危険なビーナス|5話ネタバレと感想。伯朗、父・康治殺害を阻止!驚きの真実、佐代と勇磨が親子!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年11月08日(日)「危険なビーナス」の5話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
康治が殺されるという差出人不明の手紙が届く。

この手紙はだれが出したのだろう、伯朗と楓はどうやって阻止するのでしょうか。

ラマちゃん
波恵が、開かずの間の遺産確認をすると言い、伯朗も招待される。

牧雄も見たがっていた開かずの間にあるお宝は何なのでしょうか。

今夜、康治が殺されると差出人不明の手紙が伯朗に届く、楓も元美も本物だと推理。波恵は、開かずの間の遺品の確認をする言い、伯朗に連絡。祥子は、君津と杏梨を使い康治の殺害を企て.....。

スポンサーリンク

ドラマ『危険なビーナス』5話あらすじネタバレと感想

波恵が、開かず間の遺品の確認を今夜7時にすると言い出す。他の親族の許可もとったと言う。康治を殺そうと企んでいた祥子は丁度いいと、執事の君津と看護師の杏梨に言う。

伯朗に、今夜、康治が殺されると書かれた差出人不明の手紙が届く。

昼近くになり、楓がランチに行こうと誘ってきて、元美もいっしょに行く。楓は、開かずの間を今夜開けるから、伯朗の母の遺品もあるので来てほしいと伝えてと波恵に頼まれたと言う。

波恵が、伯朗を頼っているのではと言うと、伯朗は、小姑みたいに母を最もいじめていたのが波恵だと言い楓の言葉を否定する。

差出人不明の手紙を楓と元美に見せる伯朗。いたずらだと言うと、二人は、この文面は、だれかが、計画を知って伯朗に助けを求めているのではと言う。

伯朗と楓が、康治の様子を見に行き生きていることを確認し安心する。楓は、ベットの下に隠れて、犯人が犯行に及ぶところを捕まえると言い出す。

伯朗が危険なことはさせられないというと、楓が代わってくれると聞く。伯朗は、康治のために、命をかけることまでできないと言う。

楓は、なぜ、康治のことを父親と呼べないのかと尋ねる。

伯朗は語り始め、最初は、おとうさんと呼べると思っていたが、ある日、康治の研究所を訪ねた時に、ビデオをつけたら猫を使った動物実験の様子が写っていたと言う。


猫の声が聞こえ、行ってはいけないと思いつつも、実験場に入っていくと、猫の頭蓋骨が開けられ、何か、脳を操作しているような実験をしていて叫ぶと、母と康治がきたと話す。

それ以来、康治をお父さんと呼ぶことができず、明人が生まれてからは、康治も、伯朗を遠ざけたと語る。

それを聞いた楓は、伯朗に辛い経験だったねと、忘れるまで一生癒してあげると抱きしめる妄想を伯朗はする。楓は、伯朗少年が目の前にいたら抱きしめてあげたのにと言うだけだった。

楓は納得し、ベットの下に隠れるのはやめて、監視できるカメラを家電量販店で買ってくると言い、それまで、康治を見ていて欲しいと伯朗に頼む。

親族が集まり、波恵に、楓は、忘れ物を取りにいったと嘘をつく伯朗。

勇磨と佐代が、なぜ医者一家なのに、伯朗は動物の医者になったと笑うが、百合華は、立派な仕事で父といっしょだと援軍を送る。

勇磨と佐代は、こんどは、祥子に向って、夫の不倫相手の杏梨をそのままにしておくとは度量があると嫌味をいうと、祥子は、夫・隆司は反省したと言う。

嫌味の応酬の会話を聞きながら、伯朗は、この中に、康治を殺そうとしている人がいて、助けようとしている人もいると頭をめぐらしていた。

隆司はまったく反省しておらず、康治の部屋にいる杏梨に抱きつく、後ろを振り返ると祥子と、執事の君津がいて驚く。

祥子は、矢神園の所有権はだれが持ってると聞き、いつでも、お前なんか切ることができると隆司を脅す。

この4人で康治を殺すミッションをやり遂げるんだと命じる。決行は今夜7時10分、全員が、開かずの間の遺産を見ている時に行うと宣言。

杏梨が酸素を止めて、康治を殺し、君津がすぐに、康治が急変したことを全員に伝える。

全員来たあと、医師の隆司が容体を見て危険だと言い、康治の遺言を意思疎通装置を使い、祥子に任せると君津の仕掛けで見せる。その後、隆司が死亡確認を行うと計画を述べる。

隆司は、全財産が祥子に行くとみんな信じないと言うと、祥子は、康治の葬儀の時に、波恵を巻き込んで管理を頼み、勇磨と佐代に遺産が行かないようにするのが目的だと答える。

隆司は、勇磨と佐代が何か祥子にしたのかと聞くが、黙って指示に従えばいいと迫る。

ベットの下で、楓が本当に計画を聞いており、伯朗に、祥子が殺そうとしているとSNSで伝えようとして、スマホを落とし、祥子に気づかれ、スタンガンで気を失わされる。

隆司は、これで計画は終わりだと言うが、祥子は、自然死で、死亡診断するのも隆司だからだれにも分からないという。もしもの場合は楓に罪を被ってもらうと、酸素ボンベを触らせる。

7時になるが、楓が帰ってこず、伯朗は心配する。隆司は動揺して祥子に怒られる。百合華を帰したのかと聞くと、祥子はさすがに親が殺人をするところを見せられないと言う。

波恵が、時間になったから、開かずの間のドアを開けると宣言する。

波恵は、年に数回換気のために入っていたが、勇磨と佐代は初めてだった。波恵は、代々伝わるおたからだからと手袋を配る。

隆司は、祥子に古伊万里があると500万はくだらないだろうという。勇磨と佐代も物色する。

伯朗は、楓からの連絡がないことが心配だったが、康治を見ててほしいと言われた楓の言葉を思い出し、全員、矢神家の人間はいることを確認する。

波恵が、禎子の遺品だと小さな段ボール箱を伯朗に示す。伯朗が開けると、アルバムが入っていた。伯朗の写真はなかった。

波恵は、アルバムが見たいと言い、伯朗が1枚づつめくるが、やはり伯朗の写真は1枚もなかった。

波恵は、未亡人で息子もいる禎子との結婚を反対し、伯朗を長男に向えることを反対したが、兄の康治はそれを押し切って結婚したと言う。

伯朗は、お父さんと呼ばなかったのかと聞き、伯朗は、康治の方が遠ざけた証拠に写真が一枚もないと答える。

最後のページに、結婚直後、相撲を見に行った時の康治と禎子と伯朗の写真が張ってあり、波恵は、康治が父親になろうと張った物だろうと語る。

7時10分になり、康治の部屋にいた、君津は、杏梨にそろそろだ指示する。杏梨は、酸素ボンベを閉めようとするが、康治が見ていてできない。君津が代わってボンベを閉める。

波恵は、康治は、伯朗を息子にしようとまぎれもなく育てたと言い、その恩に報いるべきたと語る。

波恵は、「伯朗さん、今兄のためにできることがあるのでは」と聞く。伯朗は、その言葉に、もしかして手紙を送ってきたのは波恵ではと言う。

伯朗はすぐに、康治の部屋にかけて行きドアを開ける。君津はすぐに酸素ボンベを元に戻し、何もなかったように言う。

伯朗は、二人だけにして欲しいと言い、相撲や釣りにつれていってもらったのだから反対される理由はないと言う。君津と杏梨は出て行く。

伯朗は、こんなにまじまじ見たのは初めてだと言い、千代の富士が豪快に上手投げでなげていっしょに喜んだ時以来だと語りかける。

獣医になろうと報告した時、唯一、なぜ人間の医者にならないんだと反対されたが、康治の動物実験ことは関係がなく、単に、動物が好きで、今は、獣医になって良かったと報告する。


楓が飛び込んできて、伯朗は、間に合ったと言い、楓をあらためて明人のお嫁さんだと紹介する。楓も、きっと康治に届いていると言う。

一人ワインを飲んでいる祥子に、伯朗は、康治を殺そうとしたことを楓から聞いたと言い、さらに、勇磨と佐代は、康治の部屋に盗聴器を仕込んでおいて、祥子の悪事がばれていると言う。

勇磨と佐代が、康治を殺すのを止めなかったのは、祥子の悪事を録音してあり、警察に突き出すか、脅して、財産を奪おうとしていたのではと話す。

伯朗は、なぜ、勇磨と佐代を嫌うのかと迫る。祥子は、母が、康之介の愛人に毒殺されたと言い、その愛人が佐代で、息子が勇磨だと言う。康之介は、二人を養子にした狂ってると言う。

祥子は、二人に財産を絶対渡さないと言う。伯朗は、盗聴器を壊すと、勇磨と佐代が聞いていて、2度も伯朗に祥子は救われたと笑う。そして、大変な人が絡んできたと言う。

伯朗は、もう一つ盗聴器が仕掛けられており、波恵も祥子の悪事を知って、伯朗に、康治を助けるように仕向けたと説明する。

もう、悪事を考えない方が良いという伯朗に、祥子は、伯朗もそのうちこちら側の人間になると言う。

楓は、伯朗が聞かないように連れ出そうとするが、祥子は、楓も知っているのね、伯朗の母・禎子が殺されたことをと叫ぶ。

ここまでが第5話のネタバレです。

祥子が、勇磨と佐代に財産を渡さないために、康治を殺そうとするとは驚きでしたね。それに加担したのは、執事の君津と看護師の杏奈、そして、夫・隆司でした。

その会話を本当にベットの下で楓が聞くとは、楓の行動も大胆でしたね。

ドラまる
波恵は、祥子の計画を知って、突然、開かずの間の確認会をすると言い、伯朗に、康治を救うように仕向けたという展開でした。

波恵は、顔一つ変えず、やり抜き凄すぎです。

ラマちゃん
康之介の愛人が佐代で、その間に生まれたのが勇磨という驚きの事実。

二人の関係怪しいなと思ったら、親子だったのですね。祥子が嫌う理由も分かりました。

スポンサーリンク

ドラマ『危険なビーナス』5話ネット上の反応

ドラまる
康治の殺害を止めた伯朗。母・禎子は殺されていたと次々何かが起こりますね。

ラマちゃん
勇磨と佐代が親子でしたね。想像していた方もいるようです。

スポンサーリンク

ドラマ『危険なビーナス』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『危険なビーナス』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

危険なビーナス|5話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『危険なビーナス』6話のあらすじ

2020年11月15日(日)放送の第6話のあらすじをご紹介します。

伯朗(妻夫木聡)は、母・禎子(斉藤由貴)が矢神家の人間に殺されたと聞きショックを受ける。

楓(吉高由里子)からも、明人(染谷将太)が母の死の真相を暴こうとしていたことを聞き、兄である自分になぜ相談してくれなかったのかとやりきれない。

明人の失踪と禎子の死の真相には何か関係があるのか?と考察する伯朗と楓。

気になるのは「30億の遺産よりももっと価値があるもの」という牧雄(池内万作)の言葉だ。

しかし、その牧雄が「退院する」とメモを残し、病院からいなくなってしまう。

伯朗は矢神家で禎子の遺品を引き取り、そのまま兼岩家へ。

叔母の順子(坂井真紀) と憲三(小日向文世)夫婦と共に遺品を見ながら、禎子が亡くなった16年前の話になる。

順子がふと、遺品の中に実家のアルバムがないことに気づく。

禎子が亡くなった後、そのアルバムは矢神家で処分されてしまったのだろうか?

そして、今は更地となった小泉の実家の土地がどうなっているのか、確かめに行った方がいいと順子は伯朗に助言する。

一方、伯朗は楓のことが気になっていた。

自分が矢神家に行くことを伝えても「今夜は予定があるから」と素っ気なく、メールや電話にも応答がない。

その頃、楓は勇磨(ディーン・フジオカ)と2人で会っていて…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『危険なビーナス』5話のあらすじネタバレ、感想、6話のあらすじを紹介しました。

康治が殺されると手紙が届く伯朗。波恵が開催した開かずの間の遺品確認で、康治の恩を想い出し助ける。殺害は祥子が実行、勇磨佐代親子に遺産を渡さないためで、波恵が伯朗に止めさせた。

ドラまる
母・禎子が殺されたことを知った伯朗。明人も疑っていたようです。

明人の失踪と禎子の死に何か関係があるのでしょうか。

ラマちゃん
禎子の遺品を持って兼岩家に行くと、叔母の順子が、実家の写真がないことに気づく。

順子は、更地になった実家を見に行った方が良いと伯朗に助言。そこに何が隠されているのか。

祥子の言うとおり、矢神家は狂ってますね。愛人とその子供を養子にしたり、愛人が、祥子の母を殺したりと驚きです。そう言う祥子も康治を殺そうとするのだから、どちらも同じですが。

波恵は、伯朗を認めたということでしょうかね。祥子の夫・隆司の不倫をうまく裁いたり、百合華の友達が起こした事件も調べているのかもしれませんね。伯朗の後押しになればいいのに。

次話、遺産よりも価値があるものと言った牧雄が退院するが行方をくらますようです。急に、楓が冷たくなり、楓と勇磨が会っていたりと、展開を見守りましょう。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA