トレース -科捜研の男-|最終回(11話)見逃し動画無料視聴はこちら【3/18配信】

  • この記事を書いた人:yatarou
2019年冬ドラマ・錦戸亮主演『トレース~科捜研の男~』

月9ドラマ『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話 2019年3月18日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

月9ドラマ『トレース -科捜研の男-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『トレース -科捜研の男-』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年3月18日(月)放送終了〜2018年3月25日(月)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に2019冬の月9ドラマ『トレース -科捜研の男-』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『トレース -科捜研の男-』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『トレース -科捜研の男-』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『トレース -科捜研の男-』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信中されています。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『トレース -科捜研の男-』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。
(初回登録日が1/9の場合、2/8まで無料期間になります)

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『トレース -科捜研の男-』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『トレース -科捜研の男-』は見放題扱いの作品になるはずなので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

月9ドラマ『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)のあらすじは?

2019年3月18日(月)21時00分より放送のドラマ『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)のあらすじをご紹介します。

『武蔵野一家殺人事件』の真相を追う真野(錦戸 亮)は、早川(萩原聖人)とともに食品会社社長の佐保(袴田吉彦)に会いに行った。

ところが佐保は、ボイラー室のガス爆発に巻き込まれて死んでしまう。

佐保は、不審死を遂げたホームレスの新妻(伊藤高史)と同じく早川の教え子のひとりであり、真野の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯格でもあった。

科捜研に戻った真野は、虎丸(船越英一郎)を交え、ノンナ(新木優子)と海塚(小雪)にこれまでの経緯を話す。

真野は、『武蔵野一家殺人事件』の証拠品だった軍手に残されていた身元不明のDNA型と、妊娠していた姉・仁美(夏子)の胎児の絨毛のDNA型を鑑定し、その2つに親子関係が認められることを突き止めていた。

つまり、仁美を妊娠させた相手が、真野の家族を殺した犯人である可能性が高いのだ。

そこで真野は、佐保の心臓血のDNA型を調べたが、親子鑑定の結果は不一致だった。

佐保が死亡したボイラー室に臨場した真野は、ガスの元栓部分に付着した手袋の皮革を発見する。

その持ち主と思われる人物の皮膚片から採取したDNA型は、『武蔵野一家殺人事件』の軍手のDNA型と一致していた。

新妻の事件同様、佐保の事件にも捜査の打ち切り命令が出た中、仁美の交際関係をもう一度洗い直す真野たち。

そこで得た証言を基にさらに調べていくと衝撃の名前が浮かび上がる…。

そんな折、科捜研に刑事部長の壇(千原ジュニア)が突然視察に訪れ…。

ドラマ公式サイトより引用)

2019年冬ドラマ『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

パンチ
佐保に会おうとして説明会に行ったのに、ボイラー室の爆発で佐保が死んでしまったようです。

しかし真野は死体からDNAを採取して姉の胎児の絨毛DNAと一致するのを証明するのだと思います。

しかし、警察上層部は真野や虎丸の指摘を無視しようとするのでしょう。

それは壇刑事部長が部下に隠蔽を指示したのだと思います。

しかし海塚がないと言っていた武蔵野一家殺人事件の証拠を自宅に隠し持っていて、遂に刑事部長に反旗を翻すのだと思います。

そして佐保が真野の姉を強姦により妊娠させ、それを真野の親に告発すると脅され殺されたとわかるのでしょう。

ペンネーム:パンチ(60代・男性)

まめこ
武蔵野一家殺人事件の真相を追う真野は、早川とともに四葉食品社長の佐保に会いに行った。

ところが佐保は、ボイラー室のガス爆発に巻き込まれて死んでいた。

真野は虎丸を交えて、ノンナと海塚にこれまでの経緯を話した。

真野は、武蔵野一家殺人事件の証拠品だった軍手に残されていた身元不明のDNA型と、妊娠していた姉の胎児の絨毛のDNA型を鑑定し、その2つに親子関係が認められることを突き止めていた。

つまり、仁美を妊娠させた相手が、真野の家族を殺した犯人である可能性が高かった。

そこで真野は、佐保の心臓血のDNA型を調べたが、親子鑑定の結果は不一致だった。

佐保が死亡したボイラー室に臨場した真野は、ガスの元栓部分に付着した手袋の皮革を発見する。

その持ち主と思われる人物の皮膚片から採取したDNA型は、武蔵野一家殺人事件の軍手のDNA型と一致した。

捜査の打ち切り命令が出ている中、真野と虎丸は仁美の交際関係をもう一度洗い直していくと、衝撃の名前が浮かび上がった。

そんな中、科捜研に刑事部長の壇が突然視察に訪れた。

予告では、真野がお前の目的は何だ?というシーンか流れました。

真っ暗でしたが、真野を待っていた男の後ろ姿は早川に見えました。

嘘だと言って混乱する真野の様子を見ると、真実は余程辛いものだったことが分かります。

懲戒免職を覚悟で真野の力になろうとする虎丸にも注目したいです。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

さき
最終回では、ついに25年前の武蔵野一家殺人事件の全ての真相が明らかになります!

10話の最後で、左保が倒れてしまっていたので、せっかくの手がかりがどうなってしまうのか、とても気になります。

真野のお姉さんを妊娠させ、両親やお姉さんを殺したのは一体誰なのか、なぜそんなことをしなければならなかったのか、すべての謎が解き明かされるのが待ち遠しいです!

ラストに向けてスピード感が増してますが、新たな情報がどんどん追加されていって混乱せずに見れるかちょっと不安です。

最終回は90分なので、ゆっくり展開していってくれるといいなぁと思います。

ペンネーム:さき(20代・女性)

おじじ
壇は、真犯人ではなく、警察の裏で捜査を操り、自分たちにとって不利益になるからと、闇に葬った悪い警察官僚だと思います。

なので、犯人はまた別に存在しているのではないかなと予想しています。

ただ、真野のお姉さんが妊娠していたそのお腹の中にいた子供の父親が犯人である可能性が非常に高いというところで、女性ではなく、男性であること。

その点を考えると、あの必死に協力をしてくれていた先生なのかなとか思いました。

だとしたら、すごくすごく卑劣で腹が立ちます。

壇の可能性も大いにありますが、そうでないとしたら、壇の立ち位置が不明すぎです。

ペンネーム:おじじ(20代・女性)

Y
真野は、佐野優作が爆発で死んでしまった現場にいた。

佐野優作が家族殺しの唯一の手がかりだったのだ。

佐野優作の血を持ち帰り鑑定する。

きっと犯人だと…確定すると予想。

警察と科捜研が真野の家族殺人事件を何故陰謀したのか?

その謎も真野自身が真実へと導くだろ。

さして、虎丸は、真野の為に危険を犯し刑事生命も危うくなる…だろう。

ノンナも真野の為にできることを協力して、科捜研が一致団結して解決していくと予想。

そして、警察庁の警視正が何故真野に執着しているのか最終回の見どころは、やはり真野と警視正の関係性であるとおもいます。

ペンネーム:Y(30代・女性)

aya
テニスプレーヤーのオーナーである佐保のDNAをこっそり採取しようと、食品会社のイベントに行ったが、そこで爆発音がして佐保が亡くなっていた。

警察によって何が隠蔽されているのか、佐保は誰かに殺されたのか…?

死亡した佐保のDNAを調べた結果、姉を殺した犯人のDNAと一致しないのではないか?

警察によって様々なことが隠蔽されているということは、警察の上層部が25年前の武蔵野一家殺人事件に関係していて、兄をいじめていた同級生が姉を暴行し、それがばれてしまうのを恐れて、姉だけでなく真野の両親や兄までも殺してしまったのではないだろか。

ペンネーム:aya(30代・女性)

2019年冬ドラマ『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

プレジデント

『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)のあらすじネタバレ

新妻と共に真野の兄を虐めていた佐保が死にますが、真野は証拠品の軍手と姉の胎児の絨毛から親子関係が推測されると言い、しかし佐保のDNAが一致しません。

ところがボイラー室を臨場した真野はボイラーの元栓に付着した手袋についた皮膚片のDNAが軍手のDNAと一致します。

佐保の死で真相が暗礁に載りかけます。

真野らは姉の当時の交際相手を探し25年前の高校の卒業アルバムを借りると同級生が壇刑事部長で父が警察幹部でした。

そうすると壇が現れ自らのDNAの検体を置いて行き真野が親子鑑定をすると一致しません。

姉は早川の子を妊娠していて、早川の家に遺書がありました。まさかの驚きです。

真野は壇に会い、遺書に科捜研のペンが使われ壇が早川に書かせたと言い2人は車で上田に行きます。

壇に真野は新妻は早川に殺され、わざと軍手を犯行現場に落とし、早川がボイラー室にガスを充満させ佐保を壇が呼び出して爆発させたと言います。

早川は壇の父親に事件を隠蔽して貰い、壇は真野の兄に会い苦痛に歪む顔が見たかったと言います。

恐ろしい男です。

佐保と新妻に自販機泥棒を父に見逃して貰う代わりに真野の兄を虐めるように頼んだが、兄が不登校になり、真野の姉が早川と不倫して妊娠して捨てられて早川に復讐して欲しいと壇に頼みに来たそうです。

早川に壇は姉が出産して早川の家庭を破壊すると言い殺しを教唆します。

早川は包丁で姉も両親も殺し壇と新妻と佐保が現場に行き、電気コードで佐保と新妻が兄のクビを絞めて自殺に見せかけて殺したのでした。

真野は壇に銃を向けますが、早川が現れ壇を刺して真野の前で自殺しようとしますが、真野が止めます。緊迫の場面でした。

そこに虎丸らが現れ早川は殺人容疑で逮捕され壇は昏睡状態になります。

真野は事件後、虎丸に会うと、虎丸は何故、壇と早川を救ったのかと言うと、前に進みたいからと真野は言い虎丸に真野は笑顔で礼を言い2人は握手します。

『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)の感想

てっきり、佐保が真野の姉を妊娠させたのかと思いました。

そうでなく、壇刑事部長が真野の姉と同じ高校とわかり、壇が真野の姉をさせたのかとも思いましたが、まさか早川が父親だとは思いませんでした。

更に、驚きだったのは、真野の姉が、自分の兄を虐めていたと知っていて壇に早川に復讐を依頼したことでした。

そして、何と早川が真野の姉と両親を殺したことです。

それ以上に悪党だと思ったのが、壇で自らは手を汚さずに、真野の兄に遺書を書かせ、新妻と佐保に兄を殺させたことです。

真の巨悪は自ら手を下さないというのが古今東西の習わしのようです。

そもそも、25年前に初めて壇が真野の兄に会い、笑顔が気に入らない、苦痛を味わせてやりたいと思ったという病的な心理が一連の殺しの動機だとは異常そのものです。

余程、壇が自分の父親に対して鬱積した感情を持っていたのか、家庭で親に虐待されていたのか、だから他人の幸せが妬ましかったのか、心の闇の真相を知りたかったです。

でも、唯一、救われたのは真野が銃口を壇の額に向けても発砲せず、壇をナイフで刺した早川にも復讐しなかった真野の自制心だと思いました。

虎丸に何故、壇と早川を救ったのかと言うと、真実を確かめる為に壇と早川を殺したら、暗闇から抜けだせないと思ったからと真野は言った言葉に真野の冷静な理性の姿を魅せられました。

ペンネーム:プレジデント(60代・男性)

nao

『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)のあらすじネタバレ

真野がついに一家惨殺事件の真相を突き止めることになります。

それは刑事部長の壇浩輝が関わっているという衝撃の展開でした。

しかし壇のDNAを摂取したところ、事件の手がかりだった手袋に付着していたDNAとは一致しませんでした。

そして真野は早川と喫茶店で事件の話をしていた時、姉の妊娠について話していない事実を早川が言及しました。

怪しいと踏んだ真野は早川の飲んでいたストローを持ち帰り、DNAを解析したところ事件の犯人が早川だという真実に辿り着きます。

そして早川を訪ねて自宅に行ったら遺書がありました。

しかしその遺書は怪しく壇が関わっていることが分かりました。

真野は早川を訪ねて事件についてのすべての真相を聞かされることになります。

『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)の感想

壇という男が史上最低のサイコパス男で見ていて辛いシーンがありましたね。

早川が登場したときから怪しかったのは何となく分かっていたけど、どう壇が関わっているのか読めなかったので怒涛の展開に目が離せませんでした。

一家惨殺事件の経緯や動機があまりに衝撃で真相が分かってもあまりスッキリはしませんでした。

最後に壇が早川に刺されてついに壇も終わりかと思いきや、まだ生きているので本当にしぶとい男ですね。

しかしそんな壇さえ助けようとした真野は最後までかっこいい主人公でした。

真野からしたらあそこで壇と早川を殺害してもおかしくない心理状況だったと思うけど、よく踏みとどまったと思います。

ペンネーム:nao(30代・男性)

さき

『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)のあらすじネタバレ

ついに25年前の武蔵野一家殺人事件の犯人がわかります。

なんと犯人は早川で、真野のお姉さんは早川と不倫の末に妊娠していたのでした。

しかし、その事件を裏で操っていたのは、刑事部長の壇でした。

当時、警視総監の息子だった壇は、ある時真野のお兄さんを見かけ、真野のお兄さんを虐めてやりたい衝動に駆られ、全てはそこから始まりました。

壇は真野のお兄さんを貶めるために、左保と新妻にお兄さんを虐めるよう指示します。

そして真野のお兄さんは不登校になってしまいます。

その頃、早川と不倫の末に妊娠し、それと伝えたところ振られてしまった真野のお姉さんは、壇に早川を再起不能にしてほしいと頼みます。

壇は今度は左保と新妻に早川を徹底的に潰すよう指示します。

精神的に追い詰められた早川に壇は近づき、真野のお姉さんの依頼で虐めたことを伝え、真野の一家を殺してしまえと吹き込みます。

早川は真野のお姉さんと両親を殺して、そこへ真野のお兄さんを呼び、お前が死ななければ弟を殺すと脅して、左保と新妻がお兄さんを殺しました。

全てを知った真野は、壇を憎みますが殺せませんでした。

立ち去ろうとする壇に早川が駆け寄りナイフを突き立てます。

壇が倒れたあと自分も死のうとする早川を真野は止め、駆けつけた虎丸とノンナに救急車を呼んでもらいます。

仕事に復帰できるか心配された真野でしたが、過去の事件を解決し次に進むことができた清々しい顔で仕事に向かいます。

『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)の感想

なんとなく早川が犯人なんじゃないかなとは思っていましたが、まさか全て壇の手の内だったとは思いませんでした。

しかも高校生当時の壇が、完全にサイコパスでめちゃくちゃ怖かったです。

たまたま見かけた真野のお兄さんの笑顔を壊してやりたいとか、いじめられる真野のお兄さんを見られなくなるのが寂しいとか、頭おかしいとしか思えないし、そんな人が警察の上層部にいるって、この世界どうなってるの?と思いました。

警視総監だったという壇がのお父さんも、そんな息子の性格に気がついてなかったのか、気づいていたのに放置したのか、どちらにせよ最悪だなと思いました。

ペンネーム:さき(20代・女性)

なお

『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)のあらすじネタバレ

「武蔵野一家殺人事件」の真実を追いかける真野は、早川先生と一緒にサボへと会いに行きます。

ところがサボは、ボイラー室のガス爆発に巻き込まれて死んでしまいます。

サボは、以前不審死を遂げたホームレスの新妻と同級生であり、早川先生の教え子の1人でした。

なおかつ、真野のお兄さんのいじめの主犯格でもあったのです。

科捜研へと戻った真野は、虎丸やノンナ、海塚を交え、これまでの経緯を話します。

事件の証拠品だった軍手に残されていた身元が分からないDNAと、妊娠をしていたお姉さんの胎児のDNAを鑑定を行い、それらに親子関係が認められることを突き止めていました。

つまりは、姉を妊娠させた相手が、事件を起こした犯人であるという可能性が高いのだということが。

サボのDNAは、鑑定するも全く一致しませんでした。

サボが死亡した事件の犯人もそこから出てきたDNA型と過去の事件と一致することも判明しました。

上から捜査打ち切りの命令が出るも、仁美の交際関係を洗い直すと衝撃の名前が浮かび上がります。

そんな折、科捜研に壇が現れ、2人は初めて対面することとなったのです。

『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)の感想

虎丸さんの一課長への泣きながら熱い想いを訴えるその姿、電話ではダメだと言い切った一課長が結局はNデータを渡してくれたこと、危ない橋を渡ることを承知の上で真野さんのために動く科捜研の面々、ノンナ。

真野さんを取り囲む人たちが真野さんのために、過去の事件の真実を一緒に追いかけたり、真野さんの復讐を止めるために懸命に真野さんを捜索したり、感動しました。

ただ、事件の情報を提供したくれたり、協力をしてくれていた早川先生が実は壇の手駒であったことは、真野さんにとってすごくショックな出来事であり、私なら絶対立ち直ることができず、人を信じることはできなくなると思いました。

でも、それ以上に周りの人たちの真野さんへの思いが真に真野さんに届いて、事件から解放されて自分の人生を歩むことができるようになることを信じたい気持ちでいっぱいでした。

ペンネーム:なお(20代・女性)

Y

『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)のあらすじネタバレ

始まりは電話だった。

指定された場所に行ったら新妻の遺体が兄をいじめていた首班だった。

軍手の血から間野の家族殺しの犯人の血が付いていた。

武蔵野一家殺人事件の証拠品は没収されていた。

警察が隠蔽していた。

もう1人、佐野優作。

警察からの圧力が働いたと思うが…結局佐野は爆発に巻き込まれてしんだ。

間野の姉は、妊娠していたことが発覚した。

佐野は関係なかった。

間野は佐野の爆発現場に臨場した。

犯人の手がかりを追う為。

最年少で刑事部長の壇ひろきがお腹の中の父親かもしれないと判明。

そして、武蔵野一家殺人事件をもみ消したのも当時だんひろきの父が警視正だった為。

そして、間野の前に壇ひろきが現れ、DNA鑑定をわざとしていった…そして、姉の父親では無かった。

一緒に捜索している元先生早川を間野は疑いを持った。

コップに着いたDNAで親子鑑定をした。

姉を妊娠させたのは早川だった。

そして、早川とだんは通じ合っていた可能性がある。

間野が真実にたどり着き、壇ひろきが視察の時に科捜研から持ち去ったペンで遺書を書かせて自殺に見せかけ、間野を呼び出すために。

新妻も佐野も早川に殺させた。

軍手もわざと落として置いた。

22年前の事件を間野に捜索させるために。

携帯を壇の別荘に残し2人は消えた。

虎丸は間野の安否を確保する為に奮闘する。

間野の兄と壇は、繋がっていた。

壇は兄のことが気になり、苦しめてやりたいと思いを抱いていた。

壇は兄をいじめ抜き、早川は姉と不倫して子供が出来たら、捨てた。

そして姉は壇に早川を苦しめるよう依頼した。

新妻と佐野は脅しに、いじめ、学級崩壊し壊れていった。

壇は人を陥れることに快感を持つ鬼畜だった。

『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)の感想

なかなか主犯の犯人にたどり着かずモヤモヤした気持ちと間野の姉がなぜ妊娠していたのか?

気になっていたことが一気に解き明かされてよかった。

だんひろき刑事部長がついに間野の所に登場してきたシーンは警察の嫌な一面なのか、壇ひろきはすごく嫌な人物で観ていて気持ち悪かったです。

早川は、初めから何処かうさん臭かったが操られていた行動だった。

壇ひろきは、何のためにそこまでするのだろうと不思議な気持ちで観ていた。

衝撃的な結末でした。

生まれながらの鬼畜な人物がいるのかと恐怖にかられました。

そして、悲しい結末…自分の姉が信じていた人の汚い部分を見たくない真実はそっとしておいてほしかった。

ペンネーム:Y(50代・女性)

もも

『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)のあらすじネタバレ

自分の家族を殺された事件の真相に近づきつつある真野。

家族を殺して自殺したとされる兄の無実を信じ、兄の義一の担任であった早川と協力して真相を突き止めようする。

しかし、亡くなった姉の仁美の妊娠がわかり、早川に報告した時に呟いた言葉に疑惑を持つ。

そして事件の背後に見え隠れする壇。

挑発するかの様に科捜研に現れる壇。

壇が犯人なのか…

真野が真相を突き止めようと壇に会いにいく。

心配して真野を探し回る虎丸とノンナ。

その頃、真野は壇と対峙していた。

そして、全ての元凶が壇である事が判明した。

壇は義一に嫉妬にも似た思いを持ち、佐保と新妻に苛める様に仕向けたと語る。

そんな中、仁美のある1面を知る事になった真野。

仁美を妊娠させたのが早川であると判明する。

早川と不倫していた仁美は早川の態度に怒りを覚え、義一を苛めていた佐保と新妻に早川を追い詰めさせる。

追い詰められた早川は仁美を刺し、出先から戻って来た両親をも刺した。

やはり義一は家族を殺していなかった。

そして、その場に現れた壇は義一に全ての罪を擦り付け、佐保と新妻に殺させる。

真実を知った真野。

そこに逃亡したはずの早川が現れ、壇を刺す。

『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)の感想

とても面白いドラマだった。

こういうドラマは好きでよく見ているが、途中、まさか仁美が早川を追い詰めさせるとは予想外で、それが原因だとは思わなかったので、そこが楽しめた。

また、千原ジュニアの演技はあまり期待していなかったが、壇の異常性が出ていてよかった。

あそこまで演技が出来るとは思わず、ビックリした。

最後、全ての真実を受け入れて、前を向こうとする真野がほんとによかった。

錦戸亮の影のある役から、少しスッキリとした感じが上手く表現出来てたと思う。

船越英一郎とのやり取りもよかった。

若干うるさく感じてたが、最後ああいう人物が1番真野には合うのだなと思った。

ペンネーム:もも(40代・女性)

FODプレミアム無料登録はこちら

まとめ

ドラまる
2019年冬の月9ドラマ『トレース -科捜研の男-』第11話(最終話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2019年4月から同枠でドラマ『ラジエーションハウス』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくのでチェックよろしく☆

『トレース -科捜研の男-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『トレース -科捜研の男-』は見放題扱いの作品になると思われるため加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA