【トレース~科捜研の男~】3話ネタバレと感想。月9とは思えない悲しい結末

  • この記事を書いた人:tomopon
2019年冬ドラマ・錦戸亮主演『トレース~科捜研の男~』

2019年1月21日(月)にドラマ『トレース~科捜研の男~』第3話が放送されました。

ドラまる
今週は虎丸(船越英一郎)だけじゃなくて、先輩の鶴見茂(大地康雄)まで登場するんだ。
ラマちゃん
頑固おやじが二人に!?

捜査は大丈夫なのかしら?心配だわ。

こちらの記事では、ドラマ『トレース~科捜研の男~』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』第3話あらすじネタバレと感想

公園内で首を絞められた少女・松戸桃(高松咲希)8歳の遺体が発見されました。死因は窒息死。

小学校では不審者の情報があり、暴行を加えられている可能性もありましたが、不審な点は見当たりませんでした。

遺品を綺麗な状態で家族に返したいという真野礼二(錦戸亮)の姿勢は尊敬に値しますね。

しかし、体液の反応出ず暴行の痕跡は見当たりませんでした。

動機は?

快楽殺人では?刑事・鶴見茂(大地康雄)が現れ、20年前と10年前の事件と犯行状況が似ていると言います。

当時、西内智幸(池内万作)が犯人として浮かび上がってきましたが、逮捕できずにいた人物でした。

現在は桃も通う児童館のボランティアとして働いていました。

虎丸良平(船越英一郎)は両親に話を聞きに行きますが子供が殺害されているにもかかわらず、ケンカを始める始末。

殺害現場での臨場の日。

秘密基地を作っていた同級生の三島唯(稲垣来泉)と被害者が遊んでいた場所で折られている枝が気になる真野。

そして、現場に落ちていたたばこの吸い殻から西内の犯行と決めつける鶴見。やっぱり虎丸と同じ思考なんですね。

今回はDNA検査ですんなり一致の結果が得られましたが、西内は公園には行っていないと言い張ります。

折られた枝が気になり再び現場に戻る真野とノンナは、遺体発見現場で「ごめんね」と謝る唯の姿を見つけます。

作られた証拠

一つの鑑定結果を持ち、捜査本部に乗り込む真野。

たばこの吸い殻に付着していた水滴から塩素が検出されていました。

それは自然の雨水ではなく水道の水がかかったということ。このたばこが山林から発見されたとするのはおかしなことだったのです。

鶴見が証拠をねつ造したことにほかならない。虎丸の激昂に激しく同意できたのは初めてですね。

真野「警察なんて信用できない。俺たちが真実を見つけるしかないんだ。」

西内は釈放され、鶴見は逮捕されました。

真野たちは鶴見の暴挙を素直に謝る虎丸から、鶴見の捜査手帳を見せられます。

それは20年前と10年前に起こった幼女連続殺人事件の捜査手帳でした。

最初の事件の時、当時交番勤務だった鶴見は助けを求めてきた少女を助けることができなかったのでした。

鶴見の捜査手帳を調べ、10年前の証拠の動画に目をつけた真野。

その動画には被害者と男性が映っていたが顔までは映っていませんでしたが、現在の技術で解析を試みます。

真野が目をつけたのはジーンズの指紋。

過去の資料写真と動画に映っていた男性の着用していたジーンズの特徴を照合します。

結果、西内が10年前犯行現場にいたことが立証されました。

偽造された証拠ではなく正当な証拠を突き付け、ようやく西内を逮捕することができたのです。

逮捕された西内は過去二件の犯行を認めましたが、松戸桃の殺害は否認しました。

悲しい真実

もう一度ルミノール検査を始める真野は、桃の衣服とロープからわずかな血痕を発見することになります。

それは西内のものではなく女性の血痕。

血痕の付いた場所、遺体の衣服の泥の付いている個所から犯人は脇を抱えて動かすことができず、足を持ち遺体を動かしたことに気が付きました。

事件のあった日。

暗くなる前に帰ろうとした唯に、桃は帰りたくないと言い、両親を仲直りさせるために自殺するフリをして驚かせようと企みます。

「離婚するなら自殺します」

木にロープを結び、その練習をするからとクビにもロープを巻いたところで木が折れ誤ってしばりつけられてしまったのです。

必死で助けようとした唯でしたが、ロープがほどけた時には桃は亡くなっていました。

その時にできた傷の血が、桃の服やロープに付着していました。

このままでは自分が捕まってしまうと思った唯は、何度も謝りながら桃の遺体を隠そうとしていたのでした。

今回の事件の真相を知ったノンナは「生きているうちに思いを伝えられたらいいのに。失って初めて後悔することになるなんて。」と思うのでした。

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』第3話ネットの反応や感想

ドラまる
今回の主役は子役二人だね!

高松咲希ちゃんは「グッドドクター」でもいい演技だったよね。

ラマちゃん
辛すぎる結末。

唯ちゃんが抱えたトラウマをみんなで消し去ってあげてほしいわ。

ドラまる
虎丸が段々丸くなってきたのか、はたまた僕たちがなれただけなのか?

ラマちゃん
今日も亮ちゃんは、素敵だったわ。

スポンサーリンク

2019冬・月9ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『トレース〜科捜研の男〜』3話の動画を無料で見る方法はこちら

『トレース~科捜研の男~』第4話あらすじ

2019年1月28日(月) 21:00時から放送のドラマ『トレース~科捜研の男~』第4話のあらすじをご紹介します。

科捜研法医研究員の相楽(山崎樹範)の兄・浩司(やべきょうすけ)が遺体で発見される。

発見場所は浩司のアパートで、第一発見者は、アパートの大家から浩司と連絡が取れないとの連絡を受けて訪れた相楽だった。

死因は、頸動脈を切られたことによる失血死で、凶器は部屋にあった包丁だった。

また、室内は荒らされており、財布や預金通帳等がなくなっていた。

真野(錦戸 亮)とノンナ(新木優子)は、臨場要請を受け現場に向かった。

そこで虎丸(船越英一郎)は、遺体に首以外の傷がないことから、強盗に見せかけた顔見知りの犯行だと主張する。

真野たちの鑑定によれば、室内から被害者以外のDNA型は見つからなかった。

だが真野は、収納ボックスの引き出し内に付着した一滴の飛沫血痕が気になっていた。

虎丸が主張するように、犯人が浩司を殺してから強盗に見せかけて部屋を荒らしたのなら、引き出しの内側に血痕がつくはずはないからだ。

事情聴取で相楽は、浩司とは何年も会っていないと話す。

浩司は嘘を並べて家族や友人から金を借りており、相楽自身も300万円ほど貸したままだという。

アイツは殺されても仕方のない嘘つき野郎――相楽はそう言い放つ。

浩司は、金を借りた相手と金額を書き残していた。

そのリストを元に犯人を絞り込もうとする虎丸たち。

同じころ、浩司が3000万円の定期生命保険に入っており、今月で保険期間が終了することが判明する。

虎丸たちは、受取人になっていた浩司の元妻・千尋(瑛蓮)に疑いの目を向けた。

しかし、千尋が証言した通り、見つかったのは古い保険証券で、受取人は浩司の叔母に変更されており、その叔母も3年前に他界していた。

ノンナは、事情聴取から戻った相楽に、犯人が最初に部屋を荒らしていたことを報告する。

だが相楽は、鑑定依頼もない作業をしている真野とノンナに苛立ち、余計なことはするなと怒りをぶつける。

そんな折、浩司の携帯電話履歴から、事件の3日前、相楽に何度も電話していたことが判明する。

しかもその日、ふたりが会っていたこともわかり…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。

今日は虎丸が珍しく(?)正しい怒り方をしていましたね。

いつも真野の言葉に耳を貸さない状態ですが、鶴見の件について素直に頭も下げましたし。

結局、鶴見の執念は実り西内を犯人として逮捕することはできましたが、今回の事件の真相はただただ辛いものでした。

確かに今までの月9と比較すると、かなりディープな内容となっていました。

次々と色を変える月9枠に新たな色を付けたのではないでしょうか。

ドラまる
次回は科捜研の男(同僚)が容疑者に?!
ラマちゃん
真野たちは相良を助けることができるのかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA