24 JAPAN|7話ネタバレと感想。内通者は、菫(朝倉あき)!伊月、獅堂に撃たれる!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年11月20日(金)「24 JAPAN」の7話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
神林の目的は、菫たちが解析しているカードキーのようです。

獅堂は、どうやって切り抜けるのか。

ラマちゃん
函崎がニセモノであることが分かる六花。

人気のない場所につれて行かれたが、逃げることができるのでしょうか。

獅堂は、娘・美有を人質にとられ神林に従う。CTUで解析が進む内通者に関するカードキーのすり替えを命じられる。寿々の父・函崎がニセモノであることが分かり、六花は、逃げるが.....。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』7話あらすじネタバレと感想

日本初の女性総理誕生に期待が高まる東京、午前6時~午前7時まで、事件はリアルタイムで進行中である。

飛行機の爆破により得た麗の民政党カードを持つカメラマンの皆川になりすましたニセ皆川は、銃を準備し、朝食会に出発するとテロ実行犯のボス神林に告げる。

神林は、獅堂に指示して、サンバイザーにあるCTUのカードキーを取るように指示する。

そのころマイロによりカードキーの解析が行われ、だれかの整形手術が行われているとの情報が分かり伊月に伝える。

麗は、息子・夕太に、正当防衛だったことを家族全員で公表したいと言う。夕太は、選挙のためにさらし者にするのだろうと言い拒否。麗は、家族を守りたいだけだと説得する。

麗の夫・遥平は、娘・日奈の部屋を訪ね、麗が行動する前に伝えておきたいと話しかける。

美有は、研矢にいっしょに逃げようと言い、用が済んだ研矢は剛みたいに殺されるからと説得する。

CTUに到着した獅堂。神林は、カードキーをすり替えるように命じる。

獅堂に気づいた伊月は、身元不明の死体は、会計士の函崎で六花にも伝えたと言い、カードキーの解析は、マイロが行っていると伝える。

獅堂は、自分の部屋に行き、神林に、六花といっしょにいる男はだれだと迫る。神林は、娘と妻を殺されたくなければカードキーをすり替えろと迫る。

神林は、ニセ函崎に、正体がばれたことを伝言に残す。六花は、気持ちが悪くなったと車を降り逃げる。神林からの伝言に気づいたニセ函崎は、六花を追いかける。

六花は、ニセ函崎の背後から殴り気絶させて木に縛る。車に行くが、ロックがかかり解除できない。

研矢は、剛を埋め仕事が終わったから帰ると神林に伝える。もう一仕事終えれば、お金を倍にして帰してやると言い、研矢は震えながら了解する。

3分でカードキーをすり替えろと迫る神林に対し、獅堂は、伊月を呼び、メモを書くが、神林に気づかれる。防犯カメラに侵入し獅堂の動きを見張っていたのであった。

獅堂は断念し、伊月に、カードキーの解析を一旦中止させるように言う。

麗は、日奈と二人なる。日奈は、パパから聞いたと言い、夕太は刑務所に行くの聞く。正当防衛が認められれば大丈夫と答える。

麗は、朝食会で発表するが、できれば出て欲しいが心無い質問もくるかもしれないと心配する。日奈は、忘れたかったが、夕太が守ってくれたから、今度は自分が守りたいと言ってくれる。

獅堂は、マイロに解析は進んでいるかと声をかけ、マイロ、班長に言われたから止めていると反論する。口論になるふりをして、獅堂はカードキーをすり替える。

神林は、麗の朝食会に出る許可をとるように獅堂に指示する。

六花は、ニセ函崎のポケットから車の鍵をとると、気づいた函崎が、30分以内に行かないと娘の命が危ないから拘束をほどくように迫る。六花は、獅堂に連絡すると言うが無駄だと言われる。

研矢は、美有に帰れそうもないからいっしょに逃げようと言う。監視の男が声をかけた時、研矢は美有を襲うふりをして、5分だけまって欲しいと言う。

研矢は、鍵をかけず、監視の男を引き付けておくから、その間に逃げるように伝える。

マイロは解析を進めるが、90%以上解析が進んだのに何も出てこないと言い出し、このカードキーはニセモノだという。伊月と菫は、獅堂がすり替えたと気づく。

伊月は、獅堂にカードキーのすり替えを迫る。神林が何とかしろと言い、獅堂は拳銃を向けて、伊月を押さえつけ、ジャンパーを着させ、CTUを出たら話すと言い連れ出す。

南条が様子がおかしいと思い声をかけてくるが、獅堂は、本部で緊急会議ができたと嘘を言い、伊月に運転させCTUを出る。

六花は、獅堂に電話するが留守番電話で繋がらない。CTUに電話して菫が出る。娘の美有が誘拐されたこと、自分も誘拐されかかったことを伝え、警察に言うと美有が殺されると言う。

菫は、GPSで場所を特定して、だれかを向かわせると言う。

麗に、夫・遼平は、公開しなくても、キャスターのまどかにも過去があるから封じ込めることができるのではと上州に頼んだことを伝える。麗は、真実は隠せないと言う。

研矢は、見張りの男を引き付ける。その隙に、美有は逃げる。研矢は鍵をかけ忘れたと見張りの男に言い、美有と合流して逃げる。

六花が待っていると、CTUの者だと2名の屈強な男がくる。すぐに、ニセ函崎の元に案内すると、2人は、函崎の拘束をほどく、驚いた六花に、ニセ函崎はニヤリとする。六花は捕まる。

確保したとの連絡を、トイレで、菫は見て安心する。菫が内通者だった。

南条は、菫に、獅堂が緊急会議に呼ばれたとの定期連絡が来ていないと言い、伊月が班長室に入った時間の防犯カメラの映像を転送するように命じる。

獅堂は、伊月に銃を向け運転させる。伊月は、娘が誘拐された話もすべて嘘だったのかと聞いてくるが、神林に脅されている獅堂は何もいうことができなかった。

伊月が怒って、獅堂を見た時、目の前に車が飛び出して危うくぶつかりそうになる。獅堂は危ないと言い、何も聞かずに運転に集中しろと言う。

山林の中に着き、何をする気と言う伊月に、獅堂に神林から、娘を殺されたくなかったら、伊月を殺せと命令がくる。

伊月は、誰かに指示されていることに気づくが、獅堂に銃を向けられ車を降りろと言われる。

獅堂は、娘と六花を人質にとられていると言い、伊月に向かって銃を放つ。伊月を崖に落とす。

神林は、よくやったと言い、すぐに車に戻るように言う。獅堂は、しばらく車の中でボー然としていたが、車を出す。追跡してきたテロリストの車も出る。

研矢は、美有に、ここを突破すればすぐに国道があると伝え、美有が感謝していると、その先に、六花が捕まった車を見つける。娘はどこと叫ぶ六花を見る。

美有は、ここに残ると言い出し、研矢に外に出て警察に通報して欲しいと頼む。美有は、捕まっていた場所に戻る。研矢もしかたがないと戻る。

南条は防犯カメラの映像を確認し、獅堂が伊月に銃を向けて、ジャンパーを着させる様子を見る。このジャンパーはと気づく。

伊月は、獅堂たちが立ち去ったあと、起き上がる。ジャンパーは防弾チョッキで、胸の刺さった銃弾は貫通を免れていた。

ここまでが第7話のネタバレです。

麗の夫・遥平が情報屋の上州に頼んでいたのは、キャスターのまどかの弱みを調べることだったのですね。その弱みで、まどかを封じ込めようとしたのですか、麗は、反対しましたね。

菫が内通者でしたね。六花が、助けを求めたのに、結局きたのは、テロ集団だった。六花のなぜという顔と、ニセ函崎のニヤリする顔が対照的でした。

ドラまる
獅堂がジャンパーを伊月に着させるところから何か意味があるのだろうと思っていたら、防弾チョッキだった。

神林の指示に従うふりをして伊月を助けたということですね。

ラマちゃん
美有は、研矢の協力でもう少しで逃げれそうだったのに、六花が自分のために捕まったのを見て、自分がいないと六花に危害を加えられると考え戻った。

逆に、事を複雑にした気がするね。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』7話ネット上の反応

ドラまる
菫が内通者だったと悲しいとの声もあがってますよ。

ラマちゃん
一番面白かった。伊月が撃たれたけど生きていて良かったですね。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』第7話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『24 JAPAN』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

24JAPAN|7話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『24 JAPAN』8話のあらすじ

2020年11月27日(金)放送の第8話のあらすじをご紹介します。

総選挙当日の午前7時――。日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)と党関係者の朝食会が、今まさに始まろうとしていた。

謎の男・神林民三(高橋和也)の指令に従い、麗の写真撮影を請け負うカメラマン・皆川恒彦になりすました男(前川泰之)は、会場の厳重なセキュリティーを通過。

一方、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)もまた、最愛の娘・美有(桜田ひより)と妻・六花(木村多江)の命を盾にする神林に操られるがまま、会場へ足を踏み入れる。

その頃、神林の命令で現馬が銃撃したCTU第1支部A班のチーフ・水石伊月(栗山千明)は、ほかでもない現馬の巧妙な計らいで密かに命を取り留めていた。

すぐさまCTUに連絡を入れる伊月。

しかも、電話に出たA班の暗号解析係長・南条巧(池内博之)と話した彼女はとうとう、CTU内に潜む“麗の暗殺計画に関わる内通者”の正体に気づいてしまう!

内通者はいったい誰で、その動機は何なのか――。

まだまだ多くの謎が渦巻く中、“真相をあぶり出す作戦”を練る伊月。

かたや、会場内の一室で待機させられていた現馬の前には、ニセ皆川が出現! 現馬をさらに追い詰める命令を下し…!?

そんな中、朝食会のメイン会場ではついに、麗のスピーチが始まる。

息子・夕太(今井悠貴)が過去に正当防衛で殺人を犯していたことを公表すべく、重い口を開こうとする麗。

ところがその直後、会場内にとてつもない衝撃が走る“最悪の事態”が発生してしまう――!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『24 JAPN』7話のあらすじネタバレ、感想、8話のあらすじを紹介しました。

娘と妻を人質にとられ、神林からカードキーのすり替えを命じられる獅堂。異変に気づいた伊月に銃を向けCTUを出て殺す。獅堂の機転で防弾チョッキで難を逃れる。内通者は菫だった。

ドラまる
獅堂の計らいで助かった伊月は、南条に連絡。その会話から内通者がだれだか分かる。

伊月は、内通者をどうするのでしょうか。なぜ、内通者は裏切ったのか。

ラマちゃん
麗の朝食会に行く獅堂。暗殺者のニセ皆川も到着。

獅堂は、神林に今度は何をやらされるのでしょうか。

内通者は菫。郷中本部長は、信じれれるのは菫だけだと言い、カードキーを託したのに。解析を遅らせていたのに、マクロイに移ったとたん、神林は、獅堂にカードを奪わせたということかな。

麗は、夕太が犯した罪を公表しようとするが、選挙のためと思われたみたいですね。最後は、どうするのかな。

次話、麗の朝食会で、ニセ皆川が殺そうとし、獅堂は何をさせられるのでしょうか。内通者が分かった伊月はどんな行動にでるのか。美有に、六花は会うことができるのかな。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA