24 JAPAN|9話ネタバレと感想。獅堂の冷酷な決断により内通者の菫が自殺!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年12月04日(金)「24 JAPAN」の9話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
獅堂は、暗殺実行犯と間違われて捕まるが、神林を自ら捕まえるため逃走。

獅堂はどうやって神林の居場所を特定するのかな。伊月に協力を仰ぐのか。

ラマちゃん
麗は、狙われても毅然な態度をとる、ニュースキャスターのまどかが、夕太の罪を暴露することが分かる。

麗はどうするのか。遼平はどう動くのか。

麗の暗殺を機転で回避した獅堂。実行犯として逮捕されたが、神林を逮捕するため逃走。伊月に冷酷な指示を出し内通者の菫に協力をさせようとする。まどかが夕太の犯罪を公表しようと.....。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』9話あらすじネタバレと感想

日本初の女性総理誕生に期待が高まる東京、午前8時~午前9時まで、事件はリアルタイムで進行中である。

麗は、獅堂の機転で暗殺を免れる。獅堂は、犯人と間違われ捕まるが、暗殺を止めるためにやったといいカメラマンを捕まえろとCTUの渉外部の人間に伝える。

伊月と南条は、内通者の菫を尋問し、子供の手術費が必要で、神林に頼まれやったと告白する。

CTU内の防犯カメラの映像を神林に見れるようにしたのも菫で、死んだと思われている伊月が動くと神林に気づかれると悩む。

菫が提案し、神林へのアクセスを遮断し、管理者に気づかれそうになったからやったと神林に連絡する。神林は、麗の暗殺が失敗してイラつき、菫に、獅堂を探すように命じる。

伊月は、CTU内に戻り、マイロに菫がやっていた作業をするように命じる。

麗は、選挙参謀の長田に、何が起こったのか調べるように頼む。遥平は、今からのスケジュールはキャンセルした方が良いとアドバイスする。

拘束された獅堂は、CTUの渉外担当に、内密に、妻と娘が人質にとられ、暗殺犯の指示に従いライフルを持ち込んだが、麗を救うため、騒ぎを起こし止めたと告白する。

渉外担当は、獅堂を解放する権限はないと言い、つれていかれる。

途中で、獅堂は、拘束者を振り切り、銃を奪い、通りかかった楼里の車を止め銃を向けて、現場から離れるように指示し逃走する。

夕太は、妹の日奈に、父と母が無事だと伝え、祖母の家から出るなと指示する。夕太もホテルで待機していた。

獅堂は、工事現場まで車を走らせ、だれもいない事務所に、楼里に拳銃を向けながら忍び込む。

菫は、子供の手術代欲しさに500万で神林に協力したと見張っている南条に話す。伊月が帰ってきて、獅堂から、撃ってすまないと電話が入る。

獅堂は、逃走し、工業地帯の事務所に潜んでいて、家族を自分で救いに行くため、手錠の鍵と銃弾と車を用意して欲しいと頼む。

伊月は、CTUにいて、菫が内通者だと分かったと伝える。菫に、伊月と南条と自分だけの秘密にして罪を問わないから、神林逮捕の協力をするように説得する。

菫は信じれないと言うため、伊月に菫の息子をつれてくるように命じる獅堂。伊月はやり過ぎだと言うが、家族の命がかかっていると曲げない。

麗は、選挙本部のあるホテルに着き、秘書の秋山から、夕太が止めたが30分ほど前にイライラしてどこかにでかけたと報告する。

二人だけになった麗に、遥平は、1時間後に、ニュースキャスターのまどがが重大な発表をするとの情報を得たと伝え、止める手立てを考えた方が良いと進言する。

麗は、真実は曲げられないと言い、まどかを止めることはできないと言い部屋から出て行く。

獅堂は、南条に電話をして、車の手配がもうすぐつくことと、菫が黙秘していて、息子はまだ到着していないと言われる。

南条は、獅堂が不審な行動をとっていたため通報したことを謝り、獅堂も、謝り、信じる相手を間違えたと伊月を助けるように頼む。楼里に、手錠を切ってもらい自由になる。

選挙参謀の長田は、銃を発砲したのは獅堂で、麗を救うためと言い、今は逃走していると状況を伝える。麗は、獅堂なら自分を救ったのかもしれないと言い、ある事件で知っていると答える。

見張りの男が、美有をつれて隣の部屋に行こうとする。六花は乱暴するとすぐに気づき、自分が見代わりになると言い男に別の部屋につれて行かれる。

遥平は、まどかに電話をして、夕太の報道を延期して欲しいとたのみ、その代わり、麗の暗殺が国の機関によって行われたとの情報をリークする。まどかは、待つことを了解する。

事が終わり、部屋から出てくる六花に、美有は自分が家を出たばかりにと謝る。六花は、絶対ここを抜け出して、3人で暮らすから、今の事は忘れてと言う。

六花は、見張りの男から盗んだスマホを取り出し、伊月に電話をする。伊月が出て名乗るが、すぐに、見張りの男がきてしまい通話を切る。

麗は、帰ってきた夕太に、優秀な弁護団をつけるからと言うと、他人事だと思ってと出て行く。長田が、まどかが報道を延期すると連絡があったことを伝える。

遥平に、まどかに何か言ったかと聞くがとぼけられる。麗は、放送が終わったら、何があったのか聞くと言うと、遥平は、ほじくらない方が良いと言うが、麗の気持ちは変わらなかった。

獅堂に、楼里は、昼間はパートで夜は集配センターで働いていて、不自由な姉を引き取ったら、旦那に、子供をとられて離れて暮らしていると言う。

獅堂は、迷惑かけたと謝り、家族を取られて今が一番怖いと話す。車がきたら解放することを約束する。

南条と伊月は、菫に、息子がもうすぐここにつき、手錠をかけられた母親を見たらどう思うと迫る。南条は、神林にばれたら、菫も息子も命がないかもしれないと脅す。

菫は、混乱してきたと言い少し時間が欲しいと頼む。伊月は、一人にさせてあげると言い、南条と部屋を出て行く。

獅堂は、SPが近くまできていることを窓越しに発見する。このまま出られないから、楼里に車を運んでくれるように頼む。家族が誘拐されているからとお願いする。

楼里は、外に出て行き、獅堂が窓越しに見守る。一旦は、SPを離れるが、急に気持ちが変わったか、獅堂のいる事務所をSPに教える。

獅堂は、SPから逃げるため窓を飛び出し、伊月が用意してくれた車に乗り逃走する。SPは、すぐさま車の特徴とナンバーを見て、捜査網をひく。

南条は、マイロに神林のデータを照合させるが、沢山あり過ぎで絞り込めない。引き続き頼み、あとから来た伊月と菫を拘束した部屋に戻る。

菫は手首をガラス片で切って、自殺していた。南条が止血をするがすでに遅かった。マイロから、菫の息子がきたと連絡が入るが、亡くなった菫を見せないように、そこに留まるように命じる。

神林から、菫に電話がくる。電話に出ない菫に、神林は苛立っていた。

ここまでが第9話のネタバレです。

獅堂は、菫が口を割らないと見るや、息子をつれて来いとは、冷酷ですね。もちろん、家族がテロ犯に拘束されて心配なのは分かるけど。

南条は、いろいろ分かってきて獅堂を疑いCTUに通報したことを謝りました。獅堂も信じる相手を間違えたことを謝ったね。伊月を巡る嫉妬は解消されたのかな。

ドラまる
六花が美有の身体を守るため、自らが身代わりになりましたね。母は強いですね。

そして、見張り役が油断している隙にスマホを奪うとはさすがです。

ラマちゃん
内通者の菫が自殺してしまいました。ガラス片で手を切ったみたいだけど、近くにガラスなんかなかったのにどうやって自殺したのかな。

だれかに殺されたのでは。まだ、内通者がいるのか。南条か伊月ということか。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』8話ネット上の反応

ドラまる
獅堂の俺を信じてくれと言われても、結局、信じてもらえなかったですね。

ラマちゃん
菫が自殺しにショック。自殺道具の謎の破片はどこからと疑問を投げる方もいますね。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』第8話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『24 JAPAN』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

24JAPAN|8話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『24 JAPAN』10話のあらすじ

2020年12月11日(金)放送の第10話のあらすじをご紹介します。

日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画に関わる内通者だということがバレてしまい、追い詰められたCTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の暗号解析係・明智菫(朝倉あき)が自殺を図った!

菫を訊問していたA班チーフ・水石伊月(栗山千明)と暗号解析係長・南条巧(池内博之)は動揺しながらも、菫が病院へ搬送されるのを見届け、それぞれの仕事へ戻る。
一方、麗を暗殺しようとした実行犯と間違われ、警察に追われる身となったA班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は逃亡を続けるも、あちこちに張り巡らされた検問のせいで身動きが取れないでいた。

その矢先、暗殺計画に関与する謎の男・神林民三(高橋和也)に誘拐された現馬の妻・六花(木村多江)が再び、監視の目をかいくぐり、伊月に電話をかけてくる。

電話をつないでもらった現馬は六花、そして一緒に監禁されている娘・美有(桜田ひより)の居場所を突き止めて救出するため、伊月に逆探知を依頼。

だが、通話経路は暗号化されており、逆探知は至難の業だ。

悠長に待ってなどいられない現馬は、大まかなエリアが判明するや危険を顧みず、警察の包囲網を突破しようと試みるが…!?

まもなく菫のパソコンから、暗号化された1件のメールが見つかる。

かろうじて判明した件名には、「テッド福井」という不審な名前が記されていた!

この人物は一体何者なのか…。

南条から報告を受けた現馬は「テッド福井」と接触を図ろうと画策し、大胆な行動に出る。

そんな中、CTU第1支部に、九死に一生を得た麗のもとに、さらには神林のもとにも――次々と“驚愕の知らせ”が舞い込む!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『24 JAPN』9話のあらすじネタバレ、感想、10話のあらすじを紹介しました。

テロ犯に間違われ逃走する獅堂。伊月から菫が内通者だと知らされ、息子を連れてきて白状させろと命令。夕太の犯罪の報道があると知った麗の夫はまどかと取引。菫は、追い詰められ自殺。

ドラまる
菫が自殺してしまいましたね。病院に搬送されるようです。

生きていることを願うね。まだ、幼い息子もいるのだから。

ラマちゃん
獅堂は逃走するが、包囲網は厳しいようです。

六花と連絡がついたり、居場所に繋がる情報も出てくるようです。助けられるといいですね。

内通者の菫の尋問が始まりましたね。子供の手術費のためとは悲しい出来事でした。さらに、獅堂の冷酷な指示に、菫は自殺を選びましたね。それを聞いたら、獅堂はどう思うのだろうか。

麗と獅堂は、どうやら何かの事件で旧知のようですね。麗は会ったことはないが、獅堂の仕事ぶりは認めているという感じでした。二人の関係する事件もこれから繋がってくるのか。

次話、六花たちが拘束されている場所の範囲も分かり、菫のパソコンの解析からも重要人物が浮かび上がる。獅堂がどう逃走し、真実に向かって、家族を助けるのかですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA