ドラマ【トレース】8話ネタバレと感想。虎丸が選んだ意外な結末に感動。

  • この記事を書いた人:tomopon
2019年冬ドラマ・錦戸亮主演『トレース~科捜研の男~』

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第8話が2019年2月25日(月)に放送されました。

ドラまる
最初はどうなるかと思っていたけれど、段々と真野と虎丸のバディ感が増してきたね。
ラマちゃん
今日はE-girls石井杏奈さんが女優役でゲスト出演よ。

こちらの記事では、ドラマ『トレース~科捜研の男~』第8話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』第8話あらすじネタバレと感想

2月15日、23時。一件の通報が入りました。

通報したのは御手洗治(渋谷謙人)。同居していた友人の根岸秀司(落合モトキ)を刺したというのです。

その二日後、沢口ノンナ(新木優子)の元に妹・カンナ(山谷花純)が連れてきたのは人気女優の橋本梨央(石井杏奈)。

二人と同じ児童養護施設で過ごしたという彼女は、御手洗が些細なケンカで根岸を刺したというのは考えられないと言います。

ノンナに再度、捜査をし直してほしいと依頼するためにやってきました。

乾きすぎた血痕

御手洗の供述では刺してすぐに通報したということでしたが、血痕の様子を見て違和感を覚える真野礼二(錦戸亮)。

血液の乾き具合から、通報までに一時間以上の空白があるというのです。

臨場を進める真野は、現場でチンチラペルシャの毛をみつけました。

それは珍しい猫で、最近購入したというフリーライターの益山英彰(弓削智久)の元に出向いた虎丸良平(船越英一郎)は、そこで益山の遺体を発見しました。

益山は根岸が殺されたのと同じ日に殺害されていました。

そして、御手洗が益山を殺したのは根岸だと自供し始めます。

益山から奪った金品をめぐりトラブルになった御手洗が、根岸を殺害し奪った金品を河川敷に埋めていたため一時間のずれが生じたと話しました。

少女の夢。

その事実を知らされた梨央は、複雑な表情を浮かべます。

小さいころ女優になると言った自分を応援してくれていた二人が、辛く苦しいとき、自分が何もしてあげられなかったことを後悔してしました。

事件は解決していないという虎丸は、まだ何か引っかかっていました。

明らかになる犯人の行動。

真野がさらに証拠品の鑑定を進めているとやってきた海塚律子(小雪)は、益山の部屋の金庫に血痕が付いていなかったことに疑問を抱きます。

真野が現場を復元した血痕マップから、犯人の行動が明らかになりました。

犯人は益山を刺した後、一度流しに向かい金庫には寄らずそのまま出て行ったことを示していました。

では、誰が金庫を荒らしたのか?

それは御手洗でした。

空白の一時間は根岸の靴を履き再度益山の部屋に忍び込んで金品を盗んでいた時間でした。

本当の動機。

御手洗がどうしても隠したかった真実、それは根岸が益山を殺害した本当の理由。

3年前、二人の前に現れた益山は自身の叔父が娘に殺された事件について話し始めました。

当時10歳だった叔父の娘は、虐待を受けていた叔父を殺害し、その後養護施設に保護され橋本梨央として生活していました。

そのことを記事にしようとしていた益山に、二人は口止め料として毎月多額のお金を要求されていたのです。

そんな日々は限界を迎え、根岸は益山を殺害。

そして部屋に戻った根岸を襲ったのは、益山から連絡を受けた益山の弟・優太でした。

入ってきたのはてっきり御手洗かと思っていたので、優太の登場は心臓に悪かったです。

その後、帰ってきた御手洗が救急車を呼ぼうとしていると、根岸はそれを制し益山を殺した理由を隠すようにお願いしたのです。

益山を殺した本当の理由を隠そうとしたのは根岸だったんですね。

瀕死の中、梨央を守るために根岸は御手洗自身に自分のとどめを刺すように言いました。

嘘が下手な御手洗が警察をうまく騙せるように。

その思いを受け止めた御手洗の心情を思うと胸が張り裂けそうです。

「梨央は俺たちの希望だった。」

テレビに映る梨央を見ながら幸せを感じていた二人は、彼女のために罪を背負って生きていくことを選んだのです。

真野「たとえ姿が見えなくても、離れていても心がつながっているのが家族。」

根岸の益山殺しを動機不明で処理した虎丸。

「よくここまで一人で頑張ったな」

そう御手洗に向け言葉を残しました。

事件が解決し、皆が一息ついたところに早川尚文(萩原聖人)から連絡を受ける真野がいました。

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』第8話ネットの反応や感想

ドラまる
根岸が御手洗に全部頼んでいたんだね。

梨央のためとは言え、辛いなー。

ラマちゃん
虎丸さんが、とうとう犯人にも温情をかけるようになった(?)わ。

ドラまる
サラーっと科捜研の仕事の説明が流れたけど、ひとつひとつ興味深いものだったね。

ラマちゃん
根岸を刺した益山弟の登場はビックリしたよ。

ドラまる
応援したくなる梨央ちゃん。二人の分まで頑張ってほしいね。

ラマちゃん
この投稿を見てから「オサムちゃん」がぼんちおさむさんになっちゃったわ(笑)

スポンサーリンク

2019冬・月9ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』8話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『トレース〜科捜研の男〜』8話の動画を無料で見る方法はこちら

『トレース~科捜研の男~』第9話あらすじ

2019年3月4日(月) 21:00時から放送のドラマ『トレース~科捜研の男~』第9話のあらすじをご紹介します。

家族が殺害された25年前の『武蔵野一家殺人事件』を追う 真野(錦戸 亮)は、高校教師の早川(萩原聖人)から、殺害された時に妊娠していた姉・仁美(夏子)に関する情報を聞く。

早川は、当時の生徒たちに話を聞いて回ったが、仁美に交際相手がいたかどうかはわからなかったという。

真実を解明する糸口を見つけられずに憤る真野。

仕事帰りの ノンナ(新木優子)は、公園から出てくる真野の姿を見つける。

遅れて、早川が出てくるのを見たノンナは……。

虎丸(船越英一郎)は、アパートで殺害された胡桃沢綾乃(美山加恋)の事件を捜査する。

死因は脳挫傷で、凶器は見つかっていなかった。

また、被害者の頬には細かなひっかき傷があった。

被害者の携帯電話などに残っていた指紋や目撃証言から、被疑者として浮上したのは綾乃の元恋人の富樫康太(和田正人)だった。

富樫は傷害致死罪で7年間服役し、仮出所したばかりだった。

7年前、富樫は、綾乃と結婚するためにある企業に就職したという。

だが、その企業は暴力団とつながりがあり、悪質な事業をしていた。

半ば脅されるような形で仕事を続けざるを得なかった富樫は、利権を争う相手から暴行を受けた際に、恐怖心から相手を刺してしまったのだ。

実はその事件で富樫を逮捕したのは虎丸だった。

綾乃には、同じ会社に勤める関口章太郎という婚約者がいたことから、事件は痴情のもつれが原因とも思われた。

着衣の血痕と付着物の鑑定を行った真野は、着衣にバラの花粉が付着していたことを報告する。

被害者の頬の傷は、バラのトゲによってつけられたものである可能性もあった。

ほどなく、事件当夜に富樫がバラの花束を購入していたことが判明する。

それでも富樫の犯行だとは信じられない虎丸に、真野は「あなたが信じるか信じないかは関係ない」と言い放つ。

そんな中、富樫と思われる男が暴行事件を起こしたという通報が入る。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第8話のネタバレ感想と第9話のあらすじをご紹介いたしました。
よくある幼馴染を守るために犠牲になる話かぁと油断してみていたら、御手洗治役の渋谷謙人さんと根岸秀司役の落合モトキさんの演技に引きこまれ、結果号泣するということになりました。

そして、そんな二人が陰ながら応援していた梨央役の石井杏奈さんの見事なキャスティング。

治と秀司の本心に気が付かず離れてしまったけれど、二人を信じている一途な幼馴染、辛いけれど健気でよかったです。

ノンナ役の新木優子さんと石井さんはTBSドラマ『チア☆ダン』でも共演がありましたね。

真野の事件については、忘れていたところに早川先生から連絡が入りました。

次週は、進展がありそうですね。

ドラまる
今回も切ない真相が明かされたね。

でも、虎丸が御手洗と根岸の意を汲んで事件の幕引きを図ったのは意外だったな。

ラマちゃん
次週は真野の事件も少し動きがあるみたいだわ。

見逃さないようにしなくっちゃ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA