猫|5話見逃し動画無料視聴はこちら【12/11配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓今すぐ『猫』を無料で見る↓

ドラマ『猫』第5話(2020年12月11日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『猫』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『猫』第5話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『猫』第5話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『猫』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『猫』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『猫』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年12月11日(金)放送終了〜2020年12月18日(金)深夜0時50分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、ドラマ『猫』の動画を見放題で配信しているVODは無いのですが、U-NEXTとビデオマーケットの無料登録キャンペーンを活用すれば2話分を無料で見ることが出来ます!(前クールからの傾向)

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『猫』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『猫』の配信状況は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『猫』はポイントレンタル配信されているので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『猫』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数17万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部では配信本数の規模が近いU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる550ポイントが毎月付与されます。

550ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『猫』の見逃し動画1話を無料ですぐに見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
11月を例に出すと、11月1日〜11月30日が無料期間になります。

仮に11月29日に登録をしてしまうと、無料期間は11月30日までの2日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

ビデオマーケット無料登録はこちら

※紹介している情報は2020年11月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

『猫』見逃し動画を無料で見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して1話無料視聴可能

『猫』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して1話無料視聴可能

※無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2020年秋ドラマ『猫』第5話のあらすじは?

2020年12月11日(金)深夜0時52分より放送のドラマ『猫』第5話のあらすじをご紹介します。

病気で余命宣告を受けていたみねこ(小西桜子)は、このまま治療を続ければ完治を目指せる状態だと医師から告げられる。

そんな矢先、光司(前田旺志郎)を失い悲しみにくれるみねこの元に、光司の母・直未(石田ひかり)が訪ねてくる。

光司が死ぬ前にどんな生活を送っていたか知りたいと話す直未を、商店街やカフェを案内しながら光司との思い出を話すみねこ。

直未と別れた後、余計に気持ちの整理がつかなくなってしまったみねこはトキ(酒井若菜)と出会い…。

公式サイトより引用)

2020年秋ドラマ『猫』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『猫』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

オレンジ
彼との思い出は何よりも大事なんだと思います。

大事な方がそばにいてくれることは何よりも生活をしていくうえで大事なことだと思います。

そして、みねこは彼に言われたように料理を頑張ろうとしていましたが、もっと料理に夢中になっていくんだと思います。

そして、病院で言われたように自分の病気との向き合いをしていて、生活していくことが軽くなってきているようで彼のことを思いながら生活をしていくことを考えていくんだと思います。

同じ病気と闘う視聴者の方に向けてのメッセージにも繋がっていくんだと思うので、病気との赤裸々を教えてくれるんだと思います。

ペンネーム:オレンジ(30代・女性)

はるか
展開予想は、みねこは、治療できる状況である事に戸惑っていた。

光司のいない世界でどうやって暮らしていくのか怖くもあった。

そして、光司の母の直未が、みねこを訪ねてくる。

光司の思い出話をみねこは、たくさん伝えた。

話せば話すほど光司の事を思い出し切なくなったみねこは、部屋に帰り泣いていた。

そんな時にみねこは、トキに出会った。

楽しみなポイントは、直未にみねこが、どんな光司との思い出話をするのかです。

いろんな話や思い出の場所などをみねこが、どう伝えるのか注目です。

トキが、みねこにとってどんな存在になるのかも知りたいです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

なお。
やっと光司にたいする悲しみの感情を出す事ができたみねこですが、そうなったら次はその悲しみ・一人ぼっちに戻ってしまった虚無感を抱えながら、どう生活していくのかとても心配です。

今まで色々な気持ちをあまり表に出さずにきていた感じなので、光司の死に直面して自暴自棄になってしまうのではないかと気にかかります。

時間はかかるかと思いますが、早く元気に前向きに進んでいけるのを願っています。

また、光司の母が訪ねてくる事で、その新しい接点がどうみねこの気持ちに良い変化を起こすのか、逆に落ち込む結果になってしまうのか、注目していきたい部分でもあります。

ペンネーム:なお。(50代・女性)

青井里央
コウジのお母さんがミネコのところにやって来るようです。

お母さん役は何と石田ひかりさんです。

コウジとお母さんの間でミネコのことはどう伝えられていたのかも気になります。

ミネコが泣き怒りながら「あんたに何でそんな事を言われなきゃ〜」と言っていた相手は誰なのか。

「どんな気持ちで生きていこう」と言うのは腫瘍が消えてしまったのでしょうか。

謎が深まります。

コウジの死は突然の事故としか思えませんが、コウジこそ不治の病を持っていてバイトに行っているといいながら病院に行って治療を受けていたのかもしれません。

謎は来週にはわかるでしょう。

ペンネーム:青井里央(50代・女性)

ライブ
次回は浩司の母親が、みねこの元に訪ねて来る展開があるみたいです。

そこで色々とみねこはコーチとの馴れ初め何かを話して今までも付き合ってきた経緯みたいなものを話すことになるんではないでしょうか。

母親は別に、みねこのせいではないという事を話して励ましていくのではないでしょうか。

それを、聞いてもみねこは自分がバイトを始めろといってしまったことがすごく頭の中に残っているので自責の念に、苛まれてしまうのではないでしょうか。

一方、病院ではみねこの腫瘍が治るということがわかって本格的に治療に臨むのだと思います。

ペンネーム:ライブ(30代・男性)

スプレッド
みねこは主治医から抗がん剤で治療すれば治ると言われても、気分が晴れないようです。

すると光司の母の直未が訪ねて来て、みねこに生前の光司の様子を尋ねるようです。

みねこは思い出の場所に連れて行き、光司が自分を愛してくれたと伝えると思います。

でも、直未に、なぜ光司を守ってくれなかったのかと言われ、何であんたに、そんなことを言われなきゃいけないんだと、みねこが怒ると、直未から、光司を守れなかったみねこに向かって、自分一人で勝手に死ねばいいと言われ、直未の心ない言葉に、みねこが傷つくと想像します。

直未と別れたみねこは、気持ちが余計、虚しくなり、スナックのママのトキに相談するようです。

トキに大切な人を亡くすとやることが増える、全部吐き出せばいいと言われ慰められるようです。

そしてみねこは2人の思い出を知っている猫の世話をすることで、猫が光司の分身のように思え心が癒されてくると期待します。

ペンネーム:スプレッド(60代・男性)

2020年秋ドラマ『猫』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『猫』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ゆゆゆ

『猫』第5話のあらすじネタバレ

主人公がコウジとの思い出の写真を見ながら泣いていると1件の着信が。

その後コウジの母が町内(主人公の元)へ。

主人公の家へ案内し、思い出の写真を見せる。

その写真をきっかけにコウジ母は写真の場所を見てみたいという。

写真と共に思い出の場所でのエピソードを話していく。

母が帰ったあと主人公はコウジに会いたくて町内を歩き回り憔悴しき車に引かれて死のうと考える。

そこに一人の女性が。

主人公の憔悴しきった様子・死のうとする事を怒って止める。

その女性はスナックのママだった。

憔悴仕切った女性を雇いスナックを経営。

そういう女性に心撃たれ通う客がいるそうだ。

客に話をし客と共に酒と共に思いを吐き出す。

スッキリした後コウジと行った神社でこうじがかいた絵馬を見つける。

そこで1人でも生きていく決意をする…

『猫』第5話の感想

コウジへの思いがとても伝わり心打たれました。

自分の最愛の人を失った後、自分もこう乱れてしまう、死のうと考えてしまうというのが酷く刺さり共感してしまう。

あの場面でコウジの母が来なきゃ良かったのにとも思いましたが、来たことにより思い出を吐き出せたり、次のステップに進めたんだろうとも感じました。

スナックのママとも出逢えたのはとても良いことだったんじゃないかと思います。

DASH//の猫も最後にしっかり聞けて、とても心に染みました。

歌詞がしっかり耳に入り、ドラマの流れというか主人公の思いと重なってなみだしました。

ペンネーム:ゆゆゆ(20代・女性)

オレンジ

『猫』第5話のあらすじネタバレ

みねこは彼との思い出を懐かしく感じていながら彼のお母さんと話をしていました。

その後に孤独感を感じているのですが彼のことを考えていてそこからトラックにぶつかりそうになってしまいました。

その時に、腕を引っ張って助けてくれたのが初めて出会ったスナックのママでした。

その方は暗い顔をしている方に声を掛けていくということでした。

みねこはスナックで働くことを進められてスナックで働くことにしました。

そこで出会ったお客様にどうしてここで働いているのかということを聞かれて言うとみんなみねこに同情してくれました。

みねこはママにも慰められて元気になってきました。

『猫』第5話の感想

みねこのいたたまれない気持ちとてもわかります。

トラックにぶつかっていきたいと思うのもわかる気がしますが、そういう時に助けてくれる方がいるというだけで、ありがたく思います。

誰にも助けてもらえないこともあるのでみねこは本当にラッキーだったのだと思いました。

でもこうして話しかけてくれる方がいることはなかなかないです。

助けてって言っても助けてくれなかった場合もあります。

でもスナックで働いてみて男性から見守ってくれている感があるのでみねこは安心して働いているようにも思って、ママも安心して見てくれていてホッとしました。

ペンネーム:オレンジ(30代・女性)

ありー

『猫』第5話のあらすじネタバレ

光司が亡くなってから、余命宣告されていた病気が治療を続けていけば完治するかもしれないと医師から言われて複雑な感情になるみねこでしたが、そんな中で光司の母がやって来ます。

みねこは光司が生前どのように暮らしていたのかを光司の母に教えながらカフェなど一緒に過ごした場所を案内していきます。

光司のことをより思い出してしまい苦しくなったみねこは、道路に足を踏み入れようとしますが、トキという女性が現れ助けられます。

トキが働くスナックに連れて行かれ、1日だけ働く中で接客を通して話を聞いてもらいトキの経験も聞き精神的な安定を取り戻し、再び生きようという気持ちになります。

『猫』第5話の感想

本来ならば治らないと思っていた病気が治ると聞かされ喜ばしいことなのに、光司が亡くなったことですぐに後を追えると思っていたみねこは喜ぶどころか絶望のような暗い気持ちになってしまうのが見ていて辛かったです。

しかし、トキと出会えて元気も取り戻せて良かったですし、トキが絶望から立ち直った話を聞けたことはみねこにとっても大きかったように思います。

会ったばかりなのにみねこのことを放っておけずこんなに良くしてくれるトキは素敵な女性ですし、温かい人に出会えて良かったと心から思いました。

最後の光司が書いた絵馬を見て、光司の願いに胸が熱くなりました。

ペンネーム:ありー(30代・女性)

なおさん。

『猫』第5話のあらすじネタバレ

光司が突然亡くなって落ち込むみねこの前に、光司の母・直未が現れました。

彼女を連れ普段二人で通った商店街をいろいろと案内し、生前の光司の様子を伝えます。

楽しかった思い出がよみがえり、直未が去った後には逆に大きな寂しさが襲ってきました。

ねみこが車にひかれそうになった所を、トキという女性が助けます。

抜け殻の様になったみねこを叱り、自分のスナックで働かないかと勧めます。

働く事を決めたみねこは、そこでトキの辛い過去を教えてもらいます。

みねこは町でいつもの黒猫に会い、導かれるように神社に向かいました。

光司の書いた絵馬には、「みねこの病気が治りますように」と書かれていました。

『猫』第5話の感想

光司をよく知っている者同士の会話は、お互いの寂しさを分け合い良い事のようにも思えましたが、別れた後のねみこの虚無感がとても伝わってきて、更にはお母さんも同じだったのかなぁと思え、どちらも可哀そうでした。

人間弱っている時は、いろんな人に声をかけられ易いですが、みねこに声をかけた女性は良い人で良かったです。

「弱った人を自分の店で働いてもらっている」のは自身もつらい経験を持っているからという、だからこそ人の気持が分かり温かい想いからだったのはとてもほっこりしました。

最後に絵馬を見て、みねこに笑顔が戻ってきてホッとしました。

ペンネーム:なおさん。(50代・女性)

タマキ

『猫』第5話のあらすじネタバレ

みねこは浩司を失ってしまった実感が今になって来たのかとても悲しんでいた。

後日、浩司の母親がみねこに会いにくる。

そこで色々な思い出話をしてみねこは浩司の母親に付き合っていた頃のことを教えてあげる。

それを聞いて母親は浩司が幸せだったということを感じてみねこと別れる。

少しして、みねこはもう生きる気力をなくしてしまいトラックの前に身投げしてしまう。

そこに通りかかったトキという女性が現れて助けてくれる。

その女性はみねこを自分のスナックに連れて行き1日だけ雇って働かせるのだった。

常連客たちから励まされみねこは元気になる。

その後、神社にやってきてみねこは浩司が書いた絵馬を見つけて感動する。

『猫』第5話の感想

今回の話は浩司が全く出てこなくて少し寂しい気持ちでいっぱいでしたがみねこが前向きになってくれる展開があったのですごく嬉しい気持ちでいっぱいでした。

みねこの病気が回復に向かって死ななくて済むようになってくれた展開が本当に嬉しかったです。

今まで医者たちは死ぬと診断していたわけですからのどういうつもりだったのかと言うむかつく気持ちがふつふつと湧いてきました。

それからトキと言う女性が出てきたんですがああいうお節介なおばさんのおかげでみねこがまた生きる希望を持てたということがすごくいい展開だなと思いました。

ペンネーム:タマキ(30代・男性)

ファウスト

『猫』第5話のあらすじネタバレ

みねこは光司との想い出を破り捨てて泣きます。

すると光司の母の直未が会いに来て、みねこは光司の残した写真を見せ、光司が自分を笑わしてくれ料理を作ってくれたと言います。

直未は光司に料理を教えたのが役に立って嬉しそうでした。光司は家を喧嘩して出たと言っていましたが、みねこと出会って幸せそうで嬉しいと直未が言い、有難うと言い、光司の分まで生きてと言います。

みねこも久しぶりに笑顔に戻ります。しかし一人になると、自分の気持ちが整理できると思ったのに、これから、どう生きていけばよいのかと悩みます。

ふらふらと彷徨うよに歩き、トラックに轢かれそうになると、トキがみねこを救います。

トキに、死ぬなら他人を巻き込まないで、一人で死ねと言われ、みねこは怒って、何であんたに、そんなことを言われるんだと、言い返します。

するとトキは、みねこに、まだエネルギー残っていると言い、不幸な女は魅力的に見えるから、うちで働きなさいと言います。

みねこはトキのスナック欄で働き、何故、店に来たのかと客に聞かれ、みねこは、酒を飲んで身の上を語ると、客は泣き、心臓を手術した男は、みねこに会えて良かったと言います。

彼氏は、どこにいるかというと、みねこは天国だと答えます。

酔ったみねこは吐くと、トキも大切な人を失ったと言い、遺書もなかったと言い、気力がなくなって入院して女の子と仲良くなりケーキの話をしたが、女の子が亡くなったと言います。

トキは退院して女の子を思ってケーキを食べたら食欲が戻ったと言います。

大切な人を亡くした人は、その人を思っていればやることが増えると言い、みねこを抱きしめます。

みねこが死んだら悲しいとも言います。

みねこは翌朝、サキに礼を言うと、サキが、お金と飲み放題フリーパスのどちらがいいかと言われ、みねこは、パスを貰って帰ります。

みねこは神社で光司がみねこの回復を願って書いた絵馬を見つけます。

『猫』第5話の感想

みねこは光司の母親の直未に会って良かったと思います。

光司が親と喧嘩して家を出たようですが、挫折してフリーターのような生活から、みねこに会って生きがいを見つけたのは良かったですし、光司をみねこが幸せにしたと知って直未が安心できたばかりか、みねこにとっても、救われた気持ちになったと思います。

しかし直未がいなくなって孤独になると、自殺を考えたのか、危うくトラックに轢かれそうになったのは驚きです。

しかしトキという見ず知らずの女性に救われたのはサプライズです。

トキも大切な人を失ったと言い、大切な人を亡くした人は、その人を思っていればやることが増えると言い、みねこを抱きしめて、みねこが死んだら悲しいと言ってくれたのは、下心がない、不幸を共感し合える、みねこの母以上の愛情を感じて、ほのぼのとした思いになりました。

ペンネーム:ファウスト(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年秋ドラマ『猫』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『猫』見逃し動画を無料で見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して1話無料視聴可能

『猫』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して1話無料視聴可能

コメントお待ちしています!

CAPTCHA