内容も面白かったと思い拝見していました。

軽井沢で停電が起きたと言う展開がすごくいいなと言う感じで面白かったです。

こういう非常自体なことが起きると色々と恋愛も展開していくというのがお決まりだと思ったのですごくワクワクした気持ちで見ることができました。

まさか井上が新谷と付き合うことを決意するとは思いもしませんでした。

なんとなくなんですが浅羽に振られたことでやけになって付き合うことを決めたと感じるのはすごく普通のことだと思うんですが違うんでしょうか。

これから2人が付き合う事で仲がどう変化するか気になります。

ペンネーム:カート(30代・男性)

サイイン

『この恋あたためますか』第7話のあらすじネタバレ

好きだと言った井上が浅羽から、伝えることが有ると言われ井上の気持ちには応えられない、ごめんというと、井上は、あれは冗談、二度と会えないかも知れないと思って言ってしまった、すいませんと井上がいう。

井上は浅羽に貰ったプレゼントを見て、落ち込んだが、浅羽を忘れると決める。

浅羽は宝石のペンダントを北川の首にかけて北川は喜ぶ。

ココエブリ上目黒店で移動コンビニが始まった。

スマホで呼べるコンビニを清水が浅羽の為に出資したと神子が聞く。

北川と浅羽が移動販売に出かけた。

一岡はクリスマスケーキのキャンペーンを考えると言い、新谷は北川とシュークリームを越える製品を出そうと決意し、新谷は自分で考えたスイーツを井上に最初に食べて欲しいともって来た。

うまいという井上の言葉に、良かったと新谷が喜ぶ。

いつか井上の特別になりたいと言ったが、待っていても来ないから、付き合って欲しい、クリスマスまでの期間を自分にくれ、クリスマスも一緒に過ごそうと言う。

井上に李は恋の切っ掛けになるかもと言われるが井上の心に浅羽が残っているようだ。

店に井上が休みなのに出てくると停電になる。

井上は移動コンビニを出すというと、浅羽も手伝いに来て2人で停電地区の非難場所で、住民が暖かい飲み物を喜んで飲んでくれた。

SNSにも様子がアップされ神子や一岡が見ていた。

喜々とコーヒーを提供する井上を微笑ましく浅羽が見ていた。

すると新谷と北川が商品の差し入れに来た。

浅羽は井上の手を握って冷たいと言ったが、井上は浅羽に貰ったプレゼントを持っているのは無理だと言って返した。

すると停電が終わり、新谷は井上によく頑張ったと言う。

井上は新谷が傍にいると楽しいと言い、宜しくお願いしますと言う。

新谷はハグしてめちゃ嬉しいと言う。

新谷は浅羽に井上と交際することになったと言う。

浅羽は自分の車で送ってやれと車のキーを渡し、浅羽は北川と帰った。

『この恋あたためますか』第7話の感想

好きだと言った井上が浅羽から、伝えることが有ると言われ、おそらく浅羽が井上が本当は好きだと言うのかと思ったら、井上の気持ちには応えられない、ごめんという答えには、がっかりです。

可哀そうな井上は、あれは冗談、二度と会えないかも知れないと思って言ってしまった、すいませんと言うのは、せめてもの井上のプライドだと思います。

すると、浅羽は、どう返事しようかと思った時間を返してくれと言ったのは、相変わらず女心が理解できない、デリカシーがないなと思いました。

そんな井上に新谷は自分で考えたスイーツを井上に最初に食べて欲しいともって来て、うまいという井上の言葉に、いつか井上の特別になりたい、付き合って欲しい、クリスマスまでの期間を自分にくれ、クリスマスも一緒に過ごそうと言う猛烈なアタックは良かったと思います。

無言でしたが、井上の心に響いたと思います。

一方、浅羽が井上が移動コンビニで頑張ると、浅羽が井上の手を握って冷たいと言い、井上に寄り添う仕草を見せますが、井上は浅羽の見かけの優しさに惑わされない様にと思って、井上は浅羽に貰ったプレゼントを持っているのは無理だと言ったのだと解釈します。

遂に浅羽との決別を決めたのだと思いました。

すると停電が終わり、新谷は井上によく頑張ったと言うと、遂に井上が新谷に、悔しかったり、落ち込んだ時、嬉しかった時、新谷が傍にいると楽しいと言い、宜しくお願いしますと新谷との交際を受け入れたのは、微笑ましかったです。

言葉が足りない浅羽と違って言葉で正面からぶつかってくる新谷に井上が、心なびくのも当然です。

新谷は浅羽に井上と交際することになったと言ったのは正解で、優柔不断な浅羽にとっても、すっきりしたと思います。

ペンネーム:サイイン(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年秋ドラマ『この恋あたためますか』第7話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
8話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA