【監察医 朝顔】6話ネタバレと感想。桑原の放った銃弾はどこに当たったのか。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年12月7日(月)にドラマ『監察医 朝顔』第6話が放送されました。

ドラまる
桑原くんに殺人の容疑が!?

前々から連絡を取っていた聖奈という女性に関係があるみたいだね。

ラマちゃん
朝顔の知らない間に大きな事件に巻き込まれていたのね。

つぐみちゃんとの平穏な日々がぁ。

こちらの記事では、ドラマ『監察医 朝顔』第6話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『監察医 朝顔』第6話あらすじネタバレと感想

万木朝顔(上野樹里)から里子(石田ひかり)の歯のことを聞かされた平(時任三郎)は東北へと出かけていきます。

そして雷鳴のとどろく中、桑原真也(風間俊介)は田村聖奈(中村里帆)の姿を捜していました。

傘もささずに桑原の前に現れた田村は、「逃げて」と。

彼女の後ろには銃を持った男の姿がありました。

そして倒れる田村。

桑原の銃弾は男の足にあたり、男の撃った銃弾は田村の額に当たり命を落としてしまいました。

翌日。

桑原の帰りを待つ朝顔。

警察官が拳銃を奪われ撃たれたというニュースが飛び込んできました。

田村の後ろにいた男が拳銃を奪ったようです。

つぐみ(加藤柚凪)の保育園も休園となり、つぐみは興雲大学法医学教室に行くことになります。

藤堂夫妻の小学校も休校になったんですね。

そこへ緊急の解剖の依頼が入ります。

詳しいことを教えてもらえなかった朝顔たち。

田村の遺体が発見され、運ばれてきましたがその容疑者が桑原だと聞かされます。

桑原が足を撃った男は田村の交際相手・桐谷。

しかし上空への威嚇射撃をしなかったことや、桐谷が防犯カメラの死角にいたことから桑原が田村を撃ったように見え、犯人として疑われていました。

そのことから、朝顔は解剖から外されてしまいました。

監察官の五十嵐(松角洋平)から取り調べを受けている桑原は風営法違反で摘発した際に知り合った田村から、交際相手・桐谷について相談を受けていたと言います。

その日、田村から緊急で呼び出され、事件に遭遇してしまいました。

降りしきる雨に流され、桑原の証言を裏付ける証拠がありません。

五十嵐は犯人は桑原だと決めつけていて、らちがあきません。

そこへ差し入れを持ってきた山倉伸彦(戸次重幸)に桐谷のことを伝えることができました。

桐谷という男が見つかれば、桑原の無実が証明されますね。頑張れ!

一方、解剖では頭蓋骨の損傷が激しく前後どちらから弾が入りどちらから出たのか判別がつきません。

警官が奪われた拳銃も桑原が使用していた拳銃も口径は同じ。

射入口と射出口を判別するためにさらに脳を検査することになりました。

その頃、東北に到着した平は、嶋田浩之(柄本明)の体調を心配しています。

里子の歯について謝罪する浩之は、近々入院が控えていることも伝えます。

さらに浩之は自分の家で一緒に住んでもいいと考えていたんですね。

そして、法医学教室には新たに身元不明の男性の焼死体が運ばれてきました。

今度の解剖には朝顔も入ることができました。

背中に残されたタトゥーと、死後焼却の可能性を指摘する朝顔。

直接の死因は脳挫傷によるもの。死後一日半から二日だと出ました。

焼死体の身元は桐谷でした。

桑原の事件に関係していた遺体を解剖してしまった朝顔の立場も危うくなってしまいますね。

そして田村の脳の結果を見て、現場の位置関係を確認しようとする藤堂雅史(板尾創路)。

鑑定の結果は、正面から射撃されたもの。

桑原が撃ったことを示していました。

朝顔も結果を聞いてしまいましたね。

さらに追い詰められてしまった桑原。

瀧川(近藤芳正)管理官「桑原、お前何を見たんだ。」

スポンサーリンク

『監察医 朝顔』第6話ネットの反応や感想

ドラまる
随分とてこずった解剖だったけど、茶子先生がいたらすんなり何か思いついて解決してくれそうなのに。

茶子先生、桑原の無実を証明してー。

ラマちゃん
ありえないと思いつつ疑っちゃったわ。

そうか、名前で登録してたから誤解しちゃったのね。

ドラまる
藤堂家の大輔君もつぐみちゃんもかわいかった!

新たな癒し~。

スポンサーリンク

ドラマ『監察医 朝顔2』第5話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『監察医 朝顔2』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

監察医・朝顔2|6話見逃し動画無料視聴はこちら

『監察医 朝顔』第7話あらすじ

2020年12月14日(月) 21:00時から放送のドラマ『監察医 朝顔』第7話のあらすじをご紹介します。

朝顔(上野樹里)の夫で、神奈川県捜査一課の桑原(風間俊介)は、田村聖奈(中村里帆)を射殺した容疑で監察官の五十嵐(松角洋平)から厳しい追及を受けていた。

桑原は、聖奈を撃ったのは交際相手の桐谷大和(坂本慶介)だと主張。

自分は、聖奈の背後から彼女に拳銃を向けた桐谷の右足を撃ったと証言した。

だが、その桐谷が焼死体となって発見され、解剖の結果、聖奈が射殺されるよりも前に死亡していたことが明らかになる。

桐谷の解剖を行ったのは朝顔だった。

 朝顔は、検視官の丸屋(杉本哲太)に頼み、桐谷の遺体が見つかった現場を見に行く。

だが、それを知った五十嵐は、朝顔の元を訪れると、丸屋をこの事件から外したと告げる。

妻が夫のために記録を改ざんしないとも限らない、というのだ。

続けて五十嵐は、拳銃を撃ち慣れていない桑原の手元が狂った可能性は本当にないのか、と朝顔に問いかけた。

それに対して朝顔は、どんな結果になろうとも自分の解剖に私情を挟むことはない、としながらも、担当を外れることを了承する。

 一方、野毛山署の山倉(戸次重幸)らは、事件の発端となった、警察官が拳銃を奪われた現場周辺の防犯カメラ映像を手に入れる。

平(時任三郎)が手配したものだった。

さらに平は、ある人物に会って欲しいと山倉に頼む。

 しかし、法医学教室も、野毛山署の刑事たちも、桑原の無実を証明できるような新たな証拠を見つけることはできず……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『監察医 朝顔』第6話のネタバレ感想と第7話のあらすじをご紹介いたしました。

今回では桑原の無実が証明できませんでした~。

次回はぜひぜひ茶子先生に登場していただきましょう。

桑原のことを知った平も力を貸してくるようですね。

万木家だけでなく法医学教室や野毛山署の面々も一丸となって桑原の無実を証明してもらいたいです。

ドラまる
つぐみちゃんと大輔君の癒しパートは来週もあるかな?
ラマちゃん
聖奈を撃ったのは誰なのかしら。

本当に手元が狂ったの?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA