キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木|1話ネタバレと感想。神崎(山田涼介)と黒木(田中圭)、性格も違う刑事が異母兄弟!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年9月11日(金)「キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木」の1話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
正義感の強い新米刑事の神崎と破天荒な刑事の黒木のバディ池袋を守る。

正反対の二人には、異母兄弟という秘密があるようですね。MIU404に続く刑事もの期待ですね。

ラマちゃん
新米刑事神崎に、コミカルな役が話題の山田涼介さん、破天荒な刑事黒木に、ヒールな役から熱い役までこなせる、今、引く手あまたの田中圭さん。

二人がどんなバディを組むのかも楽しみですね。

池袋署刑事課に配属されたキャリア新米刑事・神崎。相棒となる黒木が無断欠勤しており、探すように命じられる。黒木は前夜ガールズバーに行き、女性店員と出た後の足取りがつかめず.....。

スポンサーリンク

ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』1話あらすじネタバレと感想

池袋署刑事課の黒木は、監禁されていた。

キャリア新米刑事・神崎は、父・堅造に、初出勤の連絡をし、応援していると言われ、配属先に向かう。

途中、歩道橋の前で立ちすくむおばあさんをみて、正義感の溢れる神崎は、おぶって歩道橋を渡るのを助ける。次々くる老人を断りきれず、すべておぶってから出勤する。

汗だくになった神崎をみて、係長の末長は、女刑事の木村に、水を渡すように言う。

一息ついた神崎は、あこがれだった刑事になれてがんばりますと自己紹介する。末永は、検挙率一番の黒木と組むように言う。

黒木は、出勤しておらず、昨日は、ガールズバーに行き、麻衣と店を出た後、足取りがつかめなかった。末永は、黒木を探すように命じる。

麻衣の自宅にはいなかった。実家にかけ、警察と名乗ると、母親は慌てた様子だった。前の道路に車の跡と血痕があり、黒木の警察手帳を見つける。誘拐されたのではと末長に連絡する。

黒木と麻衣は監禁されており、犯人の隙をついて、麻衣は拘束をほどき、黒木は、末長に、監禁されていると連絡し、GPSを送る。近くにいる神崎に、現場に向かうように命じる。

監禁場所では、火災が発生し、黒木は、パイプに縛られ身動きがとれなかった。

到着した神崎は、麻衣に、身元称号をしようと正式な手順を踏み始める。

黒木は、火災が発生していることを伝え、消防を呼ぶという神崎にそんな暇はないと、正式な手順を踏む神崎にイライラしてくる。

黒木は、重曹をみつけ一か八か、薬品とまぜて、火災に投げ込む、爆風とともに消火することができる。

神崎は、無茶苦茶な黒木と言い争っている隙に、麻衣は再び、犯人に車で連れ去られる。

池袋署に帰った二人は、麻衣が再び誘拐されたことを末永に怒られる。

黒木は、麻衣からストーカーにあっているみたいだと言われ家までおくり、そこで、複数の犯人に襲われ、麻衣といっしょに誘拐されたのであった。

麻衣の父親は、中堅どころの建設会社・萱島の社長で、身代金目的ではと予想する。黒木は、麻衣の実家に行くと言い、末長は、神崎について行くように命じる。

黒木は、融通のきかないやつと組めないといい、神崎も、正式通りにやらない黒木について行けないと言うが、末長に宥められ、渋々、麻衣の実家に向かう。

宅配業を装い、麻衣の実家に入り、麻衣が誘拐されたのではと母親に尋ねる。母親は、犯人から電話があり、5000万を要求され、父親が、警察に言わない約束で応じたと言う。

その時に、神崎から電話があり慌てたが、麻衣本人に電話したら無事であることを確認したと言い、麻衣本人が帰ってきた。誘拐された麻衣とは別人であった。

麻衣は、半年前に鞄をなくし、有名大の学生書を落とした。誘拐された麻衣は、それを使い、お嬢様だと偽り、マンションを借りたり、ガールズバーで働いていたのであった。

麻衣に成りすました女が、誘拐されてしまったのであった。犯人から電話があり、母親が、明日まで待ってほしいというが、今日、社長が、池袋西口に持ってくるように言われる。

神崎と黒木は、萱島の社長に協力してほしいと頼むが、他人の女のために動けないと言われる。すぐに、引き下がる黒木を疑問に思う神崎。

神崎は、時間がないから別の方法で行くと、缶コーヒーを多量に買い、外国人従業員に振舞う。その様子を、萱島の社長が見張っていた。

ガールズバーを木村、諸星は調べていた。末長は、半グレのリーダーが、前夜、店を見張っていたことが分かる。食中毒を起こしてお金に困っていたことも分かる。

麻衣と名乗っていた女の身元も分かる。氏原彩乃17歳であった。17歳と聞き慌てる黒木。末長には、手を出していないだろうなと疑われる。

彩乃の実家に行き、父親は借金取りだと思ったと言い暮らしぶりは良くなかった。黒木は、早々に立ち去ろうとするが、神崎は、なぜ、綾乃が家出したかと聞く。

彩乃の父親は、建設現場で仕事をしていて、そこで怪我をしたが、労災が認められず、働けなくなり貧乏になった。それが嫌になって彩乃は家出したのだろうと語る。

黒木は、話しを聞きながら、綾乃と作業服姿の父親がいっしょに写る写真から何かを気づき、その写真をスマホで隠れて撮っていた。

話しを聞いて満足した神崎といっしょに、家を出る。黒木は、神崎に写真を見せて、事件の裏に隠されていた秘密に気づく。

黒木は、萱島社長に、外国人労働者から聞いたと長時間労働を疑う話をして、捜査への協力を得る。神崎は、でたらめなやり方に、批判するが、綾乃がそれで救えるかと逆に言われる。

萱島社長は、捜査に協力し、池袋の西口で犯人からの連絡を受ける。犯人は、周りに警察がいることがバレていた。

犯人は喫茶店に入るように携帯で伝え、警察に言えば、娘の命も家族の命もないと脅され、テーブルの下にある手紙を読むようにと言う。

萱島社長は指示通り、喫茶店の外にあるトイレに行く、諸星が、トイレの前で見張り、黒木は裏口に回る。指令車にいる末長と木村に大きな音が入ってくる。

諸星がトイレに踏み込むと、萱島社長は、トイレの窓から飛び降りて行く。必死に追う黒木だったが、途中で見失う。GPSは、まだ、池袋サンシャインに留まっていた。

音声から、子供の声で、ペンギンが空を飛んでいると聞こえてくる。黒木と神崎は、サンシャイン水族館だと気づき急ぐが、萱島社長は見つからない。

水槽の上に、犯人は、萱島社長を呼び出し、綾乃を返して欲しければ、バックのお金を置いて行くように言い、携帯も水槽に捨てるように言う。音声が途切れる。

黒木と神崎が警察だと言い追いつき、焦った犯人は、彩乃を水槽に落とす。ボンベの引っかかった彩乃は浮かび上がってこれない。黒木がすぐに飛び込み助けようとする。

カナヅチの神崎は、無謀にも飛び込み無我夢中で助けようとする。黒木とがっちり手を結び、綾乃を二人で助ける。全員、水槽から這い上がる。

犯人たちは、追いついた諸星たちに取り押さえられる。

萱島社長と彩乃を待たせておきながら、神崎は、萱島社長への恨みで事件を起こしたのでは、どこから計画だったと言う。彩乃と写った父親の写真にの作業服には萱島建設と書かれていた。

彩乃は上京してきて、喫茶店で途方にくれていた時、偶然、麻衣を見つける。麻衣が、萱島の娘だと、父親を迎えに行った時に知っていた。

彩乃は、父の恨みと、麻衣のカバンを衝動的に盗み、お金だけと思ったが、学生証を盗み、麻衣に成りすましてガールズバーで働いていた。

犯人たちが、他の令嬢の誘拐を企てているのを偶然聞き、もっと確実な方法があると、自作自演の誘拐を持ちかけたのであった。彩乃を麻衣と勘違いした犯人たちはその話に乗る。

黒木が警察官だとは知らず、誘拐の証人として使い、計画がだめになったと思ったが、萱島が娘だとまだ思っていることを知り、身代金受け渡しを計画したと語る。

神崎は、彩乃に向って、お父さんのことが嫌いになったわけではなく、ガールズバーで働いたのも、狂言誘拐を計画したのも、お父さんの足の手術代ではと優しく言う。

その証拠に、お父さんからもらった腕時計を大切にしていると言う。最初、監禁現場で会った時に、腕に、男物の腕時計があり気づき、彩乃の実家にあった写真を見てそう思ったと語る。

彩乃は、受験の時に、お父さんからお守りにともらい、それ以来つけていた。怪我をしたお父さんが、必死に謝るのをみて辛くなって、家出したと言い、罪を償い、お父さんと話すと言う。

彩乃は、逮捕される。

黒木は、堅物だと思った神崎を、人に優しく、刑事としても観察眼もあると見直し、背中を叩き去って行く。

神崎は、木村からもお疲れ様と背を叩かれる。見ると、彩乃の父親がパトカーに乗っており、出てきて頭を下げる。

黒木は、木村に頼み、綾乃の父親をつれてきて、彩乃がお父さんへの思いを語る言葉を聞かせていたのだった。それを聞いた神崎は、黒木は破天荒だけの刑事ではないと思う。

黒木は、神崎を誘いラーメンを食べていた。神崎は、父親が言っていたとおり、犯人にも理由があると語り、そば屋になる前は、池袋署の交番勤務だったと言う。

神崎の時計を見て、父親の名前を聞く。神崎は、「神崎賢造」という。

黒木の脳裏に、ファミレスで、幼い弟と手を握り、その時発砲事件が起きたことを思い出す。神崎は、撃たれて5歳前の記憶がないと言う。

黒木は、賢造のそば屋を訪ねる。神崎が弟であることを確認する。賢造に「決して許さない」と言う。

神崎の家に、引っ越し車がやってくる。黒木がきて、慌てる神崎に、昔ここに住んでいたと言い、「俺とお前は異母兄弟だ」と写真を見せて上り込んでくる。驚く、神崎。

ここまでがネタバレですが、第1話は、新米刑事の神崎は、初日、相棒の黒木を探すように命じられる。黒木は、女学生と監禁されており、助けに行くが.....。

黒木は、監禁中に火災が起こり、時間がないというのに、神崎が、正式な手順を踏もうとするのにイライラしまし、神崎も、一か八かの黒木を毛嫌いします。真っ向から対立でしたね。

誘拐されたと思った麻衣が、実は誘拐されておらず。ガールズバーで働いていて、誘拐された麻衣は別人だったという展開。どうなってしまうのかとドキドキみてました。

ドラまる
誘拐された彩乃の家に行き、黒木も、父親の作業服に写った文字が、萱島建設だったことに気づき、父親のケガと誘拐が繋がりましたね。

これも、神崎がしっかり聴取したおかげですね。

ラマちゃん
彩乃が、犯人に水槽に落とされ、黒木がすぐに飛び込む、泳げない神崎も飛び込んで、二人が手を組んだ瞬間が、お互いが認めた瞬間でしたね。

最後は、異母兄弟と分かる展開が面白かった。

スポンサーリンク

ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』1話ネット上の反応

ドラまる
神崎かわいいと評判ですね。

ラマちゃん
黒木も最高。カッコいいと評価高いですね。

スポンサーリンク

ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『MIU404』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木|1話見逃し動画無料視聴はこちら【9/11配信】

ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』2話のあらすじ

2020年9月18日(金)放送の第2話のあらすじをご紹介します。

突然自宅に押しかけられ、「俺たちは、腹違いの兄弟だ」と黒木賢司(田中圭)から衝撃の事実を聞かされた神崎隆一(山田涼介)。

半ば強引な形で始まった共同生活に、神崎のストレスは溜まる一方だった。

そんななか、池袋署管内の美容室オーナー宅で強盗殺人事件が発生。

防犯カメラの映像から、美容室従業員でカリスマ美容師として度々マスコミに取り上げられている芳村敏生(神尾楓珠)が重要参考人として浮上。

犯行を頑なに否認していた芳村だったが、突如として犯行を自白。

そんな芳村の態度に違和感を感じた神崎は黒木と共に捜査を開始する…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』1話のあらすじネタバレ、感想、2話のあらすじを紹介しました。

新米刑事・神崎は配属初日、相棒・黒木が女学生と誘拐される。社長令嬢とは別人だったが、黒木が、社長を脅し協力をさせ犯人を捕まえる。女学生は、社長に恨みがあり狂言誘拐を企てた。

ドラまる
突然、異母兄弟と言われ、家に住むようになる黒木に、神崎のイライラは収まらない。

性格の違う二人の共同生活がどんなふうになるのか楽しみですね。

ラマちゃん
美容室のオーナー宅で強盗事件が発生。カリスマ美容師が一転犯行を認める。

それに違和感も持った黒木と神崎が捜査に乗り出すようです。ひと騒動ありそうですね。

ルール通りにしたい神崎。状況に応じ破天荒な行動をする黒木。でも、二人とも、人を助けたいという気持ちに溢れてましたね。異母兄弟の父親譲りなのかな。

神崎が、彩乃の時計が父親のものだと気づき諭す姿に、黒木が相棒として認め。黒木が、娘の言葉を、父親に聞かせ、親子の誤解を解いたのが分かり、神崎も相棒として認めました。

次話、異母兄弟だと打ち明けて、いっしょに住むことになる二人。性格は違うが、根っこがいっしょの二人が、美容室のオーナー宅の強盗事件をスカッと解決してくれるのか期待ですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA