【監察医 朝顔】8話ネタバレと感想。30年前の悲しい事件に涙が止まらない。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年12月21日(月)にドラマ『監察医 朝顔』第8話が放送されました。

ドラまる
夫の桑原の無実が証明され、ようやく家族がそろったところに、長野への異動の知らせが届くんだ。
ラマちゃん
今日から孤独編が始まるわ。

つぐみちゃん、お父さんとじぃじと離れるの寂しくないのかな。心配よ。

こちらの記事では、ドラマ『監察医 朝顔』第8話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『監察医 朝顔』第8話あらすじネタバレと感想


万木朝顔(上野樹里)のお腹の中に小さな命が宿ったことをきっかけに一緒に暮らし始めた万木平(時任三郎)と桑原夫婦。

つい先日のことのように思い出す桑原真也(風間俊介)は長野に異動になっていました。

手伝いに来てくれたのは姉の忍(ともさかりえ)です。

その頃、朝顔は海岸で発見された全身を骨折していた身元不明男性の遺体を解剖していました。

死因は頭蓋骨陥没による失血死だと判明しますが、爪の中に付着していた石灰や褐色森林土も発見します。

自殺の可能性が高かったのですが、気になったのは右の手の甲を複雑骨折していたことや、腕に残された誰かの爪の跡。

死の前に誰かを激しく殴っていたことが考えられました。

教授会から戻った夏目茶子(山口智子)からは、教授会の愚痴がこぼれだしています。

茶子に例の男性の遺体検案書を渡す朝顔は、茶子がこの遺体の何かを知っているのではと感じ取ります。

30年前。

誘拐殺害された6歳の女の子・浅野栞里を解剖した経験のある茶子。

この男性がその栞里の父・忠だと言います。

仲井戸修事件。

誘拐され殺害された栞里の遺体はバラバラにされ、発見されるたびに忠は確認に来ていたと言います。

しかし、どうしても見つからなかった右手。

忠は栞里が発見された後も壮絶な思いをしてきたのですね。

30年前、仲井戸は栞里の遺体のにおいを消すために石灰を撒いたことが分かっていました。

そして、興雲大学法医学教室に森林で発見された人の足が運び込まれます。

その左足から推定された遺体は仲井戸の身長と一致し、さらに石灰が撒かれていたと言います。

一方、つぐみ(加藤柚凪)と二人きりになった万木家。

つぐみは翌日お泊り保育です。

寂しくないかとママのことを心配するつぐみが今日もかわいい。

桑原は朝顔の元にいてあげられなくなってしまった自分の不甲斐なさを悔いていました。

ほとぼりが冷めるまでの研修だと忍が言っていたので、短いといいですね。

平は、万木里子(石田ひかり)の同級生だったという美幸(大竹しのぶ)のお店を訪れていました。

嶋田浩之(柄本明)は入院したようです。

美幸は、平が里子のかけらを捜索をしている沼の埋め立ての計画が進んでいることに複雑な思いを抱いていました。

平に過去の事件の話を聞くことにした朝顔。

仲井戸の事件で、栞里の遺体が埋められていた近くは土が乾燥し石灰で白く見えていたことを聞きます。

次々に発見されたバラバラ遺体のDNA検査の結果、遺体は仲井戸のものだと判明します。

仲井戸は精神鑑定の結果、世に放たれていたのです。

そして、浅野がマスコミあてに送った遺書がニュースとなっていました。

自分が仲井戸を殺しバラバラにした。

町で見つけたのは、殺す一週間前のこと。

殺すつもりはなかったが、後をつけていた仲井戸が同じ過ちを犯そうとしていたところを止めたと言います。

しかも栞里のことを覚えていなかった仲井戸。

栞里の右手と同じように、仲井戸の右手は見つからないところに捨てたと書かれていました。

忠の遺体を引き取りに来た息子は、白髪になってしまった父の髪を黒く染めてほしいと頼みます。

天国にいる栞里が自分を父だと気がつかないかもしれないと心配していたのだと言いました。

来月結婚を控えていた息子。

そのことを考えてくれたのか。

父の復讐が果たされたことを喜びながらも息子として納得のいかない部分もあったのでした。

そして、東北では公衆電話から里子へと電話をかけている美幸がいました。

スポンサーリンク

『監察医 朝顔』第8話ネットの反応や感想

ラマちゃん
茶子先生、きっとずっと今の感じのままなんだろうな。

ドラまる
これはつらすぎる。

父親として遺体の確認に毎回来るんだろうけど、来るたびに心が砕かれるようだよね。

ラマちゃん
一人ぼっちの朝顔の寂しさがビンビン伝わってきたわ。

ドラまる
つぐみちゃんの存在感は偉大だ。

家にいないだけで本当に火が消えたよう。

ラマちゃん
美幸は何を知ってるの?

「里子ちゃん」って言ったよね。

スポンサーリンク

ドラマ『監察医 朝顔2』第8話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『監察医 朝顔2』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

監察医・朝顔2|8話見逃し動画無料視聴はこちら

『監察医 朝顔』第9話あらすじ

2020年12月28日(月) 21:00時から放送のドラマ『監察医 朝顔』第9話のあらすじをご紹介します。

 朝顔(上野樹里)は、つぐみ(加藤柚凪)と一緒に保育園の運動会に参加する。

楽しそうなつぐみの姿を見つめる朝顔。

 同じころ、藤堂(板尾創路)や光子(志田未来)たちは、マンションの前で死亡していた21歳の大学生・小湊真由(愛甲ひかり)の解剖を行っていた。

真由は、全身を11ヵ所も刺されており、死因は背部刺創による出血性ショックだった。

真由が雑誌の人気読者モデルだったため、SNS上にはこの事件に関するさまざまな情報が流れていた。

その中には、真由と親交があったモデル仲間の吉永明日花(水野瑛)や、かつて交際が噂された橘凛太朗(宮内伊織)の犯行を疑う声も上がっていた。

 そんな折、高橋(中尾明慶)と牛島(望月歩)が解剖室の掃除をしていると、突然解剖台横の水道が壊れ、水が噴き出す事態が発生。

そのせいで、予定されていた解剖は別の大学に依頼することになってしまう。

翌日出勤した朝顔は、真由の事件について調べるという光子を手伝おうとした。

だが茶子(山口智子)は、修理が終わるまで休んで有休を消化するよう朝顔に指示する。

 あくる日、朝顔は、つぐみを連れて仙ノ浦に向かい、平(時任三郎)と再会する。

その後、体調を崩して入院中の浩之(柄本明)を見舞う朝顔たち。

そんな中、朝顔は、母・里子(石田ひかり)と中学・高校の同級生だったという美幸(大竹しのぶ)と出会う。

 一方、桑原(風間俊介)は、発砲した件で刑事部長から臨時の審議会への出席を命じられていて……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『監察医 朝顔』第8話のネタバレ感想と第9話のあらすじをご紹介いたしました。

娘を殺害された父の苦しみ。

そして、その父親の復讐が果たされたことを受け入れ、白くなってしまった髪を黒く染めてあげてほしいとお願いした息子。

しかし、その心の奥を想像すると一件落着とは言えず、苦しみ悲しみだけがぐるぐると渦巻き続けるのでした。

さらに、里子の行方のカギを握る美幸の存在が気になります。

ドラまる
次週は年末特番が待ってるよ。
ラマちゃん
そのあとは新年の特番が。

年末年始はドラマ『朝顔』で決まりね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA