【トレース~科捜研の男~】4話ネタバレと感想。命を懸けた最後の嘘に涙。

  • この記事を書いた人:tomopon
2019年冬ドラマ・錦戸亮主演『トレース~科捜研の男~』

2019年1月28日(月)にドラマ『トレース~科捜研の男~』第4話が放送されました。

ドラまる
先週のお話もとっても重い内容だったね。
ラマちゃん
そんな中、刑事の猪瀬祐人役の矢本悠馬さんがご結婚!

ドラマには関係ないけれど、おめでとうございます~。

こちらの記事では、ドラマ『トレース~科捜研の男~』第4話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』第4話あらすじネタバレと感想

大家と一緒に兄・浩司(やべきょうすけ)の部屋に向かう相楽一臣(山崎樹範)。

連絡が付かなくなった兄の部屋に入るとゴミが散乱する部屋の中で首を切られ亡くなっている兄を発見しました。

そばにはナイフが落ち、部屋を荒らされていることから強盗殺人と判断され、真野礼二(錦戸亮)と沢口ノンナ(新木優子)が臨場に向かうことになります。

相楽と真野は犬猿の仲です。大丈夫でしょうか。

検死の結果、争った形跡も見当たらず顔見知りによる犯行と決めつける虎丸良平(船越英一郎)。

足跡も指紋もない現場に完全犯罪を連想する虎丸に対し、「完全犯罪なんてこの世には存在しない。」という真野。

虎丸もあっさり引き下がるようになりましたね。

臨場の結果を報告し必ず犯人を見つけ出すと意気込むノンナに、いつも通りでいいという相楽。

警察に呼び出された相楽は、「兄を恨んでいる人間なら大勢いる。自分も300万円貸したままになっている。殺されても仕方がない。」と言います。

部屋中の飛沫血痕が全て被害者のものだったことがわかり、真野は荒らされた後に被害者が殺されていることに気が付きました。

被害者には300万円の保険がかけられていたため元妻・千尋(瑛蓮)の元へ向かった虎丸は、現在は受取人が亡き叔母に変更されていたことを知ります。

捜査線上には債務者リストに上がってきた大麻の元締めなどの容疑者たちが見つかりました。

しかし、浩司の携帯の履歴に事件の3日前に相楽と連絡を取っていた証拠が残っていました。

一人飲んでいる相楽を見つけ声をかけるノンナ。

真野は人に興味がないのではなく真実を追求するために誰よりも必死なのだと相楽に伝えました。

そして相楽は兄弟の昔話をします。

昔は兄弟仲が良かったという相楽。「ピンチの時は兄ちゃんが助けてやるからな。」

しかし大人になってから堕落した兄に愛想を尽かし縁を切っていました。

居酒屋に現れた虎丸は相良を重要参考人として任意同行を求めました。

2000万円の友人の連帯保証人になっていた件や、防犯カメラの映像もあり、相楽は疑われる身となります。

捜査本部に乗り込む真野は、被害者の毛髪から大麻の成分が検出されたことを知らせます。

鑑定結果から3か月前に摂取した可能性を指摘。

そこから浮かび上がったのは債務者の一人・大麻の元締め富岡でした。

実は、相楽は兄が大麻を使用していたことを知っていました。

真野たちに鑑定をさせたくなかった本当の理由は大麻のことを知られたくなかったからだったのです。

事件の3日前。

借りていたお金の一部を返しに来たという兄を突き放していました。

そして事件が起こり、自分だけでなく科捜研のみんなにも迷惑がかかると思った相楽は咄嗟に大麻の処分を考え、証拠隠滅を図ろうとしていました。

しかし大麻は部屋にはなく、自分が言わなければばれないと考えていたのです。

辞表を提出する相楽。

事情聴取を受ける富岡は犯行を否認します。

真実につながる欠片を探しに出かけるノンナは兄が持ってきたというお金を探しに行くと言います。

真野イズムが伝染してますね~。

相楽がお金を捨てた河原に到着するとそこにはすでに真野が待機していました。

ここの真野、かっこよかったですね~!

虎丸に呼び出された真野はもう一度臨場を行うことを申し出ます。

相楽も火葬される兄を前に何があったのか考えていました。

真野とノンナに呼び出された相楽は、血液の飛散を再現した部屋を見て返り血を浴びた人間がいないことに気が付きます。

兄は自殺していたのです。

胃がんで余命3カ月を宣告されていた兄は、通帳も燃やし強盗殺人が起こったように見せかけ、保険金が弟に渡るように偽装していました。

ノンナが集めてきた真実の欠片は、弟の借金を知った兄が病気をおして仕事を続けていたことを明らかにします。

そして、ガンの痛みをごまかすために大麻を使用してたことも。

「お前がピンチになったときは絶対兄ちゃんが助けてやるからな。」

「バカだなぁ。嘘が下手なんだよ。」と涙する相楽。

辞表は受理されず、再び一緒に働くことになった相楽は真野を飲みに誘いますが断られてしまいました。

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』第4話ネットの反応や感想

ドラまる
もっと早い段階で自殺説が出てもおかしくない気もしたけど、お兄ちゃんの弟への思いが伝わりすぎて涙が出ちゃったよ。

ラマちゃん
本当にどうしようもない兄だったけど、間違った方法とはいえ弟を守りたい気持ちは感じたわ。

やべきょうすけさんの演技力よね。

ドラまる
わざとだとはわかっていても、千原ジュニアさんの表情が怖ぁい。

ラマちゃん
真実の欠片を集めるために動く真野はかっこいいのよ!

ドラまる
皆さんの声が届いたのかどうかはわからないけれど、虎丸が丸くなったよね。

ラマちゃん
改めて矢本さんおめでとうございます!

スポンサーリンク

2019冬・月9ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『トレース〜科捜研の男〜』4話の動画を無料で見る方法はこちら

『トレース~科捜研の男~』第5話あらすじ

2019年2月4日(月) 21:00時から放送のドラマ『トレース~科捜研の男~』第5話のあらすじをご紹介します。

科捜研の 真野(錦戸 亮)のもとに、捜査一課の刑事・虎丸(船越英一郎)から鑑定依頼が届く。

黒鷹山の山道付近で殺害遺体が発見されたのだ。

被害者は、スナックに勤める海東奈津美(滝沢沙織)。

死因は頭部を強打されたことによる脳挫傷で、死後3日が経過していた。

また、遺体の周辺からは、被害者とは違う人物の毛髪が見つかっていた。

毛髪のDNA鑑定を行ったノンナ(新木優子)は、それが18年前に誘拐され、そのまま行方不明になっている幼児のものであることを知る。

18年前に起きた『鶴竹町幼児誘拐事件』は、スーパーで買い物中の母親・島本彩花(矢田亜希子)が目を離した隙に、娘・ユウちゃんが誘拐された事件だった。

彩花と父親の彰(山中 聡)は、誘拐犯からの指示に従って身代金を届けた。

だが、ユウちゃんがいるというコテージにはその姿はなく、代わりに誘拐犯と思われる暴力団の準構成員・神崎徹(石垣佑磨)の遺体があったのだ。

彩花たちはそこで初めて警察に通報したが、結局ユウちゃんは行方不明のまま。

身代金も消え、神崎を殺した人物の正体もわかっていなかった。

虎丸は、今も娘の行方を探して街頭でビラ配りをしている彩花たちに事情を伝え、協力を要請した。

そんな折、遺体で見つかった奈津美が、18年前に鶴竹町に住んでいたことが判明する。

一方、真野は、明日が休日だというノンナに、予定がないなら付き合ってほしい、と声をかけ…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第4話のネタバレ感想と第5話のあらすじをご紹介いたしました。
今回は真野の同僚の相楽が事件関係者として捜査されてしまいました。

前回の子供同士の事故も悲しい結末となっていましたが、今回も結果は悲しいものでしたがどこか兄弟の絆を感じることのできる物語だったと感じました。

兄役のやべきょうすけさんの演技が本当にうまい!

所々、回想でしか出演がないのに本当にこんな兄貴が存在しているよう。

結果、相楽は何も隠ぺいしていなかったということで兄の不祥事を隠そうとしたことはお咎めなしでいいのか個人的に気になりました。

ドラまる
家族のお話には弱いんだよね。

どうしようもない兄なりに必死に弟のことを考えたんだろうな。

ラマちゃん
最後の千原ジュニアさんの登場で真野の過去の事件にも動きが出てきそうね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA