【姉ちゃんの恋人】7話ネタバレと感想。すべての言葉にニヤニヤが止まらない。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年12月8日(火)にドラマ『姉ちゃんの恋人』第7話が放送されました。

ドラまる
ついに恋人になることができた桃子と真人。

応援したいんだけど、元婚約者が現れて…。

ラマちゃん
みゆきと和輝のカップルも、桃子に報告するのよね。

その和輝は真人の過去を知ってどう感じるのかしら。

こちらの記事では、ドラマ『姉ちゃんの恋人』第7話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『姉ちゃんの恋人』第7話あらすじネタバレと感想

自分の過去を思い出しながら、素直に伝えてくれた吉岡真人(林遣都)と恋人になった安達桃子(有村架純)。

帰宅した真人は母の貴子(和久井映見)に桃子と恋人になったと報告をします。

貴子「そう。素敵な人と出会えてよかったね。」

真人「僕は幸せ者だと思う。」

静かに喜び合う親子。

そして、ホームセンター『T’s Craft & Home』では市原日南子(小池栄子)に報告をする桃子の姿がありました。

こちらは嬉しさを爆発させてくれます。

仕事終わりの桃子と、仕事中の真人の初々しいじゃれ合い(笑)。

高田悟志(藤木直人)に見られてしまいました。

今日も高田のウザがらみは健在です。

帰宅した桃子は弟たちに真人と付き合うことになったと報告します。

そして、事件のことも。

それを聞いて朝輝(南出凌嘉)は姉が幸せになれるのか不安だと口にします。

桃子「幸せになる。でも辛い世間の中で、つらい思いをすることがあるかもしれない。その時は助けてください。」

和輝(高橋海人)「今度は俺たちが姉ちゃんを守る。世界中が敵でも俺たちが姉ちゃんを守る。」

なんと頼もしい最強の弟たち。

初めて頼りにされて嬉しくなったんですね。

恋人になって初めてのデート。

こちらが照れるほど見つめ合って、ニコニコでした。

真人は、桃子が日南子に事件のことを話していないだろうと思い自分から事件の話をしたと言います。

誠実が服を着て歩いているような人物です。

高田は異動になり配送で一緒なのは年末までなんですね。

さらに、真人の保護司で桃子の叔父である川上菊雄(光石研)にも報告します。

菊雄「真人、よく聞けよ。気ぃ強ぇぞ。」

しかし、祝福しながらも菊雄はこの二人に今後不安なことが起きないことを祈っていました。

みんなから応援される二人。

今までの行動が導き出している結果です。

そして、真人は貴子の勤めるお弁当屋に桃子を連れていきます。

桃子はツリーの前で涙を流してくれた女性が、貴子だったことに気が付きました。

真人の母として初めて会うのに、サンタの格好をしていた貴子は恥ずかしがって着替えに行ってしまいました。

和久井映見さん、かわいい~。

仕事に向かった真人の前に現れた和輝。

和輝「世間からは僕らが守ります。でもあなたとの関係はあなた次第です。もし姉を傷つけるなら、僕はあなたを許さない。」

姉のことを思い、真摯に守ろうとしている和輝の姿はほめてあげたいです。

真人「和輝くん、約束します。」

可愛い弟が三人もできて真人も幸せですね。

一方、桃子といつものコンビニで祝杯をあげる浜野みゆき(奈緒)。

反対の姿勢を保ちつつも、ニヤニヤ顔のみゆきです。

そして、みゆきの話は二つ。

会社がつぶれ、仕事を無くしてしまったこと。

二つ目は、大学生と付き合うことになったこと。

そして、それには越えなければならない壁あること。

みゆき「その壁、桃子なんだ。」

ついに和輝と恋人前提に付き合っていることを伝えることができました。

帰宅した桃子は和輝を外へと呼び出します。

桃子「みゆきは大切な人なんだよ。半端な気持ちだったら辞めろ。」

みゆきとの恋を応援してくれることになった姉。

みゆきも嬉しかったでしょう。

ホームセンターでは、日南子から社長がクリスマスディスプレイをほめていたと報告を受けます。

そして、新年のディスプレイの担当には、再び桃子が決まりました。

真人も巻き込んで大騒ぎになりそうですね。

バーで自分の過去の恋愛を高田に話す日南子は、高田に「相当好きみたい」と言ってもらえました~。

こちらもよかったです。

途中でかかってきた電話はお父さんなのかな。珍しく声を荒げていましたね。

新年のディスプレイの案を話しながらデートをしていた桃子と真人。

その前に、元婚約者の香里(小林涼子)が現れたのでした。

スポンサーリンク

『姉ちゃんの恋人』第7話ネットの反応や感想

ドラまる
桃子と真人の中学生カップル。

可愛いね。

ラマちゃん
心強い弟たち!

そして姉も弟のことを変わらず大切にしてるね。

ドラまる
真人の母としては初めての対面だったんだね。

サンタ姿かわいかったけどな。

ラマちゃん
みゆき、仕事なくしちゃってたのね。

ドラまる
桃子が私服だったもんね。

想像で安心した人たくさんだったね。

ラマちゃん
高田と日南子さんターンも好き!

スポンサーリンク

ドラマ『姉ちゃんの恋人』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『姉ちゃんの恋人』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

姉ちゃんの恋人|7話見逃し動画無料視聴はこちら

『姉ちゃんの恋人』第8話あらすじ

2020年12月15日(火) 21:00時から放送のドラマ『姉ちゃんの恋人』第8話のあらすじをご紹介します。

元恋人との予期せぬ再会で、真人(林遣都)の脳裏によみがえる辛い記憶!

過去を乗り越えるため、真人が懸命につむぎ出した言葉に桃子は…?

桃子(有村架純)とのデート中に、偶然、元恋人の香里(小林涼子)と再会した真人(林遣都)。

突然のことに言葉を失う2人を見た桃子は、目の前の女性こそが、真人が服役するきっかけになった人だと瞬時に悟る。

話をしたいという香里の申し出に、真人は一瞬戸惑いを見せるものの、それを受け入れ、桃子にそばにいてほしいと頼む。

内心動揺しながらも、決してそれを表に出さないよう心掛けながら、真人は過去を乗り越えるため、“幸せ”について自分の思いを語り始める。

一方、悟志(藤木直人)に抱きしめられた日南子(小池栄子)は、悟志が自分のことをどう思っているのか本心が分からず、困惑していた。

そんななか、桃子から悟志に関する「ある情報」を聞かされ、ショックを受け、不安を募らせる。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『姉ちゃんの恋人』第7話のネタバレ感想と第8話のあらすじをご紹介いたしました。

今日はそれぞれの恋人たちが幸せをつかんでハッピーにあふれた回でした。

画面からビシビシ伝わってくる幸せオーラにこちらまでニヤニヤ。

それなのに、次週は三者三様の試練が待っていそうです。

元婚約者が何を伝えるのか。

そして日南子も高田の隠された真実に直面して迷ってしまいそうです。

ドラまる
みゆきと和輝のカップルを桃子が応援してくれてよかったよー。
ラマちゃん
来週はみんなに波乱が待っているんだって。

今週とのギャップが。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA