トレース~科捜研の男~5話ネタバレと感想。ラストの電話の相手は誰?

  • この記事を書いた人:tomopon
2019年冬ドラマ・錦戸亮主演『トレース~科捜研の男~』

2019年2月4日(月)にドラマ『トレース~科捜研の男~』第5話が放送されました。

ドラまる
今夜は18年前に起きた誘拐事件の痕跡が事件に関わってくるんだね。
ラマちゃん
山本舞香さんと矢田亜希子さんがゲスト出演よ。

こちらの記事では、ドラマ『トレース~科捜研の男~』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』第5話あらすじネタバレと感想

18年前。『鶴竹町幼児誘拐事件』発生。

警察に届ける前に、娘がいるというコテージに両親は3000万円の身代金を持って向かいますが、そこには娘・優の姿はなく誘拐犯と思われる暴力団の準構成員・神崎徹(石垣佑磨)の遺体がありました。 

2019年。

良平(船越英一郎)が持ってきたのは黒鷹山の山道付近で遺体が見つかった事件の鑑定。

被害者はスナックに勤める海東奈津美(滝沢沙織)。

3日前に殺害され遺体を山へ遺棄されたものでした。

現場には被害者の毛髪とは別の毛髪が発見され、鑑定の結果それが18年前の誘拐事件の被害者・優ちゃんのものと一致しました。

現在も優の居場所を必死で探している両親に虎丸は接触します。

母親役の矢田亜希子さん、かわらずお綺麗ですね。

両親は今回の事件を知り、娘が生きているかもしれないという希望を持ちます。

しかし、毛髪が遺体のそばに落ちていたということから、優は限りなく犯人に近いということを示していました。

今回の被害者・奈津美が18年前、誘拐事件のあった町に住んでいたことから、優の誘拐事件と今回の事件の関係性を疑う虎丸たち。

鑑定を進めている沢口ノンナ(新木優子)は、見つかった毛髪すべてが優のものであるとの結果に落ち込んでいました。

ノンナはどうしても優が犯人とは思いたくなかったのです。

ノンナのその気持ちを大切にするように真野とは違うアプローチでいいと言ってくれる上司の海塚律子(小雪)の存在はありがたいですよね。

奈津美の着ていたコートのポケットの中の土が気になり、再び現場の臨場を行う真野礼二(錦戸亮)はノンナを連れ出します。

臨場の結果、被害者は一度埋められた後、再び掘り起こされていたことがわかりました。

その頃、虎丸は奈津美が18年前中絶手術をしていたことを探り当てます。

しかも神崎が恋人だったのです。

奈津美が神崎を殺したのであれば、優を連れ去ったのも彼女。優は復讐のために奈津美を殺したのでは?と見立てを立てた虎丸。

そんな時、出頭してきたのは成長した優(山本舞香)でした。

科捜研では、辛い思いをさせつつ親子鑑定を進めます。

生後6か月で誘拐され1歳で施設に入れられたという優は、今回の事件を一人で行ったと言います。

しかし現場に残された優の毛髪から毛根も見つかっていたため、真野は優がわざと毛髪を残したという結果を導き出しました。

怪しいのは施設を運営している上野郁子。育ての親の彼女をかばっているのでは?

真野は優の部屋の臨場をしたいと申し出ます。

真野が科捜研へ戻り結果を検証しているとやってきたのは母親の島本彩花(矢田亜希子)でした。

神崎に優を押し付けられた奈津美が神崎を殺害、そして困り果てた結果、中学から縁のある郁子を頼り、資金難だった郁子が受け入れ優を育てていましたが、今度はこのことをネタに奈津美にゆすられていました。

優は郁子と奈津美の口論を聞いてしまい真実を知ることとなります。

その話を聞く彩花は、18年前隠された真相を話し始めました。

18年前、優を神崎に預けたのは自分だというのです。

優の本当の父親は、過去に彩花と交際していた神崎。

結婚した後も過去の写真をネタに関係を迫られていました。

神崎は本当に地獄に落ちそうなほどのクズですね。

旦那の子供だと信じて出産したが、鑑定の結果は不幸なものでした。

再び現れた神崎はお金を要求し、18年前の誘拐事件がおこり、さらに郁子が奈津美を殺害するという今回の事件が起こったのです。

真野が優の部屋から見つけたのは自分を探すビラ。

自分のために今もビラを配っている家族の笑顔を壊したくない。

すべてを一人で背負うと決めたのは郁子のためではなく、本当の母親の汚点を隠したかったからでした。

父親の彰(山中聡)「誰が何といってもおれの子だ。18年間お前の苦しみに気づいてやれず悪かった。」

死体遺棄で逮捕された優の接見に行き「おかえり」という両親。

「ありがとう、お父さん、お母さん。」そう優は答えました。

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』第5話ネットの反応や感想

ドラまる
強引な真野に振り回されているノンナが可愛いね。

頑張れー。

ラマちゃん
ムラサキのマスクや手袋って見たことなかったけれど、本当に使われているものみたいね。

ドラまる
美人親子の登場だよ。

ラマちゃん
今回は今までよりお話が二転三転して凝縮されてたわね。

ドラまる
18年間も秘密にされていた旦那さんの気持ちを考えると、胸が苦しくなるよ。

ラマちゃん
虎丸が段々大人しくなってて、科捜研ともチームっぽくなってきた?

スポンサーリンク

2019冬・月9ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『トレース〜科捜研の男〜』5話の動画を無料で見る方法はこちら

『トレース~科捜研の男~』第6話あらすじ

2019年2月11日(月) 21:00時から放送のドラマ『トレース~科捜研の男~』第6話のあらすじをご紹介します。

真野(錦戸 亮)のもとに、「君のお兄さんのことで話がある」という正体不明の男からの電話があった。

真野は、指定された場所で男を待ち続けた。だが、そこには誰も現れなかった。

そんな折、河川敷でホームレス男性の変死体が発見される。

被害者は新妻大介。高校3年生のときに失踪して以来行方不明だった男で、捜索願も出されていた。

死因は溺死だったが、肺や喉、鼻の奥には液体が残っていたものの、体には濡れた痕跡はなかった。

また、現場には血液のようなものが付着した軍手も落ちていた。

虎丸(船越英一郎)たちは、科捜研の海塚(小雪)に、遺体から採取した液体と軍手の検査を頼むとともに、臨場を依頼する。

海塚は、それを英里(岡崎紗絵)に任せようとした。

しかし、現場がホームレスのたまり場ということもあって若い女性ではない方が良い、という沖田(加藤虎ノ介)らの意見もあり、真野が担当することになる。

そこに、何故かノンナ(新木優子)も加わることになってしまい…。

鑑定の結果、液体は水道水で鉄の錆と思われる成分が検出された。

一方、軍手にはいくつかの小さな穴が開いており、男性ひとり、女性ふたりの古い血液が付着していたが、データベースで照合しても身元は不明だった。

また、軍手の内側から検出された皮膚片は、DNA鑑定の結果、被害者とは別の人物のものだった。

臨場に向かった真野たちは、現場付近の水道から水を採取する。

するとそこに、早川尚文(萩原聖人)が献花を持って現れた。

早川は、新妻の高校時代の担任なのだという。

虎丸は、新妻が失踪した理由を早川に尋ねた。

そこで早川は、新妻の友人が家族を刺殺して自殺したことにショックを受けていた、と話す。

それは、25年前、真野の家族が殺された『武蔵野一家殺人事件』のことだった――。
公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。
今回の事件は、本当に旦那さんがただただ辛い結末となってしまいました。

神崎徹(石垣佑磨)のクズっぷりが冴えわたり、事件解決後もモヤモヤが続いています。

旦那さんと、優ちゃんの善人ぶりが唯一の救いですね。

血縁関係はなくとも、これから親子としての時間を取り戻せるかもしれないという希望を二人からは感じました。

そして、真野にかかってきた電話!

ついに真野の過去の事件に関係する人物が動き出します。

次週からは新章が始まるということで楽しみです。

ドラまる
非通知からかかってきた電話が気になるね!

千原ジュニアさんかな?

ラマちゃん
いよいよ真野の家族に関係する事件が動き出すのね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA