24 JAPAN|3話ネタバレと感想。獅堂の娘(桜田ひより)の誘拐は、次期首相の暗殺計画と繋がっていた!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年10月23日(金)「24 JAPAN」の3話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
美有と寿々の誘拐は、テロリストと繋がっているようです。

美有と寿々は逃げ出すようですが、逃げ切れるのでしょうか。

ラマちゃん
内通者は、獅堂が信頼する伊月なのでしょうか。

獅堂は、菫を使って調べるようです。展開を見守りましょう。

獅堂の妻・六花は、普段言わない言葉を使った美有を心配する。美有たちは、誘拐されたと知り逃げ出すが悲劇を生む。獅堂は、内通者のカードキーが伊月のものだと知り、さらに調べるが.....。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』3話あらすじネタバレと感想

日本初の女性総理誕生に期待が高まる東京、午前2時~午前3時まで、事件はリアルタイムで進行中である。

獅堂は、伊月が内通者ではと考えながら、郷中本部長を襲った犯人の身元を調べるように依頼する。

獅堂は六花から、美有がパーティしていると言っていたが、ママ愛してると普段言わないことを言い心配しているのを聞き、寿々の父・函崎にもうしばらくその場で待ってほしいとお願いする。

テロのリーダー・神林は、七々美が、もう一億用意して欲しいと言うのに腹を立て、約束通り、カメラマンの皆川のIDカードを持ってくるように言う。

麗がいなくなり、SPは捜索を続ける。夕太は、母・麗を心配し探しに行くと言うが、父・遥平やSPに警護ができないと言われ諦める。

剛は、神林に、獅堂の娘をつれて、約束の飛行場についたと連絡し、美有は、その話を聞き、誘拐されたことを気づく。

寿々が痛みを訴え、心配した美有は、研矢に医者に連れていて欲しいと頼む。研矢は、剛と喧嘩し、痛み止めの薬を奪い、寿々に飲まさせる。

麗は、地下駐車場に車を止めて、上州を待っていた。車上あらしの若者に注意して追い払う。

獅堂は、CTUに戻り、伊月に電話をかけ、もうすぐ戻ると嘘を言い、部屋に、南条が調べている乗客リストを持ってきて待機して欲しいと追い払い。南条が出て行くのも確認する。


菫に、郷中本部長が亡くなったこと、内通者がCTU内にいることを伝え、極秘裏に、麗の暗殺計画に関連して盗まれた資料をカードキーから解析することと伊月の関与の調査の依頼をする。

菫は、郷中本部長には、息子の手術の時に父親代わりをしてもらったと悲しみ、伊月を調べるには、伊月のPCを操作することが必要と言い、獅堂の部屋に足止めをするように獅堂に言う。

獅堂は、部屋で待つ伊月のところに行き、プラザビルに郷中本部長に呼ばれ行ったことを話す。伊月は、爆破された旅客機のファーストクラスに偽名を使った女が搭乗していたと報告。

伊月は、本部長のことも含め、何か隠しているのではと迫る。獅堂は何も隠してないとい言う。菫を見るとまだ作業が終わってないと首を振るため、部屋を出ようとする伊月に話しかける。

獅堂は、南条とのことは本気なのかと聞く、伊月は、今聞くことじゃないだろうと言う。獅堂は、南条がこのところ引っかかってきて仕事がやりにくいからだとごまかす。

菫から、伊月のPCからアクセスされたと電話で獅堂に連絡がある。獅堂は疑いの目で伊月を見つめる。郷中を襲った犯人は、該当者は不明だが、何者かがデータを消去した痕跡があった。

七々美は、綾子を抱きながら、IDカードを隠すとは事は聞いてないと言い、綾子は二人のこれからのためだと言う。

剛と研矢がタバコを吸っている隙に、美有は寿々を起こし誘拐されたと言い逃げるよと鼓舞する。静かに、車を出て逃げる二人に、剛と研矢が気づき追いかけてくる。

獅堂の部屋に菫が入ってきて、伊月が暗殺計画に関与していれば、機密情報へのアクセスを遮断すべきだと進言。獅堂は、妻と別居中に伊月と付き合っていたことを認め、遮断を許可する。

美有と寿々は、途中で、物取りの男に出会う。男は、剛と研矢がきたが、別方向を伝える。美有と寿々は、物取りの男に、時計などの金品を渡し逃げる。

剛に神林から確認の電話があり、待ち合わせ場所が変更になったことを告げられる。剛と研矢は必死に探すが二人は見つからなかった。

七々美は、神林、最終目標のためにはICカードを渡すから説得する。神林は条件を飲むから、綾子をつれて来いと言う。

麗は、上州に会い、ニュースキャスターのまどかから、2年前、娘・日奈がレイプされた時の犯人を突き落し殺したのが、息子・夕太だと連絡があったと伝える。

上州は、まどかに、選挙期間中、報道させないようにすると約束。麗は、デマをデマで返さないで欲しいと願い、また2年前のことが報道され、子ども達を傷つけたくないという。

上州と別れたところに、SPが、麗を探し出す。

神林は、追加の1億円を送金し、七々美と綾子と神林3人だけで、IDカードのありかに行くと言う。

獅堂は、伊月と二人になり、暗殺計画の情報が、伊月のPCから盗まれていたと迫る。ボスはだれだと言うが、伊月はやってないと言い良く調べるようにと出て行く。

南条は、郷中本部長が亡くなったことを知る。菫にも伝え調べて欲しいと言うが、急ぎの仕事があると言い無理だと言う。南条は、伊月と獅堂が部屋に入って行くのを睨む。

獅堂は、菫に連絡し、解析が終わったら来てほしいという。南条は、菫になにか依頼していると気づく。

美有と寿々は、逃げて、途中で出会った男に、お金を払うから携帯を貸して欲しいと頼む。男が、金になると、強引に車に入れようとするところを、物取りの男が助け、美有たちは携帯を入手。

綾子がIDカードの場所に、神林をつれて案内し渡す。銃声が鳴り、綾子は殺される。神林は、欲をかくからだと言い、七々美にもう一仕事頼む。綾子は、皆川似の男に殺されたのであった。

菫の解析が終わり、2020年6月20日の夜、伊月のPCからログインされ、データが盗まれていた。その日は、獅堂と伊月が旅行に行った日で、盗みようがなかった。

伊月は、信じてくれなかった獅堂を怒り、部屋を出て行く。

その二人の様子を見た、南条は、内部通報をして、獅堂の班長解任を求めた。

美有と寿々は廃車置き場に身をひそめ、母・六花に、奪った携帯電話で電話をする。六花は知らない番号だったが出ると、美有が誘拐された助けてと、小さな飛行場の近くの廃車場だと言う。

六花は、函崎に伝え、すぐに車に向かいながら、警察にも通報する。

美有と寿々は、迫ってくる郷と研矢から逃げる。寿々が飛び出すと車に引かれ死亡する。引いた車は去り、美有は、寿々を呼びかけるがだめだった。郷と研矢に捕まってしまう。

寿々は、息を吹き返す。

ここまでが第3話のネタバレです。

剛が、美有たちを誘ったのは、誘拐でしたね。テロのリーダー神林と繋がり、獅堂の娘だから誘拐してました。美有の誘拐で獅堂のテロ対策の動きを防ぎたいのでしょうか。

不正に情報入手していた人物が伊月とはショックでしたね。獅堂は、伊月ともギクシャクしました。獅堂と伊月が旅行に行った日に不正アクセスがあって、内通者は伊月ではないということか。

ドラまる
麗が、ニュースキャスターまどかに握られたのは、娘がレイプされ、その犯人が息子であるという内容でしたね。

母として、子ども達を守りたい一心で上州に頼みましたね。

ラマちゃん
七々美の恋人・綾子が欲をかいて追加でお金を要求したら、神林によって殺されてしまいましたね。

神林は冷酷で、恐怖で、七々美を支配しました。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』3話ネット上の反応

ドラまる
伊月を疑う獅堂。その緊迫のシーンが面白いですね。

ラマちゃん
最後、車に引かれた寿々が生きているみたいだと声があがってますね。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』第3話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『24 JAPAN』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

24JAPAN|3話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『24 JAPAN』4話のあらすじ

2020年10月30日(金)放送の第4話のあらすじをご紹介します。

日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の極秘情報を盗み、CTU(テロ対策ユニット)のカードキーに入れて外部へ持ち出したのは、CTU第1支部A班のチーフ・水石伊月(栗山千明)ではなかった…!

身の潔白を証明すると同時に、A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)から初めて“麗の暗殺計画“と“CTU内に潜む内通者”の存在について聞かされた伊月は、A班暗号解析係・明智菫(朝倉あき)と共に暗号化されたカードキーのデータ解読に着手。

その一部から、麗と接点のない“ある住所”を読み解く。

ところがその矢先、第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)がオフィスを完全封鎖!

なんと現馬の班長解任を要求するA班暗号解析係長・南条巧(池内博之)の依頼を受け、内部調査を開始したのだ。

しかし、現馬はとっさの機転で脱出に成功。カードキーから読み取った住所へ向かうが…!?

一方、麗もついに夫・朝倉遥平(筒井道隆)から、暗殺計画について聞かされることに。

しかし麗は、息子・朝倉夕太(今井悠貴)が過去に殺人の罪を犯したという真偽不明の情報を報道しようとするニュースキャスター・山城まどか(櫻井淳子)への対処で頭がいっぱい…。

息子のスキャンダルについて何一つ知らない遥平は、そんな妻の様子を訝しがり…。

その頃、現馬の娘・獅堂美有(桜田ひより)はふたたび誘拐犯の長谷部研矢(上杉柊平)と鮫島剛(犬飼貴丈)に捕まってしまう。そして、謎の男・神林民三(高橋和也)のもとへ連れて行かれ…!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『24 JAPN』3話のあらすじネタバレ、感想、4話のあらすじを紹介しました。

美有は誘拐されたと確信し逃げる。獅堂は、内通者が伊月と疑念に驚くが、菫が調べ疑念は晴れる。麗は、息子の娘のレイプ犯殺しのデマを消そうとし外に出たことが判明。美有は再び捕まる。

ドラまる
伊月が内通者ではないと分かる。獅堂から、麗の暗殺計画と繋がる内通者がいることを知らされる。

菫と伊月がカードキーの情報を調べるようです。頼もしいですね。

ラマちゃん
南条の嫉妬による内通によって、獅堂を調べるために、鬼束によってCTUが封鎖される。

この麗の暗殺計画が進行中に、何をやっているのですよね。美有の誘拐も気になるね。

信頼する伊月が内通者ではなく良かったですね。CTUの狭い空間で、お互いが疑念を抱きあう心理戦が圧巻でした。そして、麗が抱える子ども達の過去も判明してきました。

おそらく、美有を、獅堂の動きを封じるためテロのリーダーが誘拐したということでしょうか。剛たちが追いかけ、美有たちの逃亡も見ごたえがありました。寿々は息をふき替えましたね。

次話、獅堂に恨みを持つ鬼束がCTUを封鎖して調べるようです。それこそ、テロの首謀者の思うツボですね。間一髪、獅堂は逃げ出せるようです。どんな展開か楽しみです。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA