【監察医 朝顔】2話ネタバレと感想。最後に登場したずぶぬれ山倉にびっくり。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年11月9日(月)にドラマ『監察医 朝顔』第2話が放送されました。

ドラまる
みんな待ってた監察医朝顔の第二話が放送されたよ。

中学生の男の子が事件に巻き込まれるんだ。

ラマちゃん
事件の真相もそうだけど、朝顔の父・平が持っていた転出届が気になっていたの。

朝顔は気が付いちゃうのかしら。

こちらの記事では、ドラマ『監察医 朝顔』第2話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『監察医 朝顔』第2話あらすじネタバレと感想

朝方に鳴り響く朝顔(上野樹里)の携帯。

急に仕事に呼び出されてしまい娘のつぐみ(加藤柚凪)は不満顔です。

父の桑原真也(風間俊介)とお出かけすることになりますが納得いっていませんね(笑)

何とか水族館デートに出かけることに成功しました。

つぐみちゃん、イルカにも触れて楽しそうです。

見つかったのは野球のユニフォームを着た14歳の中学生・矢野諒(池田優斗)の遺体。

体には殴られたような形跡がありました。

解剖の結果、諒は心臓振とうを起こしていましたが殴られたことが原因かどうかの判断が付きません。

そこへ諒の父・浩史が階段から落ち、意識不明で病院に運ばれたとの連絡が入りました。

聞き込みを続ける万木平(時任三郎)たちは野球チームの監督から、諒の双子の兄・一馬はエースで諒はいつも補欠だったことを聞かされます。

監督はできの悪い諒に対しても激しい口調で責め立てていたようでした。

金属バットで殴られたのだとしたら犯人はこの監督だったのか?

そして事件の起こった日、浩史が夜勤ではなく深夜一時には仕事が終わっていたことが判明します。

祖母の咲江(柳谷ユカ)は浩史は早朝7時に戻ってきたと証言していました。

空白の6時間に何があったのか。

朝顔も「双子が似ていない」と感じていた夏目茶子(山口智子)の言葉が気になります。

遺体は諒ではなく一馬だったのではないか。

朝顔はそんな疑問を呈しますが双子のどちらかを医学的に判別する方法がなく、確認することができません。

野球チームの監督が事件当時、保護者と不倫していたと証言され、残る容疑者は父一人になってしまいました。

そこへ一馬が「僕が殺しました」と金属バットを持って警察に出頭してきます。

諒が金網に引っかかったボールを取ろうとしたときに一馬がふざけて金網を揺らしてしまった。

その時、バランスを崩し立てかけてあった金属バットの上に落下したとのことでした。

諒の手からは塩化ビニールが検出され、現場で事故の様子を再現する朝顔たち。

そして真相解明のヒントになったのは生前の諒と一馬が事故現場を描いた絵。

呼び出された一馬に向かい、朝顔は「君は一馬くんじゃなくて、弟の諒くんだよね。」と話し始めます。

金網の上にあった電線には遺体と同じ手形が残されていました。

この電線ことを絵に描いていたのは弟の諒。

絵に電線を描かなかった一馬は電線の存在を知らなかったのでした。

事故の起こった日。なぜかユニフォームを入れ替えて着ていた兄弟。

「嘘ついてました。僕、諒です。」

久しぶりに試合を見に来てくれる父を喜ばせようと、入れ替わりを提案してきた一馬の一言でユニフォームを入れ替えていたのです。

その後、遺体が見つかり、血相を変えて出かけていく父。

周りのみんなから、「一馬が生きていてよかった。」と聞かされるたび本当のことを言えなくなっていた諒。

一馬の本当の死因は感電死。

バットの上に落ちたことが原因ではありませんでした。

意識を取り戻した父のもとに向かった諒は、涙を流し父に詫びます。

父の朝帰りは仕事を掛け持ちしていたことがわかり、こちらは安心しました。

事件の真相がわかり、一段落した朝顔はケガをして捜索を行えない平の代わりに、再び母の万木里子(石田ひかり)を探しに出かける予定を立てていました。

ママが出かけてしまうことに不満げなつぐみですが、朝顔はばあばを探しに行くのだと丁寧に伝えます。

母の実家に向かった朝顔は祖父の嶋田浩之(柄本明)に父がこちらに引っ越してくるつもりなのではないかと話しました。

朝顔は平が記入していた転出届を見つけてしまっていましたね。

健康が気になる祖父のことを思いながら帰途につきます。

雨の中、朝顔が自宅に戻るとなぜか山倉伸彦(戸次重幸)が?

朝顔と同様に激しく驚く桑原なのでした。

スポンサーリンク

『監察医 朝顔』第2話ネットの反応や感想

ラマちゃん
一卵性双生児を判別するのが自己申告でしかできないなんてことがあるのね。

ドラまる
このシーンだけで一時間見ていられそうだよ。

ラマちゃん
諒役の池田優斗くん、演技が素晴らしかったわ。

ドラまる
まだ小さいつぐみにもきちんとわかるように言葉を選び伝える朝顔。

気持ちはちゃんとつぐみにも伝わったよ。

ラマちゃん
え?え?!

どゆこと???

スポンサーリンク

ドラマ『監察医 朝顔2』第2話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『監察医 朝顔2』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

監察医・朝顔2|2話見逃し動画無料視聴はこちら

『監察医 朝顔』第3話あらすじ

2020年11月16日(月) 21:00時から放送のドラマ『監察医 朝顔』第3話のあらすじをご紹介します。

 朝顔(上野樹里)たちが暮らす万木家に、野毛山署強行犯係の係長・山倉(戸次重幸)が突然訪ねてくる。

山倉は、平(時任三郎)が保育園でつぐみ(加藤柚凪)を引き取って戻るまで、雨の中、傘もささずに万木家の前に佇んでいた。

平が事情を聞こうとしても、泣くばかりで何も言わない山倉。

遅れて帰宅した朝顔や桑原(風間俊介)も、突然のことに困惑する。

朝顔が夕食の支度を整えたころ、ようやく落ち着きを取り戻した山倉は、事情を打ち明けるが……。

 あくる日、朝顔は、検視官の丸屋(杉本哲太)から電話で呼び出される。

朝顔が向かったのは、山梨と神奈川の県境にある田園地帯だった。

朝顔が、遺体が見つかったという小さな倉庫に案内されると、そこで丸屋と、神奈川県警から山梨県警に異動になった旧知の検視官・伊東(三宅弘城)がもめていた。

第一報は自分たちの方が早かったのだから山梨県警が調べる、と主張する伊東に対し、この件は神奈川県警がずっと追っていた、といって譲らない丸屋。

すると、伊東とともに現場に来ていた山梨医大の法医が、解剖の予定が詰まっていると言い出したため、この件は朝顔が調べることになる。

 神奈川県警の刑事・西野(樋渡真司)によれば、遺体は農具倉庫で見つかり、第一発見者は所有者が亡くなったために調査に訪れた市の土木課職員だという。

遺体は完全にミイラ化しており、付近に身元を確認できるようなものもなかったため、年齢や死亡時期の特定は困難だった。

そして、奇妙なことに遺体はタキシードを身に付け蝶ネクタイをしていた。

そこで丸屋は、この遺体は重大事件の容疑者かもしれない、と朝顔に打ち明け……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『監察医 朝顔』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。

一卵性の双生児なのに双子が似ていないと指摘した茶子の観察力がすごいと思いました。

おかげで事件の真相が明らかになったのですが、本当に食えない人です。

そして、母を探しに向かった先で感じた祖父の体調の変化や、その祖父が大事に持っていた誰かの歯。

一体、誰のものだったのでしょうか。

ドラまる
今日は桑原パパとつぐみの水族館デートがかわいすぎたね!
ラマちゃん
それもよかったけど、最後に出てきた強行犯係の係長・山倉はどうしちゃったの???

こっちも気になって仕方がないわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA