【七人の秘書】3話ネタバレと感想。サランにかけた萬の言葉がグッとくる。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年11月5日(木)にドラマ『七人の秘書』第3話が放送されました。

ドラまる
好調な痛快お仕置きドラマは、今日は慶西大学病院が舞台だよ。
ラマちゃん
朴四朗/パク・サランが院長秘書を務めているのよね。

サランは影の秘書軍団の中でも人一倍優しい感じがするわ。

こちらの記事では、ドラマ『七人の秘書』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『七人の秘書』第3話あらすじネタバレと感想

婦人とぶつかっても謝ることをしない男性を成敗した影の秘書軍団。

照井七菜(広瀬アリス)
もすっかり一員になっています。

慶西大学病院院長・西尾忠彦(大和田伸也)の秘書の朴四朗/パク・サラン(シム・ウンギョン)は、秘書の仕事だけでなく医師たちのサポートもしており、内科医・三好麻里(松本若菜)はサランの仕事ぶりをかっていました。

その三好は患者から受け取った菓子折りの箱の中にお金が忍ばせてあったことで、謹慎処分になってしまいます。

照井は頭取・霧島和夫(小林隆)の主治医でもあった三好の謹慎を知り、萬敬太郎(江口洋介)のラーメン屋に連れて行こうとします。

すでにラーメン屋にはサランが三好を連れてきていました。

院長の指示であの菓子折りを発注したのはサランでした。

この件で、院長の悪意を感じ取った萬。

三好と同じ内科医である院長の息子・西尾直哉(忍成修吾)を内科部長にするためにはめられたのではないか。

復讐を請け負うことになった望月千代(木村文乃)達は直哉との合コンに向かいます。

そこで直哉が三好にしたことを聞き出そうとしますが、はぐらかされてしまいました。

一方、次期医師会会長の座を狙っている院長は厚労省大臣との会食に向かいます。

そこには財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の姿もありました。

会話を盗聴していた萬は粟田口に対し警戒感を強めます。

さらに会食の席に遅れてやってきたのは、医大予備校の校長の橋口でした。

院内で直哉の横暴を許せないサランは院長と橋口とのつながりを見つけます。

そのころ、記者だと名乗る謎の男・黒木瞬介(坂口拓)に声を掛けられる照井。

自宅で亡くなったとされている前頭取・一原福造(橋爪功)の死に疑問を抱いていました。

黒木に慶西大学病院のことを口走ってしまった照井。

守秘義務の方も心配になってしまいますね。

後日、慶西大学病院が患者から多額の報酬を強要しているという記事が出てしまいました。

院長はすべてを三好の責任とし、三好を懲戒解雇し自身も院長の座を辞すると記者会見を開きます。

院長は厚労省に籍を移す約束が取り交わされていました。

医師として働くことができなくなると三好は頭を抱えます。

「追放になるのは三好先生ではありませんが。」

と懲戒解雇通告を破り捨て微笑むサラン。

病院で行われている会議で、萬が三好の代理人として現れます。

そして呼び込まれたのは雀荘で鰐淵五月(室井滋)とともにマージャンをしていた男性。

借金の肩代わりをしてもらっていた院長に頼まれ三好に金品入りの菓子折りを渡した人物でした。

さらに明かされた直哉の医大裏口入学。

院長は息子だけでなく、橋口と組んで医大への裏口入学をあっせんしていたのでした。

しかし、そのことを直哉は知りませんでした。

直哉「俺のためにあの邪魔な女を追い出してくれたんだよね。」

医師たちの前で真実を暴露してしまった親子。

西尾親子が病院から追い出されたあと、三好は医師として戻ってくることができました。

医師を目指していたサランは、病弱だった母のことを思い出していました。

お金がなくて医大に進ませてあげられなかったと悔やむ母の姿。

萬「医者にならなくてもお前は人を救ってるぞ。」

その言葉を聞き、涙を浮かべたのでした。

スポンサーリンク

『七人の秘書』第3話ネットの反応や感想

ドラまる
真摯に悪と向き合うサラン。

本当は医師になれるほどの人物だったんだね。

ラマちゃん
菜々緒さんのハイキックは芸術品よ。

次週はその長谷がメインの回になるわ。

ドラまる
アキラさんじゃなかった粟田口と萬との関係が気になるね。

スポンサーリンク

ドラマ『七人の秘書』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『七人の秘書』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

七人の秘書|3話見逃し動画無料視聴はこちら【10/22配信】

『七人の秘書』第4話あらすじ

2020年11月12日(木) 21:00時から放送のドラマ『七人の秘書』第4話のあらすじをご紹介します。

警視庁警務部長・北島剛次(木下ほうか)のもとに、警視正・山根幸四郎(金井勇太)のスマートフォンと、そのスマホでスカートの中を盗撮されたという女子高生・小杉映子(永瀬莉子)が提出した被害届が届く。

山根が財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の後援会会長の息子だと知った北島は、粟田口に恩を売るため、この被害届をもみ消してしまう…。

 そんな中、帰宅途中の映子が見知らぬ男たちに襲われる。

たまたま通りかかった都知事秘書・風間三和(大島優子)は映子を助け、萬敬太郎(江口洋介)が店主のラーメン店「萬」へ連れていく。

そこで映子は、警察から「被害届が出ていない」と言われたこと、それ以降誰かに見張られていることを話し始める。

そっと話を聞いていた北島の秘書・長谷不二子(菜々緒)は、事件を隠蔽した警察組織に大激怒。

「これ以上怖い思いをしたくない」と、泣き寝入りしようとする映子を諭し、一緒に戦うことを誓う。

 映子の記憶から、盗撮に使われたのが山根のスマホだと確信した不二子は、東都銀行常務秘書・望月千代(木村文乃)ら裏仕事の仲間たちと山根を懲らしめることに…!

 盗撮マニアの常習性を利用することにした秘書軍団は、表向きはクリーンな警察キャリアの山根を現行犯で捕まえる作戦を開始。

三和と東都銀行頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)がオトリになり、山根との接触を計るが…?

 “七人の秘書”たちが、卑劣な盗撮犯に鉄槌を下す――!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『七人の秘書』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。

クズ親子が一掃され慶西大学病院にもサランが望むような平穏が戻りそうですね。

今回は照井が口を滑らせたことが結果として吉となりましたが、照井のおっちょこちょいは今後心配になります。

合コンのシーンでもそうでしたが長谷が爆発しそう(笑)

そんなところも含めて照井の良さなんだと思うことにします。

ドラまる
サランは自分も三好のように人のことを救いたいと思っていたんだね。
ラマちゃん
萬の言葉はサランにとって嬉しい一言だったわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA