【極主夫道】8話ネタバレと感想。スイーツギャングを前に龍と虎が手を組む!

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年11月29日(日)にドラマ『極主夫道』第8話が放送されました。

ドラまる
火竜町に殴りこんできたスイーツギャングに龍が立ち向かうよ。
ラマちゃん
龍の強力な味方には婦人会の元締め的な八竜会が名乗りを上げて、またややこしくなりそう~。

こちらの記事では、ドラマ『極主夫道』第8話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『極主夫道』第8話あらすじネタバレと感想

果物売り場で感嘆の声をあげる龍(玉木宏)。

今日のフルーツタルトも絶品です。

最近、近所にできたというチェーン店・ちぇりーぱふぇぱふぇ

火竜町の商店街の店がお客を取られていると聞いた雅(志尊淳)は、ちぇりーぱふぇぱふぇがスイーツギャングと呼ばれ数々の店を潰すことで恐れられていることを知ります。

大前ゆかり(玉城ティナ)の勤める喫茶店も存続が危ういと聞き、調査に向かいオーナーのリサ(馬場ふみか)と会いますが完全に論破されてしまいます。

その後、龍のもとに訪れた江口雲雀(稲森いずみ)。

雲雀が勤めるスーパーでリサが酒を買い込み何やら怪しげな話をしていたと言いました。

ヤクザとつながって賄賂をばらまき火竜町を乗っ取る計画を立てていたと言うのです。

龍と雅はゆかりの店をスイーツをメインに変更しようとしますが、コーヒー命の喫茶店店長・遠野誠(水橋研二)の心が持ちませんでした。

そして龍は火竜町婦人会会長・田中和子(MEGUMI)から店を出さないかと声を掛けられ八竜会を紹介すると言われます。

地域を取り仕切る影の顔役たちによる組織・八竜会。

元天雀会会長の江口菊次郎(竹中直人)も恐れているようでした。

それよりもリサの写真を見て菊次郎は何やら顔色が変わっていました。

もしかして隠し子???

一方、八竜会の会合に出向いた龍の手土産に動いてくれたのは金竜町婦人会会長・甘味王の福田(石田ひかり)です。

翌日、空き地だったはずの場所に龍の店が出来上がっていました。

喫茶『素手喧嘩(ステゴロ)』(笑)

福田の作る苺大福は龍もうならすほど絶品でした。

雅が虫歯だと知った龍は歯磨きの大切さを説きますが、昔、母にだまし討ちにあい歯医者に行けないという雅。

せっかく手伝いに来てくれた向日葵(白鳥玉季)は雅が歯医者に行ってしまったと聞かされ帰っていきました。

龍のためにちぇりーぱふぇぱふぇの偵察に向かった美久(川口春奈)は完全に虜です。

しかも雲雀が耳にしてきたうわさはやはりすべて勘違いでした。

美久はリサからちぇりーぱふぇぱふぇの内装を依頼されてしまいます。

リサ「特にこの火竜町だけは外せない。」

ようやくたどり着いたという火竜町へのリサの執着は人並みのものではありませんでした。

一方、素手喧嘩には龍が店を開いたと聞いた虎二郎(滝藤賢一)が来店します。

クレープ屋をしている虎二郎もちぇりーぱふぇぱふぇの影響を受けた一人でした。

なかなかお客が入らない龍のお店にゆかりがバイトに来てくれることになりました。

ゆかりが入ってくれたことで、客が入るようになった素手喧嘩。

その頃、酒井タツキ(古川雄大)と佐渡島幸平(安井順平)は二店の間での抗争勃発を心配しています。

そして雅は、リサが昔親に捨てられたこの町で復讐を企てていることを知ります。

捨てた親というのは菊次郎か、子供を連れて出ていかれたという福田か?

翌朝、龍は素手喧嘩の前に生ごみをまかれるという嫌がらせを受けます。

ちぇりーぱふぇぱふぇに向かった龍は話を付けに行きますが、注文したパフェのきなこスティックからあることに気が付きます。

リサとの直接対決を申し込んだ龍。

応援団の田中うるさいですね(笑)

審査員は福田です。

真剣勝負の中、雅と雲雀に連れられて現れたのは菊次郎。

雲雀はリサが菊次郎の隠し子だと考えていました。

謝る菊次郎に「誰?」と告げるリサ。

隠し子と撮ったように見えた写真は映画のエキストラに出た時に子役と撮った写真。

リサとは街で小競り合いになった際に、謝罪せずに逃げ出してしまっただけの関係でした。

実は生ごみ事件も菊次郎の仕業。

どちらも勘違いが晴れてよかったです。

そして、勝ち負けを付けられなかった福田。

リサのきなこスティックと福田の苺大福に使われていた大豆が同じものだったことから、二人が親子だと気が付いた龍。

福田とリサは親子の時間を取り戻し、八竜会では龍を婦人会に入れるように規約が変更されたのでした。

スポンサーリンク

『極主夫道』第8話ネットの反応や感想

ドラまる
八竜会の婦人会町たち。

それぞれに役割があったね。

ラマちゃん
一夜城ならぬ一夜店舗。

名づけのセンスといい、八竜会あなどれない!

ドラまる
直接的にイチャイチャしてるの初めて見た~。

ラマちゃん
今日も雲雀の勘違いが炸裂。

でも菊次郎の方は隠し子じゃなくてよかった。

ドラまる
この二人のバトルずっと見ていられるよ。

スポンサーリンク

ドラマ『極主夫道』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『極主夫道』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

極主夫道|8話見逃し動画無料視聴はこちら

『極主夫道』第9話あらすじ

2020年12月6(日) 22:30時から放送のドラマ『極主夫道』第9話のあらすじをご紹介します。

龍(玉木宏)は、向日葵(白鳥玉季)が病院にいると聞いて駆けつける。

向日葵はクラスメートを突き飛ばしてケガをさせてしまい、病院に来ていた。

龍は、ケガをした相手とその親に謝罪。

しかし、向日葵は何も言おうとしなかった。

そんな向日葵を気遣い、龍はケンカの理由を聞かない。

向日葵は龍に、美久(川口春奈)には内緒にしてほしいと頼む。

数日後、学校をサボっていた向日葵が酒井(古川雄大)と佐渡島(安井順平)に保護される。

連絡を受けた龍は、交番まで向日葵を向かいに行く。

美久は、向日葵がクラスメートにケガをさせ、学校をサボっていたことを知って向日葵を叱る。

龍がなだめると、美久は「たっちゃんは甘いと思う」と言う。

向日葵の様子を心配した美久は雅(志尊淳)に、向日葵の悩みを聞き出してほしいと頼む。

雅は、向日葵に話を聞く。

向日葵は、龍と血のつながった親子ではないから悪いことをしても何も言ってもらえないし、龍にとって自分はどうでもいい存在なのではないかと打ち明ける。

向日葵の思いを知った美久は、龍がどれだけ向日葵を思っているかを証明すると向日葵に約束する。

美久は雅に、龍と向日葵の心の距離を縮めるにはどうしたらいいかと相談。

雅は、ある作戦を思いつき、江口(竹中直人)や町の人たちに協力してもらう。

一方、龍は雲雀(稲森いずみ)から、渡瀬一家の人間が近所をうろついていると知らされる。

渡瀬一家とは、龍が以前、壊滅させたはずの海だった。

雲雀は、渡瀬一家が龍を捜しに来たにちがいないと告げる。

渡瀬一家が龍に報復を画策している可能性があった。

手を貸すという雲雀に龍は、何かが起こっても自分一人で対処すると答える。

そんな中、龍を鬼の形相にさせる大事件が起こる…!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『極主夫道』第8話のネタバレ感想と第9話のあらすじをご紹介いたしました。

今日は田中の一回転といい、虎二郎との絡みといい見どころがたくさんあって満足満足です。

八竜会の物々しい雰囲気と、退出時間をせかされてそそくさと帰っていく会長たちとのギャップもすごかったですね(笑)

すんなり規約の変更が承認されて可笑しかったです。

ドラまる
次週は、雅に恋している向日葵の反抗期?
ラマちゃん
美久が娘の恋を知った時の嬉しそうな顔が微笑ましかった。

邪魔しないといいんだけど。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA