キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木|4話ネタバレと感想。神崎(山田涼介)の学ラン姿が素敵!父は殺人者なのか!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年10月2日(金)「キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木」の4話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
キャリア官僚の娘が誘拐、それとも、家出。

親子喧嘩があったようだが、何があったのでしょうか。

ラマちゃん
黒木は、キャリア官僚の母親、神崎は、娘の方を調べる。

神崎は、彩乃と高校生になって、娘の学校に潜入。神崎の高校生姿、ばれないのかな。

女子高生が行方不明になり、キャリア官僚の母親は誘拐だと訴える。娘とささいなことで口論した母親が、山中に置き去りにしたことが判明。母親の証言が気になった黒木は、周辺を調べ.....。

スポンサーリンク

ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』4話あらすじネタバレと感想

末長係長は、22年前に何があったのか調べるため、今は警察学校に勤務する当時の担当刑事・植田に話を聞く。犯人の暴力団・井原は、神崎の父・賢造のS・情報屋であったことが分かる。

女子高生・望美が行方不明になる事件が発生。キャリア官僚でシングルマザーの母親・美咲が些細なことで口論となり山中に置き去りにしたことから始まった。

すぐに戻ったが、娘の姿はなくスマホが落ちていた。電車で帰ったと思ったが、戻らなかったため届けた。母親は戻った時に、毛布で包まれたものを運ぶトラックを見ており、誘拐だと主張。

望美は不登校になり、学校に強引につれていったが、嫌がられたため、適当に車を走らせていたら山中にいた。厳しく躾けていたのにと美咲は言う。

トラックの記憶は曖昧で、黒木は、美咲の証言を疑うが、美咲は、誘拐だと主張を崩さない。

黒木は、母親が娘を殺すケースもあるから調べるべきだと言い、木村たちは、美咲の周辺を調べ、黒木と神崎は現場に向かう。

人気のない山中で、スマホが落ちていた場所から、突き落とされたらだれにも見つからないと思われた。母親の美咲は、虐待の経歴があり、最近でも娘が泣く声を近所の人が聞いていた。

美咲は警察が動かないとビラを配り始め、それがSNSでニュースになる。

神崎は、ビラを配る美咲に声をかけ、人気のない山中になぜ娘を放置したと聞く、美咲は、一人で娘を育ててきたため、厳しく躾けてきたと言う。

神崎は、美咲は本当に娘のことを思っているのではと言い出す。

家に帰った黒木と神崎を、遅いと彩乃が待っていた。彩乃は、望美の裏アカを特定し、不登校が始まってから自殺をほのめかす書き込みが多くなっていることが分かる。

そして、行方不明の当日、望美は、奥多摩に行くと書き込みをしており、母・美咲が、適当にいったら山中だったという証言に疑念が出てくる。

彩乃は、いじめかもしれないと言い、学校に言っても隠されるだけだと言う。黒木は、青春プレイバック作戦だと言い出し、神崎は嫌な予感がしてくる。

制服姿にさせられた神崎は無理があったが、彩乃はぱっちりだった。望美の学校の周辺でカフェに入り、望美と同じ1年生を探し当てる。

彩乃は、スイーツを振る舞い、学生たちの警戒心を緩め、いじめがあったことを引き出す。女生徒たちは、望美はいじめていた方だと言い出す。

いじめで自殺した女生徒の親が、学校に乗り込んできて、クラスにアンケートをとらせたら、全員が望美の名前を書いたことが分かる。

それ以来、望美は不登校になったのであった。彩乃は、1人の女生徒の言動が気になっていたが、そこで別れる。

彩乃は、いじめはなぜなくならないのかと言い、望美を心配する。神崎は、望美は生きているはずだと励ます。黒木は、木村に電話をしてあることを確認してもらう。

池袋署に戻った神崎は、末長係長に状況を説明していると、木村たちが帰ってきて、望美が放置された山中の先には、自殺した前田裕子の墓があることが分かる。

黒木は、望美の母・美咲に会った時、ほのかな線香の香りがしたと言い、親子は、裕子のお墓参りに行ったあとではなかったのかと言い出す。

その日、納骨式があり、美咲は、家族に頭を下げ、娘・望美にも謝るように言うが、望美は、何にも分かっていないと言い飛び出して行ったと聞き込みの結果分かった。

その夜、神崎は、望美の裏アカを見ながら、美咲は叩かれても謝ろうと書き込みをしていたり、お母さんありがとうと書いたオムライスの画像を載せたりして、親子には絆があったと言う。

それを聞いた黒木は、俺には親子の愛情は分からないと寝てしまう。

翌朝、彩乃が、望美の同級生をつれてやってくる。その同級生の話を聞く。

池袋署で、木村が、望美の裏アカにしつこくアクセスしている男のアカウントを見つけたと言い出す。望美の希望で吊り場所が見つかったと書いてあり、母・美咲が見たトラックも写っていた。

美咲を呼び出し、望美が自殺しようとしており、男に殺されるかもしれないと伝える。いじめて自殺した子の納骨式に行ったことは分かっていると言い、あの日に何があったと迫る。

美咲は、望美を守るために、謝れば公にしない約束し自殺した家族に会いに行ったが、望美は、謝ることを拒み、やってないと言い出し、口論になって山中に置き去りにしたと語る。

美咲が、あんな状態で、娘から目を離すべきでなかったと言い出すと、神崎は、もっと前から、あなたは間違っていたかもしれないと伝える。

同級生によると、望美は、いじめをしておらずむしろ庇っていて、いじめグループの恨みを買いアンケートで、クラス全員が、いじめグループが怖くて指示に従い望美の名前を書いたと分かる。

神崎は、美咲だけには信じて欲しかったのかもしれないと言うと、美咲は、そのことに気づく。

神崎は、望美の自殺を止めるためある危険なかけを黒木に伝える。無謀だという黒木に、これ以外に親子を救う方法があるかと言い、たまには、弟の言うことを聞いて欲しいと頼む。

神崎は、退職願いを末長係長に出しながら、上手く行かなかったら責任をとりますというと、末長は、責任をとれるのかと言い、他に手はないのかと聞く。

黒木は、無謀なかけだがこれに乗りたいと賛同し、迷っていると取り返しのつかないことになると迫る。末長係長は、覚悟を決め、神崎の危険なかけに望みをかける。

神崎と黒木は、娘の情報を得るためビラを配る美咲を、池袋署に連行して行く。報道陣は、キャリア官僚が娘を突き落し、悲劇の母を演じているのかと騒ぎ始める。

神崎は、美咲を一時拘束することで、美咲が娘を殺したと噂が報道されれば、母親を心配した望美が連絡をとってくるのを信じて賭けに出たのであった。

望美は、報道を見て、母が心配になり、捕まっている男の目を盗み、そとの公衆電話から警察に、母は殺してないと訴える電話をする。

その公衆電話の場所が特定され、現場に向かう神崎と黒木。その場所には二人いなかった。男のPCに、廃ビルが書かれており、そこで自殺すると気づく。

廃ビルにつくと、丁度、望美が自殺をしようとし、男がその様子を撮影しようとしていた。黒木は、男を逮捕し、神崎は、ビルの窓から飛び降りようとする望美を引き留める。

神崎は、いじめてないことをお母さんに伝えたと言うが、望美は、お母さんだけは信じて欲しかったと言い出す。

黒木は、「甘ったれたことを言うな。いじめてないと言うことを考えなかったのか、気づいてもらえると考えるのが間違っていると」叫ぶ。

娘が、他の子を自殺に追いやったと聞けば動揺するはずだ、子供を守るために、必死で考えて頭を下げたのではないかと訴える。毒親だと思っていたが、命がけで守ろうとしていると伝える。

神崎は、望美さんも、毒親だと思っていないから電話をかけてくれたのでしょうと語り始める。

神崎は、マスコミの前であたかも母・美咲を連行したように見せかければ、望美が反応するかもしれないと言い。官僚としてのすべてを失うかもしれないが、協力をお願いしたことを話す。

美咲は、私は母親です、もう一度、望美に会えるなら何でもしますと言ったことを伝える。

神崎は、ゆっくり近づいて行きながら「君のお母さんは、世界で君のことを思っている。会いに行こう」と言い手を出して、望美は、泣きながら、その手をとり、飛び降りるのを辞める。

黒木も頷き、涙を浮かべる。母・美咲も到着し、望美を見ると、うれし涙を流しながら抱き合い、生きていたことを喜ぶ。

その二人を見ながら、神崎は、黒木に、お母さんていいと言う。

末長は、神崎の退職願を破り捨て、うまく行ったことを喜ぶ、木村も諸星も同様に喜ぶ。

22年前の事件の担当だった植田から末長に電話が入り、明日、いっしょに飲んで、知っていることをすべてを話すと言う。

神崎は、制服姿になり、街頭で、交通安全のすすめの演説をする。黒木も彩乃をつれて冷やかしにくる。神崎の姿を、女性が見つめていた。

末長は、居酒屋で、植田を待っていたが来なかった。遅いと思い連絡するが出なかった。

末長が鳴らすスマホの近くで、植田が刺され血を流して倒れていた。そこに手から血を流す賢造が立ち尽くしていた。

ここまでがネタバレですが、第4話は、山中に置き去りにした娘が誘拐されたと母。娘がいじめた子が自殺したと噂になり、遺族に謝らず帰ってきた帰り道.....。

彩乃がどんどん捜査に絡んでくるね。行方不明の望美の裏アカを探すとか、本当に探偵みたいで、二人を支えてますね。

神崎と彩乃の制服姿が似合ってたね。行方不明になった望美がいじめていたことを聞くと、刑事らしく手帳を出してしまうし、彩乃がとっさに全国メモ大会の会長と言い訳するのが面白かった。

ドラまる
黒木の線香の匂いがしたから、葬儀に行っていたのではという刑事のするどい感覚がまた見られましたね。

これにより、なぜ、親子が、あの山中を通ったのかが分かりましたね。

ラマちゃん
まじめな神崎が、退職届まで出して、自殺しようとする娘を救い出そうと、母親を逮捕すると見せかけるとは。

結果オーライだったけど危険なカケでしたね。黒木も兄として応援したね。

スポンサーリンク

ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』4話ネット上の反応

ドラまる
神崎役の山田涼介さんの学ラン姿が話題ですよ。

ラマちゃん
優しい神崎に、救われたと絶賛ですね。

スポンサーリンク

ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『MIU404』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木|4話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』5話のあらすじ

2020年10月9日(金)放送の第5話のあらすじをご紹介します。

神崎隆一(山田涼介)が、黒木賢司(田中圭)と父・神崎賢造(椎名桔平)の仲を取り持とうと模索するいっぽう、賢造は黒木に一通の手紙を託す。

そんな折、末長光一(八嶋智人)が待ち合わせをしていた警察学校の教官・植田太一(中村育二)が銃殺死体となって発見される。

池袋署の捜査員たちが事件解明に急ぐなか、第2の銃殺死体が見つかる。

被害者2人の電話の発着信履歴から、神崎と黒木の父・賢造が容疑者に浮上し、神崎は捜査から外されてしまう。

さらに、2つの殺人事件と22年前に起きた「ファミレス立てこもり事件」が関連していることが分かり、黒木は単身で捜査に乗り出す――。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』4話のあらすじネタバレ、感想、5話のあらすじを紹介しました。

行方不明になった女生徒。いじめていた子が自殺し、母と謝罪に行くが拒否。自殺の書き込みに、母親を拘束を報じることで、心配した娘が連絡し場所を特定。神崎が自殺を止め、母と娘は和解。

ドラまる
神崎は、黒木と父・賢造の仲を取り持とうとする。黒木には、賢造から一通の手紙がくる。

手紙の内容はなんでしょうか。22年前の事件と関係があるのかな。

ラマちゃん
末長係長が22年前の事件を聞こうとしていた元担当の植田が銃で殺され、さらに、もう一人銃殺される。

会話から、神崎の父・賢造が容疑者として浮上するようです。本当に殺人を犯したのかな。

神崎が、自殺しそうな女生徒を助けたい一心で、退職届まで出して、マスコミを騙すカケに出ましたね。黒木も協力し、ますます、バディが良くなりましたね。

末長係長が、22年前の神崎の父・賢造の事件を調べようと、当時の担当刑事に会う約束するが、殺されてしまいましたね。近くに、賢造が立つ展開。どうなってしまうのでしょうか。

次話、賢造が連続殺人の容疑者として浮上。神崎は、肉親のため捜査から外される。今回の殺人と22年前の事件が繋がっているようです。黒木は単独で捜査するようですが。真相は。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA