この恋あたためますか|5話見逃し動画無料視聴はこちら【11/17配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『この恋あたためますか』第5話(2020年11月17日(火)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『この恋あたためますか』第5話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『この恋あたためますか』第5話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『この恋あたためますか』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『この恋あたためますか』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『この恋あたためますか』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年11月17日(火)放送終了後〜2020年11月24日(火)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『この恋あたためますか』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『この恋あたためますか』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『この恋あたためますか』の配信状況は以下のようになっています。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『この恋あたためますか』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2020年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2020年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年秋ドラマ『この恋あたためますか』第5話のあらすじは?

2020年11月17日(火)放送のドラマ『この恋あたためますか』第5話のあらすじを紹介します。

新谷(仲野太賀)からの突然のキスに戸惑う樹木(森七菜)は、里保(石橋静河)と一岡(市川実日子)に“友達の話”として相談を持ちかける。

だが、話の流れで里保が浅羽(中村倫也)と復縁を望んでいることを知り、複雑な気持ちになってしまう。

そんな中、ココエブリィ本社に経済誌とテレビから密着取材が申し込まれる。

社長の浅羽と一緒に取材を受けることになり、慌てふためく樹木は……。

一方、樹木への恋心を自覚した新谷は、スイーツのリサーチと称して樹木を遊園地に誘う。

そして同じ頃、里保も浅羽の携帯にメッセージを送り……。

ドラマ公式サイトより引用)

2020年秋ドラマ『この恋あたためますか』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『この恋あたためますか』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

もだんやき
最終的には樹木と社長がくっつくとわかっているけれど、社長と里保さんはいい感じだし、こまっちゃんともどうなるのかという展開は楽しみではあります。

こまっちゃん、来週のドラマ開始早々ビンタ食らう気がする。

次回は会社の経営のことでも展開がありそうで、山本耕史にももっと出てきてもらって暴れ回ってもらいたい。

ちょこっとだけ出てきて、気になっている佐野ひなこがどういう役回りで出演するのかも楽しみです。

森七菜も仲野太賀も他もいいんだけれど、中村倫也だけキャラクターの良さがもう少し出ればいいなと思っています。

来週も楽しみにしています。

ペンネーム:もだんやき(30代・女性)

mute
5話は樹木はいきなり新谷にキスをされて戸惑います。

ずっと新谷に対して、仲間意識だっただけに、好意を持たれているとは樹木は気が付いてかなったようです。

樹木は新谷のことを友達の話として、里保や一岡に相談するようです。

その話を3人でしている中で、里保が浅和に未練があり、復縁を望んでいることを樹木は知ります。

樹木は浅和のことが好きなので、複雑な思いを感じ始めます。

一方で、経済紙やテレビからココエブリィ本社が密着取材を申し込まれます。

樹木は浅和と一緒にその取材を受けることになり、慌てます。

その頃、新谷は樹木への恋心を自覚し始め、スイーツの調査といいながら、実は遊園地に誘うようです。

その頃、浅和の携帯には里保からのメッセージが送られてきます。

ペンネーム:mute(40代・女性)

ハヤシ
次回は新谷からキスされた事で井上は頭が混乱してしまうと思います。

今まで新谷が自分のことを好きなんてわからなかったわけですからどのようなリアクションを取るのかすごく興味があります。

もしかしたら井上は浅羽の事を考えて新谷と付き合う事を考える展開になるのかもしれませんね。

そうすれば浅羽の事を忘れることができるとか井上は考えそうです。

スイーツ作りでも井上と新谷はなんだかギクシャクした展開がこの先起こりそうですね。

井上はそういうところは敏感だと思うので色々と楽しみになりました。

今後の展開次第では浅羽が嫉妬するという感じもあるかもしれません。

ペンネーム:ハヤシ(30代・男性)

かものはあま
樹木はとりあえず浅羽と北川の関係を見守ると思います。

北川もまんざらではない様で、二人の別れ方がとても気になりますが行く末を見たいです。

しかし神子の言う通りなのか、浅羽には別の顔があるみたいで会社絡みのあの女性との話はプライベートにももつれこんでくるんじゃないかと思ってます。

それ絡みで北川ともうまくいきかけたけどダメになるんじゃないかなと思ってます。

そして会社も一時騒然となると思いますが、更なる新商品で巻き返すことによりその話はなくなるんじゃないかなと。

樹木がまだ浅羽にどうアプローチできるかはわかりませんがまずは浅羽側の動向が楽しみです。

彼の出張の時の言葉などは本音だとは思いますから会社絡みも何か別の意図があるんじゃないかと予想します。

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

ひかる
社長は北川里保(石橋静河)と復縁する予感です。

井上樹木(森七菜)はというと、キスをされ放心状態、新谷誠(仲野太賀)は今後猛アプローチをかけていくはずです。

会社での仕事では一波乱といわず大きな問題が起きると思いますが。

社長と北川の復縁で、何とか乗り切りそうです。

スウィーツに関しても、樹木は誠の存在が自分が楽しく仕事が出来ていることを自覚したので、仕事も上手くいくと思います。

しかも、誠も樹木がいるから仕事が楽しく思えると言っていたので、お互付き合うような予感。

いや、付き合えという感じです。

次週は、樹木と誠が楽しみです。

ペンネーム:ひかる(40代・男性)

かねろう
新谷から突然、キスをされた井上は戸惑うようです。

井上は北川と一岡に、新谷と自分の事とは言わないで、友達のこととして相談するようです。

すると北川が浅羽との関係修復を望んでいると知るようです。

井上が浅羽を諦めて新谷の想いに応えるのか、見物です。

一方、経済記者とテレビの取材がココエブリに来て浅羽と井上が一緒に取材を受けるようです。

一躍、社外でも有名人になった井上に北川は、焦りを感じて、一岡を味方につけて浅羽に自分が考えたスイーツの新製品を売り込み、反撃に転ずると予想します。

他方、浅羽の上司の澤木が実はココエブリにTOBを仕掛けたいと持ちかけ、EZAZONがココエブリの大株主になれば神子を社長にすると約束し、浅羽が創業者に取り入り株を銀行に売却するのを阻止したいと言うのだと思います。

いよいよ浅羽と対峙する神子が社内の役員をも巻き込んでの権力闘争に突入すると予想します。

ペンネーム:かねろう(60代・男性)

2020年秋ドラマ『この恋あたためますか』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『この恋あたためますか』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

チョコチップ

『この恋あたためますか』第5話のあらすじネタバレ

新谷にキスされた樹木は、里保と一岡に相談します。

会社に戻ると新谷に会い、彼は自分の気持ちを伝えようとします。

しかし、樹木が社員に呼ばれてしまうのです。

樹木は取材を受けるために呼ばれて浅羽と一緒に写真を撮ることに。

樹木の表情は硬く、緊張していました。

浅羽と樹木が取材を受けている頃、神子は株主と会っていたのです。

里保は浅羽とやり直すために週末デートに誘い、新谷も樹木をデートに誘います。

それぞれ週末にデートを楽しみ、浅羽と里保はやり直すことになりました。

会社の会議が開かれて、浅羽はココエブリィを売るために裏で動いていたことが明らかになり社長を解任されてしまいます。

『この恋あたためますか』第5話の感想

里保さんが「わがまま言っちゃう」と言っていたのでとてもかわいいなと思いました。

さばさばした印象でしたが、好きな人を前にすると表情が変わっていたので恋するのはいいなと思いました。

デートの時の浅羽さんはいつもと印象が違って素敵でした。

眼鏡もおしゃれですし、笑顔になっていたのでオフの時はこんな表情をするのだなと思い、新鮮でした。

樹木ちゃんと新谷君のデートは遊園地で楽しそうでした。

新谷君が絶叫系苦手だけど頑張って乗っているのは優しいなと思いました。

浅羽さんが甘いものが嫌いになった理由を言ったときに、樹木ちゃんが「私がそのケーキを全部食べる」と言った時、まっすぐで優しい人だと感じました。

樹木ちゃんはとてもいい子だなと思いました。

ペンネーム:チョコチップ(30代・女性)

syh1003

『この恋あたためますか』第5話のあらすじネタバレ

里保と一岡に友達のこととして新谷にキスされたことを話す樹木だった。

そこで樹木は里保が浅羽とよりを戻したがっていることを知りましま。

ココエヴリィに密着取材の話が舞い込み、浅羽とともに取材に応じることになった樹木しかし、自分の夢を聞かれ何も答えられなかった。

新谷に実家の洋菓子店からクリスマスのお手伝いの要請が来て里保が去年、一昨年と手伝ったようだがクリスマスを浅羽と過ごすつもりでいる里保は今年は行けないと断ります。

里保から樹木のキス事件を聞いた新谷はその相手は自分だと告白しました。

すると里保は応援に回ると言い出しました。

そして、スイーツ課は年末に向けて新たなプリンの開発を始めました。

一方、浅羽を裏切り者として考えている神子は浅羽がココエヴリィ創業者の清水から株を買い取る提案をしていることを知り清水と直接会いました。

有名スイーツを食べる目的で新谷と遊園地に出かけた樹木、スイーツを食べたあとふたりで遊園地を楽しみ、水族館で告白しました。

一方、里保は週末に浅羽を誘い浅草界隈でデートを楽しみました。

後日、会議で神子に浅羽は全てばらされてしまい社長の椅子を退くこととなりました。

『この恋あたためますか』第5話の感想

浅羽が樹木の言葉に動かされているのがよくわかる回でした。

ただ、そんな中でも里保とよりを本当に戻したのか疑問に感じます。

抱きしめた時の浅羽の表情は本気というより、過去の謝罪の感があるようにも受け取れました。

浅羽が樹木の言葉に考えを改めた途端の解任の流れが凄ショックな展開でもありました。

ラストシーンで浅羽を追いかけて行く樹木が、泣きながら行かないでと走って行った部分がなんとも切なかったです。

以前、浅羽に君が必要だと言ってここに来たのに、樹木にしたら大げさかもしれないですが、裏切られた感じになってしまったのかなぁっと思いました。

ペンネーム:syh1003(30代・女性)

mute

『この恋あたためますか』第5話のあらすじネタバレ

先週、新谷に突然キスをされた樹木は、そのことを里保と一岡に友達の話として、相談します。

その時に、里保が浅羽にと復縁を望み、未練があることを知ります。

新谷と樹木は気まずそうでしたが、新谷がキスのことを謝ります。

その後、りんごプリンを作りながら、ココエブリィの経済紙とテレビの取材を受けます。

浅羽社長は、樹木のことを褒めていました。そして、新谷は樹木を遊園地に誘い、里保は浅羽と出かけていきます。

新谷は、樹木に告白します。里保も浅羽とハグをしてました。

デートが終わった翌日、樹木は先に来てリンゴプリンの準備をしていましたが、新谷と里保やがやってきて、里保が付き合うことになったと言います。

それを聞いて、樹木は悲しそうな表情をしていました。

一方で神子が浅羽社長のことであることを掴み、浅羽を辞任に追い込みます。

浅羽は出て行く行きます。

それを知った樹木は追いかけ、食べると約束していたリンゴプリンを渡します。

その時に、新谷とは友達で、里保とは付き合うから、2人も会えるけど、私とはもう会えなくなるといいます。

浅羽は車に乗り込み車を出そうとします。

樹木は浅羽ことが好きなのと、気持ちを伝えます。

すると、一瞬にして浅羽の表情が変わりました。

ですが、車を出して浅羽はココエブリィを出て行きます。

『この恋あたためますか』第5話の感想

良い作品ですが、先週に引き続き少し複雑な気持ちになりました。

樹木は、浅羽社長のことを諦めきえないようでした。

浅羽と樹木は、あくまで社長と社員だと言い聞かせていました。

辛い展開です。

新谷に告白された樹木は、新谷も嫌いではなく、好きなのかもしれませんが、浅羽の方が本物だと思います。

最後のシーンが、あまりに突然で、せつなかったです。

浅羽には、樹木の話ぐらい聞いてあげてほしかったです。

浅羽は、本当は転売するのをやめたにも関わらず、神子が背信行為だと言い、そのことが裏切り行為だといい、一方的に攻めていました。

そして、浅羽を辞任に追い込みます。

樹木と浅羽はどうなるのか、来週も期待しています。

ペンネーム:mute(40代・女性)

maru

『この恋あたためますか』第5話のあらすじネタバレ

マコトにキスされたキキですが、浅羽への想いはまだあるので複雑な様子。

そんなところへ浅羽と共に雑誌の取材を受けることになったキキ。

里保と浅羽の関係を知ってしまいどうしても距離を置こうとしてしまいました。

ただ取材でキキの人柄について聞かれ褒めている内容だったため嬉しくなってしまいます。

とりあえずキキは仕事でいいスイーツを作ってみんなを、浅羽を喜ばせようと頑張ることに。

彼女がいると思って誤解していたマコトとも仲直り。

スイーツの調査で遊園地に行こうと提案され一緒に出掛けることに。

一方、里保も浅羽とデート。

昔のことを振り返りお互いの溝を埋めたようでした。

二組ともいい雰囲気でしたが、コンビニチェーンの幹部、神子に動きが。

浅羽の元同僚や株主を呼び出していました。

なんと浅羽の買収計画に気づき裏を利用することにしたのです。

結局、役員会議で背任行為を理由に社長を解任されてしまう浅羽。

社内は解任の件で騒然とする中、キキは浅羽を追いますがプリンは食べてもらえませんでした。

終幕。

『この恋あたためますか』第5話の感想

神子や元同僚がやりとりしていて浅羽を社長から解任させたけど、浅羽にばかり気を取られ過ぎ~と思っちゃいました。

もっと本質のコンビニチェーンの経営に力を入れるべきだと感じます。

浅羽なきあとの人事が気になるところです。

キキたちが作ったりんごのプリンは完成したのに浅羽に食べてもらえなくて気の毒でした。

浅羽と里保はいい雰囲気だったので復縁しそうだったけど、解任のことでまたすれ違うことがないといいなぁと思いました。

マコトはキキが浅羽のことを想っていることを知りながらもストレートに告白していたので好感が持てました。

ペンネーム:maru(40代・女性)

かものはあま

『この恋あたためますか』第5話のあらすじネタバレ

浅羽と里保の関係を認めざるを得なくなった樹木はモヤモヤした日々を送ります。

しかし、そんななかで突然誠にキスをされ戸惑っているところ。

しかしまんざらでもなく、気持ちを切り替える樹木は新商品作りに注力。

そして後日浅羽たちと樹木たちはそれぞれデートにする事になりますが樹木は気持ちが晴れません。

そして会社の方では神子が不穏な動きをしており、浅羽がココエブリィを売る計画をしており背信行為をしていると会議で糾弾。

社長の任を降ろされてしまった浅羽は失意の中会社を後にします。

しかしちょうど樹木の新商品は完成しその事実を知りますが、彼を追いかけます。

しかし車に乗り込んでしまい去っていく浅羽。樹木は悔しがり佇みます。

『この恋あたためますか』第5話の感想

樹木の純情ははかなくも散ってしまったという印象です。

浅羽の本当の想いは、ココエブリィを売りたいわけではなく会社を守りたい気持ちからこういう動きをしていたと。

そこは安心しました。

そして樹木の更なる新商品もできて、また大ヒットすれば業績も上向くんではないかなと。

しかし時すでに遅しで彼は神子により解任に追い込まれてしまいました。

神子の気持ちもわかるので、会社を愛してるからこそ突っ走ったと。

二人がもっと早くに話し合えばよかったのでしょうが手遅れです。

普通の企業なら無理だとは思いますが果たして浅羽はもう戻って来れないんでしょうか。

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

ありた

『この恋あたためますか』第5話のあらすじネタバレ

新谷からの突然のキスに戸惑う樹木。

それに加えて里保が浅羽との復縁を望んでいることを聞いて余計に気が気じゃない樹木でした。

そんななか新谷からデートに誘われた樹木は商品の研究も込めて一緒に行くことになります。

そして新谷から今すぐでなくても良いからいずれ付き合えるようになりたいと告げられ、ありがとうと返す樹木でした。

一方、里保と浅羽も互いの大事さに気付き復縁することになります。

そんななか神子が浅羽の背信行為を理由に解任要求をしたことで役員会議を経て浅羽は解任されてしまうのでした。

それを知った樹木は浅羽を追いかけていきます。

そして車に乗り込む浅羽に好きなのと樹木は伝えます。

少し動揺した浅羽ではありましたが無視して車を動かせ去って行くのでした。

『この恋あたためますか』第5話の感想

樹木が浅羽に「好きなの」と言った場面は痺れました。

何に痺れたかと言うと森七菜の演技です。

浅羽を追いかけて行き捕まえた後も騒がしい雰囲気で浅羽に話しかけていたのに「好きなの」という場面だけはトーンを変えていたのが印象的でした。

4文字の言葉を凄く心がこもった感じで言う森七菜は凄いなと改めて感じました。

正直、ここまで上手い演技が出来るのには驚かされました。

そして今回、新谷の評価がかなり上がったんです。

新谷の水族館での樹木への告白というのは言い方が悪いですが身の丈に合っていて気にいりました。

消極的ではありましたが個人的には評価しました。

ペンネーム:ありた(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年秋ドラマ『この恋あたためますか』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA