姉ちゃんの恋人|1話ネタバレと感想。かわいい弟を愛するかわいい姉にほっこり。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年10月27日(火)にドラマ『姉ちゃんの恋人』第1話が放送されました。

ドラまる
弟のために頑張るお姉ちゃんの恋の物語が始まるよ。
ラマちゃん
主演は有村架純さん。

可愛いお姉ちゃんの幸せ探し、楽しみだわ。

こちらの記事では、ドラマ『姉ちゃんの恋人』第1話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『姉ちゃんの恋人』第1話あらすじネタバレと感想

綺麗な夜景に彩られる街。

そんな中、ホームセンター『T’s Craft & Home』で働くホームファッション部の安達桃子(有村架純)。

桃子は自粛のせいもあり今年のハロウィンの飾り付けがいまいちだったことで、クリスマスのイベントを盛大に行おうと提案します。

同じころ、『T’s Craft & Home』の配送部の高田悟志(藤木直人)と吉岡真人(林遣都) は夜景を見ながら荷物を配送していました。

真人は閉店後のお店で桃子が見つけた壊れた地球の飾りを直しています。

間接的に関りを持った二人。

一方、このご時世で仕事場の飲み会自体が久しぶりなことに気が付いた桃子たち。

そこで、桃子の三人の弟たちの話になります。

20歳の安達和輝(高橋海人)17歳の優輝(日向亘)14歳の朝輝(南出凌嘉)。

両親を亡くした桃子は一人で弟たちを育てていました。

弟の恋人チェックも辞さないという桃子ママは、自身が久しく恋をしていないことを思い出しました。

配送部の夜勤明け。

真人の母・貴子(和久井映見)は食事の用意をして待っていました。

お互いをいたわり合う優しい母子。

父はすでに亡くなっていました。

何かを抱えた母親は小学校の先生を辞めていました。

それには時折悲しい顔を見せる息子の真人が関わっているようです。

桃子はクリスマスの模様替えのリーダーに指名されます。

そのチームに高田の一存で配送部の真人も参加することになりました。

安達家のクリスマスの思い出を聞いて泣いてしまう同僚の岸本沙織(紺野まひる)。

チーフの市原日南子(小池栄子)をはじめ、桃子がみんなに愛されていることを感じられました。

そして会議室にチームのメンバーが集まります。

イルミネーションの輝くキラキラしたクリスマスをプレゼンする社員たちの中で真人は本物のもみの木のツリーを飾りたいと発言します。

真人「クリスマスは幸せの象徴。でもつらい思いを持っている人にも触れたいと思ってもらえるようなクリスマスにしたい。」

そう言った真人の案は、桃子が考えたものと同じでした。

友人の浜野みゆき(奈緒)と久しぶりの会話をする桃子は”心の根っこで分かり合える人”を待ち焦がれている自分を感じて、真人の顔を思い浮かべます。

一方、保護司の川上菊雄(光石研)と話をする貴子。

川上「彼は十分償った。」

そのころ散歩に出いていた真人は河川敷で行われていたサッカーの試合を見ていました。

その試合には桃子の弟の朝輝が出場していました。

朝輝がファールをしたことに激しく抗議する桃子はレッドカードをもらってしまいます。

その様子を真人に見られてしまいますが、それがきっかけで身の上話をすることに。

桃子「自分を犠牲にしてでも弟たちを幸せにしたい。」

そして、「母を幸せにしたい」という吉岡の言葉。

そんな自分と重なるところ感じた桃子は、つい「私みたいながつがつした人と付き合ったらいい」と口走ってしまいました。

桃子を見送ったあと、真人は自分の手を見つめたのでした。

スポンサーリンク

『姉ちゃんの恋人』第1話ネットの反応や感想

ラマちゃん
温かさを感じるドラマだったね。

ドラまる
藤木直人さんのこういう役好きだな~。

ラマちゃん
真人のお父さんは亡くなっていたのよね。

一見、温かい家庭だけどどんな秘密を持っているのか気になったわ。

ドラまる
安達家のわちゃわちゃ感が楽しかったね。

ラマちゃん
林遣都さんの演技に引き込まれたわ。

スポンサーリンク

ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『竜の道-二つの顔の復讐者-』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

姉ちゃんの恋人|1話見逃し動画無料視聴はこちら【10/27配信】

『姉ちゃんの恋人』第2話あらすじ

2020年11月3日(火) 21:00時から放送のドラマ『姉ちゃんの恋人』第2話のあらすじをご紹介します。

真人(林遣都)に恋する桃子(有村架純)の乙女心は弟たちにバレバレ!?

近づく2人の距離と、よみがえる悲しい過去の記憶――

ひょんなことから、壊れた地球儀を直してくれたのが真人(林遣都)だと知った桃子(有村架純)。

性格はまるで違うものの、どこか価値観が似ている真人に恋心を抱くようになった桃子は、家でも終始上機嫌。

もはや恋をしていることは一目瞭然で、和輝(髙橋海人)たち3人の弟は、そんな姉の姿を心配そうに見つめる。

一方の真人は、桃子の予算案が承認され、クリスマスプロジェクトが無事に動き出したことにうれしさがこみ上げる。

ホームセンター一丸となっての仕事に楽しさを感じ始めた真人は、何とかこのプロジェクトを成功させたいと、上司の悟志(藤木直人)にも協力を依頼する。

そんなある日、安達家では、桃子の親友のみゆき(奈緒)と親戚の川上(光石研)を呼んで鍋パーティーをすることに。

ところが当日、みんなが桃子の帰りを待ちわびるなか、桃子は仕事で思わぬミスをしてしまい、急きょ、商品をお客様の自宅まで届けることに。

その場に居合わせた真人が桃子を車で送っていくが、助手席の桃子の手はなぜか震えていて……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『姉ちゃんの恋人』第1話のネタバレ感想と第2話のあらすじをご紹介いたしました。

久々に火曜の9時枠にほっこりしたドラマが始まりましたね。

可愛い弟たちや、配送部の明るい上司。

見守ってくれる同僚と、視聴後にほんわかした気持ちになりました。

真人の過去が今後影を落としそうですが、桃子のポジティブが救ってくれることを願います。

ドラまる
真人は何かしらの罪を償ったあとなんだね。
ラマちゃん
真人の保護司の川上が安達家とも関係があったみたい。

安達家と吉岡家の橋渡しになってくれるかしら。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA