危険なビーナス|1話ネタバレと感想。謎の美女に吉高由里子、遺産相続に巻き込まれる兄に妻夫木聡が好演!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年10月11日(日)「危険なビーナス」がついに始まります。1話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
東野圭吾さん原作のミステリードラマが始まります。東野圭吾さんと言えば、新参者、ガリレオといった数々の名作を生み出ました。

魅力的な登場人物、トリックの斬新さにどんな展開が待っているか楽しみです。

ラマちゃん
主人公の伯朗を演じるのは妻夫木聡さん。オレンジデイズや天地人で活躍し演技は折り紙つき。

伯朗を翻弄する弟の妻・楓を演じるのは吉高由里子さん。魅力的な二人を存分に楽しみましょう。

獣医師・伯朗の前に現れたのは、弟の妻で美女・楓。弟・明人が失踪したと聞く。弟は、矢神家の直系で、総資産30億の相続権がある。現当主が危篤で、遺産争いに巻き込まれたのではと.....。

ドラマ『危険なビーナス』1話あらすじネタバレと感想

池田動物病院で院長代理として働く伯朗は、獣医もかねて、ペットを見せにくる適齢期の女性を狙っていた。看護師の元美は、伯朗の狙いが分かっており、注意を促す。

謎の美女が尋ねてきて、伯朗は一目ぼれしてしまう。美女は、矢神楓と名乗り、弟の明人の妻だという。明人が行方不明になったから相談に乗って欲しいと頼まれる。

伯朗は、矢神家とは疎遠になっていると一旦は断るが、美女に弱い伯朗は相談に乗ることになる。

明人はIT関係の企業を立ち上げシアトルにいたが帰国し、明人がかりたマンションに住んでいたが、4日前に、ミッションがあるとメモを置いて行方不明になったと語る。

警察も取り合わなかったと言い、伯朗はすぐに戻ってくると言うが、楓は、いまにも亡くなりそうな明人の父・康治の見舞いにいって欲しいと言い、シアトルから帰ったのもその理由だと。

矢神家の資産は30億円以上あり、それを巡って、明人の失踪は、矢神家のだれかの仕業だと言う。その二人を、八神家の執事・君津がカメラに収めていた。

八神家の資産を管理する長女・波恵に、君津は楓の写真を見せる。養子・勇磨が見せて欲しいと入ってきて、明人とは連絡がとれたのかと聞き、波恵はまだと答える。

楓は、池田動物病院に伯朗を迎えにくる。看護師の元美は、弟といっしょにいるところを見たことがないなら信用しない方がいいと忠告する。

楓は、面接に行くような恰好をしてくる。伯朗は、元美の忠告が気になり、楓と明人のなれ初めを聞く。楓はCAをしていて、海外の寿司屋で明人と隣り合わせになり仲良くなったと語る。

秘書になって手伝って欲しいと言われCAを辞めて、シアトルで二人で挙式をあげた。その写真を見せてもらうと確かに明人だった。それ以外はと言うとPCに移してないと答える。

矢神家は、代々医者の家系で、大きな病院を経営してきた大地主だと伯朗は説明する。

矢神家に入る前に、楓は、明人が行方不明ということを話さないで欲しいと言う。明人をさらった矢神家の犯人が近づいてくるはずだからと言う。

執事・君津がドアを開け、居間に案内される。伯朗は、明人に、また、この場所に来て矢神家の人間と関わらせるとはと恨んでいた。

楓が、明人さんの妻ですと大声で言うと、長女・波恵は、ここは矢神家の親族の場だからと言い別室に通す。

母・禎子の7回忌の時に、手島家を代表してと言ったから、康治の寝たきりは伝えなかったと波恵は説明し、伯朗も納得していた。

康治は、かなり弱っており、専属の看護師・杏梨がついていた。寝たっきりで、起きていられるのは30分ほどだと説明する。ここで、住んでいるのは、波恵と研究者の牧雄だけと言う。

楓は、明人はシアトルで仕事をしていてと謝る。年末に結婚したが入籍はまだだと言う。伯朗は、聞いてないと驚く。楓は聞かれなかったからだと言い、明人が来ればすぐに入籍すると言う。

康治の意識が戻り、波恵は、伯朗さんがきたよと言い、明人のお嫁さんと言う。楓は、康治の手をとり会えて嬉しいと喜ぶ。

康治が何か言いたそうだったため、波恵が目で文字入力できる装置をだそうとするが時間がかかる。康治の手招きに、伯朗が聞くと、「明人背負わなくてもいい。」だった。

お父様に会えて嬉しそうな楓に、波恵はまだ親族として認めたわけではないと、次回の親族会で紹介すると言う。伯朗も、母・禎子の遺品があるから参加するように言われる。

執事がくるまでこの部屋で待つようにと言われ、波恵は出て行く。楓は、明人が監禁されているかもしれないと探りに行く。牧雄に見つかり、財産が入っている部屋だと説明される。

伯朗が待つ部屋に、養女・佐代が紅茶も出さずにと入ってくる。養子の勇磨も入ってきて、遺産相続の前に、夫より早くきた妻、伯朗も怪しいと思っていると、母・禎子の悪口も言う。

楓が帰ってきて、伯朗は、我慢できずに帰ると言って、矢神家を出る。伯朗と母・禎子はずっと財産目当てだと言われ続けて嫌な思いをしたから、矢神家が嫌いだと言う。

楓は、変なことに巻き込んですまないと、明人とのマンションでシフォンケーキを作ったから食べようと誘う。

その部屋は、芝公園の近くで大きな部屋だった。確かに、明人の荷物があり、楓との写真も飾ってあった。その中に、母・禎子の実家の写真もあった。

母・禎子は、伯朗が大学生のころ、実家の風呂で、変死体で、叔母・順子が見つけた。鍵もかかっており、警察も事件性はないと判断した。

伯朗がついたのは、司法解剖が終わったあとで、明人と康治が付き添っていた。

実家の写真を触ると、中に鍵が入っていることが分かる。楓は、叔母・順子を紹介してほしいと伯朗に頼む。

楓と伯朗が、叔母・順子と伯父・憲三の兼岩家を訪ねる。二人は、矢神家とまったく違い優しく、楓と伯朗をもてなし、結婚を祝いビールを飲む。

楓は、明人が数学を憲三に教えてもらったと言っていたと聞く、憲三は、かってに、憲三の部屋で学んでいただけだという。それほど、明人は優秀だった。

伯朗の父・一清は画家で、禎子が矢神家に嫁ぐ時、絵を置いて行ったと見せてくれる。伯朗は、父が死ぬ間際に書いていた抽象画が印象に残っており探すがなかった。

楓は、禎子の遺品にあるのではと言い、親族会に出ようと誘うが、伯朗はいかないという。楓は、一人で行って、禎子の遺品も返してもらってくると意気込む。

楓は、3日前、明人が電話をしたが留守だったと言っていたがと尋ねる。叔母・順子は出かけ、伯父・憲三はいたが電話がなかったと言う。楓は、時差で勘違いしているかもとごまかす。

帰り道、伯朗は、3日前は明人が失踪した日、そのアリバイを聞いたのかと、あの優しい叔母夫婦がそんなことするわけがないと怒りだす。

楓は、すべてを疑っていると言うと、伯朗は、楓が、明人を監禁し、妻を名乗って、矢神家の遺産を奪いにきたと、楓の方が怪しいと言う。楓は、伯朗の頬を叩き、明人を愛していると泣く。

親族会当日、伯朗は、その時間が近づき、気が気でなかった。看護師の元美に様子がおかしいと指摘されるが、診察を続ける。

楓は単身、矢神家の親族会に出る。波恵は、明人の婚約者だと言っている古沢楓さんですとわざと言う。楓は挨拶する。

波恵は親族を紹介する。妹・翔子と夫・隆司、その娘・百合華。翔子は後妻の子だった。牧雄は、翔子と兄弟で、後妻の子だった。あとの二人は、養子の佐代と勇磨だった。

勇磨は、早く相続を話し合おうというが、肝心の明人がいないと始まらないと言う。楓は、明人の意向を聞いているから大丈夫だと説明する。

牧雄は、隠し部屋に隠してある財産に執着していた。

財産を管理する波恵が、16年前に亡くなった康乃介の遺書を読み上げ、財産は、すべて明人にいくことになっていた。

明人に全財産が行った理由は、伯朗の母・禎子がうまく康乃介をたぶらかしたと全員が思っていた。

明人は幼かったため、金融資産については、親族で分けて、残りの有形資産については、明人が大人になるまで、父・康治の管理となったのであった。

楓は、明人が、祖父の遺産を全部相続すると言っていると言い、過去に分けられた金融資産も不正に使われて無いかを見て、返却を求めると言う。

それを聞いた全員が騒ぎ出す。明人本人から直接聞かないと納得できないと言う。牧雄は、早く、隠し部屋の財産を見ようとせかす。

波恵は、15時に部屋を開けると言い、楓は居づらいだろうから、別室で待つように言う。

伯朗が診察室で休んでいると、叔母・順子がやってきて、あの後、楓が、明人が行方不明で、疑ったことを謝られたと語る。

伯朗を矢神家につれていったことを後悔していると打ち明けたと話す。父・一清が書いた伯朗の帽子の絵を見て、伯朗にとっては手島家が唯一の家だと分かったと言ったと話す。

順子は、楓は良い子で、妹なんだから守ってやればと、伯朗の背中を叩く。伯朗に楓から電話がかかってくる

別室の楓は、全財産よこせと言ったら、さっそく犯人らしき人物から位置情報の入ったメモがきたと言い、もし何かあったら、代わりに明人を探して欲しいと頼まれる。

明人は、伯朗だけが信頼できると言っていたと言い、短い間だったけど、私もそう思ったと楓は気持ちを伝える。

楓は、位置情報から、物置小屋のドアを開け、下に続く階段を見つけ降りて行く。

伯朗は、楓が心配になり、看護師の元美に任せて、矢神家に車を走らせる。居間に行くと、親族全員と執事・君津がその場にいた。

楓が客間にいると聞いた伯朗は行くがいなかった。財産目当てだと言われ続け、苦しい思い出の残る矢神家の中を探す。

明人が生まれたおかげで、母が一員として認められ助かってことを思い出し、今度は、明人の妻・楓を助けると思う。

昔、勇磨に突き落とされた地下倉庫を思い出し、そこに向かうと、入り口がふさがれていた。入ると、バールのようなもので襲われる。

楓が、閉じ込めた犯人がきたと思い、反撃したのだった。伯朗が助けにきてくれたと気づくと喜ぶ。楓はまだ信じないのですかと聞くと、伯朗は、あいつらがやったと怒る。

貯蔵品の保管されている部屋の前で待つ、親族全員。波恵がリストを渡し、楓がこないと言う。勇磨は、妻ではないとばれそうだから逃げたのだろうと言う。

伯朗が、楓を閉じ込めたのはだれだと怒ってくる。自作自演だろうという勇磨に、だれがなんと言おうと、明人の婚約者だと信じると、傷つけるやつは許さないと叫ぶ。

波恵は、今日は、貯蔵品を見るのにふさわしくないと言い出し、日を改めると言う。牧雄は、リストにあるものではなく、もっと価値のあるものがあるはずだと諦めたくない様子だった。


伯朗は怒りながら楓と矢神家を出る。楓は、明人から遺産の扱いを聞いておらず、ああいえば、犯人が動くだろうと思ったと平気で言う。楓は、お兄様これからよろしくと手を伸ばし、伯朗とバディを組むことになる。

兼岩家で、伯朗が夕食を食べていると楓から電話があり、執事から聞いた話では、閉じ込めた時刻リビングに居なかったのは牧雄だと分かったと言い、問いただすために呼んだと電話が来る。

待ち合わせの場所に、伯朗が行くと、楓が、牧雄に、何が隠されているのか知っていると伝えたら来ると約束できたと言う。

二人で待っていても、牧雄はこなかった。楓が探しに行くがいないと言う。救急車の音が聞こえてきて、エスカレーターのとこに降りて行くと、牧雄が突き落とされ、倒れているのが見つかる。

ここまでが第1話のネタバレです。

いきなりの美女・楓の登場で、伯朗はメロメロでしたね。元美に、伯朗の狙いがバレバレで、掛け合いが面白かった。

伯朗が、矢神家に行きたくない理由は、遺産目当てだと親族に指を刺されていたからですね。明人が生まれていっぺんし母親は認められたということですね。

ドラまる
全員、財産目当てに欲が出まくってましたね。

波恵は少し違う気がしましたが、養子の2人や後妻の姉と弟は特にそんな感じでした。

ラマちゃん
明人から、遺産相続について聞いていると言った楓が、すべて犯人をおびき寄せるはったりだったとは。

本当に、危険をかえりみないビーナスですね。

ドラマ『危険なビーナス』1話ネット上の反応

ドラまる
妻夫木聡さんと吉高由里子さんの美男美女バディに注目が集まってますよ。

ラマちゃん
怪しい人がいっぱい。禎子の謎の死とか、謎だらけのスタートになってますね。

ドラマ『危険なビーナス』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『危険なビーナス』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

危険なビーナス|1話見逃し動画無料視聴はこちら【10/11配信】

ドラマ『危険なビーナス』2話のあらすじ

2020年10月18日(日)放送の第2話のあらすじをご紹介します。

伯朗(妻夫木聡)と楓(吉高由里子)が待っていた牧雄(池内万作)は、すぐ近くのエスカレーターの下で倒れていた。

救急隊員が応急処置をするなか、伯朗たちは矢神家へと急ぐ。

遺産に関する情報を握る牧雄が、矢神家の誰かに口封じのためにエスカレーターの上から突き落とされたと楓は考えたのだ。

だとすれば、今屋敷にいない人物か、帰宅したばかりの人物が怪しい。

2人が屋敷に到着すると、当主の妹・波恵(戸田恵子)とその異母妹・祥子(安蘭けい)、祥子の夫で医師の隆司(田口浩正)、看護師の杏梨(福田麻貴)は在宅していた。

外出中でアリバイがないのは養子の勇磨(ディーン・フジオカ)と佐代(麻生祐未)。

さらに、車で戻ったばかりの使用人兼執事の君津(結木滉星)も怪しい…。

しかし、転落直前に連絡を取っていた楓の番号が牧雄のスマホに残っていたことから、楓にも疑いの目が向けられてしまう。

そんな楓を弁護しつつ、一方で伯朗は、牧雄の転落事故にも動揺を見せることなく冷静に犯人捜しをする楓に違和感を覚える。

そんな時、伯朗は勇磨から、楓が本当に明人(染谷将太)の妻なのか確かめるために彼女のスマホを盗んで自分に渡してほしいと頼まれる。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『危険なビーナス』1話のあらすじネタバレ、感想、2話のあらすじを紹介しました。

弟の妻の楓が、伯朗の前に現れる。弟・明人が行方不明で、矢神家の相続争いだと言う。楓は、何者かに閉じ込められ伯朗が助ける。閉じ込めたのは牧雄かと思われたが、突き落とされる。

ドラまる
牧雄が何者かにエスカレーターから突き落とされる。口封じかと思い、楓と伯朗は、今、家にいない人物を探しに、矢神家で調べる。

外出中でアリバイのなかったのは勇磨、佐代、執事・君津。誰なんだろう犯人は。

ラマちゃん
牧雄の転落事故にも動揺しない楓を、伯朗は疑うようです。

確かに、牧雄を待っている直後、楓は探しに行き、伯朗の前にはいなかったからね。楓なのか。

最後、牧雄が何者かに転落させられたね。単なる相続争いではなく、裏で何か動いてますね。牧雄がこだわった貯蔵品は何か。明人の部屋の写真の裏ににあった鍵。伯朗の母の変死と謎が多い。

いきなり現れた美女・楓役の吉高由里子さん、美女に翻弄される伯朗役の妻夫木聡さんと、最後は、握手しバディで、明人を探すというテンポの良い流れが良かったですね。

次話、牧雄が転落させられ、伯朗と楓は、家にいないアルバイのない人物を探す。楓も直前で牧雄に連絡してたから疑われます。勇磨もまだ楓を信用してませんね。どうなるかな。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA