【絶対正義】2話ネタバレと感想。範子(山口紗弥加)の正義が怖すぎる!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年2月9日(土)オトナの土ドラ『絶対正義』、2話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
15年ぶりに再会する同級生たち、範子の法律は正義という尺度はぶれず、変わっていないようです。他の仲間は、どんな生活をしているのかな。
ラマちゃん
範子は、同級生が抱える問題を、解決して行くようですね。また、正義が爆発するのでしょうか。展開を見守りましょう。

範子たちは久しぶりに再会。由美子がお金を借りると借用書を書けと、相変わらずの正義を示す。4人は私生活でそれぞれ問題を抱えており、正義のヒロイン範子は、介入して行き.....。

スポンサーリンク

ドラマ『絶対正義』2話あらすじネタバレと感想

範子の呼びかけで、15年ぶりに合う。範子は、SNSでみんなの事を調べて呼びかけたと由美子に話す。疲れている顔をした由美子に大丈夫と範子は心配する。

和樹は、麗香はよく見て知っているが、他は知らないと言うと。範子は、和樹の書いた記事読んだとか、理穂はスクールを沢山もっていると、よく調べていた。

和樹は疑うように範子を見る。近況報告やら愚痴を言いあい盛り上げる。麗香が、好きな人はいないと言うと、範子の目がぎろりと見開く。

範子も子供が1人いると言う。

食事が終わり、SNSのIDを交換することに、範子のアイコンがりんどうで、花の花言葉は、正義と言うと。皆は、範子は変わらないと。

清算時に、由美子は手持ちがなく、範子から2000円借りることになり、範子は、借用書を書くようにと。皆はびっくりするが、範子の正義は変わってなかった。

由美子は、食事後、清掃のバイトに行く。その姿を、範子はトイレの中からじっと観察していた。

由美子が疲れて家に帰ると、息子にご飯を作らず遊んでいる夫。遅くなったことをののしられる。

由美子がゴミを片付けようとすると、夫は、自分のことを見下しているのではと大声をあげる。息子が泣き出し、夫は家を出て行く。由美子は、無く息子を抱いて自分も涙流す。

外を歩く、夫の前に、範子が現れ、民法違反だと。

理穂は、和樹にパンフレットの仕事を頼む。和樹が、会社経営も大変だろうと聞くと、理穂は、使途不明金が5000万あって税務署から指摘を受けていると告白。

ペンをとろうとした和樹に、理穂は、範子に言われるよと。

和樹は、「範子の正義は人をも殺す」と。範子の正義で学校を辞めさせられた矢沢先生は、奥さんと別れ、両親の介護で大変で、範子を今でも恨んでいると言っていたと。

和樹は、正義がお前を裁くと書かれた迷惑メールに悩んでいた。

理穂との打ち合わせが終わり、会議室を出ると、範子が立っていてビックリする。理穂は、経理をやっていた範子に、使途不明金のことを相談していたのであった。

範子は、計算したが、使途不明金があったと伝え、理穂が、あの子がやったなんてと通報しないと。

範子は、高校時代に、理穂が、お金を盗んだ濡れ衣を着せられたことを引き合いに、もっとお金に注意すべきだと。

範子は、理穂が通報できないだろうから、通報しておいたと。犯人は、親に仕送りなんかせず、5年前から自分で使っていたと。信じていたのに裏切られ泣き崩れる理穂を、範子は、自分が正しく管理してあげると言い、優しく抱きしめる。

由美子が家に帰ると、スーツ姿の夫・雅彦と息子に、ケーキを持って誕生日おめでとうと言われ驚く。

雅彦は、上場企業の管理職として働くことになったと伝え。由美子が、夢のようだと喜ぶ。

雅彦は、範子から会社紹介を受けて採用されたことを知り、由美子は範子に感謝する。

範子は、うれしそうに家でスープを作りながら、明日から仕事にでるが規則正しい生活は変わらないと娘の律子に伝える。

翌朝、範子は、理穂の会社に行き、理穂の夫・ジョーイと話し込んでいると、理穂がなぜここにいるのかと焦る。

理穂は、銀行がきたと伝えると、資金繰りも全部話してくれれば、自分がやるからという範子。ジョーイは、しっかりした範子を気に入り任せることに。

麗香は、結婚している演出家の亮治と関係を持っていた。キスしているところを範子に見つかり、不倫はだめだと。

肌の調子が悪いとSNSに書いてあったからスープを持て来たと。友達だから当然だと。麗香は、困惑する。

和樹は、編集長から、脅しメールを送ってきた犯人が分かったと連絡を受け、週刊誌社に行く。

裸にさせられた犯人は、以前、和樹が記事にして、捕まり人生が狂った男だった。編集長は、逆恨みだと。

編集長は、和樹の友人が、この犯人を捜してくれたと言い。和樹は、まさか範子と思っていると。範子の声が聞こえてくる。

範子は、和樹にきていた脅しメールをちらっとみて、和樹が過去書いた記事の83人から犯人を特定したのであった。

そこに、警察が通報があったとくる。犯人を裸にした編集長が逮捕されてしまう。

和樹は、やり過ぎだというが。範子は、何か間違っている、すべてあなたのためだと。

理穂、由美子、和樹と範子が食事する。

和樹は、企画していた本が出版できるようになった。実は、編集長がその企画を握りつぶしていたためで、範子が通報してから、編集長が交代になり、本の出版が実現したと。

理穂も経理で助けてもらっているし、由美子も、自分の家庭もよくなった、「範子は、正義のヒロインだね」というと、範子は、大きく息を吸い喜ぶ。

範子は、当然のことをしたまでで、皆は自分の友達だからと。

麗香が、演出家の亮治とのことをリークしたのは範子なのかと怒ってくる。皆は、範子はそんなことしないとかばう。

範子は、麗香に、SEXしたのかと、不貞行為をしたら罰せられると。

由美子は家で衣類をしまっていると、タンスの中に、夫が借金をし返済催促がきていることを知り、範子からも借りていることが。

夫は、範子から紹介された会社がいやで、すでに辞めていたのであった。

由美子は、毎日朝から晩まで働いて、家事と育児の上に、この借金をどう返して行くのと切れ、弾みで、息子が倒れ頭を怪我をする。

範子が、スープを持ってきて、由美子が、もう耐えられない離婚して息子を育てるという。

頭の怪我を見た範子は、いきなり、児童相談所に虐待の恐れがあると電話し、明日、児童相談所との面談には立ち会うからと。

由美子は、範子の正義が怖くなり、息子をつれて家を飛出し、麗香のところに行く。

麗香の玄関を開けると、範子が立っていて、「由美子逃げないで、がんばろう」と不気味に笑う。

ここまでがネタバレですが、第2話は、再会した範子たち、範子の正義は健在で、仲間の現状の、問題を解決して行くように見えるが.....。

再会していきなり、2000円の借用書を書くようにという範子をみて、変わっていないなとの印象を与えました。

トイレに隠れ由美子の働く様子を観察したり、理穂の会社のお金を横領した男を名古屋まで行き通報したり、和樹の編集長を通報したりと、執念が凄すぎて何も言えませんでした。

ドラまる
由美子の夫に会社を紹介するところまでは、範子よくやったでしたが。息子の頭に怪我を見て、虐待だと児童相談所に通報する段階では、やりすぎと由美子同様の思いでした。
ラマちゃん
由美子は、息子を取られまいと麗香のところに逃げるのですが、そこに、範子がいるとは、恐ろしくて震え上がりました。

しかし、範子は、友達のことを調べたり、犯人を調査したりと、どこに時間に余裕があるのだろうが、法を守る正義のためなら、時間を惜しまないということでしょうか。

スープを30時間もかけて、友達のため作る。ずっと、そのままの姿勢でかき混ぜていたのか、恐ろしすぎて想像できません。

ドラまる
範子の子供も登場してきました。名前は、高規律子。真ん中の文字をとると、母が、規範、娘が規律。もの凄い親子ですね。
ラマちゃん
夫が登場してきませんでしたが、裕福な暮らしをしているところを見ると、何かありそうですね。これからの展開が楽しみ。

スポンサーリンク

ドラマ『絶対正義』2話ネット上の反応

ドラまる
範子が怖すぎる。それだけ、山口紗弥加さんの演技がはまっていると評判ですね。

ラマちゃん
行き過ぎる範子の正義に、いろいろな意見が高まってますよ。

スポンサーリンク

2019冬ドラマ『絶対正義』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『絶対正義』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『絶対正義』2話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『絶対正義』3話のあらすじ

2019年2月16日(土)放送のドラマ『絶対正義』第3話のあらすじをご紹介します。

範子(山口紗弥加)の行き過ぎた正義に追いつめられ、息子を連れて児童相談所に相談に行った由美子(美村里江)は、和樹(桜井ユキ)から弁護士を紹介してもらい離婚調停の準備を始めていた。

麗香(田中みな実)は、範子に知られてしまった不倫相手との記事は事務所にもみ消してもらったものの、落ち着かない日々を過ごしている。

理穂(片瀬那奈)は、会社の経理を頼んだ範子のあまりの杓子定規ぶりが社内で軋轢を生んでいることを心配する一方、夫・ジョーイ(厚切りジェイソン)との不妊治療がうまくいかないことに悩んでいた。

そんな折、由美子は以前会ったことがあった範子の娘・律子がコンビニで万引きをしようとしている所に居合わせる。

律子は、感情より正義を優先する母への反発から、範子を試そうとしていた。

店から連絡を受け、範子は理穂、和樹と一緒に店へと向かう。

法に背くことは誰であろうが許さない範子は、自分の娘を警察に突き出そうとする。

「自分の子供だろうと関係ない。この世で最も優先すべきものは、正義よ」と言う範子に対し、思わず由美子らは「人を追いつめるのが正義なの?違うでしょ?」と範子を糾弾してしまう。押し黙ったままその場を去る範子だったが……。

一方、高校時代に範子の告発で懲戒解雇になった元教師の矢沢(水橋研二)はそれ以来、範子を恨み続けていた。そして本当の正義を範子に教えようと復讐の準備を進めていた。

そんな中、和樹の著書がノンフィクションの最高峰・竹下賞にノミネートされることになった。

そして、その吉報と同じタイミングで範子は理穂の会社に休暇届を出していた。

いぶかしがる和樹たちだったが、範子が休暇を取ったのにはあるとんでもない理由があった。それは、和樹のジャーナリスト生命を脅かしかねないことだった…。

公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『絶対正義』2話のあらすじネタバレ、感想、3話のあらすじを紹介しました。

15年後も、範子の正義は健在。理穂の会社で横領した男や和樹を脅迫していた男を通報、麗香の不倫に警告。由美子が息子に怪我を負わせると、虐待として通報。息子と逃げる由紀子だが。

ドラまる
次話で、範子の介入がますますエスカレートするようですね。

由美子は息子と離されるのか。理穂の会社の経理は。麗香の不倫はばれるのか。目が離せません。

ラマちゃん
範子の娘が反発し、わざと万引きをするようです。

範子は、正義を発動し、娘をも警察に、その態度に由美子らは範子を攻めるのですね。範子の反撃が怖いです。

15前の高校時代とまったく同じように、範子の正義に、仲間が翻弄されるようですね。

大人になった由美子たちは、範子と対決して行くのだと思います。

範子の正義が勝つのか、由美子たちが勝つのか展開に目が離せません。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA