極主夫道|3話ネタバレと感想。こわーい桃太郎劇が衝撃的。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年10月25日(日)にドラマ『極主夫道』第3話が放送されました。

ドラまる
龍とライバルの虎二郎が登場してますます面白くなってきた極主夫道。
ラマちゃん
フィットネスでの二人のバトル面白かったわね。

今日は、その龍がPTAに殴り込み…じゃなかった加入を申し入れるのよ。

こちらの記事では、ドラマ『極主夫道』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『極主夫道』第3話あらすじネタバレと感想

今日も変わらず娘・向日葵(白鳥玉季)たちの下校の見守りを続けている龍(玉木宏)。

疲れて帰ってきた美久(川口春奈)のために用意した白い粉はクエン酸。

はちみつと混ぜたらレモネードになっていいそうですね。

次々に癒しグッズを与えます。

食卓には滋養強壮にいい中華料理が並びます。

龍「主婦の道は果てしなく奥深い。」

そんな時テレビに映っていたのは向日葵の同級生の親でPTA会長でもある医師の千金楽(鈴木浩介)でした。

千金楽はグッドファーザーのためにSNSを利用し好印象を得ようとしています。

元天雀会事務所では江口菊次郎(竹中直人)や雅(志尊淳)が内職にいそしんでいました。

スーパーでパートをしている雲雀(稲森いずみ)は今でも仕事に悪戦苦闘していますね。

いじめを受けていると言って名指しされたのは、まさかのレジ。

ハロウィンお楽しみ会の予定を決めているPTA会議に突入してきた龍は千金楽にPTA加入を申し出ました。

参加の許可を得るために千金楽と兄弟の契りを交わす龍。いやはや。

しかし、ハロウィン自体を把握していない龍は雅に協力を求めます。

街では連続強盗犯を追う警察がパトロールを続けていました。

喫茶店でハロウィンの相談をする龍と雅の前に現れたのは雅が恋する喫茶店店員・大前ゆかり(玉城ティナ)。

大前にハロウィンでは仮装するものだと教えられます。

到着したのは100円均一のお店。

蓬莱のネタ仕込んできましたね~。

練習の仮装!重症のやくざとは(笑)

子供たちのために張り切る龍ですが向日葵は浮かない顔を見せます。

食欲もなく、元気がなさそうですね。

お楽しみ会当日。

それぞれに仮装した子供たちはお菓子をもらいに行きます。

龍もお菓子を用意していますが、「一度食べたらやめられへんで」とややこしい発言を。

しかし、かき氷のシロップ入りとは手が込んでますね。

そのころ、雲雀が務めるスーパーに銃を持った強盗が押し入る事件が発生しますが居合わせた菊次郎と雲雀の剣幕に押され逃げ出していきました。

お楽しみ会の最後に龍が用意した余興は婦人会会長・田中和子(MEGUMI)と婦人会会員・太田佳世(田中道子)たちによる桃太郎の劇。

大きなももから生まれてきたのは龍桃太郎。

セリフが全員やくざのそれでしたね。

鬼役の雅がトイレに行っている間に部屋に逃げ込んできたのは逃亡していた強盗犯でした。

追いかけてきた警官の目から逃れるために鬼の仮装を拝借する強盗犯。

雅だと思い、銃を向けられても劇を続ける龍。

龍「誰かとすれ違ってしまうこともある。このきび団子で仲直りしましょうや。」

向日葵は友達の立花ユキ(新津ちせ)と喧嘩をしていたのですね。

龍は二人の仲直りのために今回の劇を用意していました。

仲直りのきっかけを作ってあげたその時、鬼が強盗犯だと気が付いた参加者はパニックに。

龍のナイスパスによって強盗犯を退治した形になった千金楽は自分の手柄を大々的に宣伝します。

この人、いつかメッキがはがれそうですね。

仲直りをした向日葵は食欲も戻り、笑顔も戻ってきました。

何気ない変化から二人の喧嘩を感じ取っていた龍。

美久「仮装がなくてもたっちゃんは我が家のヒーローだね。」

どこまでも家族のことを一番に考える龍への最高の誉め言葉でした。

スポンサーリンク

『極主夫道』第3話ネットの反応や感想

ドラまる
関西人には鉄板CMだね。

分からない人もいたのかな。

ラマちゃん
最高の主夫ね。

至れり尽くせり。

ドラまる
姉御、頑張れー。

ラマちゃん
会長さん表向きの準備は完ぺきだったわね。

ドラまる
PTAに入るのってこんなに大変だった?

ラマちゃん
こわいこわい。

昔話ってこんなにガラ悪かったかしら(笑)?

スポンサーリンク

ドラマ『極主夫道』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『極主夫道』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

極主夫道|3話見逃し動画無料視聴はこちら

『極主夫道』第4話あらすじ

2020年11月1日(日) 22:30時から放送のドラマ『極主夫道』第4話のあらすじをご紹介します。

龍の家に美久(川口春奈)の両親が訪ねてくる。

龍(玉木宏)は、美久の母(YOU)と父(正名僕蔵)を手作りのお菓子で、もてなす。

しかし、美久の父はコワモテの龍に怯えている様子。

龍は美久の父に、意外なことを頼まれる。

ゆかり(玉城ティナ)への思いを募らせる雅(志尊淳)は、虎二郎(滝藤賢一)に相談。

雅は虎二郎の助言に従って、ゆかりにアプローチするが…。

そんな中、美久は会社で大きな仕事を任される。

美久のデザインが、ある絵画展で採用されると決まったのだ。

美久の上司は取引先に対するイメージを気にして、夫が元極道だと知られないように気を付けてほしいと美久に釘を刺す。

美久は、絵画展のためのデザインを描いて社内でプレゼンすることになる。

プレゼンに向けて、入念に準備を進める美久。

彼女は、プレゼン当日の朝まで作業してデザインを描き上げる。

美久が出勤した後に掃除を始めようとした龍は、美久が徹夜して描いたデザイン画を忘れていったことに気付く。

「このままやったら、美久が大事なシノギ失のうてまう!」と龍は、デザイン画を届けるために彼女の会社へ向かう。

そんな龍の行動が、警察の酒井(古川雄大)と佐渡島(安井順平)から、江口(竹中直人)、雲雀(稲森いずみ)、雅、大城山(橋本じゅん)まで巻き込んだ大騒動になり…。

さらに、この一件で龍と美久にとんでもない危機が!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『極主夫道』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。

今日も龍は家族のために精一杯の優しさを見せてくれましたね。

しかしこんなに怖い桃太郎の劇は見たことがなかったです。

最後まで強盗犯を追いかけ続けた菊次郎や姉御の正義感にもびっくりです(笑)

ドラまる
次週は虎二郎がまた出てくるよ。
ラマちゃん
美久の両親も登場するみたい。

あの美久を育てた人たちがどんな人なのか気になる~。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA