トレース~科捜研の男~|あらすじと原作情報【錦戸亮主演月9ドラマ】

  • この記事を書いた人:tomopon
2019年冬ドラマ・錦戸亮主演『トレース~科捜研の男~』

2019年冬のフジテレビ系「月9ドラマ」枠は、錦戸亮さん主演、ドラマ『トレース~科捜研の男~』が放送されることが決定!

原作は元科捜研の研究員である古賀慶による漫画「トレース 科捜研法医研究員の追想」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)です。

2016年に発売され、現在5巻までが発刊されている同作品は累計40万部の人気コミック。

情に流されず、現場から持ち帰られた証拠を鑑定し真実の欠片を探す研究員の姿を描く作品です。
こちらの記事では、2019年冬ドラマ『トレース~科捜研の男~』のあらすじ・みどころ・脚本情報をご紹介します。

ドラまる
原作の古賀さんが本物の科捜研の男だったんだよね。
ラマちゃん
原作は科捜研の裏側がリアルに描写されているって話題の作品ね。

ドラマでも再現されるらしいわ。

スポンサーリンク

2019年冬ドラマ『トレース~科捜研の男~』作品紹介

ドラマ『トレース~科捜研の男~』は、2019年1月にスタートするフジテレビ系「月9ドラマ」枠で放送されるドラマです。

陰惨な事件に巻き込まれた過去を持つ主人公が、様々な事件に隠された真実を追い求め、真相を暴く本格科捜研サスペンスです。

ドラマ『トレース~科捜研の男~』気になるあらすじは?

過去に陰惨な事件に巻き込まれた主人公・真野礼二。

事件当時小学生だった真野は、事件の真相を自らの手で解明することを誓い、警視庁科学捜査研究所の法医研究員となりました。

そのため、どんな時も冷静に膨大な知識量と卓越した技術を持って、他人とは違う観点から証拠の鑑定を行い被害者の無念を明らかにしていきます。

主観や憶測をすべて排除し徹底的な鑑定を進めたうえで事件の見解を出すため、警察とぶつかることもあり、協調性は乏しい真野の元に新人研究員の沢口ノンナがやってきます。

大学院での遺伝子研究で成果があげられず悩んでいた彼女は大学院の先輩の勧めで科捜研に入所してきました。

大きな目的もなく仕事を始めたノンナは、殺人事件に関わることに戸惑いを覚えますが、真野の姿勢に大きな刺激を受け、研究員として成長していきます。

ドラマ『トレース~科捜研の男~』みどころは?

原作者の古賀さんが元科学捜査研究所の研究員だったということで、徹底的にリアリティを追求した科捜研を見ることができそうです。

よくあるサスペンスのように科捜研の人が派手に犯人を追い詰めることもないし、崖もないし(笑)

本当は地味な作業の繰り返しの中から真実の欠片を探し出す、日は当たらないけれど犯罪捜査の重要な役割を担っている人たちなんですよね。

実際の科捜研は公開されていないそうなので、リアルな内部のことを知れたり、最新の科学捜査の様子を垣間見れる面白いドラマとなりそうです。

そして、月9初主演の錦戸亮さんが、その曲者の研究員・真野を演じます。

大河ドラマ「西郷どん」での西郷従道役の演技も評価され、ますます演技に磨きがかかってきているところで月9主演ですね。

相手役の沢口ノンナには新木優子さんと、こちらも勢いのある若手女優さんです。

彼女は月9連投なんですね。

スタイル抜群、容姿端麗で、とても魅力的です。

特に個人的に声が優しくてとても素敵だと思います。

この二人に事件の欠片を持って来るのが、サスペンスの帝王・船越英一郎さん。

こちらもサスペンスには欠かせない俳優さんですが、意外にも月9は初出演ということで驚きました。

個性あふれるお三方が、同じ事件に対しどんな真実を見つけ出すのか楽しみです。

そして、真野が抱える過去の事件の真相も暴くことができるのか、気になりますね。

スポンサーリンク

ドラマ『トレース~科捜研の男~』原作&脚本情報

ドラマ『トレース~科捜研の男~』の原作は漫画家・古賀慶さんが手掛ける同名漫画です!!

【古賀慶さんのコメント紹介!!】

当然のことながら、漫画は原作者一人でつくることは出来ません。

多くの方々のご指導、ご協力があってどうにか連載を続けています。

さらに多くの表現者の方々の力が集まってドラマが制作されることとなり、その一端を担えますことをとても光栄に思います。

脚本を読ませていただきました。

スピーディーでスリリングな展開、感動的だったり、クスッと笑えるシーン。

ここにさらに演出が加わり、魅力的な役者さんたちがキャラクターに命を吹き込む。

そうしてドラマが完成すると想像するだけでワクワクします。

一視聴者として、今から放送が楽しみです。

原作はこれから、クライマックスに向けてさらに面白くなってまいりますので、こちらもよろしくお願いします。

公式サイトより引用

そして、脚本を手掛けるのは数々の人気ドラマや映画で脚本を書いてきた相沢友子さんです。

相沢友子さん代表作
  • 恋ノチカラ(2002年/フジテレビ)
  • 鹿男あをによし(2008年/フジテレビ)
  • 鍵のかかった部屋 (2012年/フジテレビ)
  • ビブリア古書堂の事件手帖 (2013年/フジテレビ)
  • 人は見た目が100パーセント(2017年/フジテレビ)
  • プリンセス トヨトミ(2011年)
  • 本能寺ホテル(2017年)

スポンサーリンク

まとめ

2019年冬ドラマ『トレース~科捜研の男~』のあらすじ・みどころ・脚本情報をご紹介しました!

ドラまる
過去に心に大きな傷を負った主人公が、事件の真相を暴くために科捜研の男となって真実の欠片を見つけていくんだね。
ラマちゃん
一話完結のサスペンスドラマだから毎回どんな欠片が落ちているのか楽しみね。

初回放送は2019年1月7日よ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA