【極主夫道】10話(最終話)ネタバレと感想。さようなら不死身の龍!

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年12月13日(日)にドラマ『極主夫道』第10話(最終話)が放送されました。

ドラまる
不死身の龍が余命三か月?!

いつものアレかな?

ラマちゃん
娘の向日葵を誘拐した真犯人も気になるところ。

いよいよ最終回!

こちらの記事では、ドラマ『極主夫道』第10話(最終話)のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『極主夫道』第10話(最終話)あらすじネタバレと感想

向日葵(白鳥玉季)を捜す龍(玉木宏)。

その龍のために再び大城山組に乗り込んでいく虎二郎(滝藤賢一)。

大城山組組長・大城山國光(橋本じゅん)が始末してほしかったのはゴキブリ。やはり誤解でしたね。

そして、怪しい声に呼び出された龍が指定された場所に向かうと、一人で座る向日葵を見つけます。

龍「娘のためだったらこの命くれてやる!!!!」

?「だから言っただろう。」

そう言って現れたのは江口夫妻。

江口菊次郎(竹中直人)は向日葵の筋を通してやっただけだと言います。

向日葵「何泣いてんの、ママ。大人が寄ってたかってバカみたい。」

その言葉を聞き、向日葵に初めてをあげた龍。

龍「お前は俺の大事な娘や。ママを半分取られて寂しかったんやろ。今度はお前の番や。」

と頬を差し出します。

一件落着した一家は、普段通りにの生活を取り戻しました。

向日葵からの短い感謝の手紙が胸に沁みます。

そんな時、龍はえへん虫のカチコミにあいます。

ウイルス蝶野さん相手に大バトル!

風邪で寝込んでしまった龍を看病する美久(川口春奈)と向日葵。

作ってくれたドリンクを飲んで風邪は治りましたが、今度はおなかの調子が…。

美久が作ったということで結果は読めていましたね。

病院に向かった龍は医師(眞島秀和)とのひと悶着も子供(笑)

診察室から出てきた龍を見かけた田中和子(MEGUMI)。

その直後に診察室から聞こえてきた医師の「いかんなぁ。もって三か月か。」の言葉を聞いてしまいます。

そのことを美久に知らせた後、町中のみんなに報告する田中。

落ち込んだ美久は、龍のやりたいことを書き出してほしいとノートを渡します。

美久は町のみんなを集め、龍のために町中を巻き込んで壮大な計画を始めてしまいます。

1、キャンプ。

はしゃぐ龍「行くと決まってから寝られへんかったんや。」

しかし、バーベキューは大炎上。

2、喫茶店の経営

店員・大前ゆかり(玉城ティナ)をはじめ、お客たちも龍の顔を見つめては涙を浮かべます。

3、温泉

商店街で半ば無理やり回させられたガラガラで特賞の温泉が当たります。

くっきーの仕込みでしたね。

江口夫妻と雅(志尊淳)と共に向かった温泉では、早速卓球大会で楽しそうです。

4、サンタクロース

町内会のクリスマス会にて雅と二人で極道サンタの登場です。

プレゼントはカニ。

田中はここでも龍の体調を心配していますが、どこらへんで勘違いが明らかになるのでしょうか。

楽しかったクリスマス会が終わり、龍を見送る雅は涙を隠せません。

虎二郎も新作のパフェを持ち現れます。

涙の止まらない雅を慰めてくれました。

家に帰った龍は、美久たちからクリスマスプレゼントをもらいます。

主夫舐めたらあかんドス(笑)

そして、美久に診察の際に医師に手渡そうとした手土産の話をします。

もって三か月というのは受け取ってもらえなかった手土産の消費期限でした。

真相を知って安堵した美久。

美久「タッちゃん、どこにも行かないでね。」

後日。

龍から届いた招待状。

舞台に現れたのは正装した龍・美久・向日葵。

龍「この度はご迷惑をおかけいたしました。」

そう謝罪し、今回の一件でみなの優しさを感じたことに感謝の言葉を伝えたのでした。

龍「ほな皆さん、来年も気張っていきましょう~!」

スポンサーリンク

『極主夫道』第10話(最終話)ネットの反応や感想

ドラまる
最初から家族愛満載の良いシーン。

ラマちゃん
まさかの蝶野さん登場で、もう年末だなぁって。

ん?違うか。

ドラまる
龍相手だと先生も大変だ。

ラマちゃん
みんな龍の願いを叶えてあげるたびに涙を見せちゃうのよね。

ドラまる
虎二郎最初から最後まで今日はいい人だったー。

スポンサーリンク

ドラマ『極主夫道』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『極主夫道』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

極主夫道|10話見逃し動画無料視聴はこちら

まとめ

ドラマ『極主夫道』第10話(最終話)のネタバレ感想をご紹介いたしました。

オチが分かっていても、本当に楽しめた一時間でした。

龍のために涙が止まらなかった雅。

雅を慰める虎二郎が素敵でしたね。

何が3か月だったのかな?と思っていましたが、医師への手土産のお菓子だったんですね。

勘違いが分かっても誰も怒らない。幸せな仲間たちでした。

ドラまる
最後までずっと面白かった~。

もう龍を見れないの?シーズン2やってほしいね。

ラマちゃん
今日のナレーションは次クールの『君と世界が終わる日に』主演の竹内涼真さんだったわ。

来年からはこちらも楽しみね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA