24 JAPAN|2話ネタバレと感想。テロの内通者は、伊月(栗山千明)なのか!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年10月16日(金)「24 JAPAN」の2話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
旅客機が墜落する。獅堂は、初の女性総理候補・麗の暗殺に繋がっていると考える。

この時点で、結びつけるとはすごいですね。でも、暗号解析係の南条は協力しない。そうする。

ラマちゃん
本部長の郷中は、極秘調査を担当する三上から、内通者が麗を調べたカードキーを入手。

所有者が不明で、三上と狙撃を受ける。獅堂は助けられるのでしょうか。

旅客機の墜落が、総理候補・麗の暗殺計画と関係すると獅堂睨む。爆発し逃げた女は、麗を取材するIDカードを入手していた。本部長・郷中は内通者が麗の情報が入ったカードを手に入れ.....。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』2話あらすじネタバレと感想

日本初の女性総理誕生に期待が高まる東京、午前1時~午前2時まで、事件はリアルタイムで進行中である。

旅客機が墜落し、獅堂は、女性総理候補・麗の暗殺計画とつながりがあると考え、南条に、乗客を調べるよう命じるが、鬼束が30分以上も部屋から出てこなかったことを疑い話すように迫る。

伊月は、獅堂が捕まえた裏切り者と鬼束が繋がっており、この緊急時事、いちゃもんを言いに来て、スタッフもバカにされたのでトラブルになったと説明し南条は納得する。

旅客機を爆発した七々美は、パラシュートで地上に降りていた。麗を取材する予定だった記者のIDカードを土の中に隠す。車がきて、IDカードを持っているか聞かれ、持っていると答え去る。

その場所に、オートバイを乗った女が、あとからきて、IDカードを持って行く。

南条は、伊月に、さっきのは、お芝居だろうと言い、鬼束と何があったと問いただす。伊月は、総理候補が暗殺されそうだというのにと突っぱねる。

娘たちを探しに行った、六花と函崎は、大森のワールド家具センターに着き、寿々の車があるのを見つけ、中を探すが、食べ物が散らかっているだけでいなかった。獅堂は、探すように言う。

気持ちが悪そうな寿々を見て、美有は車を止めるように言い、パパが国の重要任務をしているから、すぐに手配してくれると忠告する。剛と研矢は、解放しない。

本部長の郷中は、拳銃を構え警戒しながら入って行く。潜入捜査をしていた三上が、所有者が消され麗の情報が多量に入ったCTUカードを渡す。麗の情報を外に持ち出していたのだった。

三上は、危険だから、今すぐ任務を辞めるというが、郷中は、協力してほしいと願い出て、あと24時間だと言われていると、何者かが銃を撃ってきて、三上が倒れる。

郷中は、机に隠れ、獅堂に、内通者に関する確証を得たが、銃撃され、職員が殺されたと言い、だれも信じることができないから、一人で助けに来てくれるように言う。

獅堂は、六花に電話をかけ、美有が見つかったかと聞くが、六花は、娘が危険な目に会っているから来てほしいと頼む。獅堂は、緊急事態で行けないと言い突き放す。

函崎は、シフト表に、剛と言う名前があり、鮫島剛ではないかと言い、事務所に鍵がかかっているからこれ以上調べられないと言うと、六花は、見に行くと言う。

美有は、なんとか止めようとするが、暴れる美有に、研矢は、あいつらはと言ってしまう。行く手にだれかが待っていることを美有は気づく。

麗は、旅客機の墜落のニュースを見ながら、秘書の秋山に、上州から連絡があったら伝えるよういにと言う。秋山は大事な時だから、上州とは付き合わない方が良いと忠告する。

麗は、夫・遥平にイライラしてすまないと言う。遥平が、子供たちがくると言うと、急に麗は焦り出す。遥平は、キャスターのまどかから何か言われたのではと尋ねるが、麗は否定する。

南条は、管制官が、突然、旅客機は消えた行っていたと伝えると、伊月は、爆破ではないかと予想する。

テロ実行チームのボス・神林は、七々美が到着するとIDカードを渡すように言う。七々美は用心し別に届けてくると言う。

七々美がシャワーを浴びていると、IDカード持っていた記者の皆川そっくりの男が入ってくる。その男は整形し、皆川に成りすまし、麗を暗殺する狙いだった。

獅堂は、本部長から連絡のあったプラザにつく。裏口を開けるように伊月に命じ入って行く。その会話を、南条は盗み見していた。

獅堂は、銃を構えながら階段を昇って行く、屋上につき、本部長の郷中に会う。怪我をしていた。2~3名に狙われており、麗の暗殺に関与している大きな組織だという。獅堂は守りながら逃げる。

銃撃戦になり、郷中と獅堂が倒す。獅堂は、何者か身分書があるか探す。

函崎と六花は、ネットで、店の事を調べるが、スタッフに鮫島剛はいなかった。店長に連絡をとろうと、夫・獅堂に協力を仰ごうとするが電話に出なかった。

六花は、伊月に連絡して、美有が男友達と出かけ行方不明だと伝え、そこの店長の連絡先を調べてくれることになる。

六花は、伊月に調べてもらった店長に電話するが留守電だった。その店長は、床に倒れ殺されていた。

息子・夕太と娘・日奈と母・滋子が、日奈の作ったアップルパイを持って、事務所に応援にやってくる。麗と遥平は喜ぶ。

麗に、上州から電話がかかってきて、一人部屋に行き、キャスターのまどかに言われたからすぐに相談したいと今すぐと言う。

日奈たちは、アップルパイを切り分け、遥平は美味しいと食べ、寝るように促す。夕太は、母・麗がピリピリしているみたいだと言うが、遥平は選挙前だからなとごまかす。

SPが党首に会いたいと入ってくる。遥平が、麗を探すがどこにもいなかった。SPは、本日中に麗の暗殺計画があるとの情報があったと言う。

麗は、単身、ホテルを車で抜け出していた。

七々美は、IDカードを持つオートバイに乗った女が到着すると、テロ実行犯のボス・神林に渡すが偽物だった。七々美はどういうことだと女・綾子に言うが、二人のためだと言われてしまう。

本部長の郷中と獅堂は、プラザを抜け出し、獅堂がのってきた車の近くまで行くと、銃撃に会い、郷中が撃たれる。

内通者が分かるCTUカードキーを獅堂に渡し、信頼できるすみれに調べさせろいい、銃弾に倒れる。獅堂は本部長と叫ぶが、すでに亡くなっていた。

獅堂は、郷中の亡骸をミラーで見ながら、涙が流れてくる。すみれに、CTU2名が亡くなったことを本部に知らせるように伝え、CTUカードキーがだれの端末からアクセスしたかを調べさせる。

ある場所についた、美有たちは、剛に車からおりろと言われる。剛は、寿々の腕を痛めつけ、母親に、パーティをしているから2時間帰れないと言えと命じられる。

美有は、寿々を心配し、母・六花に命令通り連絡する。剛に切れと言われ、最後に、ママ大好きと言いきる。そんなこと言われたことがない六花は、何かあったと異変を感じる。

すみれは解析が終わったと獅堂に連絡してくる。データが送られてくると、CTUカードキーの端末は、伊月だと分かる。本部長を殺したテロ犯と伊月の繋がりに悲しむ。すみれに極秘扱いだと命じる。

南条は、旅客機の墜落時の様子を偶然撮影していた映像を見て、爆破ではないかと考えるようになり、最初に爆破だと言った伊月の方を見つめる。

ここまでが第2話のネタバレです。

南条は、伊月と獅堂がまだ付き合っていると疑っていて、事あるごとに獅堂に反発し、その行動を疑いの目で見つめてましたね。嫉妬なのか。内通者は、南条なのかもですね。

本部長の郷中が信頼いるのが獅堂だということが良くわかりました。獅堂も郷中を信頼し助けに行くが、助けられませんでしたね。獅堂は涙を流し、信頼関係の強さが分かりました。

ドラまる
麗が、キャスターのまどかに子供たちのことで言われたことで、情報屋の上州に会いに行くため、ホテルの外に抜け出しましたね。

よほど重要な内容なんでしょうね。

ラマちゃん
本部長の郷中が死んで守り抜いた、内通者のCTUカードキーから、最も信頼している伊月の端末であることが判明したね。

本当に、伊月は内通者なのか。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』2話ネット上の反応

ドラまる
唐沢寿明さん順調ですね。本家24との人物比較まで出来上がってます。

ラマちゃん
24を知らない方も楽しんでます。登場人物する役者もいいとの声も上がってますね。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』第2話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『24 JAPAN』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

24JAPAN|2話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『24 JAPAN』3話のあらすじ

2020年10月23日(金)放送の第3話のあらすじをご紹介します。

「ママ、大好き」――

獅堂六花(木村多江)は、親友・函崎寿々(柳美稀)と夜遊びに出かけたまま帰ってこない娘・獅堂美有(桜田ひより)が電話で発した“反抗ばかりの娘らしからぬ言葉”に胸騒ぎを覚える。

その頃、長谷部研矢(上杉柊平)と鮫島剛(犬飼貴丈)は誘拐した美有を、東京行きの旅客機を爆破したテロリスト・氷川七々美(片瀬那奈)ともつながる謎の男・神林民三(高橋和也)に引き渡す計画を進行していた。

自分たちは誘拐された――まさかの事実を知ってしまい、意を決した美有は、寿々と2人で逃げ出すことに!

研矢と剛の追手が迫る中、決死の逃走を続ける美有と寿々だが、やがてその行動が“第2の悲劇”を招いてしまい…!?

一方、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画を阻止するという極秘任務にあたる CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、“内通者のものと思われるカードキー”に麗の極秘情報を入力した端末が、厚い信頼を寄せていたA班チーフ・水石伊月(栗山千明)のものだと知って愕然…。

A班暗号解析係・明智菫(朝倉あき)に協力を仰ぎ、本当に伊月が入力したかを再度調査する。

そんな中、伊月の恋人でもあるA班暗号解析係長・南条巧(池内博之)が“想定外の行動”を起こし…!

同じ頃、こっそり滞在先のホテルから抜け出した麗は、闇の情報屋・上州(でんでん)と密会。

“麗にとって命取りとなる情報”を握るニュースキャスター・山城まどか(櫻井淳子)への口止め工作を頼むのだが…!?

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『24 JAPN』2話のあらすじネタバレ、感想、3話のあらすじを紹介しました。

旅客機の爆発と総理候補の暗殺計画が繋がっていた。本部長は、内通者の証拠を得るが、銃弾に倒れる。獅堂は、その証拠から、信頼する伊月を疑う。美有は、だんだんと誘拐されたと気づく。

ドラまる
美有たちを誘拐した剛が、麗を暗殺しようとしているまとめ役の神林と繋がっているとは。

美有たちが狙われたのは、獅堂の動きを防ぎたいからなのでしょうか。

ラマちゃん
麗が、闇の情報屋・上州にこっそり会いに行ったのは、子供たちのことで致命的な情報をキャスターに握られたようです。

夫の遥平に言えない致命的な情報とは何だろう。麻薬をやっているとか。

獅堂が信頼する本部長が殺されてしまいましたね。内通者が、伊月とは、信頼する部下で元恋人にまで騙されていたと言うことでしょうか。まだ、裏がありそうな予感がします。

獅堂の娘・美有たちも、単なる男友達と遊びと思いきや、どうやら誘拐で、それも、テロの計画の主謀者と繋がっているようです。こちらも見逃せません。

次話、伊月が本当に内通者なのかと、突然消えた総理候補・麗が、何を抱えているのか、キャスター・まどかに何を言われたのかですね。美有たちも心配。午前2時~3時楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA