ドラマ【トレース】7話感想とあらすじネタバレ。真野が周囲の人を虜にし過ぎ!

  • この記事を書いた人:tomopon
2019年冬ドラマ・錦戸亮主演『トレース~科捜研の男~』

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第7話が2019年2月18日(月)に放送されました。

ドラまる
真野の家族の事件の真相に迫る動きを見せた前回。
ラマちゃん
前回は、真野の殺されたお姉ちゃんが事件当時、妊娠していたことがわかったのよね。

こちらの記事では、ドラマ『トレース~科捜研の男~』第7話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第7話あらすじネタバレと感想

ホームレスになっていた新妻の事件で発見された軍手から真野礼二(錦戸亮)の家族の血痕が発見されました。

藤田が残した鑑定結果から、姉・仁美(夏子)の妊娠を知った真野は早川尚文(萩原聖人)に姉の交友関係を聞きますがはっきりとした情報は得られませんでした。

その頃、沢口ノンナ(新木優子)は科捜研の同僚と共に合コンに参加していました。

その帰り、男性たちに絡まれている女性を見つけ止めに入りますがノンナ達が警察の人間だと知り、男たちは逃げ去っていきました。

議員秘書の起こした疑惑の交通事故

虎丸良平(船越英一郎)は、江波清志(篠井英介)から都議会議員・伊集院和明(徳重聡)の秘書・住井葉子(河井青葉)が起こした交通事故の捜査に行くように命じられてしまいました。

その事故は、ノンナ達の合コン会場の近くで起きた事故でした。

事故発生から通報まで1時間ものタイムラグがあったことから、秘書は飲酒運転していた議員をかばっているのでは?と考えた虎丸と所轄の刑事・柏原依子(宇野実彩子)。

憶測で判断する柏原を制止して、事故車の鑑定に向かう真野。

車内には芳香剤の強烈なにおいが残されていました。

真野とノンナはエアバッグに付着しているかもしれない唾液を探しますが、乗車していた人物がマスクをつけていたため検出することができませんでした。

パソコンを用い事故状況を再現した真野は、事故の衝撃でシートベルトのあざができることを指摘します。

虎丸は伊集院と住井に身体検査をしますが、伊集院には助手席に座っていた際のあざがありあましたが、住井にはあざがついていませんでした。

運転手は第三の人物である可能性が浮上してきました。

襲われる科捜研の女たち

そんな中、ノンナと合コンに行っていた坂上亜希(木原実優)と水沢英里(岡崎紗絵)が次々と襲われカバンを奪い取られる事件が発生しました。

不審者が自宅の部屋を物色しているところへ出くわしてしまったノンナ。

幸い不審者は逃げ出し、妹のカンナ(山谷花純)もノンナもけがはなく、警察の調べが入りました。

真野が来ると聞いて現場保存の鉄則を忘れるノンナが可愛いかったですね。

ローズの香り

ノンナは自動販売機で飲み物を買おうとしますが、エラー音がして購入することができません。

そこで初めてノンナは、以前男に絡まれていた女性のパスケースを間違えて持ってきてしまったことに気が付きました。

事故車のシートを鑑定した結果、芳香剤の成分のほかにローズ系の香水の成分が検出され鑑定を進めていると、ノンナは嗅ぎ覚えのある香りを発見します。

それは、あの女性のパスケースからしていた香りでした。

ローズの香りの香水は、愛妻家として知られる伊集院が愛人に渡したもの。

おやおや、清廉潔白の議員さん雲行きが急激に怪しくなってきましたね。

「ひったくりも、空き巣もパスケースを取り戻すために行われた。」そう考えた真野たちが調べたのは交通系カードのパスカ。

履歴から見つけたのはカード式のコインロッカーの使用履歴。

犯人が取り返したかったのはパスケースではなくパスカ自身でした。

愛人の正体

小貫貴子。大学時代に伊集院のウグイス嬢をしていた女性でした。

その日も飲酒をしていた伊集院に代わり愛人の貴子に運転をさせていましたが、途中でケンカになり口論になったところ、死亡事故を起こしてしまったのでした。

しかし、伊集院がパスカを必死で取り返そうとするのはなぜなのか?

ロッカーに隠されていた封筒の中には大量の違法薬物が。

伊集院は女癖が悪いだけではなく、違法薬物にまで手を出しているどこまでも真っ黒な人物でした。

薬物を隠すように指示した小貫から、パスカを紛失したことを聞いた伊集院が自らノンナ達を襲っていたのです。

伊集院の腕にはもみあいになった際にノンナが引っ掻いた傷がありました。

言い逃れできない伊集院を見て去っていく秘書の住井。

住井は政治家になるために議員秘書を必死に頑張ってきましたが、いつの間にか道を間違ってしまっていたのでした。

「住井に理想を取り戻すチャンスを与えたのは虎丸だ」という真野に、少し照れる虎丸がいました。

スポンサーリンク

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第7話ネットの反応や感想

ドラまる
二人の関係が近くなってきたのは感じてたけど、真野が虎丸のことを認めてたね。

ラマちゃん
ノンナが真野にドキドキするのも仕方がないと思うの!

ラマちゃん
今日は徳重さんと宇野さんがゲストだったわね。
ドラまる
21世紀の石原裕次郎の悪役もはまってたね。

ラマちゃん
リアルタイムで副音声を聞くか、あとから録画で聞くか迷うところよね。

スポンサーリンク

2019冬・月9ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』7話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『トレース〜科捜研の男〜』7話の動画を無料で見る方法はこちら

『トレース~科捜研の男~』第8話あらすじ

2019年2月25日(月) 21:00時から放送のドラマ『トレース~科捜研の男~』第8話のあらすじをご紹介します。

真野(錦戸 亮)は、友人を刺殺した男の事件を担当する。

「同居している友人を刺殺した」と警視庁に通報が入った。

自首してきた御手洗治(渋谷謙人)によれば、夜9時半に帰宅後、口論をきっかけに同居する友人・根岸秀司(落合モトキ)をナイフで刺したという。

死亡推定時刻は夜9時から11時ごろ。

死因は出血性ショックで、凶器には御手洗の指紋が残っていた。

事件から2日後、 ノンナ(新木優子)は、妹の カンナ(山谷花純)から、高校時代からの友人だという人気女優・橋本梨央(石井杏奈)を紹介される。

実は梨央は、御手洗や根岸とは同じ児童養護施設で育った幼なじみだという。

梨央は、家族同然で暮らしたふたりが殺人事件に至る理由がわからず、事件を調べ直してほしいとノンナに懇願する。

ノンナから話を聞いた真野が捜査資料を見直すと、夜11時ごろに根岸を刺し、すぐに警察に通報したという御手洗の供述に不審を抱く。

鑑識が事件現場の写真を撮影したのは、通報から1時間ほど後の深夜0時ごろ。

にもかかわらず、現場の血液は完全に乾いていた。

血液の量から推測すると、乾くまでには最低2時間は必要だという真野。

つまり、殺害してから通報するまでに1時間以上の空白の時間がある、というのだ。

真野は虎丸(船越英一郎)と共に捜査を始める。

殺害現場に臨場した真野は、珍しい種類のネコの毛を発見する。

都内のペットショップを当たると、フリーライターの益山英彰(弓削智久)という男が最近そのネコを購入していた。

だが、虎丸が益山のマンションを訪れると、益山は何者かに殺害されていて…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第7話のネタバレ感想と第8話のあらすじをご紹介いたしました。

真野の事件に関しては、進展はありませんでしたが、真野とノンナ、そして虎丸と真野の関係が急激に進展したように感じましたね。

ノンナが真野への気持ちを隠せなくなってきていることや、虎丸が真野に褒められて照れるところなど、人間味があってよかったです。

そして、ゲストのAAAの宇野さんがとってもきれいでした。

メンバーのNissyがソロで活躍されているので、負けてはいられませんね。

ドラまる
次週はE-girlsの石井杏奈さんがゲストだね。
ラマちゃん
次週も切ない物語になりそうだわ。

真野の事件も動きがあるかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA