私のおじさん~WATAOJI~|8話(最終話)の動画無料視聴はこちら【3月8日放送見逃し】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話 2019年3月8日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)の見逃し動画配信を無料視聴する方法をご紹介するわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『私のおじさん~WATAOJI~』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年3月8日(金)放送終了後〜2019年3月15日(金)22時00分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『私のおじさん~WATAOJI~』を見る方法について、前クールのドラマ『僕とシッポと神楽坂』の傾向から、U-NEXTとビデオマーケットで配信されると思われます。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料となっているので、この2つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『私のおじさん~WATAOJI~』はポイントレンタル配信されると思うので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『私のおじさん~WATAOJI~』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『私のおじさん~WATAOJI~』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『私のおじさん~WATAOJI~』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
1月を例に出すと、1月1日〜1月31日が無料期間になります。

仮に1月29日に登録をしてしまうと、無料期間は1月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『私のおじさん~WATAOJI~』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

2019年冬ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)のあらすじは?

2019年3月8日(金)放送のドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)のあらすじを紹介します。

物語は一か月後―。

週刊誌の事実無根のスクープ、そして世間のバッシングの嵐により、無念の打ち切りを迎えた『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』。

番組スタッフは全員、別番組へと散り散りに。

そんなある日、ひかり(岡田結実)のもとに、会社を辞めたはずの泉(田辺誠一)が突然現れ、ひかりに“とあるお願い”を持ち掛ける。

数日後、会議室に呼び出されたひかりが目にしたのは、千葉(城田優)、馬場(青木さやか)、出渕(小手伸也)、九条(戸塚純貴)の姿…。

そう、実は泉は“ヤッテミー”を復活させ、最後のリベンジを目論んでいたのだ。

早速メインMCのパウダー(JP)にオファーをかけようとするが、なぜか突然事務所NGという連絡が…。

実は週刊誌によるデマ騒動で人気が急落したのちに、暴露本を出したパウダーは“毒舌根暗文化人”として再ブレークしており…?

果たして“ヤッテミー”は奇跡の復活を遂げるのかー?

ひかりのウェディングドレス姿の真相は…?

そしてついに、妖精おじさん(遠藤憲一)の正体が明らかに。

なぜおじさんは、ひかりの前に現れたのか?

そしてなぜほかの人はその存在を知らないのか?

すべての“秘密”を知るとき、ひかりとおじさんには別れが訪れる。

君のやりたいことは何ですかー?

サヨナラ、妖精おじさん。

公式サイトより引用)

2019年冬ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

道子
ひかりがおじさんにひどい言葉を言ったせいでおじさんが姿を消して、しばらくひかりの前には現れなかった。

ヤッテミ-の番組が打ち切りとなり、ひかりもスタッフもバラバラになってしまう。

数か月後にヤッテミ-の復活番組が始めようと泉や他のメンバ-が集まる。

おじさんが久しぶりにひかりの前に現われ、最後の時間が迫っていることをひかりに伝えに来た。

おじさんの正体、もう二度とひかりの前に現われないのかと気になる。

1ヶ月後ひかりがチャペルでウェディングドレスで登場、千葉と結婚してしまうのかやはり妄想のシ-ンに思える。 

ペンネーム:道子(50代・女性)

飛べないアヒル
週刊誌の捏造記事を発端に、番組が打ち切られたヤッテミーのスタッフは、全員バラバラになって別の番組の担当となります。

それぞれが新しい番組で仕事をしている状況に、会社を辞めたはずの泉が、ひかりのもとを訪れ、お願い事と称して日時を指定して呼び出します。

そこには、ヤッテミーのスタッフが集められています。

辞めたはずの泉は、ヤッテミーの番組復活を画策していて、メインMCをパウダーに依頼するものの、番組終了後に暴露本を出してキャラ変して売れた状況のために事務所から出演にNGがかかります。

少しほとぼりが冷めた状況から、ヤッテミーの番組復活をかけたひかりたちが、リベンジを果たせるのかが楽しみな点であり、妖精のおじさんの正体が明かされるという予告も気になります。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

ふじお
番組打ち切りでどうなるのか?ですが、新しい番組ができることを信じています。

同じスタッフで番組を作るのは、不可能かもしれませんが、みんなそれぞれの道で活躍すると思います。

ポンコツADだった一ノ瀬ひかりも、立派なADになり新しい環境で活躍できます。

結婚するみたいですが、相手が誰なのか?分かりません。

もしかしたら千葉デレクターかもしれません。

しっかりしてから結婚するのではなく、半人前だから結婚するのだと思います。

人間はいつどうなるかなんて自分でも想像つきません。

妖精のおじさんからも卒業できる日が来そうです。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

マレット
ひかりが何度願っていても、二度とおじさんはひかりの前に現れてくることが無かった。

それでもひかりはおじさんがいなくてもこの先強く生きていかなければならないのだと痛感していた。

実際、ヤッテミーは間違いなく最終回を迎えたため、番組そのものは終わりへとなった。

ADの仕事をするのが好きだというひかりはこの先も別の番組を作ることに携わっていくのだという展開になるのを予想する。

なぜおじさんはひかりの前に現れてきたかどうかということ、もう二度とひかりはおじさんと会うようなことがないかどうかということが楽しみなポイントとする。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

スナフキン
次回は最終回となります。

「ヤッテミー」チーム解散から一か月後、リベンジ企画でみんなが再集結するようです。

例によっていろいろと困難が待ち受けているようですが、ひかり(岡田結実)は大人になった姿を見せることができるのか注目です。

また予告編には彼女のウェディングドレス姿がありました。

妄想の類でしょうか。

まだ結婚するとは思えないし。

何よりも最大の見どころは妖精おじさん(遠藤憲一)の正体がわかるかもしれないところです。

どうあれこういう存在が永遠に側にいるとしたらピーターパン・シンドロームになってしまうので、別れが待っているのでしょうが、晴れやかな別れになって欲しいです。

ペンネーム:スナフキン(50代・男性)

ロケット、
ヤッテミー!の中傷記事が嘘だったと分かり、制作会社テレドリームを辞めた筈のプロデューサー泉が、もう一度会社に戻って来る事になり、リベンジとばかりヤッテミー!の番組をまた作る事にした泉や千葉達。

早速パウダーの元に出かけて出演交渉をするが、パウダーはやる気を見せず断るのだった。

そんな時ひかりと妖精のおじさんとの別れも近付いていたのだった。

という展開予想がされますが、またヤッテミー!の番組が無事に始められるのか?

妖精のおじさんの正体が何で、何故別れの時を迎えるのか?

等々が次回、最終回での見どころとして楽しみにしています。

ペンネーム:ロケット、(40代・男性)

2019年冬ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

飛べないアヒル

『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)のあらすじネタバレ

週刊誌によるヤラセ疑惑やネットでのひかりへのバッシングなどで、番組打ち切りとなり、ひかりをはじめとした番組スタッフは全員別番組へとバラバラになります。

新たな現場で、仕事をこなしてひと月ほど経過した頃、会社を辞めたはずの泉がひかりの前に現れ、企画書を書くように指示します。

数日後、ヤッテミーの番組スタッフを集めた泉は、放送時間枠が空いたため、特番をやると宣言し、ひかりの企画が通ります。

MCにパウダーをキャスティングしようとしたひかりは、事務所NGの連絡を受け、直接出向いて交渉し説きふせます。

ヤッテミーの番組打ち切りのリベンジをかけた番組制作のロケが行われますが、ひかりがテープを破損し、ロケのやり直しとなります。

番組スタッフは全員、撮り直しに新たな企画を盛り込んで放送に臨みますが、リベンジは果たせず、新しい仕事場へとバラバラになります。

『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)の感想

会社員であれば、転勤や転属など人事異動はつきもので、居心地の良い職場から離れる際は寂しさを感じるものです。

ひかりたちが異動させられる理由が、世間のバッシングによる番組打ち切りという事情からすれば、無念さが残り、機会があればリベンジしたいと思うのもよくわかります。

千葉の面白い番組を作るという意思は、どんな境遇であっても揺るがない信念が感じられ、ひかりの番組スタッフに対する思いとは少し質が違うように感じられ、プロの仕事という空気も感じました。

ひかりが仕事をするうえで必要な覚悟を認識させるために付き合っていた妖精のおじさんが、役目を終えたようにひかりが認識できなくなったことに、その意味が暗示されているようでした。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

マレット

『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)のあらすじネタバレ

1ヶ月前にひかり達は全員別々の番組の下で仕事をすることになった。

ウェディングドレスを着て仕事をするひかりの元におじさんが現れた。

さらに、ひかりの元には会社に復職したという泉が現れ、企画書を書いてもらうことにした。

泉、千葉、馬場、出淵、九条、ひかりが久々に就業し、ヤッテミーのリベンジをすることにした。

ひかりの企画書が採用されることになった。

毒舌文化人になったパウダーは出演に断ったものの、ひかり達の説得を受け、出演することにした。

撮影後、テープを編集所に届けに行く最中、ひかりは人とぶつかった上で、そのテープが車にひかれて壊れるとのアクシデントが発生する。

皆に言えないのだと落ち込むひかりに対し、千葉たちは許してあげて、別の内容で撮影した。

千葉に対して意見を言えるようになったひかりを見て、おじさんは必要ないのだと判断した。

ひかりが泣きながらおじさんを止めても、おじさんはひかりの前から姿を消した。

その後、ひかりはおじさんのことを忘れていった。

『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)の感想

ひかりはこの先おじさんと一緒に過ごしていくのだと思っていたので、ひかりがおじさんと別れる上で、明らかにおじさんのことを忘れてしまうとのことにショックを受けてしまった。

それでも、おじさんのことを忘れたというひかりはおじさんがいなくても、きちんと仕事ができるようになっているのだと見る限り、安心できた。

やはり、ひかりにはおじさんは必要ないのだと判断するおじさんの考え方が良いのだと感じる。

パウダーがすっかりキャラを変えてきたとのことには驚いてしまったが、週刊誌にやられ続けるのではなく、再ブレークをするとのことになったのは良かった。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

まめこ

『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)のあらすじネタバレ

ひかりは世界衝撃ニュースの担当になり、再現VTRで花嫁の役を任され苦戦していた。

そんなひかりの元に一ヶ月ぶりにおじさんが現れた。

そんな中、会社を辞めたはずの泉がやって来て、ひかりに企画を考えてほしいと言う。

悩むひかりにおじさんは、自分がやりたいことをやるチャンスだとアドバイスした。

数日後、会議室に呼び出されたひかりが目にしたのは、いつものメンバーだった。

ひかりの企画が好評で、早速パウダーにオファーをかけるが、事務所NGという連絡が入る。

パウダーは毒舌根暗文化人として再ブレイクしていた。

ひかりは千葉から妥協するなと言われ、もう一度パウダーを説得することにした。

ひかりはパウダーじゃないとダメだと食い下がり、パウダーは引き受けてくれた。

ひかりは浮かれてしまい、人にぶつかって運んでいたテープが車に引かれてしまった。

ひかりは公園に隠れていたが、すぐに見つかってしまった。

ひかりは泣いて謝まるが、みんなはやり直しに乗り気の発言をするのだった。

ひかりはおじさんに、誰かにとってのおじさんになりたいと言い、おじさんは密かに感激していた。

ひかりは編集に意見を出して千葉に褒められ、嬉しくなって千葉にキスした。

千葉はそれぞれが別の場所で良いものを作ってたらそれで良いと言う。

ひかりは千葉の隣で寝てしまい、おじさんに起こされた。

ひかりがどっか行ってと言うと、おじさんは本当に消えてしまった。

ひかりはおじさんを追いかけたが、現れたおじさんはもう居なくても大丈夫だと言う。

ひかりは泣きじゃくるが、おじさんは、楽しかったありがとうと言って消えていった。

その瞬間、ひかりはおじさんの記憶がなくなっていた。

結局視聴率は奮わず、また別の番組に飛ばされた。

おじさんは初めに言っていた通り妖精で、みんなが行き詰まった時に現れて相談に乗っていたが、最後には記憶が消えていただけだった。

おじさんは今もひかりを側で見守っていた。

『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)の感想

最終回は、ついにおじさんの正体が分かってスッキリしました。

おじさんは、初めに現れた時に言っていた通り、妖精だったのです。

もうおじさんは必要ないと判断されるとおじさんの記憶は消えてしまうので、誰も覚えていないだけで、ひかりに限らずみんなの悩みを聞いていたのです。

見終わって残ったのは、こんなおじさんが私にも居てくれたらいいのにという願望でした。

おそらく見ていた人はみんなそう思ったと思います。

おじさんは、ひかりからおじさんみたいになるのが目標だと言われて、内心とても感激しているようでした。

これが妖精冥利に尽きるということなのかなと、感動したシーンでした。

ヤッテミーが復活したときのひかりは、ADとしてのやりがいが見つけられずにいた頃が嘘のように輝いていて、物の見方を変えることはこんなにも人の幸福度を上げるのだと分かり、私もおじさんの教えを実践していこうと思いました。

とても参考になる良いドラマでした。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

ぱるる

『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)のあらすじネタバレ

ヤッテミーが打ち切りになってバラバラになってしまったバラエティ班。

ひかりも別の現場で仕事をしていましたが、ダメ出しの連続でした。

そんなひかりのもとに1ヶ月ぶりにおじさんが現れ、喜ぶひかり。

農家になったはずの泉も戻ってきて、ひかりに企画書を書いてほしいと頼んできますが、うまく書けません。

しかし「企画書任されるなんてすごいこと。

自分のやりたいことができるよ」と言われてひかりはやる気になります。

翌日ひかりが会社に行くと、一緒にヤッテミーを作っていたみんなの姿がありました。

番組枠が空いたからこのメンバーで番組を作ることになったのです。

そしてひかりの企画が採用されるのですが・・・。

『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)の感想

おじさんの姿はきっとみんなにも見えていたけど忘れているんだろうなと思っていましたが、やはりそうだったようで驚きました。

何度も出会いと別れを繰り返してきて、自分が見えなくなると忘れ去られてしまうので、おじさんはかなり辛い思いをしてきたのではないかと思います。

しかしおじさんに出会えたことでみんな成長できていましたし、ひかりもADとしてちゃんと仕事ができるようにまでなっていました。

ヤッテミーの復活は無理でしたが、やるだけのことはやったのでみんな満足だったんじゃないかと思います。

パウダーも毒舌キャラになってしまってもやはりヤッテミーのことが好きだったから引き受けてくれたんでしょうね。

悲しくも心が温かくなる最終回でした。

ペンネーム:ぱるる(30代・女性)

ぴよちゃん

『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)のあらすじネタバレ

おじさんが1ヶ月ぶりに現れた。

久々の再会に一ノ瀬ひかりは喜んでいた。

ヤッテミーのメンバーはバラバラで別番組を担当していた。

そんな中テレドリームに復職した泉雅也がひかりの前に現れた。

そしてひかりに企画書を頼んだのであった。

会議室に現れたのはヤッテミーのメンバーだった。

番組枠が空いたのである。

そしてひかりが提案した「あなたの代わりにホンネを伝えます」が採用された。

そして毒舌MCを文化人として再ブレイクしているパウダーになった。

帰ってきたヤッテミーだ。

収録の出来もとても良かった。

しかしひかりがテープを運んでいるときに人とぶつかり車にひかれてテープが破損したのである。

落ち込むひかりに仲間は優しかった。

撮り直してこれでおじさんの仕事も終わり、ひかりの前から消えた。

そしてひかりのおじさんの記憶も消えたのであった。

『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)の感想

第7話の時点でおじさんがひかりの前から1回消えたのでどうなるかと思いましたが、また出てきてくれて良かったです。

ひかりとおじさんが元気に話す姿に私も元気をもらえています。

ヤッテミーの仲間たちもひかりのミスを怒ることなくフォローしてくれて、最初の頃よりとてもチームワークが良くなったと思いました。

それも毎回おじさんが皆を見守ってくれたお陰だと思います。

私が特に癒されたのが雅也が現れたシーンです。

ニコニコ優しい笑顔でテヘペロって言っていたところが可愛かったです。

パンダーの人気ぶりにも驚きました。

最後ひかりのおじさんへの記憶が消えたのは寂しかったけれどおじさんはきちんと見守ってくれているのには変わりがないので良いと思います。

第8話も面白かったです。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

Toatch21

『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)のあらすじネタバレ

フェイク・ニュースでのバッシングでヤッテミー終了後、バラバラの仕事をしていたテレドリーム・メンバー。しかし、会社を辞めたはずの泉が帰ってきて、また一緒に仕事をするチャンスがやってきた。

リベンジに、今や毒舌文化人となったパウダーさんを今一度迎え、ヤッテミーを復活させる事に!

しかし、せっかく録画したテープを一ノ瀬は台無しにしてしまう。

テレドリーム・スタッフの協力で何とか放映できるように頑張っている最中、おじさんが現れ、一ノ瀬に別れを告げる。

「君はもう大丈夫だよ・・・。」と。

おじさんが消えた途端、一ノ瀬はおじさんの記憶を失う。

ヤッテミーは無事放映できたものの、視聴率が低く、今後ヤッテミー継続は不可能になってしまった。

しかし、テレドリームのメンバーは新しい仕事でそれぞれ頑張っている。

そんなメンバーを妖精おじさんは、一ノ瀬だけでなく、ずっと支えて見守ってきた事が最後に判明した。

『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)の感想

おじさんは一ノ瀬だけじゃなく、ずっとテレドリーム・スタッフのみんなを支えてきたんですね。

思わず、ほろっときてしまいました。

一ノ瀬ちゃんが泣いていたところも、もらい泣き。

しかも、おじさんはテレドリーム・スタッフだけじゃなく、世の中の色んな人、織田信長まで支えてたとは驚きです!

もしかして、自分にも記憶が無いだけでおじさんに愚痴聞いてもらったり、アドバイスもらったりしてたのかな・・・と一瞬錯覚してしまいました。

とても心が温まる、良いドラマでした。

ドラマが終わっておじさんにもう会えなくなるのは、寂しいな・・・と思いました。

ペンネーム:Toatch21(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』第8話(最終話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2019年4月からは同枠でドラマ『家政夫のミタゾノ第3シリーズ』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくのでチェックよろしく☆

『私のおじさん~WATAOJI~』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『私のおじさん~WATAOJI~』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA