24 JAPAN|5話ネタバレと感想。初の女性総理候補(仲間由紀恵)の息子が殺人犯!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年11月6日(金)「24 JAPAN」の5話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
いっしょに誘拐された寿々が救急車で運ばれ、六花は、獅堂に連絡する。

獅堂は、暗殺計画と美有の誘拐が繋がっていると考え、捕まえたテロの一味から引き出せるかな。

ラマちゃん
麗は、息子が妹をレイプした犯人を殺したと報道される前になんとかしようとするようです。

麗は、情報を握るキャスターのまどかをどうやって止めるのでしょうか。

救急車で搬送された寿々を見て、六花は、美有を安否を心配。獅堂は、暗殺計画との関係を疑い捕まえた犯人を尋問しようとすると鬼束が立ちはだかる。麗は、息子の殺人の報道を心配し.....。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』5話あらすじネタバレと感想

日本初の女性総理誕生に期待が高まる東京、午前4時~午前5時まで、事件はリアルタイムで進行中である。

救急車で搬送されていたのは寿々で、六花と函崎が着いた時には緊急手術に入った。六花は美有を心配していると、獅堂から電話が入る。

病院にすぐ来てほしいという六花に対し、寿々の状態を聞いた獅堂は、別の線から調べると電話を切る。獅堂は、警察官殺しの犯人を乗せたパトカーを追尾していた。

神林は、美有を確保し、もう一人は亡くなったと誰かに電話で報告する。作戦を変更して、アジトに戻ると剛と研矢に命じる。

麗は、原稿のチェックをし、秘書の秋山にOKを出す。娘の日奈が起きてきて、コーヒーを入れると張り切る。

麗は、夫・遥平との寝室に入り、遥平から、日奈に、兄の夕太が、レイプ犯を殺害したことを話さない方が良いと言われる。キャスターのまどかが話さなくても漏れる可能性があると心配する。

獅堂は、伊月に電話をし、鬼束が向かっていて時間がないことが分かる。渉外部の部長に連絡して、警察に、警官殺しの犯人の取り調べを融通するように手配する。

伊月が、アクセスしようとするが鬼束によりロックされていた。南条に、獅堂を裏切ったことに嫌味を言い、電話番号を調べてもらう。

獅堂は、警察と犯人と話せるように交渉するが、鬼束が立ちはだかる。

本郷本部長を殺したと疑う鬼束に、暗殺計画と警官殺しの犯人は繋がっていると伝え、本部長から得た情報からたどりついたからだと説明する。

獅堂を捕まえるのと暗殺計画を止めるのとどっちが重要だと迫る。鬼束は、自分が調べると、獅堂に動くなと言い取調室に向かう。

鬼束が調べるが、犯人は何もしゃべらず、獅堂なら話すと言う。

獅堂は、待っている間に、六花に電話をかける。美有の行方を知る犯人を逮捕したから、寿々から何か聞けるようになったら連絡するように言う。メモを書く獅堂。

鬼束が戻ってきて、獅堂なら話すと言っていると伝え代わる。

獅堂は、ここの会話は誰でも聞こえるとマジックミラーを見つめ、なぜ警官を殺したといきなり犯人の胸ぐらを掴み、マジックミラーを背に何かを囁き、犯人の口にメモを押し込む。

マジックミラー越しに聞いていた鬼束は、何をやっていると止めに入り、頭を冷やせと言われ、獅堂は誰もいない更衣室で待つ。

犯人はメモを口から取り出し密かに読む。お腹がいたくなったとトイレに入り、獅堂が隠したスマホを取り出して獅堂にSNSで連絡する。

獅堂は、娘・美有の居場所を聞くが、犯人は捕まえた場所近くの電話にでないと怪しまれるから、逃がせと要求してくる。

獅堂は、伊月に、犯人の陳元の名前を伝え、公衆電話を特定させ、20分後にかかってくる電話の逆探知を頼む。獅堂は、陳元を逃がす覚悟を決める。

獅堂は、陳元に殺された警察官の横田に手を合わせる。横田の同僚警官に、陳元を取り調べたいとお願いし、陳元の留置場に二人で行き、掴みかかるふりをして、警察署のカードキーを渡す。

寿々の手術は続いていた。函崎は、疲れを見せる六花にコーヒーを渡す。寿々は助かりそうだと伝える。六花は、別の線で、夫は、美有探していると話す。

こんな時はそばにいて欲しいものだと優しい言葉をかけられ、六花は、別居している間に女性がいたみたいで、美有には話せずギクシャクしたままこんなことになったと告白する。

陳元は、そのカードキーで鍵を開け、獅堂の元に逃げる。

麗は、キャスターのまどかを呼び出し、昔からの友達として、情報源はどこかと聞く。

まどかは、夕太のカウンセラーの証言と、日奈をレイプした少年が飛び下り自殺をした時に傷を負っていて、同時に、ある少年が病院で治療を受け時の筆跡が、夕太と一致したと答える。

麗は信じない、反対勢力が仕組んだ罠だと言いまどかから去る。

麗は、夕太を起こし、2年前、日奈が襲われたあと何をした正直に答えるようにと迫る。夕太は、選挙ばっかりのママに言われることではないと涙を浮かべ拒否する。麗は何かを悟る。

陳元が留置所からいなくなったと大騒ぎになる。カードキーがなくなったと警官が言い、鬼束は、獅堂の仕業と怒る。

六花は、美有が、成績が悪く呼び出しを受けて、一度は、美有が隠したり、お休みの返事をしなかったりして、いなくなればいいと思っていたから、罰を受けたのではと函崎に聞いてもらう。

獅堂は、陳元と公衆電話に着くが、その裏に隠してあったスマホから電話がかかり、伊月は逆探知できなかった。

電話をした神林は、公衆電話の下に車のキーがあり、近くの車のトランクにある死体を始末するように陳元に指示する。獅堂は、美有ではと心配になりすぐ向かう。

トランクの中には身元不明の男の死体があった。鬼束が駆けつけ、陳元を連行する。獅堂も協力したと捕まえようとするが、トランクの死体を見せる。

鬼束が全部話せと迫り、獅堂は、CTU内に内通者がいて、その証拠を郷中本部長から預かった。だから、言えなかったと鬼束に言い、この死体の身元がヒントだと言う。鬼束は陳元を調べる。

獅堂は、伊月に身元不明の死体の解剖のため、解剖医を呼ぶように指示し、CTUに10分後に戻ると伝える。

獅堂は、六花に電話をかけて、寿々の意識が戻ったら話を聞きたいと言い、頼みの綱だと言い、病院に向かう約束をする。

神林は、美有をアジトにつれていった。そこには、剛と研矢も到着していた。

神林は、救急車で運ばれ入院した女がいると剛に伝え、美有といっしょにいた女はどこに行ったと剛に迫る。

剛が死んだはずたと言うと、神林は、人間は死んでいるか生きているかだと言い、信用できない剛を撃ち、研矢がこれからは手伝えと言う。

ここまでが第5話のネタバレです。

救急車で運ばれたのは寿々と分かり、六花は心細かったですよね。獅堂はすぐに来ないし。函崎はそんな気持ちに寄り添いましたね。この二人どうなるのかな。

獅堂が、鬼束たちに見られていることを知っていて、陳元を激しく取り調べのですね。その隙に、メモを口に押し込んで、連絡をするとはさすが獅堂ですね。

ドラまる
さらに、スマホをトイレに隠し、SNSで連絡をとりました。

留置所のカードキーを渡して、陳元を見事警察から逃がしましたね。

ラマちゃん
陳元が向かった先には、トランクに男の死体がありました。だれの死体なのでしょうか。

神林に殺されたと言えば、七々美の女恋人くらいしかいなかったのだが。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』5話ネット上の反応

ドラまる
女優陣が美しいと評判ですね。

ラマちゃん
美有を心配する声が高まってますね。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』第3話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『24 JAPAN』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

24JAPAN|5話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『24 JAPAN』6話のあらすじ

2020年11月13日(金)放送の第6話のあらすじをご紹介します。

党関係者との朝食会を目前に控えた日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)は、闇の情報屋・上州(でんでん)から衝撃的な事実を告げられる。

かつて麗の息子・夕太(今井悠貴)が犯した殺人の証拠をもみ消したという。

だが、それはほかならぬ夕太本人から頼まれたからだ、というのだ!

自分の預かり知らぬところで行われた“隠蔽”にショックを受けた麗は、上州に絶縁を宣言。

だがそんな彼女に向かって、上州は“不穏な言葉”を口にする。

しかも、麗の夫・遥平(筒井道隆)が人知れず、“信じられない行動”に出て…!

一方、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、娘・美有(桜田ひより)の誘拐事件と麗の暗殺計画がつながっていることを確信。

美有と一緒に誘拐された挙げ句、車にはねられ瀕死の状態で病院に運ばれた函崎寿々(柳美稀)の命も狙われていると察し、病院へ急行する。

妻・六花(木村多江)には事情を打ち明け、「必ず美有を助け出す」と宣言する現馬。

ところがそこへ、暗殺計画との関与が疑われる謎の男・神林民三(高橋和也)から、現馬に不意の電話がかかってくる!

知らぬ男からの電話に緊迫した表情になる現馬。

「娘に会いたかったら、俺の指示に従え」

――愛する娘の命を平然と盾にする神林に、現馬は抗うことができず…!?

そんな中、神林が手下の陳元永福(渋谷謙人)に始末するよう命じた“身元不明の死体”を調べていたCTUは、ついにその正体を突き止める。

そこから明るみに出る“耳を疑うような事実”

――それは、現馬とその家族に今まさに迫りつつある“もうひとつの危機”を示唆していた!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『24 JAPN』5話のあらすじネタバレ、感想、6話のあらすじを紹介しました。

救急搬送されたのは寿々で六花は美有を心配。獅堂は、警官殺しの男を逃がし、美有の手掛かりを探る。麗は、キャスターから息子の犯罪の情報源を知る。美有を誘拐した剛は神林に殺される。

ドラまる
麗の情報屋・上州は、麗の息子・夕太の殺人の証拠をもみ消したようです。

やはり、夕太は殺人を犯してしまったのだろうか。麗は、そのことをどうするのかな。

ラマちゃん
獅堂に、暗殺計画と関与が疑われる神林から、娘を救いたければ指示に従えと脅しの電話が入る。

獅堂は、犯罪に協力することになってしまうのか、どう跳ね除けるのか。

CTUの話が今回は少なかったね。菫たちのカードキーの内通者調査は進んでいるのだろうか。鬼束にも内通者の話を言ってしまったし、だれが内通者なのか。

神林は、容赦ないですね。剛が嘘をついていると気づくと、すぐに殺してしまいましたね。神林もだれかと連絡をとっているから、黒幕がいるのですね。それはだれなのか。

次話、獅堂に神林が美有を盾に協力を迫って接触してきますね。美有の誘拐は、獅堂の動きを封じこむのが目的でしたね。身元不明の遺体の正体が分かるようです。どんな展開かな楽しみ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA